犬が人間の顔をなめてくる行動の理由とは?


犬が顔を舐めてくる理由

犬を飼っている人なら、ほとんどの人が愛犬に顔を舐められた経験があることでしょう。
愛犬のちょっと困った行動でもありますが、愛犬からの愛情を感じる瞬間でもありますよね。

それでも、犬が人間の顔を舐めてくる理由は、単なる愛情表現だけというわけではなさそうです。

そこで、犬が人間の顔を舐めてくる理由について紹介します。

理由① オオカミ時代の名残り「挨拶」

犬が顔を舐めてくるのは、犬の祖先であるオオカミの時代の名残で挨拶でないかと考えられています。

というのも、群れを形成し、順位制の中で生活するオオカミは自分より優位な立場のオオカミに対し、相手の口を舐めることで、「敵意がありませんよ」と挨拶をする習性があるからです。

現在の犬とオオカミは、全く異なる環境で過ごしているものの、犬も飼い主とその家族を自分が属する群れとみなしています。

そのため、飼い主をリーダー的な存在だと認めているために、顔や口元をなめて服従や敬意を表しているのだと考えられます。

また、初対面の人に対して舐めるのは、「初めまして」の意味を込めた挨拶として舐めるようです。

この挨拶的な意味から舐める場合には、舐め続けるのではなく、数回だけペロペロと舐めるだけで終わるようです。

理由② 愛情表現

犬が飼い主の顔を舐める一番の理由は、「大好きだよ」というサインです。

子犬はお腹が空くと、母犬の口元を舐めることで「お腹がすいたよ」とアピールして食べ物をおねだりする習性があります。

母犬は子犬にとって信頼できる相手ですから、子犬は必然的に「頼りたい」「甘えたい」といった気持ちを抱いて接しています。

つまりこのような習性から、母犬のような存在である飼い主に対しても、「あなたは頼れる存在だよ」「そばにいて安心したい」といった気持ちを示すための愛情表現として、顔を舐めてくると考えられています。

犬によっては「もういいよ」と言いたくなるくらい顔を舐めてくることも少なくありません。
しかし、それだけ飼い主が大好きだという証とも言えるでしょう。

もちろん犬としての習性である「おねだり」の意味から舐めている場合もありますが、いずれにしても信頼できる相手だからこそ見せる仕草なのです。

理由③ 不安な気持ちを払拭したい

愛犬が執拗に顔を舐めてくるときは、不安な気持ちを抱えている可能性があります。

例えば、多頭飼いを始めてほかの犬が家にやって来たときや、結婚や出産に伴い新しい家族が増えたとき、不安な気持ちやヤキモチからも舐めてくることもあります。

飼い主の愛情を独占していた犬にとっては、自分が相手よりも下の順位になってしまうのではないかと不安になってしまうことがあります。

基本的に犬が顔を舐めてくる理由は、相手に服従と敬意を表したり、甘えたりしたいときです。

そのため、不安な気持ちを取り除きたいという一心で、飼い主の顔をやたらと舐めて不安な気持ちを静めようとしているのです。

あまりにもしつこく舐め続ける場合には「強迫性障害」という心の病になっている可能性もあるため、注意したほうがよいでしょう。

また逆に、不安を解消してあげようと構いすぎてしまうと「分離不安」という飼い主への依存が極めて高い精神的な病気になることも考えられます。

加減が難しい部分ではありますが、愛犬の気持ちをしっかり見極め、適度にコミュニケーションを取ってあげるようにしましょう。

理由④ 退屈に感じている

犬は飼い主に構ってもらったり、遊んでもらったりすることで喜びを感じます。

そのため退屈になってしまうと、もっと構ってほしいという気持ちをアピールするために、顔を舐めてくることがあります。

長い留守番の後に、喜びの感情と共に構ってほしいと舐めてくることもあります。

とくに活発で甘えん坊な性格であれば、このように要求してくる傾向があるでしょう。

毎日の散歩はもちろんですが、部屋の中でもロープなどのおもちゃで、引っ張りっこをして遊んであげるなどして、退屈にならないように工夫をしてあげましょう。

そうすることで、顔を舐めてくる頻度が軽減されていくでしょう。

理由⑤ 反応を楽しんでいる

飼い主の顔を舐めた時の反応が楽しくて舐めていることも考えられます。

愛犬に顔を舐められた時に「やめて~」などと飼い主さんが取るリアクションを楽しんでいるものだと思っているのです。

「遊んでほしい」という意味も込められているかもしれませんね。

犬がよく赤ちゃんの顔を舐めることも、この理由が考えられます。

単に赤ちゃんの口の周りについた食べ物の匂いに釣られている可能性もありますが、顔を舐められるとくすぐったくて「キャッキャッ」とはしゃいでくれる赤ちゃんの反応を楽しんでいることも考えられます。

犬が顔を舐めてきたときに気をつけることとは?

さまざまな感情により、犬は人間の顔を舐めてきますが、状況によっては気をつけたほうがよい場合があります。

犬が顔を舐める場合の危険性や適切な接し方を覚えておきましょう。

叱ったあとに犬が顔を舐めてくるときは無視しない

普段はあまり顔を舐めてくることがなくても、叱ったあとなどに飼い主の顔をやたらと舐めてくる犬もいたりします。

これは「降参したから許してください」といった反省の気持ちの表れです。

そのため、このときに無視したり、さらに叱ったりすると恐怖心や不安な気持ちをあおってしまい、余計に顔を舐めようとしてしまいます。

信頼関係を壊さないためにも、やさしく撫でてあげる、または抱っこするなどして落ち着かせてあげてください。
ボストンテリア,飼い主

感染症に注意

愛犬は家族の一員であるのであまり気にしなくなる方もいらっしゃるようですが、犬の口の中には、およそ150種類の細菌がいると言われています。
犬に顔を舐められることで、その菌が人間の体内に入ってしまう可能性があります。

その菌が原因となって「人獣共通感染症(ズーノーシス)」に感染してしまうこともあります。

「人獣共通感染症(ズーノーシス)」とは、人と動物が共通して感染する病気のことです。

聞きなれない言葉ではありますが、最も分かりやすい人獣共通感染症を例に挙げるなら「インフルエンザ」や「狂犬病」などのことです。

こういった感染症には、犬には無症状でも人に感染すれば症状が出るものやその逆、もしくはどちらも症状が出るものなど、種類や症状も様々ですが、中には最悪の場合死に至るような怖い感染症もあります。

犬に顔を舐められることで感染する疑いのある感染症には、主に「回虫症」「皮膚糸状菌」「レプトスピラ感染症」「パスツレラ症」などが挙げられます。

「レプトスピラ感染症」であれば、犬の予防接種を受けておくことで予防することができますが、予防できない感染症もあるので、むやみに犬に顔を舐めさせることは、感染症のリスクを高めてしまうことにもなるため好ましいことではないのです。

◆犬が乳幼児の顔を舐めるのは要注意

上記でも挙げた感染症「パスツレラ症」は、犬の口の中に駐在するパスツレラ菌と呼ばれる菌のことで、調査によると犬の約75%が保有していることがわかっています。

普通に犬と接するぶんには心配ないですが、口元を近づけるなどの過剰なスキンシップにより、パスツレラ菌が人に感染し、パスツレラ症を発症することがあります。

パスツレラ菌はもちろん犬の唾液にも含まれているため注意が必要です。

とくに免疫機能が未発達な乳幼児は、なるべく犬に顔を舐められないようにしたほうがよいでしょう。

対策としてはベビーサークルの中で赤ちゃんを遊ばせ、犬とスペースを分けることをおすすめします。

このようにすれば、おのずと過剰な接触が防げるので安心です。

スペースを分けても犬は今まで通り自由に動ければ、とくにストレスになるようなことはありません。

室内環境を整え安心して過ごせるようにしましょう。

◆高齢者や疾患がある方も犬に顔を舐められないように注意

免疫力が低下してきている高齢者も、パスツレラ菌が感染しやすい傾向があります。

犬が顔に届かないようするために、部屋の中では椅子に座るなどして、顔を執拗に舐められないように気をつけましょう。

また、糖尿病や肝障害、喘息などの疾患がある方も免疫力が弱いため注意が必要です。
パスツレラ症になると、喉の痛みや咳、鼻水がでるなどの呼吸器系の症状が現われます。

もし、犬に顔を執拗になめられたあとに、このような症状がでたときは、念のために動物病院で診察を受けるようにしましょう。

犬が人間の顔を舐めるのをやめさせるには

犬が人間の顔をなめる行動には、それなりの理由があるといえども、衛生的なことも考慮すると、ある程度までにして抑えることが大切です。

また、来客などに対しては、顔を舐められることに抵抗がある方も多いと思いますので、しつけをしてやめさせることも覚えさせておいたほうはよいでしょう。

しかし、犬にとっては愛情表現や甘える手段でもあるため、厳しく叱りつけるようなことはしないようにしましょう。

犬が人間の顔を舐めるのをやめさせるためには、基本的に意識を別の事に逸らしてあげる方法が有効的です。
以下の方法で対処するようにしましょう。

柴犬

手で遮る

犬が顔を舐めようとした時に最も自然にできる回避法です。

犬が顔を近づけた時に、手を使って遮ってあげましょう。
手は顔よりも比較的こまめに洗うことができるので、顔を舐められるよりも感染症のリスクを減らすことができます。

手で遮った後はそのまま撫でてあげたり、おもちゃを使って遊んであげることで気を逸らしてあげましょう。
そうすると次第に犬は、顔を舐めようとしていたことを忘れてしまうでしょう。

ただし、この方法は一時的な回避法でしかありませんので、根本的に顔を舐めるのを辞めさせることはできないでしょう。

指示語を使ってやめさせる

犬が顔を舐めてきたとき、嫌だからといって騒いだり、ジタバタしたりしてしまうと、犬は喜んでいるのかと勘違いして、もっと舐めようとしてしまいます。

そのため、「スワレ」や「マテ」などと指示をして、やめさせるようにしましょう。

そして落ち着いたらしっかりと褒め、やさしく撫でてあげます。

これを繰り返し行っていくことにより、顔を舐めてきてもすぐに止めるようになっていくでしょう。

犬が顔を舐めてきたらその場を離れる

叱ったあとに犬が顔を舐めてきたときは別ですが、それ以外の飼い主の反応を楽しんでいる理由などで顔を舐めてきている時などには、静かにその場を離れて無視するのも効果的な方法です。「タイムアウト方式」とも呼びます。

そのまま無視を続けるのではなく、犬が落ち着いてから、褒めて遊んであげたりするとよいでしょう。

最初は無視してもなかなか直らないかもしれませんが、繰り返し行っていくと、顔を舐めてもなにもよいことが起こらないことに気づき、顔を舐めなくなっていきます。

ただし、単に無視しただけにしてしまうと犬が不安になり、かえって逆効果になってしまうため、落ち着いたら必ず褒めてあげるようにしてください。

フレンチブルドック,フレブル,犬,なめる

人間の顔を舐めることは犬には害がないの?

犬に顔を舐められることで人間に与える感染症の危険性についてはご紹介しましたが、犬にとっては害がないのでしょうか。

実は、人がかかっている風邪やインフルエンザなどの感染症を犬にうつす可能性は非常に低くほとんど心配する必要はないようです。

しかし、気を付けなければならないことが一つだけあります。

化粧品などを舐めさせないこと

顔に何もつけていない素肌の状態であれば、犬が顔を舐めることに問題は特にありません。

しかし、女性であれば、顔に化粧水や乳液、日焼け止め、さらにメイクなどを日常的にしているかと思います。
こういった化粧品類を犬が舐めてしまうのは犬の健康上良くありません。

こういった化粧品は、人が皮膚に使用する上での安全性はあるものの、口から摂取した場合の安全性があるわけではないのです。

さらに、犬は人間よりも体が小さいため、例え少量の接種だとしても健康に及ぼす影響は計り知れません。
中には、犬に中毒症状を引き起こす成分が含まれていることもあります。

もちろん数回ペロペロしただけですぐに影響が出ることはないでしょうが、それを日常的に繰り返すことで健康に影響を及ぼすことになってしまうでしょう。

そのため、化粧品類を付けた顔を舐めさせる行為は決してそのままにしないようにしましょう。

この記事のまとめ

犬が人間の顔を舐めてくる行動の理由
  • 犬が人間の顔を舐める理由は
    「挨拶」
    「愛情表現」
    「不安な気持ちを払拭したい」
    「退屈に感じている」
    「反応を楽しんでいる」 などが考えられます。
  • 執拗に舐め続ける場合には「強迫性障害」の疑いがあり
  • 叱った後に舐めてくるのは「ごめんなさい」のサイン。無視をしないこと
  • 犬に顔を舐められることで感染症のリスクが上がる!!
    特に免疫力の低い乳幼児や高齢者・疾患のある人は要注意
  • 顔を舐めるのを辞めさせるには「手で遮って撫でる遊ぶ」「おすわりなど指示を出す」ことで意識を変えてあげましょう。無視をするタイムアウト方式も有効的!!
  • 化粧品類を舐めるのは犬にも健康のリスクがある!!

まとめ

嬉しそうに愛犬が顔を舐めてくると、そのまま好きなだけさせてしまう飼い主の方もいるようですが、衛生面や感染症のことを考えると好ましいことではありません。
それでもやっぱり愛犬が顔を舐めてくるのは愛情が感じられる嬉しいことでもあります。
全く舐めてこないのは寂しいという飼い主さんの場合には、適度に許容するくらいがちょうどよいのかもしれませんね。
それでも、犬の健康を守るため素肌状態のときだけに限定しておきましょう。

犬が顔を舐めてくる理由は、状況によってそれぞれ異なります。
顔を舐めてきたときは、そのほかの仕草や態度などもしっかりと観察して、気持ちを理解してあげましょう。