犬小屋についてのまとめ 設置の注意から手作りの方法まで

Contents


犬小屋とは?

犬小屋とは、外飼いするときに庭や屋外に設置する犬用ハウスのことです。
犬舎と呼ばれることもあります。
屋外で過ごす愛犬が、安心できる寝床として使ったり、リラックスできる場所となります。

ウィペット

犬小屋の必要性「屋外で飼育するための必須アイテム」

屋外で犬を飼育する際は、常に外界の刺激さらされた状態となります。
そこで、犬が安心して休めるための場所として犬小屋が必要になります。

犬は、狭くて薄暗い場所で休むと落ち着く習性があり、この習性は犬の祖先であるオオカミと関係しています。
というのも、オオカミは洞窟や、木の根元のくぼみなどを利用して生活しているため、犬もその習性の名残りがあると考えられているからです。

そのため、周りを囲まれた自分だけのスペースがないと落ち着かず、安心してくつろぐことができません。

また、犬小屋は広いほうが犬が喜ぶのではないかと思いがちですが、犬が方向転換できるくらいのスペースがあれば十分です。
犬の体のサイズに合った犬小屋を準備してあげましょう。

犬小屋の使い方

犬小屋は、屋外で過ごす愛犬の寝床、つまりリラックスできる場所として設置してあげなければなりません。
その為には、設置する場所や季節に応じた対策などに注意してあげることが必要です。

犬小屋の設置で注意すること

豆柴

◆夏場の犬小屋の設置方法

夏場は、暑さが犬小屋にこもってしまうと、犬が熱中症になってしまう恐れがあります。

犬小屋を設置する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 風通しが良い場所を選ぶ
  • 日陰になる場所を選ぶ
  • タープやよしずを設置して直射日光を避ける
  • 高床式にして湿気がこもらないようにする
  • 冷却マットや、水を入れて凍らせたペットボトルなどの冷却グッズを、犬小屋に入れる

犬小屋はコンクリートブロックの上にのせるなどして、地面から離して設置しましょう。

とくに木製の犬小屋の場合は、湿気が多いと傷みやすくなります。

また、さまざまな種類がある犬小屋ですが、側面に網戸付きの窓がついており、風通しがよいものがおすすめです。

犬小屋の設置場所も大切ですが、犬小屋の設計にも配慮し、暑さ対策をしてあげてください。

◆冬場の犬小屋の設置方法

冬場はできるだけ犬小屋の中が寒くならないように、以下のような防寒対策を行いましょう。

  • 犬小屋の入口を南側にする
  • 日当たりがよい場所を選ぶ
  • 湿気がたまりやすい場所は避ける
  • 高床式にし、地面から10cm以上離して底冷えを防ぐ
  • 犬小屋の中に毛布を敷き詰める
  • ブルーシートで犬小屋を覆う
  • 厚めのビニールクロスを暖簾のようにして入口に取り付け、冷気が入りづらいようにする

このほかにも、犬小屋の周りをビニールハウスのような仕様にして囲むと、さらに冷気が入りづらくなります。

また、湯たんぽを犬小屋の中に入れてあげるのもよいでしょう。

お湯を入れ替える手間は多少かかりますが、寒さ対策に役立ちます。

犬小屋を選ぶときのポイント

近年では様々なタイプの犬小屋を見かけるようになりました。
その中から愛犬に適した犬小屋を選んであげましょう。

まずは、犬小屋の種類から見ていきましょう。

犬小屋の種類

犬小屋の種類には、主にプラスチック製・木製・金属製のタイプがあります。

種類別のメリット・デメリットを考慮し選ぶようにしましょう。

【プラスチック製】

◆メリット

  • 軽いため設置場所を気軽に変えられる
  • 汚れを落としやすくお手入れが楽
  • 他のタイプよりも安価
  • 腐る・錆びることがない
  • メッシュ構造の通気窓があれば通気性が良い

◆デメリット

  • 耐久性に弱く劣化しやすい
  • 噛み癖がある場合に破壊しやすい。誤飲の可能性も。
  • 軽いため、台風など暴風の際に飛ばされやすい

などの点からプラスチック製の場合は、買い替えが必要になるということもデメリットとなるでしょう。

【プラスチック製】

◆メリット

  • プラスチック製のものより丈夫
  • 暖かい印象でデザイン性が高い
  • 犬が馴染みやすく足を滑らせにくい
  • 通気性がある

◆デメリット

  • 臭いが付きやすく掃除が困難
  • 水分に弱く腐敗しやすい、カビが繁殖しやすい
  • 噛み癖がある場合に破壊しやすい。ただし犬の歯に影響は与えにくい。

【金属製】

◆メリット

  • 最も丈夫な作りで、大型犬や力の強い犬向き
  • 傷や腐敗に強く、長持ちする
  • 鉄格子の扉付きで、中の愛犬の様子が伺える
  • 窓が大きく通気性が良い

◆デメリット

  • 重さがあるため持ち運びできない
  • 処分に困る
  • 冷たい印象を与える
質問犬

犬小屋の選び方

それぞれの犬小屋タイプのメリット・デメリットを加味して、以下のことを検討してみましょう。

◆大きさ
前述でも述べたように、犬の体に見合わず大きすぎる物よりも、犬が方向転換できるぐらいの大きさの物の方が落ち着いて過ごせます。

◆雨風をしのげる
屋外で過ごす犬が雨ざらしになってしまわないよう、雨風をしのげるものを選びましょう。

また、台風などの悪天候の際に、屋外に移動させることができるものにするか、ある程度の悪天候なら耐えられるものにするかなども購入時に検討しておきましょう。

◆通気性
雨風をしのげるだけの犬小屋が必要ですが、それと同時に通気性が良いものを選びましょう。
犬小屋内に熱がこもることで、熱中症や皮膚病の原因や、菌が繁殖しやすくなり衛生面にも影響してしまいます。

犬小屋自体の劣化を防ぐためにも通気性が良いものを選ぶようにしましょう。

◆掃除のしやすさ
犬はキレイ好きな動物です。
また病気の予防や健康のためにも、衛生面に気を付けてあげましょう。
こまめに抜け毛を取り除ききれいにしてあげてください。

その為には、掃除のしやすさを考慮したものを選ぶようにすると良いでしょう。

犬小屋の価格相場

犬小屋の相場価格は、犬小屋の種類や大きさによっても異なります。

一般的な相場価格としては、
プラスチック製…5,000円~1万円
木製…1万円~3万円
金属製…3万円~       となります。

一般的に犬小屋のサイズが大きくなるほど高額となり、使っている素材やデザインなどによっても異なります。
中には数百万円するような犬小屋もあるそうです。

犬小屋のおすすめ商品 紹介

犬小屋おすすめ商品① 「サークル犬舎」

サークルと犬小屋を合体させた木製サークル犬舎になります。

冬は暖かく夏は涼しい木製の犬小屋で、木材には天然木が使用されています。

木の温かみを感じられ、馴染みやすいデザインなのもうれしいです。

屋根は防水使用になっているため雨の日でも安心です。
『商品はこちら』

犬小屋おすすめ商品② 「犬小屋 ペットハウス プラスチック製」

腐食の心配が少ない樹脂製の犬小屋です。

屋外でも屋内でも使用することができます。

水洗いすることができるので衛生面でも安心。

さらにキャスターの取り付けができ、移動も簡単なおすすめ商品です。
『商品はこちら』

犬小屋おすすめ商品③ 「リッチェル 木製犬小屋」

リッチェルの犬小屋です。

一般的な形をした犬小屋で、屋根には上部な砂付きルーフィングを採用され、木製部分は耐久性・防水性に優れた天然木が使用されています。
『商品はこちら』

犬小屋おすすめ商品④ 「ドイツKerbl」

1962年からペット用品を製造するドイツのペット用品ブランドのプレキシガラスが使われた超大型犬用の犬小屋です。

ガラス製のため、たくさんの日光を取り入れることができ、中の愛犬の姿をしっかり確認することができます。

両サイドには室内の温度を調節するためのスライド小窓がついていたり、防寒対策や、アスファルト屋根仕様の全天候型などの基本機能が揃っています。

片側が大きくオープンしますのでお掃除も簡単なおすすめ商品です。
『商品はこちら』

犬小屋の購入 おすすめサイト紹介 4選

犬小屋はホームセンターなどでも購入できますが、設置場所に適したサイズにオーダーメイドできる犬小屋専門店もあります。

犬小屋の購入を検討されている方のために、おすすめのサイトをピックアップしてみました。

犬小屋おすすめサイト① 「犬小屋製作工房K」

犬小屋製作工房Kは、おしゃれでオリジナルデザインの犬小屋の製作を行っています。

犬小屋は小型犬から大型犬サイズまで対応可能です。

臭いの少ない高知産の天然杉を使用し、安心・安全で快適に過ごせるように考慮されています。

犬小屋を注文するときは、設置場所と照らし合わせて、図面の段階から飼い主と確認し合い、サイズの調整も納得いくまで対応してくれます。

また、無駄吠えの心配がある場合は、防音仕様にすることも可能です。

犬小屋おすすめサイト② 「犬小屋工房たかべ」

犬小屋工房たかべは犬の健康を配慮し、ログハウスの犬小屋を製作している専門店です。

国産杉材を使用し、夏は涼しく冬は暖かくなるように考慮されています。

犬小屋は風通しがよく、湿気から守る高床式設計。

さらにドアと窓は、防虫・暴雨対策も万全です。

犬工房たかべの犬小屋は、ベランダが付いているのも特徴のひとつです。

愛犬がくつろぐスペースとして使用できるほか、飼い主も一緒に座って、愛犬とのんびり過ごすこともできます。

犬小屋おすすめサイト③ 「わいどの木」

わいどの木は青森ヒバの専門店で、青森ヒバの特性である腐りにくさ、防虫効果、香りのよさを生かした犬小屋を販売しています。

犬小屋の床下には引き出しが付いており、ヒバチップを入れると、湿気や防虫対策ができる仕様になっています。

犬小屋はオーダーメイドではなく、ワンサイズのみの販売なため、購入の際には愛犬の体に合っているか、よく確認するようにしましょう。

犬小屋おすすめサイト④ 「アイリスプラザ」

アイリスプラザは、さまざまなペット用品を取り揃えている株式会社アイリスオーヤマの通販サイトです。

犬小屋は木製やスチール製、プラスチック製などの材質のものがあります。

そのため、それぞれの犬小屋の特性を比べながら購入したい方などに、向いているでしょう。

また、ログ犬舎やロッジ犬舎、コテージタイプなどがあり、お好みの設計の中から、愛犬に適したものを選べます。

犬小屋を手作りする方法 おすすめサイト3選

近年はDIYブームということもあり、犬小屋を手作りしてみたい、と思っている方もいるのではないでしょうか。

とはいっても、丈夫で快適な犬小屋を作るには、自己流というわけにはいかないでしょう。

そこで、犬小屋を手作りするときに参考になる、おすすめのサイトをご紹介します。

シェパード

犬小屋手作りサイト① 「カッサン犬小屋工房」

カッサン犬小屋工房は材料費が安く、簡単な犬小屋の作り方を大工さんが紹介しています。

材料のほか、使用する道具類も画像付きでわかりやすく記載されています。

作業工程での注意点は、画像がアップになっているおかげで、迷うことなく進められるでしょう。

また、きれいに仕上げるためのワンポイントアドバイスや、塗装の仕方も解説しています。

犬小屋手作りサイト② 「ログハウスファン」

ログハウスファンでは、ガーデン作りのプロが、ログハウス風の犬小屋の作り方を解説しています。

作業工程の途中で、ポイントとなるところにはプロのアドバイスが入っているため、初めてでも、説明通りに行っていけば立派な犬小屋が完成するでしょう。

また、細部のデザインが凝っており、ほかの違った犬小屋を求めている方におすすめです。

犬小屋手作りサイト③ 「ぽてと@柴犬ブログ」

こちらは柴犬をテーマにしたブログなのですが、その中で、ウッドデッキ付きの犬小屋の作り方が紹介されています。

作り方は構想から始まり、材料の選択→材料加工・カット→骨組み組み立て→床張り→ニス塗り→断熱材・木材カット→塗装→組み立て、と完成に至るまで詳しく紹介しています。

本格的な犬小屋を手作りしてみたいという方には、とくにおすすめです。

こんな犬小屋も!!珍しい犬小屋紹介

一般的な犬小屋とはちょっと変わった、そして中にはちょっと高価な商品まで紹介します。

珍しい犬小屋① 「アメリカアドバンテック ドッグハウス」

アメリカの有名ペットブランド「アメリカアドバンテック」の海外ログハウス風の犬小屋です。

犬のために快適に暮らせる施設がすべて揃っています。

入口の前にはテラス、その上にはお花などを植えることができるガーデンボックス。

さらにサイドにはフードボウルセット、その横にはおもちゃなどを収納できるボックス付きと贅沢なデザインになっています。
『商品はこちら』

珍しい犬小屋② 「木製犬小屋」

こちらは犬小屋キットとなりますが、屋上付きのおしゃれな犬小屋となります。

天然木使用の木製で、くつろぎスペースとなる屋上へ上がれるための階段が付いているデザイナーズペットハウスとなります。
『商品はこちら』

珍しい犬小屋③ 「ドイツKARLIE大型犬用木製 ドッグハウス」

世界50か国で販売されているドイツの有名ブランド「KARLIE」の木製犬小屋です。
かわいいカラーリングが特徴的です。

さらに、テラス部分は引き出し式、屋根の下にはおもちゃなどを収納するためのスペースが構えられています。
『商品はこちら』

この記事のまとめ

犬小屋について
  • 犬小屋は、屋外で飼育するための必須アイテム
  • 設置する場所や季節に応じた対策などに注意
  • 種類は主に「プラスチック製」「木製」「金属製」があり
  • 犬小屋を選ぶポイント
    「種類」「大きさ」「雨風をしのげるか」「通気性」「掃除のしやすさ」を考慮したものを
  • 相場価格は、「プラスチック製…5,000円~1万円」「木製…1万円~3万円」「金属製…3万円~」程度

犬小屋について さいごに

犬小屋は愛犬の拠点となる大切なスペースです。

季節に応じて設置場所を考慮し、快適に過ごせるようにしてあげてください。

また、犬小屋を購入するにしろ、手作りするにせよ、愛犬の体に合った大きさにするようにしましょう。

狭すぎたり、広すぎたりすると落ち着くことができず、ストレスになってしまいます。

犬小屋はさまざまな種類がありますが、お好みのデザインを選ぶとよいでしょう。