四国犬の基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

「四国犬」という犬種をご存知でしょうか。 四国犬は日本犬の一種ですが、ペットショップで見かけることはほぼない犬種なので、「犬種名は聞いたことがあるけれど実物を見たことがない」という人も多いのではないでしょうか。 今回は、知らない人も多い四国犬の性格や飼い方など紹介していきます。

四国犬の基本情報

四国犬は、柴犬や紀州犬など日本を代表する日本犬の一種で、1937年に国の「天然記念物」に指定されています。

元々は、四国の高知県の土着犬で「土佐犬」と呼ばれていました。
猟犬として古くから人と共生してきた犬種ですが、現在では猟をすることも減り、頭数が減少傾向にあります。

ペットショップで見かけることはほぼ無いに等しく、ブリーダーや日本犬保存会から迎えることが一般的です。

四国犬の歴史

四国犬の祖先は、高知県を中心とする山岳地帯にいたニホンオオカミの末裔とも言われる「ヤマイヌ」という野犬で、猟師がヤマイヌを飼い慣らし猟犬として育てたことが始まりだと言われています。
シカやイノシシなどの山林猟で用いるために、繁殖を繰り返し猟犬として育種されたと考えられています。

当時の四国犬は「阿波」「本川」「幡多」「安芸」「宇和島」などのいくつかの系統に分かれていましたが、混血や衰退によって「本川」「安芸」「幡多」の3つが残ることになりました。
その中でも「本川」系が、より四国犬らしいと好まれていましたが、現在では更なる混血が進み系統の違いはなくなっています。

当時の呼び名は「土佐犬」や「高知犬」と呼ばれていましたが、「土佐闘犬」や「高知県」と混同されやすいことから、現在では「四国犬」と改名され統一されています。

四国犬の特徴

  • 中型犬
  • 見た目はオオカミのような野性味がある
  • 毛色は胡麻色

四国犬の特徴① 大きさと身体的特徴

四国犬は体高43~55cm、体重16~25kgの中型犬です。

四国犬の風貌は、野性味を強く残していてオオカミに間違えられることもあるほど威厳に満ちた風貌をしています。

引き締まった体に尻尾は巻き尾もしくは差し尾で、吊り上が目に三角の立ち耳をしています。
 

四国犬の特徴② 毛質と毛色

被毛は短く硬い直毛のオーバーコートと、柔らかい綿毛が密生するアンダーコートの二重構造のダブルコートです。


毛色は、赤・黒・白が混じり合った「胡麻色」で、色の割合によっては赤胡麻や黒胡麻などと呼ばれています。

 

四国犬の性格・気質

  • 飼い主に対して忠実
  • 物覚えも良くしつけやすいが、飼い主に対してだけ従う
  • タフでスタミナ溢れる体力
  • 警戒心の強さが強く攻撃性も持っているため、十分なトレーニングが必要

四国犬の性格は、土佐弁で頑固や勇敢を意味する「いごっそう」

信頼を置いた飼い主に対してはとても忠実ですが、他の人には強い警戒心を見せるので番犬向けの性格をしています。
聡明で状況判断能力に長けているため興奮して見境がなくなるということはあまりありませんが、攻撃的な面を見せることはあるので、十分なトレーニングは欠かせません。

利発で物覚えも良いためしつけやすくはありますが、飼い主以外の人の指示は受け入れない傾向があります。

また、激しい猟にも耐えることのできる不屈の精神と豊富な体力を持ち合わせているため、運動も多く必要とします。

 

四国犬の飼い方・しつけ

四国犬の飼い方 その① 四国犬の性格と気質を理解する

四国犬を飼うには、四国犬の性格と気質をしっかり理解して対処していかなければならないことが多くあります。

子犬の時期には、あどけない表情をした四国犬をつい甘やかしてしまいがちですが、日本犬らしく気難しい一面があります。
そんな四国犬を甘やかしながら育ててしまうと、手がつけられない犬になってしまうでしょう。

飼うのは簡単ではない犬種なので心構えが必要だと理解しておきましょう。

四国犬の飼い方 その② 飼育環境

四国犬は、四国土着の犬種のため日本の四季に対応することができる体の強さを持っています。
高温多湿な環境や寒さにも強く、体の大きさも大きめなので屋外で飼われることが一般的です。
それでも暑さや寒さを感じていないというわけではないので、四国犬が快適に過ごせるような環境を整えてあげるようにしましょう。

また、無駄吠えに対処しておかないと近所迷惑にもなり得るため、しっかりと対処していきましょう。

室内でも飼うことはできますが、四国犬が落ち着いて休むことのできる四国犬だけのスペースを作ってあげることと、抜け毛の多い犬種のためこまめに掃除をして清潔にしてあげましょう。

四国犬の飼い方 ポイント③ 社会性を身に付けさせる

四国犬を家庭犬として育てるためには、できるだけ穏やかに育てていく必要があります。 そのためには子犬のころから多くの経験をさせてあげて、外に連れ出し知らない人や犬と触れ合いと持たせたりして免疫をつけておくようにしましょう。

それでも野性味の強い性格をしているため、予期せぬ行動に出ることもあります。
決して目は離さないようにしましょう。

四国犬のしつけ その① 信頼関係とリーダーシップ

四国犬は聡明で物覚えも良く、状況判断能力にも長けているため、とてもしつけやすい犬種です。
しかし、しつけやすい四国犬と言えるのは、飼い主との信頼関係が築けている場合に限ります。
四国犬はとても賢いのですが、信頼を置いた飼い主以外の指示には従わない傾向があります。
「信頼関係」はしつけの土壌となり、四国犬のしつけには最も重要なことなのです。

また、四国犬は警戒心が強く時には攻撃性を見せることもあるため、飼い主の制御が必要になる状況も出てきます。
飼い主がリーダーとなり、家族全員でしっかりとしつけていきましょう。

四国犬がリーダーに求めること

  • 何事にも動じず、一貫性のある対応をしてくれること
  • 頼りがいがあること
  • 力があること
  • 愛情持って優しく接してくれること

四国犬のしつけ その② 子犬期からしつけていくこと

四国犬のしつけで重要な時期が「子犬期」です。
リーダーとなる飼い主以外の指示には従わない傾向があり、成犬になると体の大きさも大きく力も強いため、きちんとしつけされていないと制御不能になることも考えられます。
子犬のころから信頼関係を築き、甘噛みなどの噛み癖や吠え癖、飛びつきなどに対処していく必要があります。

四国犬の散歩

四国犬は猟犬種のため、家庭で飼う場合においてもかなりの運動量を必要とします。
1回1時間の散歩を朝夕2回連れて行ってあげましょう。

さらに、四国犬は山林の中でシカやイノシシなどの獲物を追う時、状況を自分で判断しながら追うことができる猟犬です。
散歩では、ただ歩いて1時間過ごすだけでは満足できないでしょう。
走ったりボールを追わせたりと、四国犬にとって刺激のある散歩になるよう工夫してあげましょう。

多くの犬が集まるドッグランなどへ連れて行くことは、あまりおすすめできません。
四国犬は他の犬と上手に付き合いができる犬種ではないからです。
社交的に育ててきたつもりだったとしても、いざドッグランで他のたくさんの犬に囲まれると本能的に他の犬を攻撃してしまうこともないとは言い切れないでしょう。
それでも近場に四国犬が遊べる広場がないなどの理由で、ドッグランに連れて行く場合には、必ずリードを付けてしっかりと行動を管理しながら遊ばせるようにしましょう。

四国犬のお手入れ

短毛の四国犬のお手入れはとても簡単ですが、抜け毛が多く、皮膚病になりやすい犬種でもあるので日々のお手入れで清潔を保つようにしてあげましょう。

四国犬のブラッシング

少なくても週2~3回を目安に、さらに抜け毛の多い換毛期には頻度を増やしてブラッシングしてあげましょう。
できれば、毎日の散歩の後にブラッシングかタオルで体を拭いてあげると良いでしょう。

ブラッシングでは、主にスリッカーブラシを使い、シャンプーをした後にはコームや獣毛ブラシなども併用して毛並みを整えてあげると良いでしょう。

四国犬のシャンプー

四国犬は臭いがやや強い犬種です。
屋外で飼っている場合には特に臭いが気になるでしょう。
月1回を目安にシャンプーをして、体の汚れを綺麗に落としてあげましょう。

四国犬はダブルコートのため被毛が密生している上、オーバーコートは水を弾いてしまう毛質をしています。
ただシャワーをかけるだけでは汚れが落ち切らず、皮膚近くまで綺麗になりません
片方の手でシャワーヘッドを持ち四国犬の体に当てながら、もう片方の手で皮膚にまで行き渡るようにして洗うようにしましょう。

四国犬の歯磨き

犬の歯は虫歯になりにくいため歯磨きは必要ないと考えている人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、3歳以上のおよそ80%が歯周病になっているとも言われています。
歯周病によって、口臭の原因となり健康を損なうことにも繋がってしまいます。
そうならないためにも、定期的な歯磨きをしてあげましょう。
できれば毎日、少なくても2~3日に1回の頻度で磨いてあげましょう。

子犬の頃から歯磨きに慣れさせておかないと、成犬になってからでは歯磨きを嫌がってできなくなってしまうこともあるので、歯磨きは子犬のうちから始めていきましょう。

四国犬の注意する病気

体が丈夫なイメージが強い四国犬ですが、かかりやすい病気もあります。
かかりやすい病気に注意して健康状態を把握していくことも飼い主の責任の1つです。

四国犬の注意する病気①:アレルギー性皮膚炎

四国犬が最もかかりやすい病気と言われています。
アレルギー性皮膚炎とは、ノミやダニなどの害虫やハウスダスト、花粉、食べ物などのアレルゲンに反応し皮膚炎を発症する病気のことです。
強いかゆみを伴うため、しきりに掻いたり噛んだりするようになります。そうすることによって皮膚が傷付き脱毛したり、膿みの原因ともなります。

治療法は、主に投薬治療を行うようになりますが、アレルゲンとなる物質から遠ざける事 や体を清潔に保つことで発症を防ぐことができる病気でもあります。
体の手入れをしっかりと行って予防してあげましょう。

四国犬の注意する病気②:神経痛

四国犬特有の病気で、原因不明の神経痛があります。
若犬の頃に発症し、成犬になると治まってくるということも多いようですが、個体によって程度や症状は様々のようです。
足を引きずる、立ち上がれないなど不自然な動きや、体に触られるのを極端に嫌がるなどの行動を見せるようなことがあれば、動物病院で受診しましょう。

四国犬を飼うのに向いている人とは

  • 四国犬のリーダーになれる人(知識と経験を持っている人)
  • 体力と力がある人
  • 十分な散歩の時間を確保することができる人

四国犬は、初心者向けの犬種とは言えません。
また、小さなお子さんがいらっしゃる家庭向けの犬種とも言えないでしょう。

日本犬らしい気難しさや攻撃性もあり、見た目だけでなく性格にまで野性味を残している四国犬です。
主従関係を大切にしますが弱い相手をリーダーとは認めてはくれません。また相手が人間であってもオス・メスを見分けてくるとも言われています。
力も強く運動量も多く必要な犬種のため、万が一の時でも行動を制御する力と体力を持った人であることが好ましいでしょう。

四国犬について さいごに

チワワやダックスフンドのような愛玩犬と比べて、決して「甘い犬」とは言えない四国犬です。
しかし、四国犬と上手に関係を築くことができれば、これほどまで頼りになる犬種はいないのではないかというほどの良きパートナーになってくれることは間違いないでしょう。