【動物看護士が解説!】犬がチョコレートを食べたらどうなるの?中毒症状や致死量について


犬のチョコレート中毒

犬が中毒を起こしてしまう食べ物で有名なものの一つにチョコレートがあります。

動物病院でもチョコレートを食べてしまった!と来院される犬はいます。

家の中で自由に生活させている犬で、飼い主の留守中や寝ている間に、勝手にチョコレートを食べてしまう犬が多いようです。
帰って来たり起きたりして、チョコレートが食べられているのをみてびっくりして来院されます。

 

チョコレート中毒は、チョコレートそのものに対して中毒を起こすわけではありません。
チョコレートやココアなどのカカオ類を含む加工品に含まれるメチルキサンチン類という物質に対して中毒は起こります。

メチルキサンチン類とは、主にテオブロミンやカフェインといった物質です。
チョコレートがこのテオブロミンが含まれている代表的な食べ物ということで、チョコレート中毒と呼ばれています。

他にもコーラやガラナの実やマテ茶などにもテオブロミンは含まれています。

このテオブロミンは少量摂取しただけでは、中毒を引き起こすことは少ないのです。
過剰摂取した場合に中毒症状が起こります。
犬は、人と違って、テオブロミンを代謝、分解するのにとても時間がかかるので、中毒を引き起こしてしまいます。

チョコレートにも様々な種類がありますが、ホワイトチョコレートならほとんどテオブロミンは含まれていません。
しかし、カカオが少ないミルクチョコレートよりも、カカオが多く含まれているビターチョコレートなどはその分テオブロミンの濃度も高いため、危険なのです。

具体的に、1g当たりにテオブロミンの含まれている量が多い順番に、ココアパウダー、チョコレートを使った焼菓子、ダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートとなります。

初期症状は、嘔吐や下痢が一般的に起こります。
進行すると、発熱、不整脈、頻脈、興奮、脱水症状、ふらつきがみられます。
さらに悪化すると、てんかん発作、痙攣、失禁、昏睡状態になり、死に至ることもあります。

このような症状が出始めるのは、チョコレート摂取から6~12時間後が多いです。

犬がチョコレートを食べてしまった時の致死量は?

犬がチョコレートを食べてしまった時、軽度の症状から死に至る場合があります。

その原因となるテオブロミンを摂取した量によって症状は変わってきます。

犬に軽度から中度の中毒症状がでる量

テオブロミンの摂取量が、犬の体重1kg当たり20〜40mgです。

下痢や嘔吐、発熱などの軽度の症状が見られる場合が多いです。

犬に中度から死亡する可能性のある量

テオブロミンの摂取量が、犬の体重1kg当たり40〜50mgです。

不整脈がみられ、興奮し、ふらつくこともあります。

犬が重度から死亡する可能性のある量

テオブロミンの摂取量が、犬の体重1kg当たり60〜100mgです

発作が起き、意識障害やそのまま死に至る場合もあります。

致死量

テオブロミンの摂取量が、犬の体重1kg当たり100mg以上です。

この量を犬が接種すると死に至る場合が多いです。

板チョコ(55g)に含まれているテオブロミンの量は?

ミルクの板チョコ(55g)なら、1枚当たりに含まれているテオブロミンの量が、約130mgとなります。

体重が5kgの犬であれば、ミルクの板チョコを4枚食べれば致死量に達します。

カカオ70〜80%の板チョコ(55g)なら、1枚当たりに含まれているテオブロミンの量が、約340mgとなります。

体重が5kgの犬であれば、カカオ70〜80%の板チョコを1枚半食べれば致死量に達します。

カカオ80~90%の板チョコ(55g)なら、1枚当たりに含まれているテオブロミンの量が、約460mgとなります。

体重が5kgの犬であれば、カカオ80~90%の板チョコを1枚ちょっと食べれば致死量に達します。

カカオ90%以上の板チョコ(55g)なら、1枚当たりに含まれているテオブロミンの量が、約600mgとなります。

体重が5kgの犬であれば、カカオ90%以上の板チョコを1枚食べれば致死量に達します。

 

このように、様々なチョコレートの種類で比較しましたが、あくまでも目安です。

犬の個体差や、チョコレート製品によっても変わってきます。

テオブロミンに対して感受性が高い犬では、少量でも死亡する場合もありますし、大量に食べてもなんとも無い場合もありますが、チョコレートには特に注意が必要です。

 

犬がチョコレート食べた時の応急処置

チョコレートを食べてしまった時の応急処置は、家ですることはあまりおすすめできません。

基本的には、食べてしまったらすぐに行きつけの動物病院へ連れて行ってあげてください。

もしくは、動物病院に連絡をして獣医師の指示に従いましょう。

しかし、動物病院が閉まっている時間帯や、夜間動物病院が近くにない場合など、動物病院で診てもらうには時間がかかりすぎる場合の応急処置法をお伝えしておきます。

もしも、チョコレートを食べてしまってすぐの場合は、吐かせることが最も有効です。

動物病院でよくやる吐かせる処置としては、3%の過酸化水素を使用します。

いわゆる薬局にうっているようなオキシドールです。

これを犬の体重1kg当たり1~2ml飲ませます。
5kgの犬だとしたら、5~10ml飲ませますが、家で処置をする場合は、5mlから始めてください。
吐いた場合も吐かない場合もその後は動物病院へ連れて行って処置してもらいましょう。

このような吐かせる処置は、犬がチョコレートを食べてしまってから約12時間以内であれば有効とされています。

食べてしまってかなり時間がたっているようであれば、このような処置をしたとしても無意味なことが多いですので、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。

また、吐かせる処置がうまく出来たとしても、中毒を引き起こす場合もありますので、決して安心しないでください。

動物病院へ連れていく際は、いつ食べたのか、どのくらいの量を食べたのかを明確に伝え、食べたチョコレートの製品名とそのチョコレートの成分が記載しているものを持っていきましょう。

下痢や嘔吐などの症状がでてしまっていたら、その状態も伝えましょう。

犬のチョコレート誤食を防ぐ対処法

チョコレート中毒を防止するためには、チョコレートやココアパウダーなどのカカオが含まれている製品を、犬の手の届くところに置かないという事が一番大切です。

しかし、食べることが大好きな犬にとって、少しでも美味しいにおいがしたら、器用に探したり、ゴミ箱をあさったりしてどうにか食べようとしたりします。

いくら手の届かない場所に置いていたとしても、犬は能力が高い動物なので、飼い主さんがびっくりするような方法で手に入れることもできるのです。
動物病院へチョコレートを食べてしまったという犬を連れてきた飼い主さんも、隠してたのに、、、という人も少なくありません。

チョコレートのついたゴミも注意が必要です。
一口舐めただけでは中毒にはなりませんが、チョコレートの美味しい味を覚えてしまいます。
味を覚えさせないためにも、ゴミ箱にも蓋をするなどの工夫が必要となります。

また、家の中だけではなく、散歩中や外出先でも注意が必要です。
家の中でどれだけ気をつけていたとしても、チョコレートのゴミや、かけらが落ちている可能性もあります。
また、人が多い環境の場所であれば、目を離した隙に、何も分からない子供がチョコレートを食べさせてしまうという可能性もあります。

犬がチョコレートを食べてしまう時は、家の中や散歩中などでの拾い食いだけではなく、飼い主さんのチョコレートケーキを一瞬の隙に食べてしまったり、ココアパウダーをこぼした時に舐めていたりと状況はとても様々です。

落ちている食べ物を食べるということは、犬にとって本能です。
このような誤食は、人の不注意だということを理解することが大切です。

うちの犬は絶対大丈夫!という自信は一度捨てて、大袈裟に様々な可能性を考えて行動することも誤食を防ぐために必要なことです。