人気の犬の名前!和風な名前からオス・メス別にランキング!

犬を飼って一番の楽しみといえば、名前をつけることですね。最近ではモダンな名前から流行りのキラキラネームやおもしろネームまで、飼い主の思い入れたっぷりな名前が増えています。その中でも和風な名前が人気急上昇しているそうです。愛犬の名前をつけるときの参考になる、犬の和風な名前オス・メス別ランキング・ベスト5や、名前をつけるときに失敗しないために、これだけは知っておきたい注意点なども合わせてご紹介します。

犬に名前をつけるときの注意点

あれがいい、これがいいと家族でわいわい言いながら犬の名前を考える。犬を飼った嬉しさが一番実感できる時間でもありますね。

今は和犬でなくても和風な名前をつける人も多いようです。

愛犬が覚えやすい、愛犬にぴったりな和風な名前をつけるためのちょっとしたヒントをご紹介しましょう。

犬には聞き取りにくい音がある?

人間の言葉には母音と子音があります。

母音とは、ア行、あ・い・う・え・お・のことで、その他の、カ・サ・タ・ナ・ハ・マ・ヤ行のことを子音といいます。

犬の耳に母音は聞き取りやすく、子音は聞き取るのが苦手だそうです。

例えば、カイくんとケイくんを呼んだとき、犬の耳にはどちらもイーくんと聞こえているということですね。

多頭飼いや親子で飼う場合に、つい似たような名前にしがちですが、母音が同じ名前は避けるようにしましょう。

同じ子音でも濁音やラ行は犬が比較的聞き取りやすいようです。

カ行よりはガ行のほうが強く耳に届きやすく、ルル、リリ、ララ、などラ音のくり返しも犬に分かりやすいようです。

人の名前や日常よく使う言葉の名前はNG!

和風な名前を考えるとき、よくある人の名前にするのはやめましょう。

アキラやコージなど、犬を呼んだときにまわりに同じ名前の人がいると少し気まずくなるかもしれません。

町で子供の名前を呼んだら近くにいた犬が走って寄ってきた、なんていう笑い話もありますから。

また、オハシやゴハンなど日常よく使う言葉も、使うたびに犬が混同してしまうので、しつけのためにも避けたほうがいいでしょう。

犬の名前は短いほうが覚えやすい!

和風な名前には多くありませんが、やたらと長い名前をつけても犬の耳では判別できないことがあります。

たとえば、太郎左衛門義兼なんて名前をつけると呼ぶのも大変ですが、犬にとっても覚えるのに時間がかかりますし、犬は何度呼ばれても???となるでしょうね。

犬の名前はできることなら2音、長くても4音までにすると、犬も聞き取りやすく覚えも早くなります。

犬の名前~和風な名前ランキング

人気のある犬の和風な名前にはどんなものがあるのでしょうか。和風な名前ベスト5をみてみましょう。

あなたのお気に入りの名前は出てくるでしょうか。

犬の和風な名前~オス・メス混合ベスト5

  • 1位:空(ソラ) 呼びやすくて、大空の大きさや青空のすがすがしさをイメージさせることが好まれたのでしょうね。和・洋・オス・メスどんな犬にもつけられるのが人気のようです。

  • 2位: 福(フク) 幸福の福、おた福の福。ふくよかなイメージで、愛犬の幸せを願う飼い主の気持ちがよく表れています。

  • 3位:茶々丸 お茶目な可愛らしさで人気急上昇中の名前です。小型犬によく似合いそうです。

  • 4位:れん(蓮) 蓮の花のイメージというよりは言葉の響きの良さからつけられることが多いのでしょう。オス・メスどちらにでも使えます。

  • 5位:リン(凛) 凛とした和犬のイメージもありますが、声にするとリンという軽やかな響きがどんな犬種にもつけられそうですね。

犬の和風な名前~オスの名前ベスト5

  • 1位:空(ソラ) オス・メス混合でも堂々の1位入り。文句なしの人気NO1の名前です。

  • 2位:小太郎(コタロウ) オスの犬につけられる和風な名前の定番になってきました。

  • 3位:小鉄(コテツ) オスの犬には強く男らしい犬に育って欲しいと思う飼い主さんの願いのこもった名前です。根強い人気があります。

  • 4位:カイ(海) 某携帯会社の白いお父さん犬で人気が出ました。広い海のようにのびのびと育って欲しいという気持ちからつけられるのでしょうね。

  • 5位:リク(陸) 呼びやすい2文字で、大陸のおおらかさをイメージさせる名前です。

犬の和風な名前~メスの名前ベスト5

  • 1位:花(ハナ) 可愛さと可憐さではこの名前の右に出るものはありませんね。ダントツ人気の名前です。

  • 2位:小梅(コウメ) 豆柴はもちろん、マルチーズやチワワなどの小さな洋犬にもぴったりの名前です。古風なのに可憐な響きは、おきゃんな小型のメス犬にはとてもお似合いです。

  • 3位:杏(アンズ) 漢字で書くとちょっと大人びた感じになりますが、アンズちゃんと言葉にして言うと可愛さが際立ちます。優しい犬に育ってくれそうですね。

  • 4位:小春(コハル) 小梅に続いて人気の名前です。ほんわかとした春の穏やかさが感じられる優しい名前です。

  • 5位:姫(ヒメ) 言葉どおりまさしくお姫様のように大切にしたい、という飼い主の気持ちの表れでしょうか。愛犬への愛情が詰まったいい名前です。くれぐれもわがまま姫にならないように、しつけを忘れないでくださいね。

犬の和風な名前ベスト5、いかがでしたでしょうか。オス・メス共に飼い主さんの愛犬への思い入れの深さや、愛情の深さが感じられますね。

上記のランキング以外にも和風な名前に和菓子の名前からとる人もいます。

「あんこ」や「もなか」「あられ」など以外と可愛いものがありますよ。

当然なことですが野良犬には名前がありません。

犬は名前がつけられることによって初めて人社会に受け入れてもらうことができます。

名前を与えられることで家族の一員となり、共に暮らす大切なパートナーとして認められます。

犬にとって名前は存在を証明する戸籍のようなものなのです。

生涯にわたって呼び続けられる名前です。愛犬にふさわしい名前をみんなで考えてあげてください。

犬の名前こぼれ話

昔の人達は犬にどんな名前をつけていたのでしょうか。犬の名前についてちょっと気になるこぼれ話をご紹介します。

犬の名前の定番「ポチ」ってどこから生まれたの?

昔から絵本や童話では、犬の名前といえば「ポチ」というのが定番でした。

この「ポチ」というのはどこからきたのでしょうか。

明治初期に広まったといわれていますが、いろいろな説があるそうです。

フランス人が犬のことを「petit・小さい・可愛い」と言っていたのを日本人が真似たという説や、斑点のある犬が多かったので、英語のパッチ(斑点)からきたという説もあります。

西郷隆盛や夏目漱石の犬の名前って?

幕末の志士西郷隆盛は大の犬好きだったそうです。

そういえば、上野の西郷さんも犬を連れていましたね。

生涯たくさんの犬を飼っていたそうですが、真っ白なメス犬には「雪」と名付けて可愛がったそうです。

また、和服の時代でしたから、洋服を着た人を見るとよく吠える犬に、なんと「攘夷家」という名前をつけたそうです。

まさに尊王攘夷を願っていた西郷隆盛らしい名前のつけ方ですね。

文豪、夏目漱石は「吾輩は猫である」という有名な書物から猫好きなのは知られていますが、犬も飼っていたというのはご存じでしたか?

漱石のエッセイには、臆病でいつも鳴いてばかりいる子犬が出てきます。

その犬の名前は「ヘクトー」といいます。「ヘクトー」とはギリシャ神話の英雄のことだそうです。

臆病な犬と英雄の名前、漱石らしいなんともウイットに富んだ名付け方ですね。