犬のご飯 正しい回数や量を年齢別やサイズ別にご紹介

近年ではグレインフリーや無添加など、犬の健康を考えたドッグフードが推奨されていますよね。それでも、大切なのは種類だけではありません。犬の健康を考えるのであれば、体重や年齢、成長に合わせた正しい回数と量も見直してみましょう。

犬のご飯 1日の回数と量

犬のご飯 1日の回数

犬のご飯の回数は、年齢や成長などのライフステージに合わせて与える回数を変えていかなければなりません。

子犬期には、消化器官も未熟であるため、食べたものを消化できるよう回数を分けて与えましょう。
成犬になれば、一般的に1日2回の食事回数が好ましいと言われています。
そしてシニア期に入ると、消化器官も衰えてくるため再び食事回数を増やしていきましょう。

  • 離乳期:4~5回
  • 生後2カ月頃~:3~4回
  • 生後4カ月頃~:3回
  • 生後6カ月頃~:3回から2回へ
  • 1歳~:2回
  • シニア:再び2回から3~4回へ

犬のご飯 1日の量

1日に与えるご飯の量についても、適切な量があります。
1日に必要なカロリーをライフステージに合わせた回数に分けて与えましょう。
一般的にドッグフードの裏面などには目安量が記載されていますが、あくまでも目安なので愛犬の体重に合わせて計算してみると良いでしょう。

◆計算方法

1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

※係数

  • 幼犬(0~4カ月):3.0
  • 幼犬(4~12カ月):2.0
  • 妊娠・授乳中のメス:2.0
  • 避妊・去勢手術を受けていない場合:1.8
  • 避妊・去勢手術を受けている場合:1.6
  • ダイエット中:1.0

さらに、これを1日の回数に分けますが、同じ分量でなくても構いません。
愛犬の健康状態に合わせて、朝は多め夕方は少なめなど調節してみても良いでしょう。

◆小型犬の場合

例えば、「5kg」の「幼犬(4~12カ月)」であった場合には、
(5kg×30+70)×2.0=440kcal となります。

チワワやトイプードルなどの小型犬は、体が小さいにも関わらず多くのエネルギーが必要となります。
栄養が豊富な高タンパクなフードがおすすめです。

◆中型犬の場合

例えば、「15kg」の「妊娠・授乳中のメス」の場合には、
(15×30+70)×2.0=590kcal となります。

コーギーやビーグルなどの中型犬は、運動量が多く活発な犬種が多いです。
高タンパクで適度な脂質のフードを選ぶと良いでしょう。

◆大型犬の場合

例えば、「25kg」の「ダイエット中」の場合には、
(14×30+70)×1.0=490kcal となります。

ゴールデンレトリーバーやバーニーズマウンテンドッグなどの大型犬は、消化器官が敏感で糞便がゆるくなりがちな傾向があります。
消化に負担がかからず腸内環境をケアしてくれるフードを選ぶと良いでしょう。

犬のご飯 年齢別で気を付ける事

年齢によってご飯の回数を変えると紹介しましたが、他にも年齢によって気を付けたいことがあります。

子犬のご飯に気を付けたいこと

◆フードの選び方に注意

成長期でもある子犬は、短期間で大きく成長します。そのため、成犬と比べて約2倍もの栄養をとる必要があるのです。
量ではなく質から栄養をとることが重要で、良質で栄養豊富なフード「子犬用・パピー」を選ぶようにしましょう。

◆ドライフードの与え方に注意

子犬の消化器官は未熟なので、生後2~3カ月頃まではドライフードをぬるま湯でふやかして食べやすく、消化しやすくしてあげましょう。
生後3~4カ月頃を目安に子犬の食い付きや便の様子を見ながら、徐々に固めにしていきドライフードに変えていきましょう。

成犬のご飯に気を付けたいこと

◆与え過ぎに注意

ご飯の時間やおやつの時間なども覚えて、時間になるとおねだりをしてくる子もいるでしょう。それでも、与え過ぎには注意しましょう。
与え過ぎることによって、肥満や病気につながります。1日のカロリー量をしっかり管理してあげましょう。

シニア犬のご飯に気を付けたいこと

◆食欲に注意

シニア犬は、年齢と共に食欲が低下し始めます。そんなシニア犬には、ご飯をおしく感じさせてあげることが必要です。
フードを温めたりふやかすことで匂いを出したり、低脂肪の鶏ササミや白身魚などを混ぜて舌触りや食感を変えてあげたり工夫をしてみましょう。

◆栄養バランスに注意

シニア犬になると寝ていることが多くなり基礎代謝も低下するため太りやすい体質になります。そのため、脂質を減らして良質な動物性タンパク質を多く与えてあげるようにしましょう。
また、老化防止のビタミン、関節や筋肉に効果のあるグルコサミンなど、愛犬の体調に合わせて栄養バランスを調整してあげると良いでしょう。

犬がご飯を食べない時

犬がご飯を食べない時、最も多い原因が「犬の気分」によるものだと言われています。 犬にも好みのご飯があるのです。
この場合に、犬がご飯を食べたくなる3つの対処方法を紹介します。

ご飯を食べない時の対処① ご飯に工夫する

実は、犬の味覚は人間の5分の1程しかないと言われています。そのため犬は、ご飯の匂い・舌触り・食感・見た目で嗜好性が分かれていると言われています。
つまり、ご飯を食べない時には、匂い・舌触り・食感・見た目の工夫をしてあげることで食欲を誘うことができます。

例えば、いつものドッグフードを温めたりふやかして匂いを出したり、ヨーグルトやすりおろした野菜や果物をトッピングして舌触りや食感を変えてあげたりすることです。 愛犬の好みを探してみると良いでしょう。

ご飯を食べない時の対処② 時間内に食べなければ片づける

一度ご飯を食べるまでそのままにしておくと、犬がいつでも食べられると思ってしまいます。
ご飯を与えて食べなければ一度下げて、次の食事の時間までは何も与えないようにしてみましょう。少し可哀そうだと思いますが、そうすることで「今食べなきゃ次まで食べられない!!」と覚えて食べるようになることがあります。

ご飯を食べない時の対処③ フードの種類を変える

対処①②を試しても食べない時には、フード自体を変えてみましょう。
ドライフード⇒別の種類のドライフードでも、パウチ、ウエット、手作りなどいろいろ試してみると良いでしょう。

犬のご飯を手作りしてみよう!

愛犬の健康を考えて愛情いっぱいの手作りご飯にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
「料理は苦手」という人でも作られる簡単レシピを紹介します。

犬の手作りごはん レシピ1 ネバネバ丼ぶり

滋養強壮に効果のある山芋、骨を丈夫にする納豆、抗酸化作用のあるオクラを使ったネバネバ丼ぶりです。
山芋はアレルギーの心配な犬にはおすすめできないので、健康な犬であれば山芋入りを、心配であれば山芋なしで作ってあげましょう。
飼い主さんもだし醤油などで味付けすれば一緒に食べられますよ。

材料

  • ご飯
  • 山芋
  • 納豆
  • オクラ
  • プチトマト(お好みで)

作り方

  • オクラは茹でて細かく切り、納豆と混ぜる。
  • トマトは細かく切り、山芋はすりおろしておく。
  • 冷ましたごはんの上に、すりおろした山芋と納豆&オクラを乗せてトマトでトッピング→できあがり!!

犬の手作りごはん レシピ2 チーズ鶏ささみ焼き

犬にとっても健康食材鶏ささみと、嗜好性抜群のチーズを使ったレシピです。
彩りににんじんやブロッコリーを添えましょう。

材料

  • 鶏ささみ
  • とろけるチーズ
  • 酒 少々
  • にんじん
  • ブロッコリー

作り方

  • 鶏ささみ・にんじん・ブロッコリーは一口サイズに切り、一緒に茹でておく。
  • 茹でた材料を耐熱皿に移したら、とろけるチーズをのせてオーブンで焼く
  • チーズがとろけたらオーブンから出し冷ます⇒できあがり!!