ラフコリーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

アメリカの映画やテレビの「名犬ラッシー」でその存在が有名になり、一躍日本でも大人気となった犬、それがラフコリーです。単に「コリー」と呼ばれることもありますが、スムースコリーと区別してラフコリーというのが正式な名称です。ラフコリーにはどういう歴史があり、飼育する上での注意点はどういうことなのか、詳しく紹介してみましょう。

ラフコリーの基本情報

ラフコリーの基本情報① 原産国

スコットランド

ラフコリーの基本情報② サイズ

大型犬

ラフコリーの基本情報③ 体の大きさ

体高56~61cm 体重20~34kg

ラフコリーの基本情報④ 被毛

ダブルコート 長毛

ラフコリーの基本情報⑤ 平均寿命

14~16年

ラフコリーの基本情報⑥ 平均価格

17万円

ラフコリーの歴史

スコットランドで牧羊犬として活躍

スコットランドでは昔から牧羊犬が活躍していましたが、ラフコリーの記録は19世紀頃まではありません。

「コリー」とは古いスコットランド語で「黒い犬」という意味で、ラフコリーだけでなくボーダーコリーにも当てはまります。

ラフコリーとよく似た犬種であるスムースコリーもラフコリーと同じように実用犬として活躍していました。

もともとは全く別の犬種であったラフコリーとスムースコリーですが、交配が重ねられてよく似た容姿を持つようになり、同じ犬種と考えられるようになりました。

ビクトリア女王に可愛がられたコリー

1860年頃、犬好きのビクトリア女王がスコットランドで見かけたコリーを見て大変気に入り、2頭をイギリスに連れ帰りました。

ビクトリア女王が持ち帰ったコリーはスムースコリーだと言われていますが、兄弟種の犬だということでラフコリーの人気も高まってきました。

その後ラフコリーはスムースコリーよりも穏やかなことから、牧羊犬としてではなく上流階級のペットとして愛されるようになりました。

アメリカで爆発的な人気

その後アメリカに渡ったラフコリーは、余裕があるアメリカ人たちの住宅事情にもマッチしたことから、上流階級などの富裕層が飼育を始めました。

しかし、映画やテレビで人気になった一つの物語によって、庶民にも爆発的な人気を得ることになりました。

日本でもラフコリーを広めた「名犬ラッシー」

アメリカでテレビドラマや映画として制作された「名犬ラッシー」はラフコリーのラッシーをストーリーの中心として描いており、ラフコリーが非常に穏やかで賢い犬だということを世界中に広めるにいたりました。

ラッシーによってアメリカで人気犬種となったラフコリーは、日本にも広まっていきました。

日本では住宅事情から、それほど大型犬を飼う人が多くなかったのですが、大型犬と言えばラフコリーというイメージが大きかった時期もありました。

ラフコリーの特徴

均整がとれた体格

ラフコリーの体重はオスが30kg前後、メスが25kg前後、体高はオスが51~56cm、メスが51~56cmで、見た感じも被毛がふさふさでとても立派で、均整がとれた体格をしています。

細長いマズルに先が折れ曲がった半立ちの耳も特徴です。

ラフコリーの毛並み

ダブルコートで長毛です。

胸元はえりまきのようで、尻尾の毛もふさふさとしていています。

手足には飾り毛があります。

ラフコリーの毛色

茶白のホワイト&セーブル、黒白茶のトライカラー、灰白黒茶の大理石模様のブルーマールの三種類が公認されている毛色です。

ラフコリーの性格・気質

ラフコリーの性格・気質① 明るく穏やか

ラフコリーの性格で特徴的なのは、非常に穏やかで明るくて優しい犬だということです。

活発で遊び好きでもありますので、一緒に遊ぶことができる飼育環境であることが望ましいです。

ラフコリーの性格・気質② とても賢い犬種

「ラッシー」でもおなじみのように、とても賢い犬で、人間の言うことをよく理解してくれます。

覚えが良いのでしつけの面でも、とてもやりやすいです。

ラフコリーの性格・気質③ 飼い主に従順でストレスを溜めやすい

飼い主には非常に従順で。飼い主の気持ちをよく汲み取ってくれます。

その反面、放っておかれたり叱られすぎたりすると、ストレスを溜めやすい傾向があります。

ラフコリーの飼い方・しつけ

室内での飼育も可能

ラフコリーは庭付きの大きな家で飼育する犬だというイメージが強いです。

実際に広い庭付きの大きな家で飼育するのが理想であると言えます。

しかし日本には大きな庭付きの一戸建ての家が少なく、屋外で飼育したとしても放置しておくわけにはいきません。

頭が良いラフコリーにもしつけは必要であり、また飼い主と常に一緒にいたいと考える犬であるので、室内での飼育も決して不可能ではありません。

大型犬は子犬の頃のしつけが大切

ラフコリーは「ラッシー」のイメージから、しつけをしなくても穏やかで賢いと誤解をした飼い主がしつけを怠り、夜鳴きをするなどしてうるさく落ち着きがない犬になってしまったこともあるようです。

いくら頭が良い犬でも子犬の頃のしつけは大切です。

特にラフコリーのような大型犬は、しっかりしつけておかないと、体が大きくなってからではしつけ直しが難しいことがあります。

上下関係はしっかりと

小さい子どもや高齢者がいる家庭では、特に大型犬のラフコリーは上下関係はしっかりとわからせておかないと、成犬になってわがままなままでいると力ではかなわないことがあります。

子犬の頃に上下関係を理解させると、あとのしつけはとてもしやすくなります。

トイレは散歩の時にさせるの?

屋外で飼われることが多かったラフコリーは、トイレも散歩の時にすることがほとんどでした。

しかし散歩の時だけ外で排泄させるというのは、我慢させる時間が長くなり、ちょっとかわいそうですね。

ラフコリーの寿命が長くなってきて、高齢犬になってしまうと、足腰が弱ってくると外に散歩に出ることも少なくなります。

病気になることも多くなってくることでしょう。

そんな時に室内のトイレで排泄ができないと大変ですので、トイレで排泄ができるようにしつけておくことが大切です。

散歩はどれくらいの頻度でさせるの?

ラフコリーはもともとが牧羊犬であったので、たくさんの運動が必要です。

子犬の頃や若い頃は、たくさんの時間を散歩にあててあげることが必要です。

1日2回、1時間ずつ位の散歩はするようにしたいですね。

ラフコリーを運動させてあげるような十分な時間が取れるかどうかを、飼う前に考えておく必要があります。

ラフコリーのお手入れ

ラフコリーのお手入れ① ダブルコートなのでブラッシングは必須

ラフコリーの被毛はダブルコートですので、とても抜け毛が多いです。

ラフコリーは大型犬なので、抜け毛の多さは小型犬よりもとても多くなるので、抜け毛対策をしっかりとしなければなりません。

春と秋の換毛期には、特に抜け毛が多くなるので、ブラッシングは毎日丁寧に行ってあげる必要があります。

ブラッシングをしないで放置しておくと毛玉がたくさんできて、ほぐれにくくなってしまいます。

ラフコリーのお手入れ② シャンプーもこまめに

ラフコリーは大型犬なので、自宅でシャンプーをするのはとても大変ですが、シャンプーをすることで抜け毛対策にもなり、体臭を防ぐことができます。

自宅でシャンプーをすることができない場合は、ペットサロンなどに依頼すると、爪切りや耳掃除などと一緒にシャンプーもしてもらうことができます。

ラフコリーのお手入れ③ 歯磨きは子犬の頃から

犬は人間よりも歯垢が付きやすく、歯石になってしまうことが多いので、毎日の歯磨きは必須です。

しかし大型犬ですので、大きくなってからやろうとするのは難しいですし、もし怒って噛まれたら?と考えると怖いですよね。

犬にお迎えした子犬の頃から、少しずつ慣らしていくと、口の周りに触られても抵抗しなくなります。

慣れてきたら歯ブラシを使って磨くことを習慣にしていきましょう。

ラフコリーの注意する病気

ラフコリーの注意する病気① コリー眼異常

コリー種独特の先天的な眼の病気です。

眼球内の出血、網膜剥離、毛細血管の蛇行などの症状がみられ、生まれつき眼球が小さく、視力が極端に悪い場合、また失明している場合があります。

先天的な病気のために予防法はなく、発症した時にはその症状に応じた治療を行います。

ラフコリーの注意する病気② 膿皮症

膿皮症は発疹を伴う皮膚疾患で、犬の皮膚病の中では圧倒的に発症率が高いです。

症状は、赤い発疹や膿が出るジュクジュクした発疹ができて、それが日に日に増えていき強い痒みを伴います。

発疹がある部分の毛が抜けてしまい、フケのようなものがポロポロと出ることもあります。

原因は抵抗力が落ちてブドウ球菌が増えてしまったことや、皮膚に与える他の疾患にかかっている時などに発症することが多いです。 治療には抗生物質などが使われることがありますが、完治するのでの時間が長くなってしまうことも多いです。

ラフコリーの注意する病気③ イベルメクチンショック

コリーは先天的に血液脳関門の働きが欠損していることが多く、フィラリアの予防薬に含まれているイベルメクチンに対して副作用を起こすことがあります。

副作用の症状はふらつき、意識混濁、昏睡などがあり、命に関わることも多いです。

フィラリア予防薬でイベルメクチンショックを起こす確率は、それほど多くはありませんが、フィラリア予防薬を投与する時は必ず動物病院で獣医師に相談の上で行うようにしましょう。

ラフコリーの注意する病気④ フルンケル症

フルンケル症というのは皮膚の深い所で起こる感染症で、毛に覆われているあらゆるところで発症する可能性がある病気です。

皮膚の少ない肛門付近で発症する肛門フルンケル症というものもあり、犬にとってはとても不快な症状を伴う病気です。

治療には薬物投与の他、潰瘍ができている場合は外科的治療になる場合もあります。

ラフコリーの注意する病気⑤ コリーノーズ

コリー種に発生することが多い病気で、日光に含まれる紫外線が原因で鼻の皮膚が赤くなったり脱毛したりします。

ひどくなるとただれて出血してしまうこともあります。

治療には薬物の他、原因である紫外線を避けることが必要です。

ラフコリーに似ている犬種

シェットランドシープドッグ

シェットランドシープドッグ(シェルティ)は一見するとラフコリーとそっくりの容姿をしていて、小型のラフコリーであると認識している人も多い犬種です。

しかしシェットランドシープドッグはラフコリーとは別の進化をしていった別の犬種です。

シェットランドシープドッグはスコットランドのシェットランド諸島で飼育されていた牧羊犬が祖先だと言われています。

シェットランド諸島は寒さが厳しく、土地が荒涼としているために作物や家畜が大きく育つことがなく、シェットランドシープドッグも小型の犬として進化していきました。

ラフコリーと交配した時期もありましたが、大きくなりすぎたために、小型のポメラニアン、パピヨン、スパニエルと交配を重ねて今の姿に近くなっていきました。

ボーダーコリー

ボーダーコリーはラフコリーとは見た目が全く違いますが、ラフコリーと同じコリー種に分類される中型犬です。

ボーダーコリーは8世紀から11世紀にかけてバイキングによってイギリスに持ち込まれたトナカイ用の牧羊犬が祖先だと言われています。

ボーダーコリーは歴史が古い犬種ですが、犬種として認められるには大変な時間を要しました。

ボーダーコリーという犬種名が認められたのは1915年、原産国のイギリスで犬種として認められたのが1976年、そしてFCI(国際畜犬連盟)に公認されたのは1987年のことでした。

スムースコリー

コリーは毛の長いラフコリーと毛の短いスムースコリーと認識している人が多いように、コリーの中でも毛の短い犬がスムースコリーであると考えられることが多いですね。

実際に今のスムースコリーは、毛の長さを除いてはラフコリーと大きさも容姿もそっくりです。

発生当初のスムースコリーは、ラフコリーとはあまり似ていない容姿で、ずんぐりとしていました。

イギリスのビクトリア女王がスコットランドで見かけて気に入って持ち帰った犬はスムースコリーであったと言われています。

その後、ラフコリーと交配を繰り返すことによって、今のように被毛の長さ以外には、あまり違いがない犬種となりました。

しかしラフコリーと比べると、日本ではスムースコリーは希少価値があり入手困難な犬種です。

ラフコリー基本情報~さいごに

ラフコリーは「名犬ラッシー」のイメージ通り、大きくても心優しく賢い犬です。

広い庭がある一戸建てで飼育するのが理想ですが、室内で飼育することも決して不可能ではありません。

しつけがよく入り、甘えん坊のところがあるので、むしろ室内での飼育のほうが向いているとも言えます。

しつけさえしっかりすれば、子どもから高齢者まで誰にでも優しいパートナーになってくれるラフコリーは、犬を飼いたいと思う人の憧れの的ですね。