バセンジーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


バセンジーの基本情報

バセンジーが広く知られることになったのは20世紀後半ですが、歴史的には非常に古く、紀元前から存在していた最も古い犬種と言われています。

「吠えない犬」ということで知られていますが、全く吠えないというわけではなく「ワンワン」ではなくヨーデルに似た風変わりな声を出して感情を表現します。

日本での飼育頭数が少ないとても希少な犬種です。

バセンジーの歴史

歴史① ~ルーツ~

バセンジーは、アフリカのコンゴ共和国を原産とする犬種です。
歴史は非常に古く、紀元前7000年~5000年頃から存在していたと言われています。

中央アフリカのコンゴに住んでいたピグミー族が狩猟に使っていた土着犬で、エジプトのファラオへ贈り物として伝わったと考えられています。

エジプト王国の滅亡後には、コンゴの奥地で数千年に渡って知られることなく野性的に生活を続けていましたが、1895年イギリスのアフリカ調査団によって発見されました。

そして1895年以降、アフリカからイギリスへ持ち込まれようとしました。
しかし、ジステンパーにかかり何度も失敗に終わっていました。

その後1930年代になってからやっとイギリスで個体数を増やすことに成功します。

1940年代後半にはアメリカに渡り、1956年に公開された映画「Good-bye, My Lady」によって、人気が急上昇していくことになります。

バセンジーの特徴

  • 体重10~12kgの中型犬
  • 筋肉質な体に長い脚。驚異のジャンプ力を持つ。
  • おでこのシワ
  • 独特な鳴き声

特徴① ~大きさと身体的特徴~

バセンジーは体高38~43cm体重10~12kgの中型犬です。

バセンジーは筋肉質な体に太い首、長い脚、くるりと背中に巻き上がった尻尾をしています。

トロットスタイルと呼ばれる独特の走り方をすることも特徴的です。
細長い顔立ちとシワがよったおでこに、ピンと立った小さ目の耳をしています。

通常犬の発情期は少なくても年に2回はありますが、バセンジーはオオカミと同じで年に1回の発情期ないという特徴も持っています。

特徴② ~吠えない犬バセンジーの感情表現方法とは?~

「吠えない犬」と言われているバセンジーですが、吠えずに感情をどのように表現するのか気になりますよね。

他の犬よりも感情表現が少ないとも言われていますが、信頼できる相手だと認識していくと共に様々な感情表現を見せるようになります。

バセンジーが吠えないというのは、「ワンワン」と吠えないということであり、全く鳴かないというわけではありません。

ヨーデルのような鳴き声や、「クックッ」といった不思議な声を出して感情を表現することもあります。

他にも、嬉しい時には耳を倒す、しっぽの根本を小刻みに振ることや、困った時には顔のシワをさらにおでこに寄せるなどの方法でちゃんと感情を表現します。

接すれば接するほど感情が読み取れるようになることも、バセンジーの魅力の一つです。

特徴③ ~驚異のジャンプ力~

バセンジーは運動することが大好きな犬種です。

優れた運動能力を持っているため、高くジャンプをすることもできます。

成犬なら人間の大人の腰あたりの高さまで軽々とジャンプすることができるため、飼育環境や外出先などでは、ジャンプをして逃亡する可能性を考慮しておく必要があります。

特徴④ ~被毛の種類や毛色~

バセンジーの被毛は、短毛で滑らかな毛質をしています。

短毛の犬種は抜け毛が多いと言われていますが、バセンジーはシングルコートで抜け毛が少ないという特徴も持っています。

毛色には、レッド、ブラック、トライカラー、ブリンドルがあり、胸部や腹部には白になっています。

バセンジーの価格相場

 

子犬の価格相場

バセンジーは国内ではあまり見かけない犬種ですが、子犬の販売価格はだいたい10~25万円前後の価格で販売されていることが多いようです。

価格差が大きいバセンジーですが、これは明確な価格基準が設けられていないためです。
そのため、子犬の「血統」「容姿」「月齢」「毛色」「性別」などからブリーダーによって価格が決められています。

中には希少犬種ということで希少価値を加味して高い金額が付けられていることもあるようです。
また、希少犬種なだけにメスは繁殖目的で手元に残そうとすることが多いため、メスの子犬が販売されている場合にはオスよりも高い金額が付けられることもあります。
その他にも見た目のかわいらしさを加味して金額が付けられることもあるようです。

いずれにしても、提示されている価格設定をしっかり確認し、納得できる価格であるか検討するようにしましょう。

子犬はブリーダーから

バセンジーは日本での繁殖頭数が少なくとても希少な犬種です。

そのため、ペットショップで見かけることはほとんどないため、ブリーダーで探すことをおすすめします。
それでも国内のブリーダーの数も多くはないため、海外輸入も候補として検討しておいた方が良いでしょう。

他にも、極々稀にですが保護犬としてバセンジーの里親を募集されていることもありますよ。

バセンジーの性格・気質

  • 他人には愛想を振りまかないが、家の中では甘えん坊
  • 「コンゴ・テリア」とも呼ばれるテリア気質
  • 頭は良いがしつけは難しい
  • マイペースで寄行が多い

性格・気質① ~ツンデレな犬!?~

バセンジーは誰にでも愛想を振りまくタイプではなく、飼い主に対しては忠誠心があり、信頼関係が築かれていくにつれて感情表現が豊かになっていきます。
とても寂しがり屋の甘えん坊な性格をしているため、飼い主や飼い主家族のすぐ側にいることを好みます。

見知らぬ人には警戒心を見せることがありますが、相手に向かって吠えたり威嚇するようなことはありません。

性格・気質② ~とってもマイペース~

バセンジーは別名「コンゴ・テリア」とも呼ばれるほど、独立心が強く気難しいテリア気質を持っています。

また、飼い主の呼びかけにすぐ応じないマイペースな一面もあり、他の犬とは違った特徴も多く見られる犬種です。

賢い犬種ではありますがしつけは入りにくいこともあるため、初心者向けの犬種とは言えないでしょう。

性格・気質③ ~オスとメスの違い~

バセンジーのオスは、メスよりやんちゃな明るい性格をしています。
一方でメスは、オスよりもプライドが高く自己主張が強い傾向にあるようです。

バセンジーの飼い方・しつけ

夜,犬

飼い方① ~飼育環境~

バセンジーは、気候が暖かいアフリカのコンゴ原産の犬種のため寒さは苦手です。
一方で、暑さへの免疫はありますが、日本の湿気の多さには強くありません。

バセンジーが快適に過ごすためには、温度と湿度の管理が行える室内での飼育がおすすめです。
さらに冬場には、犬の洋服を着せてあげて寒さ対策をしてあげましょう。

また、独立心を持ち合わせてはいますが、基本的には甘えん坊で一人でいることを嫌うため、家族と一緒に過ごすことのできる室内が向いていると言えます。

バセンジーを室内で飼育する場合、バセンジーが過ごすためのサークルやケージを準備してあげる必要があります。

バセンジーは非常に高くジャンプすることができるため、小型犬用のサークルでは簡単に飛び越えてしまうことができます。
軽量のものだと扉を破ることのできる力も持っています。

重量がありしっかりとした作りで、高さのあるものか屋根のあるケージを選ぶようにしましょう。

飼い方② ~運動~

子犬のころから、非常に運動神経が良くて運動が大好きです。

中型犬でありながらその運動量は大型犬にも相当します。

1回1時間程度の散歩を1日2回連れて行ってあげましょう。

バセンジーは走ることが好きで、人の足では追い付けないほどの速さで走ることができます。
休日などには、ドッグランに連れて行って思い切り走らせてあげましょう。

ドッグランを選ぶ際には、バセンジーが飛び越えられない高さの柵が備えられた、安全なドッグランを選ぶようにしましょう。

さらに、バセンジーの優れた運動能力を発揮するためにはアジリティ(障害物競技)に挑戦してみるのもオススメです。

バセンジーのしつけ

バセンジーはしつけが入りずらいと言われる犬種ですが、賢さはしっかりと持っています。
飼い主家族の表情や状況を観察し、自分で考えて行動することもできるような賢い犬種なのです。

しかし興味がないことには一切応じないようなマイペースな一面があるため、しつけが入りずらいと言われています。

バセンジーのしつけは、必ず主導権は飼い主が握るようにして、短い時間内でしつけを繰り返し行っていくようにしましょう。

悪いことした時には「ダメ」ときっぱり叱り切ること、そして良いことをした時には思い切り褒めてあげましょう。
バセンジーの飼い主さんには冷静さと根気強さが求められるでしょう。

しつけ① ~トイレ~

バセンジーは賢い上、とてもきれい好きなので、子犬の頃からしつければトイレは早い段階で覚えてくれるでしょう。

しかし、成犬になると外でしかしなくなることも少なくないようです。

雨の日や病気の時、外出先で排泄させたくない状況になることも予想されます。
散歩前に排泄をさせておくことで、外でしか排泄しないようになることを予防することできます。

それでも万が一、外でしか排泄しなくなった場合には、再トレーニングを行いましょう。
気長に根気強くしつけ治していけば、再び室内トイレができるようになるでしょう。

◆トイレ再トレーニング方法
  • コマンドを教える
    外での排出時に「ワン・ツー、ワン・ツー」などの声をかけることで、次第にコマンドを聞いたら排泄したがるようになります。
  • トイレシーツに排泄させる
    コマンドを使いながら、外でもトイレシーツに慣らしていきましょう。
    上手にできれば褒めることも忘れずにしてください。
  • 排泄場所を家の中に変えていく
    外でトイレシーツに排泄することができるようになれば、室内にトイレシーツを敷き、コマンドを使って排泄を促してみましょう。
  • 失敗しても叱らない
    部屋を汚されるとつい叱ってしまいがちですが、トイレの失敗で叱ってしまうと、バセンジーは排泄したこと自体に叱られたのだと勘違いしてしまいます。
    失敗した時には、リアクションはしないで速やかに片づけるようにしましょう。

しつけ② ~甘噛み~

バセンジーのしつけの悩みで最も多いと言われているのが「甘噛み」です。

子犬の頃であれば仕方ないと思ってしまいがちですが、そのまま成長してしまうと噛む力も強まり、家具やクッションなどの破壊行動に繋がります。

子犬のうちから対処していきましょう。

対処方法として、

  • 噛んでも良いおもちゃを与える
  • 遊んでいる最中に手を噛んできた場合には、「痛い」と一言だけ放ち、遊ぶのを中断して無視をする。
  • 噛まれて困る物を噛んだ時は、小銭の入った貯金箱などを床に投げて聴覚的なものや、ビターアップルなどの味覚的な刺激を与えて行動を制止させる。

などがあります。
癖がついてしまう前に対処していくようにしましょう。

バセンジーのお手入れ

バセンジーのお手入れはとっても簡単

バセンジーは短毛で抜け毛も少ないため、カットやこまめなブラッシングの必要がなく、お手入れはとても簡単です。

とてもきれい好きでもあるので、猫のように自分で体を舐めて毛繕いをして清潔を保とうとする犬種で、さらに臭いも少ない犬種です。

週に何度かのブラッシングと、体の汚れが気になれば濡れタオルで拭いてあげて、時々シャンプーをしてあげる程度で良いでしょう。

お手入れ① ~歯磨き~

お手入れが楽なバセンジーではありますが、歯磨きは必要不可欠なお手入れです。

犬の歯は虫歯になりにくい口腔環境を持っていますが、食べカスなどから歯垢や歯石が付着し、歯周病になっていきます。

歯周病になると、口臭の原因や健康を損なう病気の原因にもなるため、歯磨きは子犬のうちから行っていく習慣をつけておきましょう。

◆バセンジーにおすすめの歯磨きグッズ
  • 犬用ハブラシ:ヘッドが小さく、毛が柔らかいものがおすすめです。
    360度ブラシになっているタイプは磨きやすさでおすすめです。
  • 歯磨きシート:歯ブラシを嫌がるバセンジーにおすすめです。
  • デンタルガム:犬用デンタルガムは愛犬が喜びながら歯磨きをすることができます。
  • デンタルケア玩具:ロープや凹凸のあるゴム状のものまで様々です。
    愛犬が好むものを使ってあげると良いでしょう。

バセンジーの注意する病気

バセンジーはアフリカの暑い国を原産とする犬種の為、日本の気候で体調を崩して下痢をしてしまうことがあるようです。
繊細な一面も持っているためストレスからも下痢になることもあるようです。

その他にもバセンジーがかかりやすいと言われる病気には、「ファンコニー症候群」「鼠経ヘルニア・臍ヘルニア」「溶結性貧血」などがあります。

病院,病気

注意する病気① 「ファンコニー症」

バセンジーに好発しやすい遺伝性疾患で、腎臓の機能不全のことです。

体に必要な物質を腎臓が吸収しなくなる病気で、尿となって必要な物質が捨てられてしまいます。
そうなることによって生存に必要な機能を保てなくなります。

水を飲む量が多い、尿の量や回数が多い、尿の色が薄いなどの症状のほかに、失禁や脱水などの症状が見られます。

定期的な尿検査を行って早期発見・早期治療に努めましょう。

注意する病気② 「溶血性貧血」

バセンジーに好発しやすい遺伝性疾患で、赤血球が破壊されることにより酸素が全身に行き渡らなくなることです。

元気がない、食欲不振、呼吸困難などの症状が見られるようになります。

早期発見・早期治療によって症状の改善が可能な病気なので、定期的な血液検査を受けるようにしましょう。

注意する病気③ 「ヘルニア」

ヘルニアにおいても、バセンジーの遺伝性疾患の1つです。

特に鼠経(そけい)ヘルニアや臍(さい)ヘルニアが起こりやすいと言われています。

脚の付け根にある隙間(鼠経部)もしくはヘソから、内臓の一部が飛び出してしまった状態のことです。

食欲や元気がない、嘔吐、下痢・便秘などの症状が見られるようになります。

予防はできない病気の為、早期発見と早期治療が重要です。
スキンシップを取る際には、脚の付け根やお腹のチェックも行うようにしましょう。

バセンジーのミックス犬

ミックス犬① 『バセンジー×ジャックラッセルテリア』

体は小さいながらも活発で明るい性格を持った「ジャックラッセルテリア」とのミックス犬です。
容姿は似た雰囲気を持つ犬種同士ですが、ジャックラッセルテリアは体重4~6kgの小型犬なのでバセンジーよりも小さなサイズになるかもしれません。
また、どちらもとても賢い犬種ですので、その賢さを受け継ぐことでしょう。

ミックス犬② 『バセンジー×ラブラドールレトリバー』

大型犬の中でも人気のある「ラブラドールレトリバー」とのミックス犬です。
全体的な印象としてはラブラドール寄り、お顔の特徴はバセンジーを受け継いでいることが多いように感じます。
どちらの犬種も家族に愛情深い犬種なので、ミックスにおいてもその特徴を受け継ぐことでしょう。

ミックス犬③ 『バセンジー×柴犬』

日本犬の代表格「柴犬」とのミックス犬です。
無駄のない引き締まった体のバセンジーと、素朴な柴犬の印象がうまく合体しています。
私たち日本人からするとより親しみやすい印象を持てるかもしれません。

バセンジーを飼うのに向いている飼い主は?

バセンジーは、しつけが難しいことや見知らぬ人には懐かないなどのことからも特殊な犬種で、初心者向きの犬種とは言えません。

バセンジーを飼うのに向いている飼い主は、根気強く忍耐力があり、それでも無理強いはせずにさっぱりとしている人に向いているでしょう。
また、豊富な体力を持つ犬種ですので、活動的な人に向いている犬種だと言えます。

さらに、自由気ままなバセンジーは、閉所を苦手でキャリーバッグなどを嫌うことも多いようです。
そのため電車などの公共交通機関を使った移動が難しいため、動物病院やドッグランなどが徒歩圏内にある、もしくは自家用車がある人におすすめする犬種です。

いずれにしても、バセンジーを飼うためにはその特殊性を理解した上で迎え入れなければならないでしょう。

マンションでも飼育できる?

「吠えない犬」とも言われるバセンジー、全く鳴かないわけでもありませんが実際にあまり鳴かないようです。
他の犬種よりも近所迷惑になる心配も減るので、マンションでの飼育に向いているでしょう。
ただし、サイレン音などにつられて遠吠えをすることがあるため注意しておきましょう。

また、マンション飼育の場合ではどうしても運動不足が懸念されます。
散歩量などに気を付けて運動不足にならないよう十分に注意してあげてください。

一人暮らしでも飼育できる?

バセンジーは小さめの中型犬で小型犬と記されていることも多いですが、運動量は中型犬~大型犬並みに必要とします。
また、一人で過ごすことは苦手とし家族と一緒に過ごすことを好む犬種です。
そのため、留守番が少なく、犬のための時間を十分に作ってあげられる人に向いている犬種です。
そういった点から一人暮らしでの飼育にはおすすめできません。

高齢者でも飼育できる?

物静かで家族に寄り添うことを好むバセンジーなので高齢者向きかとも思うかもしれませんが、バセンジーの豊富な運動量とその俊敏さから考えると高齢者が単独で飼育するにはおすすめできない犬種です。
ただし、健脚で元気いっぱいの高齢者や、安全に自由運動をさせてあげられるほど十分なスペースのある田舎暮らしなどであれば例外もあるかもしれません。

バセンジーの寿命

バセンジーの平均的な寿命はだいたい12~16歳と言われています。
同じ中型犬である柴犬は12~15歳、ウィペットは12~15歳と言われているため、中型犬の寿命としては平均~やや長寿だと言えるでしょう。

ただし、この寿命はあくまでも目安です。
犬の寿命はその犬の生まれ持った体質や生活環境、病気の早期発見・治療などによっても異なってくるため、健康に気遣って育てていくことで平均的な寿命よりも長く生きてくれることもあるでしょう。

この記事のまとめ


バセンジーはこんな犬
  • 体重10~12kgの中型犬
  • 「吠えない犬」。それでも鳴かないわけではなく独特の鳴き声を持つ。
  • 性格:ツンデレでマイペース。感情表現が少ないが飼い主家族には甘えん坊。
  • 被毛:滑らかな短毛
  • 毛色:「レッド」「ブラック」「トライカラー」「ブリンドル」
  • 気を付けたいしつけ:噛み癖
  • 注意したい病気:「下痢」「ファンコニー症候群」「溶血性貧血」「ヘルニア」など
  • 子犬の販売価格:10~25万円程度
  • 平均寿命:12~16歳

さいごに

無駄吠えもなくお手入れも簡単なバセンジーは、マンションなどの集合住宅にも向いている犬種です。

希少で通常の犬種とは異なる点も多いため、飼っている中で新しい発見を楽しめる犬種かもしれませんね。
野性的で奇行が多いとも言われる犬種なので、実際に飼ってみると中毒性が高く「バセンジー以外考えられない」といった飼い主さんも少なくないようですよ。