犬のハーネスについて 作り方や種類についておすすめハーネスもご紹介!

犬の散歩に欠かせないものと言えば首輪かハーネスですね。しかし首輪とハーネス、どういう風に使い分ければいいのか、どちらを使うべきなのか、よくわからないことも多いです。雰囲気で使い分けたり、犬が楽そうだからハーネスにしがちですが、そのような使い方でいいのでしょうか?犬のハーネスについて詳しく紹介してみます。

愛犬にはどっちがいいの?ハーネスと首輪の違い

ハーネスとは?

犬のハーネスは、もともとは散歩用に作られたものではなく、犬ぞりを引く犬のために作られたものです。

犬ぞりは重いので、首だけに負担がかかってしまうと力が発揮できません。

ハーネスをつけて引っ張ることで、より力を発揮することができるのです。

ハーネスは盲導犬などの働く犬も装着していることが多いですね。

布やナイロンでできたテープ状の一般的ななハーネスの他に、ベスト状で胴体を覆うタイプのハーネスも市販されています。

犬用ハーネスのメリット

胴体に装着するので、首に負担がかからないことが第一にあげられます。

ベストタイプなど、洋服も兼ねているようなおしゃれなものが多いのもハーネスの特徴ですね。

体力がなくなってきた老犬にもハーネスのほうが使いやすいでしょう。

気管が弱い犬、気管に病気を持っている犬もハーネスのほうがいい場合があります。

また首輪のように、散歩の時にはずれてしまうことがほとんどありませんので、散歩の時も安心です。

犬用ハーネスのデメリット

ハーネスをつけていると散歩の時に指示が伝わりにくく、引っ張り癖がある犬のトレーニングには向きません。

引っ張りやすい構造になっているので、引っ張り癖がある犬は悪化してしまうこともあります。

装着も首輪に比べると面倒です。

ハーネスは一日中装着しておくには向きません。

長時間装着していると、犬が噛んでボロボロにしてしまい、すぐに壊れてしまいます。

またストレスになり、皮膚が蒸れて皮膚炎の原因になってしまうこともあります。

首輪のメリット

首輪はリング状になっているので装着が簡単で、サイズも合わせやすく、ずっと着けておくことも可能です。

名前を書けるようになっているものもあり、迷子防止に役立ちます。

散歩の時にトレーニングをする場合、首輪のほうがトレーニングが入りやすいです。

引っ張り癖のある犬のトレーニングには首輪をつけて行うほうが、しつけが伝わりやすいです。

首輪のデメリット

首輪は首から頭にかけての細さが細い犬は抜けてしまうことがあります。

散歩の途中で抜けてしまうと、とても危険です。

また気管が弱い犬が装着すると負担になってしまい悪化することがあります。

犬のハーネス 作り方について

手作りする場合はしっかりした物を!

犬用ハーネスは手作りすることも可能です。

ベルトだけの八の字ハーネスなら、材料費もそれほどかかりません。

しかしハーネスは使用中に故障すると危険なので、手作りする場合はしっかりとした物を作るようにしましょう。

市販のハーネスを見本にしてみる

犬のハーネスの作り方には、いろいろありますが、自宅にハーネスがあるようなら、それを手本にしてみましょう。

テープだけで作った8の字型のハーネスならば、テープとDカン、バックルが用意できれば簡単に作ることができます。

型紙を手に入れる

ベストタイプのハーネスは、ほぼ洋服ですので、型紙が必要です。

型紙を手に入れるのは難しいですが、ネットでベスト型のハーネスを手作りした人のブログを探してみると、型紙の作り方が見つかることもあります。

また有料サイトなどでもダウンロードできることがあります。

手作り犬服の雑誌や本の中でハーネスの作り方を紹介しているものを探すのもいいですね。

手作りする際はしっかりと採寸を

ベスト型のハーネスを作る時は、しっかりと採寸をしておきましょう。

測るのは首回りと胴回りと着丈です。

型紙を手に入れたら、犬の寸法に合うように直して、生地を裁断してバックルがついたベルトをつけると出来上がります。

背中側にリードを取り付けるDカンをしっかりとつけておくようにしましょう。

犬のハーネス 種類について

3D型ハーネス

首にかける輪と胴にまく輪が立体的に接合しているタイプです。

首にかけた輪が首と前足の中間に来るようになっているので、引っ張っても首に負担がかかりません。

また首の輪は犬の動きに合わせて移動するので、犬の動きが制限されることはありません。

3D型には首にかける輪がなく、前足を入れる輪があるタイプのものもあります。

2Bハーネス

首にかける輪と胴に巻く輪が8の字型になっているタイプのハーネスです。

それぞれの輪にはバックルがついているので、首に輪を通されるのが苦手な犬におすすめのタイプです。

装着が簡単ですが、やや不安定なので大型犬や引っ張る力が強い犬には、あまり向いていません。

ベスト型ハーネス

ベスト型のハーネスで、上半身を包み込む形になっています。

体と密着している部分が多いので負荷を分散することができて、腰を痛めている犬にもおすすめです。

保温性がある布を使うと、寒がりの犬や老犬の散歩にも利用することができます。

デザイン的に可愛いものが多いので、洋服を着せる感覚で装着することができます。

ベスト型はいろいろなデザインや機能のものがあるので、使い分けができるように数種類のものを持っておくと便利です。

布を使ったハーネスは消耗しやすいので、マメに点検して必要であれば修理、交換をするようにしましょう。

犬のハーネス おすすめ紹介

イージーウォークハーネス

首輪と違ってハーネスのデメリットは引っ張り癖を直すトレーニングができないということですが、このハーネスは引っ張り癖の矯正ができるという画期的なハーネスです。

強く引っ張ると前胸のハーフチョークが締まって足が踏み出しにくくなる仕組みです。

引っ張り癖がひどく、首輪が苦手な犬には、このハーネスでトレーニングをしてみてはいかがでしょうか?

ラディハーネス

せっかくならハーネスもおしゃれにものにしたい!と考える飼い主さんにぴったりのハーネスです。

可愛いだけでなく安全性もバッチリで装着も簡単です。

子犬からシニア犬まで着心地も良くお手頃価格のハーネスです。

多頭飼いなら、違うデザインのものを揃えるのも楽しいです。

プリモ

中型犬・大型犬のために開発されたハンドル付きのハーネスです。

ウォーキングだけでなく、水泳やサイクリングにも適しています。

背中のハンドルは急な動きを止める時に便利です。

光を反射する素材を使用しているので夜間も安全です。

スポーツ好きの飼い主さんと愛犬におすすめ。

バディーベルト

はずした状態ではまるでメガネのようで、一見ハーネスには見えません。

おしゃれで使いやすく、犬の負担にならないように考えられた人気のハーネスです。

サイズは超小型犬から大型犬まで対応できる豊富さで。洋服を着ていても上から装着することができます。

犬のハーネスについて まとめ

ハーネスは首輪が苦手な犬の散歩には欠かせないもので、デザインもいろいろなものがあり、子犬から大型犬まで対応できるくらい種類も豊富です。

手作りをすることもできるので、オリジナルのハーネスを作ることもできます。

引っ張り癖を直すトレーニングができるタイプのハーネスも市販されています。

腰や気管が弱い犬や高齢犬には便利なハーネスですが、これからもハーネスはおしゃれに、また機能的に進化していきそうです。