犬がご飯を食べない泣。原因と対策

犬がご飯を食べない原因とは?

犬がご飯を食べなくなる原因には様々なことが考えられます。

犬自身の気分が関係するものや食事の与え方に見直しが必要な時、場合によっては何かの病気が関係していることもあります。
普段の食生活や環境の変化、ストレスなどでも起こりうるものなので、一度原因になりそうなものがないか確認をしてみると良いでしょう。

それでは、犬がご飯を食べない時に考えられる主な原因をいくつかご紹介します。

ブルドック

原因① 「好みの味ではない」

人間と同じように犬にも味の好みがあります。
ドッグフードやウェットフードにもそれぞれ違った香りや味があり、ご飯を食べなくなる時には特にドッグフードを新しい種類に変えた時です。

通常は、慣れさせるためにそれまで与えていたドッグフードに新しいドッグフードを少しずつ混ぜながら変えていくようにします。
また、新しいドッグフードへのアレルギー反応が出ないかを確認する目的も込められているため、急にドッグフードの種類を変えてしまわないよう気を付けましょう。

原因② 「飽きてしまった」

基本的には犬は毎日、毎食同じドッグフードを食べています。
そのため食べ慣れすぎて飽きてしまうことがあるようです。

この時に食べないからといっておやつを与えると、食べなければおやつをもらうことができると覚えて、よけいに食べなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

一度ご飯を下げてしまい、次のご飯の時間になったらまた与えるようにしましょう。
お腹がすけば飽きてしまっても食べてくれます。

原因③ 「おやつの与えすぎ」

一般的に販売されている犬のおやつは、嗜好性を重視して作られているものが多いです。
そのため、おやつの美味しさを覚えてドッグフードを食べなくなることがあるようです。

犬の可愛さについ甘やかして、おやつばかりを与えてはいけません。
おやつはカロリーが高いため肥満になりやすく、また食べすぎることによって食事の時間になってもお腹が空かなくなってしまうでしょう。

本来犬にとっておやつは必要のないものですが、コミュニケーションやしつけに役立つアテムとしても役立ちます。

しかし、犬の健康を考えるのであれば、主食には栄養バランスが考えられたドッグフード等を与えるようにしてください。

おやつを与える際には、適切な量を守って与えるようにしましょう。

おやつ,食事,ドックフード

原因④ 「発情期である」

オスもメスも同様に、発情期になると食欲が低下することがあります。
去勢や避妊をしていれば問題はありません。

発情期が終われば通常の食生活に戻っていくので、特に心配することはありません。

原因⑤ 「置き餌をしている」

置き餌は犬が常に好きな量を好きな時に食べることができるので、飼い主が把握している食事の時間帯とずれが生じやすく食べていないと感じてしまう時があるようです。

また一度に多くの量を食べすぎてしまい、お腹が空かず食生活が不規則になりがちなことや、犬がいつでも食べられると思っていることから食べないと感じることもあります。

可能であれば飼い主が一食ずつ毎日同じ時間に決まった量を与え、一定の時間を過ぎると取り上げるようにしましょう。

一食で多く食べ過ぎてしまうことは、肥満や糖尿病などにもなりやすいので注意しましょう。

原因⑥ 「運動不足」

人間と同じで、犬もあまり動かないでいるとそれほどお腹がすきません。
そのため、天候の都合で散歩に行けず家の中でじっと過ごしていた時などには、食欲が沸かないこともあるようです。

散歩に行けない日には室内で遊んであげるなどして、毎日適度な運動をさせてあげるようにしましょう。

原因⑦ 「ストレス」

犬はストレスを感じていると食欲が低下してしまうことがあります。
環境の変化やコミュニケーション不足、トリミング・ペットホテルに預けられたなどの普段と違う環境に置かれたことからストレスを感じているのかもしれません。

精神的なストレスから食欲が低下してしまった場合には、何日か続くこともあるようです。

コミュニケーションを取ったり、大好きなドッグランに連れて行ってあげるなどして気分転換をさせてあげるようにしましょう。

愛犬がご飯を食べない年齢別による原因

愛犬がご飯を食べない原因には、年齢が関係していることもあります。

子犬期・成犬期・老犬期別に、ご飯を食べない時に考えられる原因をご紹介します。

ゴールデンレトリバー

子犬がご飯を食べない時

子犬がご飯を食べない理由に考えられる大きな原因は、環境の変化によるストレスです。
新しい家にやってくるまでは親犬や兄弟犬、またはペットショップなどで他の犬に囲まれた環境で過ごしていたのが、突然環境が変わったことでストレスを感じているのかもしれません。

子犬が安心して過ごせる環境を準備してあげ、その場所でご飯を食べるようにさせてあげましょう。

ケージに目隠しをするなどして、周りの視線を感じにくいような環境を作ってあげてみてください。

成犬がご飯を食べない時

成犬がご飯を食べない原因としては、前述で紹介したような
「好みの味ではない」
「飽きてしまった」
「おやつの与えすぎ」
「発情期である」
「置き餌をしている」
「運動不足」
「ストレス」が考えられます。

ご飯の与え方や犬の飼い方を改めて見直してみると良いでしょう。

老犬がご飯を食べない時

犬の老化には個体差もありますが、一般的に小型犬なら9~13歳、中型犬9~11歳、大型犬だと7~10歳ごろから老化が始まると言われています。

老化が進むことよって、代謝や運動量が落ちることで自然と食欲が落ちてきてしまいます。
また、嗅覚や味覚が衰えていくことも食欲の低下の原因となっています。

毎日食べることは大切ですが、無理やり与えてしまうと、逆効果になってしまうこともあるので、ご飯の香りや見た目を変えることで嗜好性を高める工夫をして老犬の食欲を刺激してあげましょう。

さらに老犬は消化器官も衰えてきているため、ご飯の種類によっては体に負担をかけてしまうことにもなるでしょう。
便の状態を確認したり、獣医師と相談しながら食事内容や量を決めていくと良いでしょう。

犬がご飯を食べない時の対策とは?

おやつ,食事,ドックフード

対策① 原因に合わせた対策をすること

犬がご飯を食べない原因には、食事の与え方や運動が足りているかなど、食事の与え方や飼い方自体を見直す必要があるような原因も考えられます。
そのため、犬がご飯を食べない時には、食べない原因を探りその原因に合わせた対策を行っていくようにしましょう。

例えば、
「好みの味ではない」⇒ドッグフードの種類を変える。
「おやつの与えすぎ」⇒おやつを与える量を見直す。
「置き餌をしている」⇒置き餌をせず、一定時間でお皿を取り上げる。
「運動不足」⇒適度な運動をさせてあげる。
など、まずは根本的な問題から解決してあげなければなりません。

対策② 嗜好性を高めるためのアレンジ

犬は人間よりも味覚が衰えていますが、人間よりも嗅覚が優れています。
そのため、犬は食事の中で「香り」を最も重要視し、「香り>食感>見た目>味覚」の順番で好みが決まるようです。

このことを利用して、いつものフードをアレンジしてみましょう。
手軽にできる対策方法でもあるので、ぜひ試してみてください。

特に、ご飯を選り好みしている犬や老犬になって食欲が低下している場合などにできる対策としておすすめの方法です。
◆ぬるま湯でふやかす
いつものフードにぬるま湯をかけてふやかすことで香りが際立たせることができます。

さらにふやけることで柔らかい食感に変えることができます。
消化器官の弱い子犬や老犬の場合、柔らかくすることで消化を手助けすることにも繋がります。

◆温める
普段から与えているドッグフードやウェットフードを電子レンジで少し温めます。
温めることによって通常よりも香りが強くなり、犬の嗅覚を刺激することができます。

あまり熱く温めすぎると火傷をしてしまうことがあるので、人肌より少し温かいくらいが丁度いいでしょう。

◆トッピング
嗜好性が高く、香りが強いものを混ぜて与えます。
すりごまや鰹節、茹でたささみなどが望ましいです。

またドッグフードを缶詰などのウェットフードに変えてみるのも一つの手です。
食欲があまりなくても嗅覚を刺激し、普段とは違ったものを少し与えることによって少量でも食べてくれることがあります。

◆スープをかける
この方法も食べ物の香りを強くすることで嗜好性を高めることができます。

また固形物は食べずともスープだけでも口にしてくれることがあります。
鰹でとった出汁や、ささみなどの鶏肉をゆでた汁などが効果的です。

スープをかけただけでは食べない場合には、出汁をとるのに使った鰹節やささみなどを割いて一緒に与えるといいでしょう。

犬がご飯を食べない時は病気のサインかも?

犬がご飯を食べない時には病気が隠れていることもあります。
特に、ご飯だけでなく水を飲まない時には注意が必要です。

さらに下痢や嘔吐などの他の症状が出ていないかも注意深く観察し、いつもと様子が違うようであれば速やかに動物病院で診てもらうようにしましょう。

ブルドック,病気

病気① 「誤飲・誤食」

家の中に何か食べ物や小さなものが落ちてしまっていることなどはないでしょうか。
犬が興味本位などで間違えて飲み込んでしまうことがあります。

誤飲や誤食をしてしまうと嘔吐や下痢などの症状を起こすことがあります。

ご飯を食べないことに加えて以上の症状があると誤飲や誤食をしてしまった可能性があるので、すぐに病院に連れていきましょう。

病気② 「熱中症」

犬も人間同様に、夏の暑さに堪え夏バテ気味になると食欲が低下してしまいます。
さらに熱中症になると「元気消失」「軟便・下痢」「嘔吐」「呼吸が荒い」「ボーとしている」などの症状が見られるようになります。

こまめな水分補給や暑さの対策をすることで熱中症を予防をすることはできますが、このような症状が見られる場合には病院に連れて行くようにしましょう。

病気③ 「発熱」

風邪や何かと併発した症状により発熱を起こすと、食欲がなくなることがあります。

極端に食べる量が少なくなってしまったり、場合によっては何日間も食事を拒むこともあります。
一度だけ以上の症状がある場合はあまり心配が要らないことが多いですが、数日間食事を拒むようであれば病院に連れていきましょう。

病気④ 「嘔吐・下痢」

誤飲や誤食でもそうですが、胃や腸に何らかの症状が起こっている場合でも下痢や嘔吐を引き起こします。

食事をしてもすぐに吐き出してしまったり、長い間下痢の症状が改善されない場合には体の中に異常が起きている証拠なので、早めに病院を受診しましょう。

病気⑤ 「歯周病」

歯周病とは歯肉炎と歯周炎を合わせた病気です。
この病気は痛みを伴い、食事の際に痛むことによって拒食を起こしてしまうことがあります。

唾液が異常に出ている、口の周りを触られるのを嫌がる、また歯を磨いても嫌な臭いが消えない場合は歯周病の可能性があるので、普段からチェックをするよう心がけましょう。

歯ブラシ

病気⑥ 「フィラリア症」

フィラリア症は蚊が媒介者となる寄生虫に寄生されてしまう病気です。
心臓や肺動脈に寄生し、最悪の場合死に至る恐ろし病気です。

予防薬もあるので、定期的に薬を投与していれば感染率は低いですが、万が一感染してしまった場合には咳や腹部のふくらみ、血尿、食欲不振などの症状がみられます。

病気⑦ 「腎不全」

犬の腎不全の原因は脱水、心疾患、細菌感染症、腫瘍など様々なものが挙げられます。

また過度な中毒症状によっても引き起こされ、ブドウやレーズン、抗生物質などが原因になることもあります。

主な症状は食欲不振、嘔吐、水を異常に飲む、脱水症状、すぐに息切れを起こすなどがあります。

病気⑧ 「呼吸器疾患」

犬の呼吸器疾患は気管支炎、喘息、肺炎などが挙げられます。

特に喘息はアレルギーが原因でも引き起こされるものなので、まず与えている食事の中にその犬のアレルギーの原因となるものがないか確認しましょう。
呼吸器の発作を起こすと、呼吸困難や咳、嘔吐、食欲不振、ぐったりしてしまうなどの症状を起こします。

病気⑨ 「ケンネルコフ」

ケンネルコフは伝染性気管支炎とも呼ばれるウイルスや細菌によって引き起こされる病気です。

ケンネルコフの症状は突発的な咳や発熱、嘔吐などが挙げられます。
重篤な症状の場合は食欲の低下や膿状の鼻水、肺炎などの症状を引き起こします。

多くの場合には自然治癒しますが、重篤な症状が現れた場合にはすぐさま病院に連れていきましょう。

この記事のまとめ


愛犬がご飯を食べないとき
  • 犬がご飯を食べない時に考えられる原因は様々!!
    「好みの味ではない」「飽きてしまった」「おやつの与えすぎ」「発情期である」
    「置き餌をしている」「運動不足」「ストレス」などが考えられます。
  • 年齢によっても原因が異なる!!
    「子犬期:環境の変化によるストレス」
    「老犬期:老化による食欲の低下」
  • 犬がご飯を食べない時は、食べない原因に合わせた対策を!!
  • いつものフードをアレンジして嗜好性UPも効果的
    アレンジ方法は、「ぬるま湯でふやかす」「温める」「トッピング」「スープをかける」など簡単ひと手間でOK!!
  • ご飯を食べない時に考えられる病気には、
    「誤飲・誤食」「熱中症」「発熱」「嘔吐・下痢」「歯周病」「フィラリア症」「腎不全」「呼吸器疾患」「ケンネルコフ」 などが考えられます。
    ご飯を食べない以外の症状が出ていないかも注意すること!!

犬がご飯を食べない原因と対策のさいごに

食事は犬の健康状態を把握するのに大切なバロメーターです。
犬がご飯を食べなくなることで、病気の早期発見につながることもあるでしょう。

また、ご飯の与え方が正しいのか、運動量は適切か、コミュニケーションは足りているかなど根本的な飼い方を見直す機会にもなり得ます。

普段から愛犬をよく観察ことを心掛け、食事の管理をしてあげることで愛犬が元気で快適に過ごせるように努めてあげましょう。