犬を飼うには?準備するものや心構え

何となく「犬を飼ってみたいな」と考えている人は多いことでしょう。しかし、いざ本当に飼うとなると、その前に考えておかなくてはならないことは、たくさんあるものです。経済的なことの他に飼い主としての心構えも必要です。それでは、どういう準備や心構えが必要なのでしょうか?犬を飼う前にしっかりと考えてみましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック

犬を飼うには?飼い主適正チェック① 犬を飼うための経済的な余裕があるか?

犬を飼うということは家族が一人増えることと同じです。

命があるものですので、食事もすれば病気もすることがあります。

毎年、予防接種の費用も必要です。

十数年、犬の面倒を見続けることができる経済的な余裕があるのかをよく考えるようにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック② 犬が飼える環境なのか?

賃貸住宅はペット飼育が禁止のところが多いです。

ペット不可の物件では、いくらペットを飼いたいと考えても飼うことはできません。

ペットを飼いたい場合はペット可の物件に住んでいることが必要です。

また一戸建てであっても、住宅密集地であれば大型犬が難しいこともありますし、鳴き声で苦情が出ることも考えられます。

今、犬を迎えても大丈夫な環境なのかを考えるようにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック③ 子どもが飼いたいという理由だけで飼おうとしていないか?

子どもが犬を飼いたいという理由で、おもちゃを与えるように犬を飼おうかと考えてないでしょうか?

子どもに命の大切さを教えるという点では、犬を飼うことは子どものためにもとても良いことです。

しかし飼い主となるのは親です。

親がまず、犬の知識をしっかりと勉強して、犬を飼える環境なのかを考えてからにしましょう。

犬を飼うには?飼い主適正チェック④ 成犬になった姿を想像してみよう!

ペットショップで展示されている子犬はとても可愛くて、思わず衝動買いしそうになります。

しかし当然ながら子犬はいつまでも子犬ではありません。

1年も経たない間に子犬の面影は消えて成犬になります。

「子犬の頃は可愛かったのに成犬になったら可愛くなくなった」という理由で手放す飼い主も決して少なくはありません。

子犬はぬいぐるみではありませんので、子犬を見て可愛いからと衝動買いはしないで、冷静になって成犬になった姿を想像してみるようにしてください。

犬を飼うには?飼い主適正チェック⑤ 家族全員が犬を飼うことに賛成しているか?

犬は家族同然ですので、家族の中で犬を飼うことに反対の人がいると、犬と仲良く暮らしていることは難しくなるでしょう。

アレルギーがある家族、病気がちの家族がいる場合も、犬と一緒に暮らしていくことは難しいかもしれません。

犬を飼うには?飼い主適正チェック⑥ 家を留守にすることか少ないかどうか?

犬は飼い主と一緒にいることを好みます。

長時間の留守番はあまり得意ではありません。

犬にストレスを溜めさせないためにも、家を留守にすることが比較的少ないほうがいいでしょう。

仕事で忙しくて帰宅するのが夜中になる、または趣味のために出かけてばかりしているという人には、あまり向かないかもしれません。

これらのことをチェックして、それでも犬が飼いたいと考えられる時に初めて犬を飼うことを考えても、決して遅くはないですよ。

犬を飼うには?準備するものと初期費用

犬を飼う前に準備しておきたいもの

犬を飼う前には、子犬を迎えてすぐに必要なものをまず準備しておきましょう。

後で間に合うものは、少しずつ買い足していくのがいいですね。

  • ドッグフード、
  • 食器
  • 水入れ
  • トイレ
  • トイレシーツ
  • ケージまたはサークル
  • キャリーバッグ
  • ベッド

などです。

初日から散歩に行くのも大変ですが、首輪リードも用意しておくと便利です。

キャリーバッグは子犬を迎えに行く時に必要になりますが、以降も病院に行く時、お出かけの時などに便利に使うことができますので、ぜひ用意しておきましょう。

犬を飼う時の初期費用とは?

犬を飼う時の初期費用とは、毎月かかる費用とは別に、最初にいくらかかるかということです。

それには子犬を購入する費用も含むことが多いです。

初期費用の内訳は

  • 子犬の購入費用
  • 畜犬登録
  • 狂犬病予防ワクチン
  • 混合ワクチン
  • グッズ等

です。

子犬の時に去勢手術、避妊手術を行う場合は、この費用も含みます。

初期費用の具体的な額の一例

初期費用は子犬の購入代金、グッズにお金をかけるかどうかで、かなり違ってきます。

しかし、大体の平均で目安をつけておくこともできますので、ここで一例をあげていきましょう。

子犬の購入代金は上を見るとキリがありませんが、大体15万円前後で購入できることが多いようですので、それで計算してみます。

子犬購入代金15万円+グッズ代1万5000円+畜犬登録料3000円+狂犬病予防ワクチン3000円+混合ワクチン2回分16000円=187000円

実際はこれよりも前後してしまいますが、犬を飼う場合の初期費用は意外と高いことがわかります。

犬を飼うには?生涯費用はどのくらい

生涯費用とは?

生涯費用は初期費用も合わせて、犬を飼うと犬の一生涯にかかる費用のことです。

初期費用に加えて、毎月の食事代、おやつ代、おもちゃ、洋服、病気になった時の医療費、毎年受ける予防接種、トリミング代、急用の場合や旅行の時に預けるペットホテル代など、その都度必要になる費用もすべて含んだ費用のことです。

犬一頭の生涯費用は車一台分の値段?

犬一頭を飼うのに必要な生涯費用は、例えるならば車一台買えるくらいの値段に相当します。

毎月にして考えるとそれほど大きな金額でなくても、こうしてまとめて考えると、とても大きな金額が必要だということがわかります。

生涯費用の具体的な額の一例

犬の生涯費用は犬の大きさ、寿命、病院へかかった回数、食事の種類や量、トリミングの回数などによって、かなりの差が出てしまいますので、目安になる額を紹介します。

小型犬は寿命が長いことが多く、18年だとしたら生涯費用は約260万円、中型犬の寿命が15年として約300万円、大型犬が13年として約340万円位の費用が必要になると考えられます。

あくまでも目安で、大きく前後することが考えられますが、確かに車一台買える値段が必要ですね。

犬を飼うには?初めて飼う飼い主さんの心構え

初めて飼う飼い主さんの心構え① 子犬の時期はわずかしかない

ペットショップで可愛い子犬を見て犬を飼うことを決意した人もいるかもしれません。

それは決して悪いことではありませんが、子犬の時期はあっと言う間に終わってしまい、すぐに成犬になってしまいます。

超小型犬ならば子犬の面影を残していることが多いですが、大型犬などは可愛い子犬の面影がなくなってしまうことが多いです。

子犬独特の可愛らしさがなくなっても変わらずに愛情を注いであげてください。

成犬になったら、もうすでに犬は家族になってします。

飼い主に見捨てられると、どれほど犬が辛い目にあうかを考えてください。

初めて飼う飼い主さんの心構え② 元気な時ばかりではない

犬も命がある生き物ですので、元気な時ばかりではありません。

犬は意外と動物病院のお世話になることが多く、病気をしやすい動物だと言えるかもしれません。

室内で飼っていても、誤食や誤飲などの事故も多く、ケガをすることも多いです。

そういう場合は、すぐに対処してあげられるようにしてあげてくださいね。

初めて飼う飼い主さんの心構え② 旅行などにあまり行けなくなる

犬のお世話は慣れていないと大変なことばかりです。

食事に世話やトイレの世話、毎日の散歩、時々は遊んであげることも必要です。

犬は長時間の留守番を強いられる環境では、どうしてもストレスを溜めてしまいます。

犬を飼う前には旅行によく行っていたという人も、あまり行けなくなることを覚悟しましょう。

初めて飼う飼い主さんの心構え③ 掃除が大変になる

子どもがいない家庭は、家の中がそれほど汚れることもなく、掃除も頻繁にすることもないかもしれません。

しかし犬を飼うとそうはいかなくなります。

特にダブルコートという二層構造の被毛を持つ犬の抜け毛の量は驚くほど多く、そのままにしておくと不衛生ですので、どうしても掃除の回数が多くなってしまいます。

初めて飼う飼い主さんの心構え④ 老犬の介護を覚悟して

人間と同じように犬も寿命が延びてきました。

その分、老犬になって寝たきりになってしまう犬、病気がちになってしまう犬が増えていき、老犬介護をしている飼い主さんも多いです。

犬を飼い始めた時点から、老犬になったら介護をしなければならないという覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

まとめ

犬の寿命が延びた現在、犬を飼い始めると、一緒に過ごす時間は長くなってきました。

子犬の時に一目ぼれして飼った犬でも、やがて子犬の可愛さが消えて老犬になり介護が必要になります。

その時まで、しっかりと面倒を見ることができる自信があるのなら、子犬をお迎えして幸せにしてあげてください。

成犬になっても老犬になっても、家族になった愛犬からもらえる幸せも、何物にも代えがたいものですよ。