犬にトリミングをするとき 目的や役割、頻度や料金について

犬を飼っている人も、これから飼う人もトリミングについての疑問や不安は尽きないのではないでしょうか。 どれくらいの頻度で必要なのか、どれくらいの費用がかかるのか、今度はどんなスタイルにしようかなど、「犬のトリミング」について考えることは多いですよね。 今回は、目的や頻度や料金、セルフトリミング方法など、犬のトリミングについてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

犬にトリミングをする理由

トリミングとは

そもそもトリミングとは、「毛をカットしてきれいに整える」という意味があります。
ハサミやバリカンを使って毛をカットすること以外にも、犬種によっては指やナイフを使って毛を抜く処理なども含めて、「トリミング」と呼びます。

一方で、「グルーミング」という言葉もありますが、グルーミングとは、「全身をお手入れして、清潔に保つ」という意味です。シャンプーやブラッシング、爪切り、耳掃除、トリミングなどの全身ケアがグルーミングに当たります。

トリミングをする理由

◆ダニやノミなどの害虫予防

  • 毛量が多いと、ダニやノミが温床するのに好ましい環境となります。トリミングによってノミやダニなどの害虫予防をすることができます。

    ◆ケガや病気を予防する

    目の周りの毛をカットすることで目に毛が入ることを予防することができる他、足裏の毛で滑ってケガをすることがないよう予防することができます。

    ◆被毛を衛生的に保つ

    犬は全身を毛で覆われているため、雑菌が繁殖すると臭いの原因にもなります。特に肛門周りの毛は糞や尿で汚れやすく不衛生になりがちです。
    トリミングによって被毛全体を衛生的に保つことができる他、肛門腺絞りが行いやすくなるなど役割があります。

    ◆熱中症予防

    夏になると被毛の中に熱が困りやすく、熱中症になりやすくなります。特に長毛種の場合には、そのリスクも上がるため、熱を放出しやすいサマーカットなどによって熱中症予防をすることができます。

    ◆美容やおしゃれ

    トリミングによって、外見を整えておしゃれを楽しむことです。
    最近では、様々なカットスタイルがあり、愛犬に合ったスタイルや飼い主好みのスタイルなど幅広く楽しむことができます。

    犬にトリミングが必要な犬種

    一般的にトリミングが必要な犬種は以下の犬種です。
    • プードル(トイ・ミニチュア・ミディアム・スタンダード)
    • マルチーズ
    • ヨークシャーテリア
    • シーズー
    • ビションフリーゼ
    • シュナウザー(ミニチュア・スタンダード・ジャイアント)

    トリミング犬種だと思われがちな犬種

    本来はカットを必要としない犬種でも、トリミング犬種だと思われがちな犬種があります。
    • ポメラニアン
    • チワワ
    • パピヨン
    • ダックスフンド(ミニチュア・カニンヘン・スタンダード)
    • 柴犬

    これらの犬種は、被毛が一定の長さまでしが毛が伸び切らず、抜け落ちる犬種です。
    トリミングすることで、毛が伸びなくなったり毛質が変わるといったことがあるので、注意が必要です。
    それでも熱中症対策などを目的にカットをする場合には、お腹や胸などの部分カットなどで対処した方が良いでしょう。

    ミックス犬のトリミングは必要?

    近年人気のあるミックス犬は、トリミングが必要な犬とそうでない犬に分かれます。
    例えば、「マルプー(マルチーズ×プードル)」であれば、両親犬がどちらもトリミング犬種であるため、トリミングが必要となります。
    「チワックス(チワワ×ダックスフンド)であれば、両親犬とも本来はカットが不要な犬種なので、トリミングするとしても部分カットのみでよいでしょう。

    ミックス犬の場合は、両親犬がトリミング犬種であるか、どちらの被毛を受け継ぐかによってトリミングが必要になるかが分かれてくるため、成長過程で判断していくようにしましょう。

    犬のトリミングをする頻度

    トリミング犬種である場合には、基本的には月1回を目安にしましょう。
    ただしこの頻度は、犬種や毛の長さ、季節などを考慮しながら調整した方が良いでしょう。

    また、病気である場合やシニア犬の場合には、体への負担を考慮しトリミングの頻度は少なくしましょう。
    濡れタオルやパウダーシャンプーなどを使ってケアされることをおすすめします。

    犬のトリミングの料金や時間

    トリミング料金は、犬種や大きさ、地域によっても料金は異なってきます。
    基本的には、シャンプーコースとシャンプー&カットコースに分かれており、コースには爪切り、足裏カット、耳掃除、肛門腺絞りが含まれています。

    トリミングにかかる時間は、お店や技術によっても異なってきますが体の大きいサイズほど時間がかかってきます。

    さらに毛のほつれがある場合には、別途料金が必要となり、その分トリミングにかかる時間もかかってきます。 普段からお手入れしておくことで、費用と時間の両方を節約することができますよ。

    ◆シャンプーコース:料金/時間

    • 小型犬:3,000円~4,500円/約30分~1時間30分
    • 中型犬:4,000円~5,500円/約1時間~2時間
    • 大型犬:7,000円~9,000円/約1時間30分~3時間

    ◆シャンプー&カットコース:料金/時間

    • 小型犬:4,500円~9,000円/約2時間~3時間
    • 中型犬:6,000円~10,000円/約3時間~4時間
    • 大型犬:10,000円~17,000円/約4時間~6時間

    初心者でも簡単!自宅で愛犬のセルフ・トリミング!

    トリミング犬種を飼われている場合、ほぼ毎月かかるトリミング料金の出費に頭を悩まされている人も多いのではないでしょうか。
    そんな方には、自宅でのセルフ・トリミングをおすすめします。
    プロのような仕上げにするのは難しいですが、整える程度なら簡単にできちゃいますよ。

    セルフ・トリミングに必要なもの

    • カットハサミ
    • すきばさみ
    • バリカン
    • コーム
    • トリミング台(無ければ作業しやすい高さの台を代用しましょう)

    トリミング前には必ずブラッシング!!

    トリミングを行う前には、必ずブラッシングで毛並みを整えておきましょう。
    毛が絡まっていたりすると、失敗の原因になります。
    全身を丁寧にブラッシグしてあげましょう。

    セルフトリミング① ~足裏~

    足裏カットでは、ハサミでも良いですがバリカンを使うと効率的です。小さいサイズのバリカンがあれば、より簡単にカットすることができますよ。
    合わせて爪切りもしてあげると良いでしょう。

    犬を台に乗せたら、犬を抱え込むようにしながら片方の手で足先を上げて、バリカンをかけていきます。
    犬の指を開きながら、肉球を傷つけないようゆっくり丁寧にカットしてあげましょう。
    4つの指球と大きな拳球の毛をカットするときには、拳球をぐっと押し開くとカットしやすくなります。

    セルフトリミング② ~肛門周り~

    肛門周りカットでも、ハサミもしくはバリカンを使いましょう。

    肛門周りの毛をコームでとかしたら、尻尾を上に持ち上げて、肛門にかかっている毛をカットしましょう。 バリカンを使う場合には、バリカンを縦に持ち肛門の横溝から外に向かって撫でるようにカットしましょう。

    セルフトリミング③ ~目の周り~

    目に毛がかからないようにカットしてあげましょう。
    目の周りは、切りすぎると失敗しがちなので、すきばさみを使ってカットすることをおすすめします。

    まずは、目の周りの毛をコームで掻き出し、目にかかっている、かかりそうな部分だけをカットしましょう。

    セルフトリミング④ ~からだ~

    犬の体の毛をカットする際には、バリカンを使いましょう。
    ただし、ワキや足の付け根など皮膚が柔らかい部分はできるだけ避けて、後からハサミを使って調整してあげると良いでしょう。

    まずは、犬の頭を下げて首から背中へと、体の側面は毛の流れに沿って背中から斜め下へとカットしていきます。
    胸元は犬の頭を上げて上から下へ向かって、おなか周りは内側から外側へ向かってカットしていきましょう。