【動物看護士が解説!】犬の耳についてまとめ 犬の感情表現や耳のトラブルからケアまで


犬の耳のしぐさ 耳でわかる犬の感情

犬は人間みたいに言葉を喋ることができません。

しかし犬には、人間にも分かるような感情のサインを、全身を使って日々出しているのです。

愛犬の気持ちをなかなか分かってあげられないという人におすすめのサインの一つに、耳を見ることで感情が分かることもあるということです。

耳の角度や傾け方によって、愛犬の感情を読み取ることができます。

特に、立ち耳の犬なら垂れ耳の犬よりもわかりやすく現れます。
立ち耳の犬のしぐさをベースに説明していきますが、垂れ耳の犬でも、耳の付け根の動きを観察することによって、感情を読み取ることができるので、参考にしてみて下さい。

犬の耳が立っているが、力が入っていない時

基本的には、リラックスしている状態です。

特に何も思っていない時、リラックスしている時には耳の傾きはあまりありません。

これを愛犬の基本の耳の形ということを知っておくことで、他の感情が現れた時に比べやすくなります。

また、リラックスしていても耳は横へ向いたり後ろへ向いたりしますが、飼い主さんの会話や、慣れた生活音を聞いている場合が多いです。

犬,吠える

犬の耳が立っている時、前よりに向いている時

犬の耳が立っている場合は、基本的にリラックスしている場合が多いですが、前よりに向いていて力が入っていたり、ピクピク動いていたりする時は、何かに興味を示している状態です。

目に入ったものに対して興味を持ったら、耳を立てて耳から聞こえる音も情報として取り入れようとします。

また、犬がびっくりした時も、その状況を理解しようと力をいれて耳を立てます。

犬が耳を後ろに寝かしている時

耳を後ろに寝かしている時は、2つの感情を示している事が多いです。

好意を示している場合

1つ目は、嬉しい感情・好意を示している場合です。

これらは、服従心から来ている耳の動きです。

大好きな飼い主さんに褒めてもらえた時、好きな人や犬が近づいて来た時など、嬉しいときの感情が高ぶった時に、耳を後ろに寝かしていることが多いです。

コーギー.しっぽがない.砂浜.海

犬が警戒・緊張をしている場合

2つ目は、警戒心・緊張を示している場合です。

自分にとって、怖いと思っている人や犬、初めての場所や人や犬に危険と感じた場合に耳を後ろに寝かしていることが多いです。

アメリカンピットブル

犬の表情の見分け方

この2つの感情の見分け方は、表情や態度ですぐに分かります。

嬉しい時は表情も穏やかで、喜んでいることが分かります。

反対に、警戒心が現れている時は、歯を出していたり、鼻の上に皺を寄せた怖い表情になっていたりします。

また、うなる犬もいます。
緊張しているときは、体はあまり動かず目がキョロキョロしたり、落ち着きが無くなったりします。

ちなみに動物病院へくる犬は、緊張している犬が多く、診察台に乗せると耳を後ろに寝かして固まる犬が多いです。

恐怖心が増すと、歯を出して威嚇してくる犬もいます。

 

犬の耳のトラブルとは?

犬は、耳のトラブルが多い動物です。

犬の聴覚は嗅覚の次に優れていて、人間の4~10倍ともいわれています。
犬にとって耳は情報を受ける大切な器官なのです。

しかし、耳のトラブルを起こしてしまうと、耳が聞こえづらくなったり、違和感や痒みや痛さがでてきたり、生活に支障をきたしてストレスにもなります。

耳のトラブルでも、見える所から、見えない耳の奥など様々です。

見えない所では、飼い主さんが気づかない場合もあり、症状が悪化することもあるので注意が必要です。

 

耳の役割・しくみとは

耳は音を捉える聴覚だけではなく、身体のバランスを保つ平衡感覚を司る、複数の機能を持つ感覚器です。

そのため、耳は音波を伝達する役割の伝音系器官および音を感知する感音器と、平衡感覚に関わる平衡器とよばれる器官から構成されています。

また機能とは別に、位置によって呼び方が決まっており、外耳、中耳、内耳に分類されています。

 

外耳とは

外耳とは、耳介、外耳道の総称で、耳から鼓膜までの部分です。

耳介は、犬の頭部から飛び出した、一般的に耳と呼ばれる部分になります。耳介の役割としては、主に外界の音を集めることになります。

犬の耳介は人の耳介と比べてよく動かすことができ、効率よく音を集めることができます。犬の聴覚が人間より優れる理由の一つとなります。

外耳道は耳介の中にあり、耳の穴にあたる部分です。外耳道の役割は、耳介で集めた音を鼓膜に伝えることになります。

外耳道には、脂腺や耳道腺などと呼ばれる分泌腺があり、そこから分泌液が出ます。

この分泌液は、耳の奥に異物が入らないようにする機能や、殺菌機能、乾燥を抑える機能などがあると言われています。

この分泌腺と外部から入った異物や皮脂などが混ざったものを耳垢と呼びます。

 

中耳とは

中耳とは、鼓膜、鼓室、耳管の総称で、鼓膜より内部の位置にあります。

中耳の役割は、外耳から伝達された音を適度な強さの振動に変換して中耳の先にある内耳に伝達することです。

中耳の最も外側には鼓膜という膜があり、鼓膜は、外耳道と中耳の境にあります。鼓膜は外耳から中耳へ音を伝える役割があります。 

鼓膜の奥には鼓室と呼ばれる空間があり、鼓室の中にはツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨と呼ばれる3つの小さな耳小骨があります。

これらの耳小骨は、より奥にある内耳に向かって繋がっており、その役割は、鼓膜によって振動に変換された音を、そのまま内耳に伝えることです。

耳管は、鼓室と外界をつなぐ管で通常は閉鎖してします。耳管の役割は、鼓室内と外界の気圧が違った場合、開いて、鼓膜内の気圧を調節することです。

 

内耳とは

内耳とは、骨迷路という管道とこの骨迷路に包まれている膜迷路という嚢から形成されていて、一番脳に近い位置にあります。

骨迷路は、前庭、蝸牛、聴神経から形成されています。

前庭は、鼓室の中にあるアブミ骨から受け取った振動を蝸牛に伝達する場所になります。

また、平衡感覚に関係する器官を内包しています。

蝸牛はカタツムリのようにグルグル巻きの器官で、奥になるにつれてその径は小さくなります。

そのため奥と手前で高音と低音を分けることができます。

この蝸牛で分離した高音・中音・低音を、聴神経からそれぞれ脳に伝えることによって高い音、低い音を聞き分けています。

このように耳は非常に複雑な構造になっており、音を聞き分けることや平衡感覚を整えることができます。

 

 

犬の耳のトラブルの原因と理由

犬の耳のトラブルの原因はいくつもあります。常在菌のバランスの崩れ、細菌の増殖、耳の中の炎症や腫瘍、耳ダニ、アレルギーなどです。

常在菌のバランスの崩れは、耳にいつも存在する常在菌が急に増えたり減ったりすることです。特にあるのは、マラセチア菌の増殖です。

マラセチア菌に関する外耳炎は後で詳しく説明しますが、正常な皮膚にも存在するマラセチア菌が増殖するとフケや脂漏、かゆみ、炎症が起こります。

皮膚のどこでも起きますが、耳には特に起きやすい特徴があります。

菌の増殖以外でも起きる耳の炎症や腫瘍も原因の一つです。

炎症が起きたり腫瘍ができたりすると痒みや違和感で耳を触ったり引っかいたりするので、耳の状態はさらに悪化します。

腫瘍以外にも耳ダニやアレルギーで耳に炎症が起こる場合もあります。

その他、耳の中の湿気(入浴や水泳によって耳の中に水が入ることが原因となることも)や、耳掃除をせず耳の中が不潔になることによって炎症に繋がることもあります。

日常の耳のケアによってもトラブルは発生するので注意が必要です。

 犬の耳のトラブルから考えられる犬の耳の病気

パグ,風邪

犬の耳の病気 外耳炎

犬で最も多い耳の病気は外耳炎です。

外性炎はその名の通り、外耳道の炎症です。外耳道には、皮脂腺やアポクリン腺があり、耳垢となる分泌液がでます。

正常な耳垢は耳の中の湿度を正常に保つ働きをします。

しかし、アポクリン腺が増加することによって、耳の中の湿度のバランスが崩れて、感染や外耳炎を引き起こします。

湿度が高くなると、マラセチアという常在菌やグラム陰性菌が感染や増殖し、べっとりとしたクリーム色や緑色、黒っぽい色をした耳垢がたまります。

これが、犬の耳からの臭いの原因になります。

また、菌以外にも、アレルギー性の外耳炎などもあります。

そして、耳ダニが耳の中に感染、寄生している場合も強いかゆみを伴いますので、外耳炎を引き起こしします。

外耳炎の症状は、耳垢が増えたり、耳からドロッとした液体がでたり、耳から強いにおいがしたりします。

愛犬が、頭を振る、耳を掻く、耳をこすりつけるなどの行動を取り出したら要注意です。

 

外耳炎の種類

外耳炎には様々な種類がありますが、ここでは代表的な4種類を挙げます。

アレルギー性外耳炎

アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの過敏症に併発して起こる外耳炎のことをいいます。

何らかのアレルゲンが原因でおこったり、皮膚疾患に伴って生じたり、点耳薬などを長期間使用することによって体に合わなければ生じることもあります。

アトピーなどの過敏症では、外耳道や耳介の赤みや浮腫、分泌液の過形成などが認められます。

 

脂漏性外耳炎

耳道内の皮膚が過度に硬くなったり(角化)耳垢腺の分泌異常によって耳垢が蓄積したりすることによって起こる外耳炎のことをいいます。

大量の耳垢が溜まる、耳の中がべっとりしている、脂漏性の耳垢などの症状があります。

かゆみや痛みを伴わないこともあるため、愛犬が耳を掻いたり頭を振ったりするなどの行動をとらずに気づかないこともあります。

脂漏性外耳炎では細菌や炎症性の細胞が検査で見られることはほとんどありません。

 

細菌性外耳炎

緑膿菌というグラム陰性菌が耳の中で感染を起こしておこる外耳炎です。

その原因は、外耳道の炎症、耳の中の湿度が高い、耳の中のpH上昇などがあります。

アポクリン腺からの分泌が亢進し、耳の中の湿度が高いなどの環境は細菌性外耳炎を引き起こしやすい傾向にあります。

耳垢が増えかゆみ、痛みが伴うことがあり、症状が進行すれば潰瘍も見られることがあります。

 

マラセチア性外耳炎

マラセチアとは、皮膚に通常にいる常在菌で、酵母菌の一種になります。耳の中に多く存在します。

健康状態のときは病原性を示しませんが、免疫力が低下した時にバランスをくずして病原性を表します。

免疫力の低下以外は耳の状態に依存します。具体的には、耳道の湿度の状態です。

マラセチアは耳の湿度が高い状態で増殖しやすい特徴があり、入浴や水泳などによって耳の中に水が入ることで増殖する場合もあります。

マラセチアは、常在菌なので完全にいなくなることはありません。

 

外耳炎になると、臭いや耳垢が気になるところですが、家で掃除をしすぎると外耳道を傷つける場合もありますので、動物病院で掃除をしてもらって下さい。

家でのケアは、獣医師の指示のもとで点耳薬を指したり、耳の見える所を拭いてあげたりする程度がいいです。

犬の耳の病気 中耳炎

中耳炎は、中耳に起こる炎症で、多くは外耳炎から広がって発症します。


症状や耳垢は外耳炎と同じなので見逃してしまうことも多いです。

外耳炎よりも痛みを感じることもあり、まれに首が傾いたり、眼振が起こったり、動きが正常でないという症状がでることがあります。
中耳炎を放っておくと、脳に感染してしまい膿瘍や脳髄炎を引き起こすこともあります。

犬の耳の病気 内耳炎

内耳炎は、内耳に起こる炎症で、外耳炎や中耳炎から広がって発症します。

症状や耳垢は外耳炎や内耳炎を発症していることが多いため、同じ症状の場合がほとんどです。

内耳は、脳に近いことから、傾斜、眼振、足の運動失調がみられます。

また、半規管もあることから、平衡感覚を失い、しっかり立ったり歩いたりできなくなることもあります。
最近では、CTMRIなどの検査で診断がつくようになっています。

犬の耳の病気 耳血腫

耳血腫とは、一般的に耳と呼ばれている耳介の部分の血管が破れて、皮膚と軟骨の間に血液が溜まり、腫れ上がった状態です。

外耳炎や、アレルギー、耳ダニの寄生などが原因で頭を強く降ったり、耳をかいたりすることによって血管が破れてしまいます。

基本的に外耳炎を発症している場合がおおく、臭いもきつく、耳垢も溜まっています。

ひどくなると痛みも出てくるので、家でのケアは控え、動物病院で溜まった血液を抜いてもらうなどの処置をしてもらいましょう。

 

犬の耳の病気⑤ 耳道腫瘍

耳道腫瘍とは耳道にできる腫瘍です。

耳道にはポリープや炎症性肉芽が発生することはたまにありますが、扁平上皮癌や耳道腺腫などの腫瘍もみられます。

外耳道や耳介に腫瘍ができた場合、外耳炎のような症状が認められます。臭いがかなりきつく、耳垢や液体が出て、かゆみ、痛みも伴います。

症状がひどければ、出血や、神経症状がみられることもあります。耳道腫瘍は悪性の場合もありますが、犬では良性の場合が多いです。

 

犬の耳のトラブルを起こしやすい犬種・年齢

外耳炎、中耳炎、内耳炎では垂れ耳の犬種は、立ち耳の犬種に比べ耳が塞がっているため、湿気がこもりやすくなりやすい傾向にあります。

アメリカンコッカースパニエル、スプリンガースパニエル、ラブラドールレトリーバー、プードル、ジャーマンシェパード、ウエストハイランドホワイトテリア、シーズー、柴犬などの犬種に多いとされていますが、実際耳が垂れている犬や、通気性が悪い耳の形をしている犬種にはよく耳のトラブルがみられます。

トイプードルやビションフリーゼなどの犬種では、耳の中に生える毛量が多い上に垂れ耳なので特に耳の中に炎症を起こしやすいです。

耳血腫ではラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリバー、ビーグル、バセットハウンド、アメリカンコッカースパニエルなどの耳介が大きい垂れ耳の犬によく見られます。

外耳炎の発症率が高いのは、36歳ですが、その外耳炎をおこす原因となる疾患が生じる年齢によっても異なります。例えば、ミミヒゼンダニやアレルギー性皮膚炎が基礎疾患となる外耳炎では1歳未満や1歳前後に発症しやすいです。

中耳炎や内耳炎は、外耳炎から広がっていくことがほとんどですので外耳炎と発症しやすい年齢は同じようなものです。

パセットハウンド

犬の耳のケア 掃除の方法、頻度、おすすめグッズ

犬の耳のケアはとても大切で、家でも定期的にしてあげてほしいケアの一つです。

しかし実際は、耳の見えているところは拭いてあげられるけれど、耳の中までは怖くて掃除ができないという飼い主さんがとても多いです。

犬の鼓膜は、人と違ってかなり奥の方にあるので、耳掃除で敗れるということは少ないです。
しかし、それでも嫌がってできない、怖いというのであれば、1ヶ月に1〜2回程度でトリミングサロンや動物病院で掃除をしてもらいましょう。

家でも耳のケアができるのなら、耳の中の掃除は1ヶ月に1〜2回程度でしてあげましょう。
シャンプーを家でしているのなら、シャンプー後にしてあげるのをオススメします。
そして、シャンプー後の湿気で外耳炎になることも多いため、しっかりと耳の湿気は取ってあげましょう。

犬の耳掃除の注意点は、あまり頻繁にやり過ぎると逆に傷つけてしまい、炎症を起こす可能性がありますので、毎日掃除をする必要はありません。
少しでも、耳が臭うようになったり、変わった色の耳垢が沢山出てくるようになったりするならすぐ動物病院で見てもらいましょう。
診断されてからは、獣医師の指示に従ってケアをしてあげましょう。

動物病院でよく使用している耳のケアグッズは、キリカン洋行のノルバサンオチックという耳掃除で使う洗浄液です。
サラサラしているタイプなので、ベタつきもなく、耳の中にそのまま入れて洗浄できるので使いやすいです。
耳の病気に処方する点耳薬がドロッとしたものもあるので、ベタつきのないノルバサンオチックで掃除した後に、点耳薬が使いやすいということで、多くの動物病院で使用されています。

この記事のまとめ

・犬の耳の仕草は感情表現の手段

・耳は聴覚だけでなく平衡感覚を司る感覚器

・耳は大きく分けると外耳・中耳・内耳に分かれ、さらに細かく分類でき、とても複雑な構造

・耳のトラブルは多く、その原因は常在菌のバランスの崩れ、細菌の増殖、耳の中の炎症や腫瘍、耳ダニ、アレルギーなど

・耳のトラブルの多い犬種は、実際耳が垂れている犬や、通気性が悪い耳の形をしている犬種

・耳のケアはしすぎると悪影響で、月に1~2回程度が良い

パセットハウンド

犬の耳について さいごに

犬にとって耳はとても重要な器官ですが、病気などのトラブルも多い器官です。

耳のケアはとても重要ですので回数に気を付けてしっかりケアしてあげましょう。