犬のご飯 正しい回数や量を年齢別やサイズ別にご紹介


犬のご飯 1日の回数と量

ブルドック

回数は犬のライフステージに合わせて

犬に与えるご飯の回数は、年齢や成長などのライフステージに合わせて変えていかなければなりません。

子犬を迎える時期で最も早いのは生後2か月頃であることが多いですが、この時期にはまだ消化器官が未熟であるため、食べたものを消化できるよう回数を3~4回に分けて与えるようにしましょう。

引き渡しの際にブリーダーやペットショップの方から指示があるでしょう。

そして、成長に伴って徐々にご飯の回数を減らしていき、成犬になる時には1日朝晩2回の食事回数が一般的となります。

そしてシニア期に入ると、消化器官が衰えてくるため再び食事回数を増やしていくようになります。

詳しいライフステージ別での回数は以下になります。

ライフステージ別の回数目安
  • 離乳期:4~5回
  • 生後2カ月頃~:3~4回
  • 生後4カ月頃~:3回
  • 生後6カ月頃~:3回から2回へ
  • 1歳~:2回
  • シニア:再び2回から3~4回へ
成長や老化に入る年齢には個体差もあるため、愛犬の様子や便の状態を伺いながら徐々に回数を変えていくようにしましょう。

犬のご飯 1日の量

1日に与えるご飯の量についても、適切な量があります。

1日に必要なカロリーをライフステージに合わせた回数に分けて与えましょう。

一般的にドッグフードの裏面などには目安量が記載されていますが、あくまでも目安なので愛犬の体重に合わせて一度計算してみるのも良いでしょう。

ただし、この計算方法もあくまでも目安となります。
参考程度に計算してみてください。

◆計算方法

1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

係数
  • 幼犬(0~4カ月):3.0
  • 幼犬(4~12カ月):2.0
  • 妊娠・授乳中のメス:2.0
  • 避妊・去勢手術を受けていない成犬:1.8
  • 避妊・去勢手術を受けている成犬:1.6
  • 避妊・去勢手術を受けていない中高齢期:1.4
  • 避妊・去勢手術を受けている中高齢期:1.2
  • ダイエット中:1.0
さらに、これを1日の回数に分けますが、毎回同じ分量でなくても構いません。
愛犬の健康状態に合わせて、朝は多め夕方は少なめなど調節してみても良いでしょう。

【超小型犬~小型犬】1日の回数と量

犬の成犬時の体重が5kgまでを「超小型犬」、体重10kg程度までが「小型犬」と分類されています。

超小型犬にはチワワやトイプードル、ポメラニアンなどが含まれ、小型犬には、スタンダードダックスや柴犬、シーズーなどが小型犬に当たります。

◆ドッグフードの選び方

小型犬は、大型犬よりもカロリーを比較的多く必要とします。
しかし、胃などの消化器官も小さいために、少ない食事で必要なエネルギー量を確保しなければなりません。

一般的に販売されている「小型犬用」のドッグフードは、そのことを考慮した高カロリーになっているため、「小型犬用」のドッグフードを選ぶようにしましょう。

ただし、運動不足になるとカロリー過多によって逆に肥満になってしまいます。
犬種ごとに太りやすい体質を持っていることもあるため、「犬種別用」のフードにしても良いでしょう。

また、小型犬はドッグフードの選り好みや食いムラが多い傾向にあるので、食いつきにも注意してあげましょう。

◆回数

小型犬に与えるご飯の回数は、前述で紹介したライフステージを参考に与えると良いでしょう。

ただし、小型犬は1度に食べられる量が少ない上、胃などの消化器官が小さいことから消化が上手にできない子もいます。
与えたご飯を残してしまう場合や、消化不良による下痢や嘔吐をしやすい場合には回数を多めに、成犬時であれば2回を3回に増やすなどして個体によって配慮してあげましょう。

◆量

ドッグフードの種類によってカロリーは異なるため、裏面にある目安量やカロリー表示を参考に量を割り出しましょう。

例えば、「5kg」の「幼犬(4~12カ月)」の小型犬には、
(5kg×30+70)×2.0=440kcal となります。(計算方法は前述参照)

100gあたり400kcalのドッグフードを与えている場合には、
440kcal÷400kcal=110g となり、これが1日に与えるべき量となります。

そのため、この110g を1日に与える回数に、2回なら55gと55g、もしくは50gと60gなどに分けて与えるようにしましょう。

【中型犬】1日の回数と量

中型犬は、体重が11kg~20kg程度までが中型犬に分類されています。

フレンチブルドッグやウェルシュコーギーペンブローク、ビーグルなどが含まれます。

フレンチブルドック

◆ドッグフードの選び方

中型犬には、運動量が多めな活発な犬種が多い傾向にあります。
運動をすることで体内で活性化酸素が作られますが、これは老化を進めたり免疫力の低下を引き起こす原因にもなるものです。
そのため、「抗酸化成分」や「免疫力維持」などが記されたドッグフードを選ばれることをおすすめします

さらに活発に運動するために必要とするエネルギーを確保するため、高タンパクで適度な脂質のフードを選ぶと良いでしょう。

◆回数

前述で紹介したライフステージを参考に与え、便の様子を見ながら調整していくと良いでしょう。

◆量

ドッグフードの種類によってカロリーは異なるため、裏面にある目安量やカロリー表示を参考に量を割り出しましょう。

例えば、「15kg」の「妊娠・授乳中のメス」の場合には、
(15kg×30+70)×2.0=1,040kcal となります。(計算方法は前述参照)

100gあたり350 kcalのドッグフードを与えている場合には、
1,040kcal÷350=297gとなります。

さらに、この297gを1日に与える回数に、2回なら150gと147gなどに分けて与えるようにしましょう。

ただし、運動量が多い犬の場合などには、愛犬の様子を伺いながら微調整して多めにしてあげることも必要です。
計算式での量は最低限必要なカロリー量だと思って、調整してあげましょう。

【大型犬】1日の回数と量

体重21kg程度を超える個体を大型犬と分類されています。
さらに体重40kg程度を超えてくると「超大型犬」と分類されていることもあります。

大型犬には、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなどが含まれ、超大型犬には、ボルゾイやグレートピレニーズなどが超大型犬に当たります。

◆ドッグフードの選び方

大型犬は、消化器官が敏感で糞便がゆるくなりがちな傾向があります。
そのため、消化に負担がかからず腸内環境をケアしてくれるフードを選ぶと良いでしょう。

また、大型犬は噛まずに飲み込むことも多い早食いに注意してあげなければなりません。
早食いによって満腹感が得られずもっと欲しがるようなこともあるでしょう。
そうなると肥満の原因にもなってしまうため、注意しましょう。

さらに早食いは、大型犬が発症しやすい「胃捻転」を引き起こす原因にもなってしまいます。
できるだけ噛むことが必要になる形状のフードを選ぶか、早食い防止用のフードボールを使って予防していきましょう。

◆回数

基本的には、前述のライフステージ別での回数を参考に与えましょう。
ただし、消化不良による下痢や嘔吐をしやすい場合には、成犬時の回数を2回から3回に増やしてあげても良いでしょう。
これは「胃捻転」を予防するためにも効果的です。

◆量

ドッグフードの種類によってカロリーは異なるため、裏面にある目安量やカロリー表示を参考に量を割り出しましょう。

例えば、「30kg」の「避妊・去勢手術を受けている成犬」の場合には、
(30kg×30+70)×1.6=1,152kcal となります。

100gあたり350 kcalのドッグフードを与えている場合には、
1,552kcal÷350kcal=443gとなります。(計算方法は前述参照)

さらに、この443gを1日に与える回数に、3回に分ける場合には150gと150gと143gなどに分けて与えるようにしましょう。

犬のご飯 年齢別で気を付ける事

年齢によるご飯の回数や犬の大きさ別でのご飯の与え方について紹介してきましたが、他にも年齢によって気を付けたいことがあります。

子犬のご飯で気を付けたいこと

◆フードの選び方に注意
成長期でもある子犬は、短期間で驚くほどの成長を見せてくれます。
しかしその分、成犬と比べて約2倍もの栄養をとる必要があるのです。

量ではなく質から栄養をとることが重要で、良質で栄養豊富なフード「子犬用・パピー」を選ぶようにしましょう。
◆ドライフードの与え方に注意
子犬の消化器官は未熟なので、生後2~3カ月頃まではドライフードをぬるま湯でふやかして食べやすく、消化しやすくしてあげましょう。

生後3~4カ月頃を目安に子犬の食い付きや便の様子を見ながら、徐々に固めにしていきドライフードに変えていきましょう。

犬,赤ちゃん

成犬のご飯で気を付けたいこと

◆与え過ぎに注意
成犬になるとご飯の時間やおやつの時間なども覚えてくるのでおねだりをしてくる子もいるでしょう。
中には甘え上手な子もいて、ついつい甘やかしてしまいがちですが、与え過ぎには十分に注意しましょう。

与え過ぎることによって、肥満や病気の原因に繋がってしまいます。
そうならないためにも、1日の食事と運動の管理をしっかり行ってあげましょう。

シニア犬のご飯で気を付けたいこと

◆食欲に注意
シニア犬は、年齢と共に食欲が低下し始めます。

これは基礎代謝が落ちることで必要とするエネルギー量が低下すること、また嗅覚が衰えることによるものです。
そんなシニア犬には、ご飯をおいしく感じさせてあげることが必要です。

フードを温めたりふやかすことでご飯の香りを強く出したり、低脂肪の鶏ササミや白身魚などを混ぜて舌触りや食感を変えてあげたり工夫をしてみましょう。

◆栄養バランスに注意
シニア犬になると寝ていることが多くなり基礎代謝も低下するため太りやすい体質になります。
そのため、脂質を減らして良質な動物性タンパク質を多く与えてあげるようにしましょう。

また、老化防止のビタミン、関節や筋肉に効果のあるグルコサミンなど、愛犬の体調に合わせて栄養バランスを調整してあげると良いでしょう。

犬がご飯を食べない時の対処

犬がご飯を食べない時、最も多い原因が「犬の気分」によるものだと言われています。
犬にも人間のように好みのご飯があるのです。

もちろん病気や環境の変化によるストレスから食欲が低下していることもあるので見極めが必要になります。

今回は「犬の気分」によってご飯を食べない時に、犬がご飯を食べたくなる3つの対処方法を紹介します。

おやつ,食事,ドックフード

対処① ご飯に工夫する

実は、犬の味覚は人間の5分の1程しかないと言われています。
そのため、犬はご飯の匂い・舌触り・食感・見た目で嗜好性が分かれると言われています。

つまり、ご飯を食べない時には、匂い・舌触り・食感・見た目の工夫をしてあげることで食欲を誘うことができます。

例えば、いつものドッグフードを温めたりふやかして匂いを出したり、ヨーグルトやすりおろした野菜や果物をトッピングして舌触りや食感を変えてあげたりすることです。

愛犬の好みを探してみると良いでしょう。

対処② 時間内に食べなければ片づける

犬がご飯を食べないからとそのままにしておく置き餌を習慣化してしまうと、犬がいつでも食べられると思って食べなくなることがあります。

ご飯を与えて食べなければ一度下げて、次の食事の時間までは何も与えないようにしてみましょう。
少し可哀そうだと思いますが、そうすることで「今食べなきゃ次まで食べられない!!」と覚えて食べるようになることがあります。

対処③ フードの種類を変える

対処①②を試しても食べない時には、フード自体を変えてみましょう。

ドライフード⇒別の種類のドライフードでも、パウチ、ウエット、手作りなどいろいろ試してみると良いでしょう。

犬のご飯を手作りしてみよう!

愛犬の健康を考えて愛情いっぱいの手作りご飯にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

近年では愛犬のために手作りご飯を与えているという飼い主さんも増えてきました。
しかし中には、手作りしてみたいけれど「手間がかかるのでは」「料理は苦手」と人もいらっしゃるでしょう。

そこで手軽に作れる犬のための簡単ご飯レシピを紹介します。

犬,キャバリア,パグ,パーティ

レシピ① ネバネバ丼ぶり

滋養強壮に効果のある山芋、骨を丈夫にする納豆、抗酸化作用のあるオクラを使ったネバネバ丼ぶりです。

山芋はアレルギーの心配な犬にはおすすめできないので、健康な犬であれば山芋入りを、心配であれば山芋なしで作ってあげましょう。

飼い主さんもだし醤油などで味付けすれば一緒に食べられますよ。

◆材料

  • ご飯
  • 山芋
  • 納豆
  • オクラ
  • プチトマト(お好みで)

◆作り方

  • オクラは茹でて細かく切り、納豆と混ぜる。
  • トマトは細かく切り、山芋はすりおろしておく。
  • 冷ましたごはんの上に、すりおろした山芋と納豆&オクラを乗せてトマトでトッピング→できあがり!!

レシピ② チーズ鶏ささみ焼き

犬にとっても健康食材鶏ささみと、嗜好性抜群のチーズを使ったレシピです。

彩りににんじんやブロッコリーを添えましょう。

◆材料

  • 鶏ささみ
  • とろけるチーズ
  • 酒 少々
  • にんじん
  • ブロッコリー

◆作り方

  • 鶏ささみ・にんじん・ブロッコリーは一口サイズに切り、一緒に茹でておく。
  • 茹でた材料を耐熱皿に移したら、とろけるチーズをのせてオーブンで焼く
  • チーズがとろけたらオーブンから出し冷ます⇒できあがり!!

この記事のまとめ


犬のご飯 正しい回数や量について
●年齢や成長のライフステージに合わせてご飯の回数を変えていくことが必要

●ご飯の量の計算方法

  • 1日に与える餌の量(kcal)=(体重kg×30+70)×係数

●超小型犬~小型犬のご飯

  • 小型犬用や犬種別用フードを選ぶこと
  • ライフステージ別での回数を参考に、食べ残しや消化不良がないかで回数を調整すること

●中型犬のご飯

  • 高タンパクで適度な脂質のフード、さらに「抗酸化成分」や「免疫力維持」タイプのフードがおすすめ
  • ライフステージを参考に与え、便の様子を見ながら回数調整を
  • 活発な中型犬には、運動量を考慮して量を調整

●大型犬のご飯

  • 消化に負担がかからない腸内環境をケアしてくれるフードがおすすめ
  • ライフステージ別での回数を参考に、消化状態や胃捻転に配慮した回数調整を

●子犬期に注意すること

  • 栄養価の高いフード選ぶこと
  • 消化しやすくするため、ぬるま湯でふやかすこと

●成犬期に注意すること

  • 肥満に注意し量を与えすぎないようにすること

●シニア期に注意すること

  • 食欲の低下
  • 基礎代謝の低下に伴う栄養バンスに考慮すること

●犬がご飯を食べない時には

  • 温めてトッピングしたり工夫する
  • 置き餌をしない
  • フードの種類を変えてみる

犬のご飯 正しい回数や量 さいごに

いかがでしたでしょうか。

犬のご飯は、ライフステージや体の大きさ、さらに年齢などによって様々な与え方が必要になります。
少し手間に感じることもあるかもしれませんが、愛犬の健康を守るためには欠かせません。

犬にとって1日のうちで最も楽しみな時間でもあるご飯を、より楽しいものにしてあげられると良いですね。
手作りレシピにもぜひ挑戦してみてください。