犬を飼うには?準備するものや心構え

Contents


犬を飼うには?飼い主適正チェック

犬を飼うには?飼い主適正チェック① 犬を飼うための経済的な余裕があるか?

犬を飼うということは家族が一人増えることと同じです。

命があるものですので、食事もすれば病気もすることがあります。

毎年、予防接種の費用も必要です。

十数年、犬の面倒を見続けることができる経済的な余裕があるのかをよく考えるようにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック② 犬が飼える環境なのか?

賃貸住宅はペット飼育が禁止のところが多いです。

ペット不可の物件では、いくらペットを飼いたいと考えても飼うことはできません。

ペットを飼いたい場合はペット可の物件に住んでいることが必要です。

また一戸建てであっても、住宅密集地であれば大型犬が難しいこともありますし、鳴き声で苦情が出ることも考えられます。

今、犬を迎えても大丈夫な環境なのかを考えるようにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック③ 子どもが飼いたいという理由だけで飼おうとしていないか?

子どもが犬を飼いたいという理由で、おもちゃを与えるように犬を飼おうかと考えてないでしょうか?

子どもに命の大切さを教えるという点では、犬を飼うことは子どものためにもとても良いことです。

しかし飼い主となるのは親です。

親がまず、犬の知識をしっかりと勉強して、犬を飼える環境なのかを考えてからにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック④ 成犬になった姿を想像してみよう!

ペットショップで展示されている子犬はとても可愛くて、思わず衝動買いしそうになります。

しかし当然ながら子犬はいつまでも子犬ではありません。

1年も経たない間に子犬の面影は消えて成犬になります。

「子犬の頃は可愛かったのに成犬になったら可愛くなくなった」という理由で手放す飼い主も決して少なくはありません。

子犬はぬいぐるみではありませんので、子犬を見て可愛いからと衝動買いはしないで、冷静になって成犬になった姿を想像してみるようにしてください。

犬を飼うには?飼い主適正チェック⑤ 家族全員が犬を飼うことに賛成しているか?

犬は家族同然ですので、家族の中で犬を飼うことに反対の人がいると、犬と仲良く暮らしていることは難しくなるでしょう。

アレルギーがある家族、病気がちの家族がいる場合も、犬と一緒に暮らしていくことは難しいかもしれません。

犬を飼うには?飼い主適正チェック⑥ 家を留守にすることか少ないかどうか?

犬は飼い主と一緒にいることを好みます。

長時間の留守番はあまり得意ではありません。

犬にストレスを溜めさせないためにも、家を留守にすることが比較的少ないほうがいいでしょう。

仕事で忙しくて帰宅するのが夜中になる、または趣味のために出かけてばかりしているという人には、あまり向かないかもしれません。

これらのことをチェックして、それでも犬が飼いたいと考えられる時に初めて犬を飼うことを考えても、決して遅くはないですよ。

犬を飼うときの購入方法は?

犬を飼うとき犬をどこから購入するといいのでしょうか。

犬を購入するにはペットショップ、専門ブリーダー、ネット販売などの方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ペットショップ

大型ホームセンター内やショッピングモールなど身近なところにあるので、店頭で好みの子犬を購入することができます。

ペット用品なども揃っているので、初めて犬を買う人にはすべてここで揃えることができるので便利です。

ペットショップは仔犬の仕入れ費用や店舗費用・人件費などがかかるため、ブリーダーからの購入に比べると販売価格は少し高めになります。

求めている犬種が希少犬種の場合は店頭で見つけるのは難しく、個別に探してもらう必要があり別途料金がかかります。

専門ブリーダー

希望の犬種が決まっている場合は専門ブリーダーから購入するといいでしょう。

専門ブリーダーはその犬種に対する飼育経験も知識も豊富なので、購入後もしつけや癖の矯正などいろいろなことを相談することができます。

専門ブリーダーには、血統を重視しチャンピオン犬やドックショなどーに出品するための犬のみを育てるブリーダーと、家庭のペットとして飼うための犬を育てるブリーダーがいます。

血統重視のブリーダーの仔犬は当然のことながら高額になります。

ネット販売

希望する犬種の専門ブリーダーが近くに見つからない場合はネット販売を利用すると便利です。

最近のブリーダーやペットショップは専用サイトを持っていることが多く、ネットでのみペット販売をしている業者も多くあります。

全国のネットショップから探すことができるので、多くの犬種の中から好みの仔犬を見つけることができます。

但し、気に入った仔犬を見つけてもネットのやり取りだけで購入することはできません。

動物愛護管理法により、販売者は対面での説明義務があり、購入者は販売業者から対面で説明を受ける必要があります。

購入しようとするネット販売業者が遠方の場合でも、その業者のところにまで出かけなければならないので注意が必要です。

犬を飼うときに準備するもの

犬を飼うことになったらどのようなものを準備すればいいのでしょうか。

家に迎える前に用意しておかなければならないものをまとめてみました。

キャリーバック(クレート)

犬を入れて運ぶためのケースです。

犬を連れて帰るときに必ず必要なものです。

その後も犬と一緒に車や電車などで移動するときに使いますので、キャスターがついていて動かせるものが便利です。

キャリーバック(クレート)のサイズは大きすぎても小さすぎても犬が落ち着きません。

犬が自然に向きを変えられる程度の大きさがベストです。

家ではキャリーバック(クレート)に入って寝る習慣をつけるておくと、地震などの緊急時や旅行などで場所が変わったときなどにも不安なく過ごすことができます。

サークルやケージ

どちらも犬の落ち着ける居場所として使います。

サークルは木製やスチールなどでできた天井のない囲いです。

形を自由に変えることができ、トイレトレーニングができていない仔犬の場合は中にトイレとクレートやベッドを置いて使います。

天井がないので中・大型犬では成犬になると飛び越えてしまうことがあります。

ケージは天井と床のあるスチールや金網でできた家用の犬部屋です。

犬がそこでゆっくりくつろげるように、中にベッドやトイレなどを置いても狭すぎない広さのものを選びましょう。

犬は綺麗好きなので基本的に自分の寝床のまわりを汚すのを嫌います。

トイレトレーニングが完了したらトイレはケージから離れた場所に置いてやりましょう。

トイレトレー・トイレシーツ

犬を迎えて最初に教えなければならないのがトイレです。

決められた場所でトイレをすることを覚えさせるためにトイレトレーはとても有効です。

トイレトレーはトイレシートを敷くだけで使え、排泄後はトイレシートを取り替えるだけで床を汚すこともなく清潔です。

取り外しのできるシートカバーがついているものもあり、トイレシートがずれたり、いたずらでシートを噛みちぎったりすることもないので便利に使えます。

最近ではトイレシーツも、消臭機能付き、しつけに便利なアンモニア臭付き、おしっこがゼリー状になる逆戻り防止、多量な尿を吸収する超厚型、などいろいろな種類のものがあります。

我が家の犬のトイレ事情にあったものを選んで使うと毎日の手間が省け、飼い主も犬も快適に暮らすことができます。

ベッド・食器・給水器などの小物

ベッド 一日の大部分を寝て過ごす犬にとってベッドはとても重要なアイテムになります。

冬はフリース素材などの保温効果のあるもの、夏は保冷効果があったり通気性のある素材を使ったものなど、季節に合ったものを用意してやりましょう。

犬の大きさにぴったりなものは身体を伸ばすことができないので、少し大きめで寝返りができるゆったりしたものを選びましょう。

最近では長時間寝ていても身体に負担がかからない、体圧を分散させることのできるベッドや高反発ベッド、寝返りしやすい弾力ベッドなども販売されています。

常に犬がいるベッドは、抜け毛や身体の汚れなどが付きやすく雑菌やダニなどの温床になります。

カバーを取り外したり、丸ごと洗濯ができたりするものを選び、常に清潔なベッドを使うようにしましょう。

食器

犬の食器は床置きにする場合と専用台を使う場合があります。

仔犬のときは食器を床置きにしてやる方が食べやすいかもしれません。

成犬になったら専用台の上に食器を乗せて少し高さをつけてやるようにします。

食器の位置が低すぎるとフードが気管をスムーズに通らず、むせたり逆流したり消化不良で胃捻転をおこすこともあります。

食器台の高さは犬の大きさや足や首の長さによっても違ってきますが、犬が立って少し首を下げるくらいが丁度よい高さなのだそうです。

給水器

給水は家に来たばかりの仔犬なら床置きの水入れでもかまいませんが、家での生活に慣れてくると水入れに足をつっこんだり、引っ掛けてひっくり返したりすることがあります。

また、常に置きっぱなしの水入れは埃が入ったり、食べカスが浮いたりしてあまり清潔とはいえず、その都度取り替える必要があり手間がかかります。

少し大きくなったらケージやサークルに取り付ける給水器を使うといいでしょう。

二股の給水器はケージやサークルの中からも外からも飲むことができます。

ボトルの大きさで水量の調節をすることができ、飲み口の大きさで水の出る量も変えることができます。

ドックフード

ドックフードは仔犬の間は購入先で食べていたものと同じフードを食べさせるようにしましょう。

購入先のペットショップやブリーダーから食事の量や回数などを聞いておくといいでしょう。

成犬になったら良質でナチュラルな素材で作られたものを選びましょう。

犬を飼う時の初期費用は?

犬を飼う時の初期費用とは、毎月かかる費用とは別に、最初にかかる総費用ことです。

それには子犬を購入する費用も含むことが多いです。

初期費用の内訳

  • 子犬の購入費用
  • 畜犬登録
  • 狂犬病予防ワクチン
  • 混合ワクチン
  • グッズ等

子犬の時に去勢手術、避妊手術を行う場合は、この費用も含みます。

初期費用の具体的な額の一例

初期費用は子犬の購入代金、グッズにお金をかけるかどうかで、かなり違ってきます。

しかし、大体の平均で目安をつけておくこともできますので、ここで一例をあげていきましょう。

子犬の購入代金は上を見るとキリがありませんが、大体15万円前後で購入できることが多いようですので、それで計算してみます。

子犬購入代金15万円+グッズ代1万5000円+畜犬登録料3000円+狂犬病予防ワクチン3000円+混合ワクチン2回分16000円=187000円

実際はこれよりも前後してしまいますが、犬を飼う場合の初期費用は意外と高いことがわかります。

犬を飼う時の年間費用は?

犬を飼うには年間幾らくらいかかるのかご存じでしょうか。

ペット保険アニコムのペットにかける年間支出調査(2017年度)によると、年間44万だそうです。

年間費用の内訳

ペット保険アニコムのペットにかける年間支出調査(2017年度)より抜粋

●怪我や病気の治療費 71,135

●フード・おやつ 58,601

●しつけ・トレーニング 44,933

●トリミング。シャンプー・カット 45,044

●ワクチン・健康診断等の予防費 30,953

●ペットシッター・ホテル 22,432

●首輪・リード・洋服 19,974

●日用品 14,092

●ドックランなどの娯楽費 10,162

●サプリメント 23,902

●光熱費 21,731

●交通費 32,371

●ペット保険料 45,244

年間費用の中でも近年増加しているものに医療費があります。

ドックフードの進化やワクチンや健康診断の普及により犬の平均寿命が延びたことにより高齢化が進んだことが要因といえます。

また、若年層では人間と同様に鼻炎・皮膚炎などのアレルギー疾患による治療費も増えています。

犬を飼うと生涯費用はどのくらいかかるのか?

生涯費用とは?

生涯費用は初期費用も合わせて、犬を飼うと犬の一生涯にかかる費用のことです。

初期費用に加えて、毎月の食事代、おやつ代、おもちゃ、洋服、病気になった時の医療費、毎年受ける予防接種、トリミング代、急用の場合や旅行の時に預けるペットホテル代など、その都度必要になる費用もすべて含んだ費用のことです。

犬一頭の生涯費用は車一台分の値段?

犬一頭を飼うのに必要な生涯費用は、例えるならば車一台買えるくらいの値段に相当します。

毎月にして考えるとそれほど大きな金額でなくても、こうしてまとめて考えると、とても大きな金額が必要だということがわかります。

生涯費用の具体的な額の一例

犬の生涯費用は犬の大きさ、寿命、病院へかかった回数、食事の種類や量、トリミングの回数などによって、かなりの差が出てしまいますので、目安になる額を紹介します。

小型犬は寿命が長いことが多く、18年だとしたら生涯費用は約260万円、中型犬の寿命が15年として約300万円、大型犬が13年として約340万円位の費用が必要になると考えられます。

あくまでも目安で、大きく前後することが考えられますが、確かに車一台買える値段が必要ですね。

犬を飼うには?初めて飼う飼い主さんの心構え

初めて飼う飼い主さんの心構え① 子犬の時期はわずかしかない

ペットショップで可愛い子犬を見て犬を飼うことを決意した人もいるかもしれません。

それは決して悪いことではありませんが、子犬の時期はあっと言う間に終わってしまい、すぐに成犬になってしまいます。

超小型犬ならば子犬の面影を残していることが多いですが、大型犬などは可愛い子犬の面影がなくなってしまうことが多いです。

子犬独特の可愛らしさがなくなっても変わらずに愛情を注いであげてください。

成犬になったら、もうすでに犬は家族になってします。

飼い主に見捨てられると、どれほど犬が辛い目にあうかを考えてください。

初めて飼う飼い主さんの心構え② 元気な時ばかりではない

犬も命がある生き物ですので、元気な時ばかりではありません。

犬は意外と動物病院のお世話になることが多く、病気をしやすい動物だと言えるかもしれません。

室内で飼っていても、誤食や誤飲などの事故も多く、ケガをすることも多いです。

そういう場合は、すぐに対処してあげられるようにしてあげてくださいね。

初めて飼う飼い主さんの心構え② 旅行などにあまり行けなくなる

犬のお世話は慣れていないと大変なことばかりです。

食事に世話やトイレの世話、毎日の散歩、時々は遊んであげることも必要です。

犬は長時間の留守番を強いられる環境では、どうしてもストレスを溜めてしまいます。

犬を飼う前には旅行によく行っていたという人も、あまり行けなくなることを覚悟しましょう。

初めて飼う飼い主さんの心構え③ 掃除が大変になる

子どもがいない家庭は、家の中がそれほど汚れることもなく、掃除も頻繁にすることもないかもしれません。

しかし犬を飼うとそうはいかなくなります。

特にダブルコートという二層構造の被毛を持つ犬の抜け毛の量は驚くほど多く、そのままにしておくと不衛生ですので、どうしても掃除の回数が多くなってしまいます。

初めて飼う飼い主さんの心構え④ 老犬の介護を覚悟して

人間と同じように犬も寿命が延びてきました。

その分、老犬になって寝たきりになってしまう犬、病気がちになってしまう犬が増えていき、老犬介護をしている飼い主さんも多いです。

犬を飼い始めた時点から、老犬になったら介護をしなければならないという覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

この記事のまとめ

犬を飼うには?
犬を飼うには?飼い主適正チェック:金銭的余裕があるか・環境は整っているか・家族全員が賛成か

犬の購入方法は?:ペットショップ・専門ブリーダー・ネット販売

犬を飼うときの初期費用・年間費用・生涯費用について:初期187,000円・年間440,000円・生涯約340万円

犬を飼うために準備するもの:キャリーバック・ケージ・サークル・トイレトレー・食器・給水器等

犬を飼う心構え:時間と費用を厭わない・老犬介護の覚悟・生涯飼い続ける等

最後に

犬の寿命が延びた現在、犬を飼い始めると、一緒に過ごす時間は長くなってきました。

子犬の時に一目ぼれして飼った犬でも、やがて子犬の可愛さが消えて老犬になり介護が必要になります。

その時まで、しっかりと面倒を見ることができる自信があるのなら、子犬をお迎えして幸せにしてあげてください。

成犬になっても老犬になっても、家族になった愛犬からもらえる幸せも、何物にも代えがたいものですよ。