犬のしっぽでわかる愛犬の感情表現!


犬のしっぽはどうなっているの?

犬の背中は頚椎、胸椎、腰椎、仙椎で形成され、それらの脊椎の一部が伸びたものが尾骨(しっぽの骨)となります。

しっぽにはいくつもの尾骨が連なり、たくさんの筋肉と神経によって自由に動かすことができます。

犬のしっぽの筋肉は、一部分が壊れても別の筋肉で失われた機能を補うことができるのだそうです。

尾骨の数は6~23個と、しっぽの種類によって違ってきます。

犬のしっぽにはどんな種類があるの?

犬のしっぽにはたくさんの種類があります。

それぞれの犬種の特徴を良く表しているささまざまなしっぽについて調べてみました。

垂れ尾

お尻の下に自然に垂れたしっぽで、一番良く見られるしっぽです。

垂れ尾には6種類ありそれぞれ少しずつ違います。

・スターン・テイル 短毛で短め、テリア系やハウンド系の犬種に見られるしっぽです。

・オッター・テイル カワウソのしっぽのように根元が丸くて太く、先が細くしっぽの下面に毛があるしっぽです。

ラブラドールレトリバーなどの泳ぎが得意な犬に見られるしっぽです。

・セイバー・テイル サーベルようなかたちをしたしっぽです。

ジャーマン・シェパードなどがこのしっぽを持っていあす。

・ブラッシュ・テイル きつねのようにふさふさとした毛の垂れ尾です。

このしっぽを持つのはセントバーナードやバーニーズ、ビジョンフリーゼ、キャバリア、ミニチュアダックス、ペキニーズなどです。

・ブルーム・テイル 長い羽根のような飾り毛がある垂れ尾です。

アフリカ産のチャイニーズ・クレステッド・ドックという希少犬種がこのしっぽを持っています。

・フック・テイル しっぽの先端が上の方に鈎状に曲がっている垂れ尾です。

ブリアードという牧羊犬に見られるしっぽで日本ではあまり見かけません。

スクリューテイル

コルクの栓抜きのようにくるくるとらせん状に巻いたしっぽのことで、パグやブルドックに見られるしっぽです。

ボブテイル

しっぽがごく短いか全くないもので、ウエルシュコーギー・ペングローブやオーストラリアン・シェパードなどがいます。

鎌尾

緩やかに曲がって鎌の刃のような形をしているしっぽで、シベリアンハスキーやチワワなどがこのしっぽを持っています。

巻き尾

くるりと背中に巻き上がったしっぽです。

柴犬や北海道犬などの日本犬によく見られるしっぽです。

日本犬の巻き尾には、巻き方やしっぽの向きなどによって車尾、半巻き、左差し尾、差し尾、太刀尾、堅巻、浅巻、太鼓巻、左巻き、右巻き、左二重巻き、右二重巻きなど多くの呼び方があります。

リス尾

ふさふさとした毛があり、リスのしっぽのように体の上に巻き上がったしっぽです。

パピヨンなどがこのしっぽを持っています。

断尾について

犬のしっぽの長さは犬種によってさまざまです。

コロンとした短いしっぽのトイプードルやコギー、ヨークシャーテリアなどは生まれつき短いわけではなく、生後間もない頃に断尾されたものです。

断尾する意味は何?

断尾は使役犬として狩猟犬や牧畜犬などが仕事をする上で、しっぽがあることで危険な目にあったり、しっぽを傷つけることがあったりしたために行われたものでした。

ほとんどの犬が愛玩犬となった今でも、その頃の姿がスタンダードになっているため断尾が続けられています。

断尾される時、子犬が痛みを感じないわけがありません。

断尾された犬は自分の感情や思いを表現することがうまくできなくなるデメリットもあります。

血統書を付けるためだけに断尾される子犬を少しでも減らすためには、飼い主が自然な姿の子犬を選ぶ必要があるのではないでしょうか。

犬のしっぽの役割

ほとんどの哺乳類にはしっぽがあります。

人間も胎児のときにはしっぽがありますが、生まれてくるときには消滅してしまいます。

その痕跡として尾てい骨だけが残っています。

人間が二足歩行になって退化してしまったしっぽ。

四足歩行の犬にとってはどんな役割を持っているのでしょうか。

犬の気持ちはしっぽでわかる?

犬がさまざまな動作をすることで自分の気持ちを落ち着かせたり、他犬に対して意思表示をしたりすることをカーミングシグナルといいます。

犬がしっぽを振ったり動かしたりすることもこのひとつだといわれています。

しっぽの動きで、嬉しい・悲しい・怖い・楽しい・好き・嫌いなどいろいろな犬の気持ちを知ることができます。

犬のしっぽはお互いのコミュニケーションツール

犬はしっぽを動かして他犬に自分の気持ちを伝えたり、互いの上下関係を確認したりします。

これは野生であったころからの習性で、群れで生活するために必要な動作でした。

犬同士が挨拶をするときはお互いにしっぽを上げてお尻の匂いを嗅ぎ合います。

お尻には肛門腺がありそこから出る匂いで相手を確認しています。

犬にとってしっぽはお互いを知るための大切なコミュニケーションツールなのです。

犬のしっぽはマフラーがわり?!

犬がしっぽを丸めて眠っているのをよくみかけます。

あれは丸めたしっぽで体や顔を覆って体温が下がるのを防いでいるのです。

北海道犬や秋田犬など特に寒い地方が原産地の犬はしっぽの毛がふさふさしています。

犬は天然のマフラーを持っているのですね。

犬のしっぽは舵取りやオールになる!

犬は走るときにしっぽを自在に動かしてバランスをとります。

また走っていて急に曲がったり向きを変えたりするときは舵取りの役目をします。

犬は犬かきで泳ぎますが、水進力を高めるためにしっぽをオールのようにして水を漕いだりもします。

犬のしっぽは身を守る武器だった?

牛や馬などがしっぽを振ってハエや蚊などを追い払う仕草をしているのを見たことがありますね。

しっぽを振ることで、すぐ下にある肛門から寄生虫が侵入するのを防いでいます。

室内犬が多くなった今ではあまり見かけなくなりましたが、本来は犬にも同じような役割がありました。

犬はいつからしっぽを振るようになるの?

生まれたばかりの仔犬はしっぽを振りません。

生後1ヶ月で約半数の子犬がしっぽを振り始め、2ヶ月になると全ての子犬がしっぽを振るようになります。

生後1ヶ月までは自分以外のものを意識することがないので、しっぽを振って意思表示をする必要がありません。

生後3週間も過ぎる頃には兄弟と共に食事をしたり、一緒に寝たりして他犬を認識し始めます。

6~7週間を過ぎると兄弟と遊んだりケンカしたりして、他犬と触れ合うことで社会性を身に付け始めます。

しっぽを振るのも社会化のひとつで、生後60日頃にはほとんどの子犬が母親や兄弟からしっぽを振ることを学ぶようです。

このころの生活環境が大きく影響するので、早くに母親や兄弟から引き離されると、しっぽによる感情表現が苦手な子犬になることもあるようです。

犬のしっぽの振り方や位置でわかる感情表現

犬は言葉を持っていないかわりにいろいろな表現方法で感情を伝えてきます。

しっぽの振り方や位置もそのひとつです。

犬はしっぽの振り方や位置でどんな気持ちを伝えようとしているのでしょうか。

しっぽで伝える愛犬からのサインをしっかり受け止め理解してあげましょう。

犬がしっぽを大きく振る時

飼い主や大好きな人などに信頼と喜びを表すときに見せます。

しっぽを立てて大きく振り、飛びついたり、顔を舐めたりします。

仲良しの犬に遊びを誘うときにも、体を低くしてしっぽを大きく振ります。

特に激しく大きく振るときは大喜びしている証拠です。

犬がしっぽを低い位置で小刻みに振る時

飼い主や見慣れた人に遊んでもらいたい時や、おはよう、こんにちわ、といった挨拶がわりの時もあります。

歓迎や嬉しさの表現です。

犬がしっぽを高いところで小刻みに振っている時

周りの犬や、散歩中に出会った他犬などに威嚇したり牽制したりする気持ちの表れです。

自分を優位に見せるための仕草です。

犬がしっぽを右に振っている時

左脳のポジティブな感情は右半身に現れます。

しっぽを右に振っているのは心がゆったりとリラックスして安心している状態です。

大好きな飼い主と遊んだりしているときに見られます。

犬がしっぽを左に振っている時

右脳のネガティブな感情の表れです。

初めて会う犬の前や、自分より大きな犬に出会った時など、不安で落ち着かない状態の時に見られます。

犬のしっぽが水平になっている①(リラックスした状態の時)

他犬や人が遠くに見えた時や、何か近づいてきた時などに見られます。

警戒心はなく、興味や関心が強く“何だろう?”という好奇心の表れです。

犬のしっぽが水平になっている②(緊張状態の時)

しっぽや体に力が入って緊張が見られる場合です。

他犬とおもちゃの取り合いなどで、どっちが取るかと見合っている時などに見られます。

威嚇や攻撃まではいきませんが、相手を牽制して様子見している状態です。

犬のしっぽが背中に反り返るように立っている時

背中までしっぽを反り返るように高く上げるのは自分の存在をアピールするためです。

しっぽは高く上げるほど肛門腺がよく見えます。

肛門腺には自分の存在を示す分泌腺があるので、それを他犬に見せることで自分の強さを相手に示します

しっぽを高く上げながら、体やしっぽの毛が逆だっているときは強い威嚇の状態です。

犬同士の場合は攻撃寸前の時ですから、向きを変えるなどして乱闘になるのを防ぎましょう。

犬のしっぽを足の間にはさんでしまっている

不安と恐怖の表れです。

肛門腺を隠すことで自分の存在に気付かれたくないという意思表示です。

負けを認めたというサインですから、犬同士なら相手が攻撃せず去ってくれることもあります。

動物病院での診察や雷などの大きな音に怯えた時にも見られます。

同じようにしっぽを足の間にはさんでいても、体の毛が逆だっている場合は恐怖心が極限にきているので、手を出すと噛み付かれる恐れがありますので注意しましょう。

しっぽを追いかけてクルクル回る

子犬が自分のしっぽを追いかけてクルクル回っているのは、一人で楽しんで遊んでいることが多いのですが退屈しているときにもこの行動が出ます。

仔犬がしっぽを追いかけていたらできるだけ一緒に遊んであげるようにしましょう。

成犬になっても同じ行動を繰り返す時は常動行動・常動障害という問題行動であることも考えられます。

悪化すると自分のしっぽに噛み付いたりすることもあります。

ストレスや運動不足が原因といわれていますので、しっかりと散歩や運動をさせてストレスを発散させやることが大切です。

しっぽがずっと下がったままの時は要注意!

犬がずっとしっぽを下げたままの状態が何日も続くようなら何らかの病気のサインかもしれません。

考えられる病気としては肛門周辺の疾患が考えられます。

肛門腺や肛門が炎症をおこしているとしっぽを丸めて肛門をかばう仕草をすることがあります。

また、しっぽが上げられなくなる病気として馬尾症候群というものがあります。

腰椎・仙椎の中の馬尾神経に障害がおこる病気で、足や腰に痛みが出てふらつきや跛行が見られることがあります。

進行すると足に麻痺が出ることもあるので、しっぽを下げたままの状態が長く続くときは獣医師の診察を受けましょう。

老犬になると足腰が弱ってくるため後ろ足に力が入らなくなり腰の位置が下がります。

腰の位置が下がることでしっぽが下がったっままになって上がらなくなります。

しっぽが下がったままだと前足に力が入らなくなり、バランスをとろうとして頭を下げるようになるので背中が湾曲してきます。

老犬でしっぽが上がらなくなったら注意しましょう。

飼い主にもしっぽを振らない犬 その理由は?

犬はしっぽを振るのが当たり前だと思っていませんか。

今まで飼い主には普通にしっぽを振っていたのに、気がついたら最近しっぽを振らない、ということならしっぽを振らないのではなく振れないのかもしれません。

しっぽを振れない理由として、痛くて振れないということがあります。

しっぽを触ると痛がったり、極端に嫌がって唸ったりする場合はしっぽの脱臼や骨折も考えられます。

しっぽの骨折には疲労骨折(弱い力が繰り返し骨に加わっておこる)・亀裂骨折(骨にヒビが入る)剥離骨折(強い力で筋肉や靭帯が引っ張られておこる)・圧迫骨折(強い力で押しつぶされる)などがあります。

骨折の原因としては他犬とのケンカ、交通事故・栄養不足などによる骨密度の低下・過度な運動・肥満などがあります。

また、脊椎ヘルニアなどでしっぽが上がらないこともあります。

急にしっぽを振らなくなったときは獣医師の診察を受けましょう。

しっぽを振るのが苦手な犬もいる

しっぽを振ることができないのではなく、振らないのであればあまり心配はありません。

犬はしっぽでいろいろな感情表現をしますが、性格にもよりしっぽで表現するのが苦手な犬もいます。

仔犬のころ早くに母親や兄弟から引き離された時は、しっぽを振る学習が上手くできていないことがあります。

しっぽを振らなくても飼い主に飛びついたり、周りをくるくる回ったり、ペロペロと口を舐めてきたり、お腹を見せたりと、いろいろな表現で喜びや嬉しさを表すのであれば、飼い主と良いコミュニケーションがとれていると思っていいのではないでしょうか。

あるいは犬が飼い主に緊張感を持っていることもあります。

あまりにも飼い主の支配力が強いと、犬は常に飼い主の指示待ちの状態になり緊張感が取れないためしっぽを振れないのかもしれません。。

時には思いっきり一緒に遊んでやり、引き綱遊びなどでは3回に1回は負けてやるなどして満足感を味あわせてあげましょう。

遊びながら飼い主が楽しさや嬉しさを思いっきり犬に表現してやることで、しっぽを振るようになるかもしれません。

この記事のまとめ

犬のしっぽでわかる愛犬の感情表現!
犬のしっぽの種類:垂れ尾・巻き尾・鎌尾・スクリューテイル・ボブテイル・リス尾等

犬の尻尾の役割:コミュニケーションツール・感情表現・マフラー替わり・舵取りやオールの役目等

犬のしっぽによる感情表現の仕方:小刻みに振る・右に振る・左に振る・水平になる・背中に反り返る等

犬がしっぽを上げない・振らないのは?:病気や骨折・脱臼など身体的理由・子犬期の学習不足・飼い主への緊張感

最後に

犬のしっぽは走ったり泳いだり、飛んだり方向転換したりするときにバランスをとったり、体を包んで体温を保ったりする役目をしています。

二足歩行になったわたしたち人間には不必要になったしっぽも、四足歩行の犬にとってはなくてはならない大切なものです。

特に言葉を持たない犬にとってしっぽで表す感情表現は、相手に自分の意思や気持ちを伝えるための大切なコミュニケーションツールです。

愛犬のしっぽの小さな動きが伝える気持ちを見逃さないようにしっかり受け止めてあげたいものですね。