【動物看護士が解説!】犬の便秘解消法!原因を知って便秘を予防しよう

Contents


犬の便秘とは?

犬も人間と同じように排便をします。同時に、便秘の悩みも人間と同じようにあります。

便秘は健康時に比べて便の量や回数が減り、便が固くなり、排便が困難になる状態になることをいいます。

便が固くなり便の量や回数が減る場合もあります。総じて、便秘は、大腸内の便の通過が遅くなったり、大腸内に長時間便がとどまったりすることで、正常な状態よりも便が出にくい状況のことを指します。

明確な定義はなく、その症状が患者の主観によるところもありますが、症状が深刻化すれば、病院の診療や治療が必要な状態になります。

そのような状態のことを「便秘症」と呼びます。

例えば、便秘によって生じた激しい腹痛や腹部膨満、腹部不快感、排便する際の激しい痛みや出血などの症状がそれにあたります。
便秘症は、病状の期間から、慢性便秘と一過性便秘の2つに分類されます。

スピッツ

慢性便秘
慢性便秘とは、長時間にわたり持続的に発症する便秘をさします。

一過性便秘
一過性便秘とは、一時的な便秘のことで、便が排出すると、症状が消えます。便の排出までの時間も短時間という特徴があります。

 

犬の便秘の原因とは?

犬が便秘になるのは、様々な原因が考えられます。
考えられる原因の種類を大きく分けて説明していきます。

トイレ

便秘は、その原因によって大きく4種類に分類することができます。その4種類とは、機能性便秘、器質性便秘、症候性便秘、薬剤性便秘です。

犬の便秘の原因① 機能性便秘

機能性便秘とは、病気が原因ではなく、環境のストレスや犬自身の加齢が原因で大腸、直腸、肛門の働きが乱れるためにおこる便秘のことを指します。
機能性便秘をさらに細かく分類すると、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘、食事性便秘の4種類に分類することができます。

犬の便秘の原因② 弛緩性便秘

弛緩性便秘とは、腸の運動が遅くなることで起きる便秘のことを指します。通常、大腸は一定の緊張をもって働いています。しかし、大腸の緊張が低下すると、腸の運動が遅くなり、便の通過スピードが落ちます。大腸は便に含まれる水分を吸収する器官ですので、便の通過スピードが落ちると、腸内での水分の吸収量が多くなり便が固くなります。また、結腸における蠕動運動が弱いと、便を先に送り出せなくなるため便の通過スピードが遅くなります。これらの弛緩性便秘は、腹筋や肛門周りの筋力の低下が原因です。

犬の便秘の原因③ 痙攣性便秘

痙攣性便秘とは、弛緩性便秘とは逆の状態で、大腸において緊張した状態が続き、便が停滞する便秘のことです。大腸は一定の緊張をもって働いていますが、緊張が強すぎる場合、痙攣が起こり便を送れなくなります。痙攣性便秘の原因は主にストレスです。ストレスを感じると、自律神経が乱れます。そのことによって、腸が通常よりも緊張した状態となり、一部に痙攣が生じます。痙攣部の腸は狭くなりますので、便が通常通りに通過できなくなるため、便秘となります。結腸の蠕動が強すぎる場合も、腸が痙攣を起こし通常通り送り出せなくなります。腸が痙攣をおこすと、その部分に圧力がかかり、お腹が張ったり痛みを起こしたりすることもあります。便をしてもすっきりせず、硬くコロコロの便になります。

犬の便秘の原因④ 直送性便秘

直腸性便秘は、便意が起こらなくなって生じる便秘のことです。通常、直腸まで便がたどり着くと直腸が刺激されて便意を感じて排便します。しかし、便のリズムが乱れたり便を我慢したりすると、この刺激に対して便意が起こらなくなってしまうことがあります。直腸に便があるのに排便しないため、便がどんどん溜まっていきます。便自体も水分を吸収されて固くなり、排出しにくい状態になります。直腸性便秘は、自分の意志で我慢をする犬に多いです。例えば、散歩中に排便をする癖がある犬を散歩に連れていかなかったりトイレの位置が決まっている犬のトイレの位置や種類が変えたりするとき、排便を我慢してしまうことがあります。直腸に便がある時に排便をせず、極度に我慢すると排便のリズムが乱れ、直腸性便秘に至ります。

犬の便秘の原因⑤ 食事性便秘

 最後に、食事性便秘です。食事性便秘とは、食事の内容、栄養の偏りなどによって起こる便秘のことを指します。線維の少ないものや犬の体質に合わないと、便が固くなったり腸内にとどまりやすくなったりし、便秘になります。

器質性便秘

器質性便秘とは、便の通過が物理的なものによって妨げられる便秘のことを指します。大腸の形の異常や腸に起こる何らかの病気、異物を飲み込みや腸の手術後の癒着などにより腸が閉塞することなどが原因となり起こる便秘になります。腸の形の異常や腸の閉塞により、炎症性腸疾患や腸の一部が重なってしまう腸重積となり、便が送れなくなります。また、大腸内の腫瘍などにより腸の一部が狭まることにより便が送れなくなる便秘もこの器質性便秘になります。

症候性便秘

症候性便秘は、病気の症状としておこる便秘です。ホルモンの病気や、糖尿病、神経疾患などの合併症として起こる便秘になります。

ホルモンが原因となる便秘は、自律神経系のホルモンや内分泌系のホルモンの疾患によって起こります。自律神経の乱れによる便秘は痙攣性便秘のところでも説明しましたが、病気が原因で自律神経系ホルモンのバランスが崩れた場合、腸が緊張・痙攣し、便を正常に送ることができなくなります。内分泌系ホルモンの乱れは、甲状腺疾患などが原因となりますが、代謝が低下します。内臓の運動は基礎代謝なので、代謝が落ちると腸の動きも低下して便秘となります。便秘になると有毒なガスが体を回りさらに代謝が悪くなり便秘が悪化します。

糖尿病による便秘や神経疾患による便秘は、ホルモン異常と同様に自律神経障害が原因となります。自律神経が乱れることで腸の蠕動運動が低下するため便秘となります。

薬剤性便秘

薬剤性便秘とは薬の副作用によっておこる便秘のことを指します。

抗がん剤、抗精神病薬、下痢止め、抗不整脈薬、咳止めなどの薬剤には腸の運動を抑制する副作用があります。腸の動きが低下すると、便を送り出す力が弱まるため、便秘となります。

実際にどのような状況で便秘になるのかを、わかりやすく説明します。

犬の便秘の原因 環境・精神的からくるストレス

引越し、トイレが変わった、家族が急に増えた、家族がいなくなったなどの家庭環境の変化で便秘になる犬がいます。
いつもの環境でないと落ち着いてトイレができなくなったり、我慢してしまったりする犬もいます。
また、外でしかトイレが出来ない犬が、何らかの理由で外に行けなくなった時に、室内で便をする習慣が身に付いていないので、我慢してしまい、便秘になることもあります。

さらに、トイレが汚れているために我慢し、便秘になる犬もいて、綺麗好きな犬によく見られます。

このように、環境の変化や、精神的なところから便秘になる犬はよくいます。
これは、神経質な犬やナイーブな犬に多く見られます。
しばらく様子を見ていると、出る場合が多いですが、環境が変化する毎に癖になってしまう犬もいます。

犬はストレスに弱い動物?愛犬のストレスのサインに気づくには?

2018.02.08

犬の便秘の原因 運動不足

運動をすることで、胃腸の蠕動運動が活発になります。
消化の促進にもなり、便秘にはなりません。
しかし、運動が苦手な犬や、あまり散歩に行かない犬は便秘になりやすいです。

 

犬の便秘の原因 食事

ドッグフードの相性が合わない場合に便秘になる犬がいます。
どれだけいいものを与えていても、体質は犬それぞれです。
愛犬の体質に合わなければ、便秘ななる可能性は十分考えられます。
また、トウモロコシや小麦などの穀物がメインで作られているドッグフードがあります。
このようなドッグフードは、比較的安く売られているものが多く、品質が悪いものが多いです。
犬は、穀物類が消化しづらい体質なので、穀物メインで品質が悪いドッグフードは便秘になりやすいです。

水分不足や、脱水を起こしている時に、繊維質の食餌を与えると便秘になってしまうので注意が必要です。

犬の餌の与え方の注意点。量や回数をまもって健康維持

2018.08.31

犬の便秘の原因 病気

消化器系の病気や、神経の病気などでも便秘になります。
詳しくは、後に説明します。

 

犬の便秘の原因 その他

極度の脱水状態や、栄養失調のために便秘になります。
また単純に、便が溜まっていない場合も考えられます。
そして、老化によって胃腸の機能が落ちてくると便秘になりやすくなります。

他にも、薬の副作用や影響によって、便秘になる可能性もあります。

 

犬が便秘の時におすすめの食事

犬,キャバリア,パグ,パーティ

犬が便秘の時におすすめの食事 市販のおすすめドッグフード

安く販売されている穀物がメインのドッグフードはオススメしません。
もともと、肉食だった犬にとって、肉や魚はとても消化しやすい体質なのです。
人とは必要な栄養素が違いますので、人にとって食べやすいものや、栄養が豊富に含まれているものでも、犬にとっては消化吸収しづらく、便秘になってしまうこともあります。

穀物がメインのドッグフードは避けて、良質な肉や魚などの動物性タンパク質がメインで作られているドッグフードを選びましょう。
また、穀物不使用の「グルテンフリー」や「グレインフリー」というドッグフードもおすすめです。
このような良質なドッグフードは、ペットショップやネットで手に入れることができます。

犬が便秘の時におすすめの食事 療法食

病気が原因の場合や、便秘体質になってしまっている犬には、療法食をおすすします。
療法食のオススメは、ロイヤルカナンの消化器サポート(高繊維)や、ヒルズのi/d、ヒルズのw/dなどが便秘に効果的です。

ロイヤルカナンの消化器サポート(高繊維)は、繊維が豊富に含まれているので、腸内の便のかさを増やすことで、大腸の蠕動運動に役立ちます。

ヒルズのi/dは、消化性が高く、消化器症状全般的に使えるドッグフードです。
水に溶けやすい可溶性繊維と、水に溶けにくい不溶性繊維の組み合わせによって、腸内通過時間の正常化に役立ちます。

ヒルズのw/dは、繊維が多く含まれているため、水を吸収し、腸の蠕動運動に役立ちます。

他にも療法食はいくつかありますが、多くの動物病院で販売されている療法食にはこのようなものがあります。

療法食は、基本的に獣医師の診断のもとで処方されるドッグフードとなります。
便秘に効果的な療法食はいくつかありますが、それぞれのフードのもっている特性も様々ですし、犬の便秘の原因も様々です。
最近では、ネットやペットショップでも売られていますが、自己判断で与えると、便秘の症状が悪化してしまうこともあります。
療法食を考えている場合は、必ず診察を受けて、愛犬に合った療法食を獣医師に処方してもらってから与えてください。

 

犬の便秘 予防方法はこれ

犬の便秘 予防方法 適度な運動

ミニチュアピンシャー,とってこい

適度な運動は、腸の蠕動運動を活発にさせます。
外での散歩が苦手な犬や、雨などで外に行けない時は、室内でできる遊びで体を動かしてあげましょう。
また、運動が多く必要な犬種や、気分転換をさせたい犬にはドッグランなどの広い所で思いっきり走らせてあげることで運動不足解消や、ストレス発散にもなり、便秘にはとても効果的です。
ただし、慣れた環境を好む犬はいつもの散歩コースなど、安心するところ適度な運動をさせてあげましょう。

犬の便秘 予防方法 新鮮な水分

いつでも、新鮮な水が飲める環境にしてあげることが大切です。
時間がたちすぎている水は、人でも飲みたくないものです。
便秘には、適度な水分補給が必要です。
容器には飲み干してからっぽという状態にはしないように注意しましょう。

犬の便秘 予防方法 良質な食事・便秘予防、便秘改善のある食物

基本的に毎日与えるドッグフードは、良質な動物性タンパク質がメインのものを与えましょう。
さらに、少量のオリーブオイルやヨーグルトも犬の便秘予防や便秘解消になります。

犬の便秘 予防方法 マッサージ

お腹を上にむけて、優しく時計回りにさすってあげてください。
リラックスしている時にするのが効果的です。
毎日の習慣にしてお腹を触ることによって、便秘予防はもちろんのこと、スキンシップや乳腺の病気、皮膚病などにも気が付きやすくなります。

犬の便秘 予防方法 ストレスをかけない

ボーダーコリー,犬,芝生

神経質な性格の犬は特に、ストレスに気をつけてあげなければなりません。
ストレスに敏感な犬には、あまり環境を変えないようにしてあげることが便秘の予防に繋がります。

犬の便秘から引きおこる病気

ブルドック,病気

犬の便秘から引きおこる病気 会陰ヘルニア

会陰とは、肛門の周りの部分をいいます。
この会陰ヘルニアは、会陰部にある筋肉が何らかの原因によってもろくなり、穴が空いてしまいます。
その穴から、腸が外側に出てしまう状態のことをいいます。
腸が、正常な位置から外れてしまい、穴が狭ければ狭いほど腸を圧迫してしまうために便秘を引き起こすことが多いです。

犬の便秘から引きおこる病気 前立腺肥大・前立腺腫瘍

前立腺とは、膀胱の後ろにある臓器で、生殖に関わる重要な働きをしてくれています。
前立腺肥大は、ホルモンのバランスが崩れることで起こります。
高齢の去勢手術をしていない犬に多くみられます。

前立腺腫瘍、前立腺に腫瘍ができます。

これらの前立腺に関する病気は、前立腺が正常な大きさ出なくなるため、腸を圧迫します。
それが原因となって便が出にくくなり、便秘を引き起こすのです。

 

犬の便秘から引きおこる病気 大腸の腫瘍・ポリープ

大腸に腫瘍やポリープができた場合は、便の流れが悪くなり便秘になります。
また、悪化すると痛みも伴ってさらに便秘が悪化することもあります。

 

犬の便秘から引きおこる病気 肛門狭窄

肛門狭窄とは、何らかの原因で肛門が狭まっている状態です。
先天的に肛門が狭く生まれつき便秘体質の犬もいます。
後発的なものだと、痔瘻や裂肛といった人間でいう痔のようなものが原因でなることがあります

 

犬の便秘から引きおこる病気 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、脊椎のクッションのような役割である椎間板が変形し、神経を圧迫することで痛みや麻痺などを引き起こします。
直接的な便秘の原因ではないですが、腰や背中の痛みからきばることができなくなり、便秘を引き起こします。

【獣医師が解説!】犬の椎間板ヘルニア 

2018.02.08

犬の便秘から引きおこる病気 腸閉塞

腸閉塞とは、おもちゃや袋などの異物の誤食、腸に寄生する寄生虫や感染症などからくる激しい下痢が引き起こす腸重積が原因となり、腸が閉塞して便の通過障害が起こっている状態です。

 

犬の便秘から引きおこる病気 その他

甲状腺機能低下症などのホルモンの病気や、自律神経障害などの神経異常などでも便秘になる可能性はあります。

 

犬の便秘解消法について まとめ

・健康時に比べて便の量や回数が減り、便が固くなり、排便が困難になる状態を便秘と呼ぶ

・便秘には機能性便秘、器質性便秘、症候性便秘、薬剤性便秘の4種類がある

・便秘になると、宿便の毒素により腸の運動の低下が起き、さらに便秘が悪化する負の連鎖となる

・ストレスによる内臓の弛緩・緊張・自律神経の乱れが便秘につながるためストレスを解消すると良い

・食事の偏りや水分不足が便秘につながるため良質なフード・療法食や新鮮な水を与えると良い

・運動不足は便秘の原因なので、適度に運動をさせると良い

さいごに

コーギー.しっぽがない.砂浜.海

犬の便秘解消法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

このように、便秘の直接的原因となる腸や肛門の病気もありますが、痛みやホルモンバランスなどが原因となる可能性もあります。便秘になると、腸の動きが悪くなり、さらに便秘が悪化する負の連鎖に陥ります。便秘が長期間続くと、腸の状態はさらに悪化し、命に関わることもありますので、自己判断はせず動物病院で見てもらいましょう。病院で診てもらった上で、家庭で対応できる便秘解消法も多いです。飼い犬に合った便秘解消法に取り組んでみてはいかがでしょうか。