犬のハーネスについて 作り方や種類についておすすめハーネスもご紹介!

Contents


犬用のハーネスとはなに?

犬のハーネスは、もともとは散歩用に作られたものではなく、犬ぞりを引く犬のために作られたものです。

犬ぞりは重いので、首だけに負担がかかってしまうと力が発揮できません。

ハーネスをつけて引っ張ることで、より力を発揮することができるのです。

どんな形かというと、首輪は輪状のベルトを首に巻くものを言いますが、ハーネスは首を一切巻くことなく、胴体を巻いて固定するもの(胴輪)を言います。

首輪と違い、引っ張る力が一点にかかることがなく、全身に力が分散するので、体への負担が少ないのが特徴になります。

ハーネスは盲導犬などの働く犬も装着していることが多いですね。

また、盲導犬用のハーネスの場合ハンドルがついています。

視覚障害者の方がそのハンドルを握ることで、犬の動きを感じ、一体感が生まれます。

布やナイロンでできたテープ状の一般的ななハーネスの他に、ベスト状で胴体を覆うタイプのハーネスも市販されています。

愛犬にはどっちがいいの?ハーネスと首輪の違い

ダックスフンド.胴長犬.長毛.リード.ハーネス

 

犬用ハーネスのメリット

胴体に装着するので、首に負担がかからないことが第一にあげられます。

ベストタイプなど、洋服も兼ねているようなおしゃれなものが多いのもハーネスの特徴ですね。

体力がなくなってきた老犬にもハーネスのほうが使いやすいでしょう。

気管が弱い犬、気管に病気を持っている犬もハーネスのほうがいい場合があります。

また首輪のように、散歩の時にはずれてしまうことがほとんどありませんので、散歩の時も安心です。

犬用ハーネスのデメリット

ハーネスをつけていると散歩の時に指示が伝わりにくく、引っ張り癖がある犬のトレーニングには向きません。

引っ張りやすい構造になっているので、引っ張り癖がある犬は悪化してしまうこともあります。

装着も首輪に比べると面倒です。

ハーネスは一日中装着しておくには向きません。

長時間装着していると、犬が噛んでボロボロにしてしまい、すぐに壊れてしまいます。

またストレスになり、皮膚が蒸れて皮膚炎の原因になってしまうこともあります。

ダックスフンド.胴長犬.首輪.リード

首輪のメリット

首輪はリング状になっているので装着が簡単で、サイズも合わせやすく、ずっと着けておくことも可能です。

名前を書けるようになっているものもあり、迷子防止に役立ちます。

散歩の時にトレーニングをする場合、首輪のほうがトレーニングが入りやすいです。

引っ張り癖のある犬のトレーニングには首輪をつけて行うほうが、しつけが伝わりやすいです。

首輪のデメリット

首輪は首から頭にかけての細さが細い犬は抜けてしまうことがあります。

散歩の途中で抜けてしまうと、とても危険です。

また気管が弱い犬が装着すると負担になってしまい悪化することがあります。

犬用ハーネスの使い方

犬用のハーネスの付け方には大きく分けて2つあります。

  • 1つ目は、犬の前足を通して装着するタイプ
  • 2つ目は、首を通して装着するタイプ

になります。

足を触られても平気な犬であれば、前足を通して装着するタイプでも問題ありませんが、中には足を触られるのをとても嫌がる犬もいます。

そういう場合は、首を通して装着するものを選びましょう。

首を通して装着するハーネスは、輪を首に通し、紐をお腹から背中にクルッと回して留めるだけなので、一切犬が足をあげたり、私たちが足を触る必要もありません。

そして、犬用ハーネスは外出時にリードと一緒に使うようにします。

首輪と違い、室内でも付けっぱなしという使い方はしません。(介護用ハーネス除く)

まず、ご自身の愛犬に合わせ、使いやすいタイプを選ぶようにしましょう。

犬用のハーネスを選ぶときのポイント

犬用ハーベストには様々な種類があり、それらも日々進化し続けています。

どんな犬用ハーネスを選べばいいか、ポイントを4つご紹介します。

1.犬の体型に合わせたハーネスを選ぶ

ご自身の愛犬の体型に合わせることがとても重要になります。

例えば、ダックスフンドやフレンチブルドッグ、コーギーなど、足が短い犬種や足が細い犬種の場合、きちんとサイズがあったものを選ばないと、ハーネスが抜けてしまうことがあります。

散歩中、突然ハーネスが抜けてしまった場合、事故に合ってしまうこともあるかもしれません。

まずは愛犬の体型を把握し、それに合った犬用ハーネスを選びましょう。

2.犬のクセに合わせたハーネスを選ぶ

例えば、外に出ると興奮してグイグイと歩こうとする場合、普通の犬用ハーネスでは犬自身をコントロールすることは難しい場合があります。

かといって首輪にしてしまうと、首を絞めてしまい、呼吸器を傷めてしまうようで心配ですよね。

引っ張り癖があるけど、ハーネスを使いたい場合などは、引っ張り癖を矯正できるハーネスなどがあるのでそういった犬用ハーネスを選ぶようにしましょう。

3.安全性の高いハーネスを選ぶ

犬用ハーネスには様々なデザインと、豊富な素材で作られた犬用ハーネスがあります。

どれもお好みで選んでもらってOKなのですが、例えば、散歩の時間が早朝や日が暮れてからのことが多い場合、安全性を考えて、犬用ハーネスに反射テープが付いているものなどを選ぶと、薄暗い中でも安全に散歩をすることができます。

また、短毛種の力強く歩く犬の場合、犬用ハーネスの素材がナイロンで細かったりすると、稀に皮膚とベルトが擦れてしまい、皮膚が赤くなることがあります。

短毛種でグイグイと歩く対応の犬であれば、ベルト部分が擦れないような柔らかい素材を選ぶような工夫が必要になります。

4.犬用ハーネスのベストタイプは季節に合わせる

犬用ハーネスにはベストタイプがあり、洋服を着せるように犬用ハーネスを装着することができます。

体を優しく包んで使えるタイプの犬用ハーネスなので、犬種を選ばず使用できます。

ただベストタイプの犬用ハーネスを使う場合には、季節を考える必要があります。

特に、真夏の暑い日に綿入りのベストタイプ犬用ハーネスだと、犬の体に熱がこもってしまい、熱中症の原因にもなり兼ねません。

体に負担をかけない工夫も大切ですが、気温と犬の体温なども考えて数種類の犬用ハーネスを使い分けすることをおすすめします。

犬用ハーネスの価格相場

犬用ハーネスの価格相場は大体1,500〜5,000円くらいが目安になります。

ベーシックな犬用ハーネスで1,500円〜あり、機能性に優れていたり、素材にこだわっていたりする犬用ハーネスの場合、5,000円〜場合により1万円を超すものもあります。

しっかりした長年使えるいいものを一点買いするか、手頃な価格のものを選び、半年〜1年使用して新しいものに買い換えるかは飼い主さん次第になります。

犬のハーネス 作り方について

手作りする場合はしっかりした物を!

犬用ハーネスは手作りすることも可能です。

ベルトだけの八の字ハーネスなら、材料費もそれほどかかりません。

しかしハーネスは使用中に故障すると危険なので、手作りする場合はしっかりとした物を作るようにしましょう。

市販のハーネスを見本にしてみる

犬のハーネスの作り方には、いろいろありますが、自宅にハーネスがあるようなら、それを手本にしてみましょう。

テープだけで作った8の字型のハーネスならば、テープとDカン、バックルが用意できれば簡単に作ることができます。

型紙を手に入れる

ベストタイプのハーネスは、ほぼ洋服ですので、型紙が必要です。

型紙を手に入れるのは難しいですが、ネットでベスト型のハーネスを手作りした人のブログを探してみると、型紙の作り方が見つかることもあります。

また有料サイトなどでもダウンロードできることがあります。

手作り犬服の雑誌や本の中でハーネスの作り方を紹介しているものを探すのもいいですね。

手作りする際はしっかりと採寸を

ベスト型のハーネスを作る時は、しっかりと採寸をしておきましょう。

測るのは首回りと胴回りと着丈です。

型紙を手に入れたら、犬の寸法に合うように直して、生地を裁断してバックルがついたベルトをつけると出来上がります。

背中側にリードを取り付けるDカンをしっかりとつけておくようにしましょう。

犬のハーネス 種類について

3D型ハーネス

首にかける輪と胴に巻く輪が立体的に接合しているタイプです。

首にかけた輪が首と前足の中間に来るようになっているので、引っ張っても首に負担がかかりません。

また首の輪は犬の動きに合わせて移動するので、犬の動きが制限されることはありません。

3D型には首にかける輪がなく、前足を入れる輪があるタイプのものもあります。

2Bハーネス

首にかける輪と胴に巻く輪が8の字型になっているタイプのハーネスです。

それぞれの輪にはバックルがついているので、首に輪を通されるのが苦手な犬におすすめのタイプです。

装着が簡単ですが、やや不安定なので大型犬や引っ張る力が強い犬には、あまり向いていません。

ベスト型ハーネス

ベスト型のハーネスで、上半身を包み込む形になっています。

体と密着している部分が多いので負荷を分散することができて、腰を痛めている犬にもおすすめです。

保温性がある布を使うと、寒がりの犬や老犬の散歩にも利用することができます。

デザイン的に可愛いものが多いので、洋服を着せる感覚で装着することができます。

ベスト型はいろいろなデザインや機能のものがあるので、使い分けができるように数種類のものを持っておくと便利です。

布を使ったハーネスは消耗しやすいので、マメに点検して必要であれば修理、交換をするようにしましょう。

犬のハーネス おすすめ紹介

柴犬

イージーウォークハーネス

首輪と違ってハーネスのデメリットは引っ張り癖を直すトレーニングができないということですが、このハーネスは引っ張り癖の矯正ができるという画期的なハーネスです。

強く引っ張ると前胸のハーフチョークが締まって足が踏み出しにくくなる仕組みです。

引っ張り癖がひどく、首輪が苦手な犬には、このハーネスでトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

ラディハーネス

せっかくならハーネスもおしゃれにものにしたい!と考える飼い主さんにぴったりのハーネスです。

可愛いだけでなく安全性もバッチリで装着も簡単です。

子犬からシニア犬まで着心地も良くお手頃価格のハーネスです。

多頭飼いなら、違うデザインのものを揃えるのも楽しいです。

プリモ

中型犬・大型犬のために開発されたハンドル付きのハーネスです。

ウォーキングだけでなく、水泳やサイクリングにも適しています。

背中のハンドルは急な動きを止める時に便利です。

光を反射する素材を使用しているので夜間も安全です。

スポーツ好きの飼い主さんと愛犬におすすめ。

バディーベルト

はずした状態ではまるでメガネのようで、一見ハーネスには見えません。

おしゃれで使いやすく、犬の負担にならないように考えられた人気のハーネスです。

サイズは超小型犬から大型犬まで対応できる豊富さで。
洋服を着ていても上から装着することができます。

犬用ハーネス「介護用」について

ご紹介する犬用ハーネスは、元気いっぱいな犬のためではありません。

今まで一生懸命散歩して走ったり、飛び跳ねたりして年を重ねたシニア犬のため。

または、若くして病気やケガで補助が必要になった犬のために使う犬用ハーネスになります。

犬の介護用ハーネスを使うことによって、犬の生活の質は間違いなく向上し、飼い主さんの介護の負担も軽くなります。

今まで時間をかけてしていたことが、半分の時間で済むようになります。

それでは犬の介護用ハーネスについてご紹介します。

介護用ハーネスってどうやって使うの?

介護用のハーネスは、基本的に飼い主が犬を支えやすいように、全身を支えるタイプと半身不随の犬のため、下半身を支えるものとあります。

これらは散歩の時のみならず、室内でもトイレの補助で使用したり、床ずれが起きないように、寝ている体勢を変えてあげるのにも使用します。

大型犬の場合、寝たきりになってしまうと、少しの移動も大変ですが、介護用ハーネスを使うことで、1人でも何とか動かしてあげることができるようになります。

また、どんなにシニア犬になろうとも、犬は外が大好きですよね。

体が言うことを聞かなくても外には出たい!と願う犬はたくさんいます。

少しの距離でも自分の足で歩かせるということは、犬の気力向上にもなります。

そんな時に介護用ハーネスを使い、歩こうと頑張る犬を支えます。

介護用ハーネスのおすすめ

◆老犬介護歩行ハーネス ルルドール◆

小型犬用の介護用ハーネスになります。

介護用だって、かわいくなくちゃテンション上がりません!

いつまでもかわいい愛犬のために。

楽天市場の商品ページはこちら

◆介護用ハーネス アシストベスト◆

こちらはその犬のサイズで、オーダーメイドの介護用ハーネスを作ってもらえます。

(基準サイズでの購入もできます)

注文を受けてから、職人さんが手作業で縫製します。

サイズを測って作れるため、痒いところに手が届いている介護用ハーネスになります。

デザインもいかにも介護用ハーネスになっておらず、おしゃれなハーネス感があるのが嬉しいですね。

楽天市場の商品ページはこちら

◆カラフルドッグリフトハーネス◆

柔らかい筒状のハーネスになります。

お腹周りを包んで支えるようになりますので、下半身だけでなく、上半身のサポートにもなります。

サイズはS〜XLまであり、柄も4種類から選べます。

普通のハーネスと違い、足を通したりする必要が一切なく、簡単にお使いに慣れます。

楽天市場の商品ページはこちら

◆大型犬用 歩行補助ハーネス 前部用◆

介護用ハーネスは全身を支えるものや下半身用は、割と簡単に見つかります。

ただ、上半身用ってなかなか探すとないんです。

時に犬は前足が弱くなってしまうことがあります。

そんなときの支えにぜひ、活用してください。

楽天市場の商品ページはこちら

この記事のまとめ

犬のハーネスについて
  • 犬用ハーネスとは胴輪のこと
  • 犬用ハーネスのメリット:首に負担がかからない。引っ張る力が全身に分散
  • 犬用ハーネスのデメリット:引っ張り癖が悪化する場合あり
  • 犬用ハーネス手作りのポイント:し班のハーネスを真似る。型紙で作る。犬の首回り・胴回り・着丈の寸法を正確に測る
  • 犬用ハーネスの種類:3Dハーネス、2Bハーネス、ベスト型ハーネス
  • 犬用ハーネスを選ぶポイント:体型に合わせる、癖に合わせる、季節に合わせる
  • 犬用ハーネスの価格相場は1,500〜5,000円くらい
  • 犬の介護用ハーネスはシニア犬や障害を持つ犬の生活の質を向上させる

犬のハーネスについて さいごに

ハーネスは首輪が苦手な犬の散歩には欠かせないもので、デザインもいろいろなものがあり、子犬から大型犬まで対応できるくらい種類も豊富です。

手作りをすることもできるので、オリジナルのハーネスを作ることもできます。

引っ張り癖を直すトレーニングができるタイプのハーネスも市販されています。

腰や気管が弱い犬や高齢犬には便利なハーネスですが、これからもハーネスはおしゃれに、また機能的に進化していきそうです。