ゴールデンレトリバーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

大型犬の人気犬種といったら「ゴールデンレトリバー」というほど、知名度が高いゴールデンレトリバーですが、みなさんはどれくらい、ゴールデンレトリバーについてご存知ですか? 今回は、ゴールデンレトリバーについて詳しくご紹介していきます。

ゴールデンレトリバーの基本情報

大型犬といったら、ゴールデンレトリバーというくらい、世界的に大人気な犬種です。

その理由は、愛らしいルックスだけではなく、見た目どおり温厚な性格で賢く、万人受けする犬種になります。

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの違い

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは、同じレトリバーとつきますので、同じか血統が近いのかな?と思われがちですが、実際は、水中で活躍してきたという経歴は同じですが、被毛も違いますし、交配犬種も違います。

ゴールデンレトリバーの歴史

ゴールデンレトリバーの誕生は19世紀?

こんなにも人々に愛されるゴールデンレトリバーですが、いつからこの世で活躍していたのかは、19世紀以前の記録がなく、はっきりわからないのです。

わかっているのは、イギリスでは19世紀半ば、鳥猟がとても盛んでした。

イギリス人は、競ってより優秀な猟犬を誕生させようと、いろんな交配がされている中、ツイードマウス卿により、ニューファンドランドとウェイビーコーテッドレトリバーとの交配で誕生した犬と、アイリッシュ・セッターなどの犬種をさらに交配させて誕生したのが、ゴールデンレトリバーになります。

ゴールデンレトリバー、昔の名前は「フラットコート・ゴールデン」

ゴールデンレトリバーは1903年にはイギリスのケンネルクラブに認定されましたが、名前は「フラットコート・ゴールデン」という名前でした。

ただ1864年にはすでに、フラットコーテッドレトリバーという犬種が存在しており、それらと区別するため、1911年にゴールデンレトリバーまたは、イエローレトリバーという名前に変更となり、最終的に1920年にゴールデンレトリバーという今の名前に落ち着きました。

ちなみにアメリカで認定されたのは1932年になります。

ゴールデンレトリバーの特徴

  • 大きさ:大型犬
  • 体重:オス30.0〜34.0kg メス25.0〜32.0kg
  • 体高:オス56.0〜61cm メス51.0〜56cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:ゴールド クリーム

ゴールデンレトリバーには2タイプ(アメリカタイプ・イギリスタイプ)

同じゴールデンレトリバーにも2タイプあり、性格と見た目も違います。

ちなみに、日本で生活するゴールデンレトリバーのほとんどは、アメリカタイプのようです。

アメリカタイプのゴールデンレトリバー

特徴

体は、イギリスタイプよりも細目ですが体高が高く、やや大きめです。鼻もイギリスタイプのゴールデンレトリバーより長いです。

被毛は柔らかくストレートなのが特徴で、被毛の色も、ライトゴールドから濃いブラウンに近い色まで豊富です。

目の色が茶色で、鼻の色は黒から成長とともに茶色に退色していきます。性格は、活発で遊ぶの大好きなハイパーなゴールデンレトリバーが多いようです。また、人が大好きで依存度100%の甘えん坊になるゴールデンレトリバーも多いです。

イギリスタイプのゴールデンレトリバー

特徴

イギリスタイプのゴールデンレトリバーの体は、アメリカタイプよりも骨太で、丈夫な体つきが印象的ですが、体高はアメリカタイプより低く小柄になります。

また、鼻も若干短いようです。目と鼻ともにブラックで、被毛の色はクリーム系が多く、被毛はウェーブがかっています。

性格はアメリカタイプに比べ、落ち着きがある個体が多く、狩猟犬としての名残を強く持っているため、人へ依存することなく、自立している傾向があります。

ゴールデンレトリバーは泳ぎが大得意!

ゴールデンレトリバーは泳ぎが得意で、水遊びが大好きです。

水かき(水かき足:指と指の間に、水かきのような皮膚を持っていること)があるため、泳ぎが必然的にうまかったことと、もともと、猟で獲った水鳥などを回収するために、泳いでいたことがあるので、泳ぎが今でも得意だといわれています。

ゴールデンレトリバーの性格・気質

ゴールデンレトリバーは明るくフレンドリーな大型愛玩犬!

ゴールデンレトリバーは世界的に大人気犬種です。

そのヒミツの1つが、とにかく明るく、人懐こい性格にあります。

誰にでもシッポを振って、遊びに誘いますので、番犬にはならないかもしれません。

体は大きいですが、ゴールデンレトリバーの中身は愛玩犬と言われる小型犬を思わせる愛らしさを持っています。

ゴールデンレトリバーは聡明で忍耐強い犬

ゴールデンレトリバーはご存知のように、賢いです。

よく賢い犬ランキングでも、ゴールデンレトリバーは上位にいる常連犬です。

基本的に、飼い主さんと何かを一緒にするということが大好きなので、しつけはとてもしやすいと言われ、とても我慢強い犬でもあります。

こういう性格のため、多くのゴールデンレトリバーが介助犬として、私たちを日々助けてくれているわけです。

ゴールデンレトリバーは温厚で他の犬とも仲良くできます

ゴールデンレトリバーは人だけでなく、他の犬にも優しく、すぐに仲良くできる性格なことが多いです。

小さな子供や、他の犬と多頭飼いも問題なくできるといわれています。

ただし、犬自体の性格はいくら温厚であっても、子犬時代にしっかり社会化ができていなかったり、しつけができていない場合、どんなにいい素質の犬でも、問題犬に早変わりしてしまうので注意が必要です。

ゴールデンレトリバーの飼い方・しつけ

ゴールデンレトリバーは基本的に、順応で賢く、もともと人に噛み付きやすい犬ではないので、しつけしやすく、飼いやすい犬種になります。

また、ゴールデンレトリバーはとにかく、人と一緒にいることが最大の幸せなので、ぜひ、室内飼いをおすすめします。室内での生活は、外よりも快適であり、室内飼いをした犬の方が長生きするともいわれます。

ゴールデンレトリバーは2〜3歳まではやんちゃな破壊大魔王?!

どんなに飼い主が、お利口さんに育てようと、ゴールデンレトリバーのしつけを頑張っても、立派な成犬になる2〜3歳までは、目に入る全てのものが興味の対象で、油断すると色々なものを壊されてしまうことがあります。

でも、それも大人になるための過程で起きることなので、犬にとっては決してわざとではありません。

落ち着きある成犬になるまでは、大事なものは目に入るところに置かないなどの工夫が大切です。

ゴールデンレトリバーのトイレトレーニング

トイレを早く覚えてもらうポイント

  • 叱らない・・・失敗した時は、とにかく無視を貫き叱りません。叱ると犬が萎縮して覚えが遅くなります。
  • 必要以上に褒める・・・犬は褒められると、また褒められようと、必死に頑張ってくれます。コツは、他人に見られたら恥ずかしくなるくらい、オーバーな褒め方をし、犬バカ飼い主になることです。
  • 排泄のタイミングでトイレに連れて行く・・・特に子犬はよく排泄します。タイミングは、起床後、食事後、水を飲んだ後、遊んだ後。

ゴールデンレトリバーの散歩の仕方と頻度

ゴールデンレトリバーは、ある程度の運動量は必ず必要になります。

毎日の散歩は必ずしたい日課になりますが、それだけでは運動量は不十分なのです。

散歩以外にも、定期的にドッグランや、広場などに連れて行き、ノーリード、またはロングリードで思い切り運動させることが、筋肉維持に必要不可欠です。夏などは川などで泳がせるのも1つです。

ゴールデンレトリバーに必要な散歩の頻度:1日2回 1回につき30〜60分

歩き方の工夫として、ただ歩くだけではなく、わざと早歩きをしたり、ゆっくり歩くなど、速度を変えたり、ジグザグ歩きをしたり、家の近所に坂があるようなら、坂道を歩くことも運動になります。

ゴールデンレトリバーのしつけについての注意

人が大好きなゴールデンレトリバーですが、きちんとしつけができてない場合、犬自身は、相手にケガをさせるつもりはなくても、喜んで飛びついた相手が小さな子供だったり、小型犬のような場合、思わぬ事故に繋がってしまうので注意が必要です。

飼い主さんの飼い方次第では、人懐こいとされる犬でも、人との接し方がわからず、凶暴になってしまいます。ぜひ、子犬の頃から社会化をするということを念頭に置き、いろんなものを見せたり触れさせるように心がけてください。また、子犬の頃から主従関係を築いておきましょう。

ゴールデンレトリバーのお手入れ

ゴールデンレトリバーのトリミング

ゴールデンレトリバーは本来、トリミングを必要としない犬種になります。

最近では、トリミングすることで、様々なスタイルをしているゴールデンレトリバーもいます。

抜け毛対策や暑さ対策など、理由は多々ありますが、気をつけたいのはサマーカットです。

もともとゴールデンレトリバーは長毛のダブルコートです。

暑そうに見えますが、ダブルコートであるには理由があり、皮膚を直射日光や乾燥から守り、ウィルスや寄生虫の侵入を防ぐためなど、様々利点があるのです。

それを、短くカットしてしまうことで、皮膚の保護ができなくなり、皮膚トラブルになることも。

また、一度長毛を刈ってしまうと、次生えてきた被毛の質が変わってしまうことがあります。

ゴールデンレトリバーの臭い対策(シャンプー・ブラッシング)

ゴールデンレトリバーを飼っている人にはわかるはず。

ゴールデンレトリバーは、体臭が強いです。

ダブルコートの長毛と、もともと鳥猟犬だったこともあり、水に入っても水を弾くようにできているからかもしれません。臭い対策では、シャンプーとブラッシングが重要なポイントです。

*ゴールデンレトリバーのシャンプーの頻度

月2〜3回、被毛や皮膚の状態を見て回数は増減します。

シャンプー後は、どんなに暑い夏の日も、必ず100%ドライヤーで乾かすようにします。生乾きは皮膚への負担が大きいことと、臭いにつながってしまいます。

*ゴールデンレトリバーのブラッシング

ゴールデンレトリバーの被毛は抜けやすいです。

特に換毛期は毎日ブラッシングしていても、抜け毛との戦いになるでしょう。

ゴールデンレトリバーのブラッシングは毎日することが基本です。

スリッカーブラシを使い、毎日無駄な被毛を取り除きます。ブラシングをすることで、犬の血行が良くなることと、皮膚を健康に保つことができます。

また、ブラシングで被毛の中のホコリやゴミを取り払うことで、臭い対策にもなります。

グルーミングスプレーを使うとさらに効果的です。

ゴールデンレトリバーの歯磨き

動物病院などで実施しているパピー教室でも、歯磨きは大事ですという話を聞くと思います。

犬の歯磨きはとても重要で、口臭予防だけでなく、歯磨きをすることで歯周病などを防ぐことができます。

歯垢や歯石が溜まることで、口内のバクテリアは全身に広がり、歯周病だけに止まらず、全身疾患の原因になるといわれます。特に、犬の心臓病は歯周病を患っている犬に多いという結果があります。

ゴールデンレトリバーの歯磨きは、飼い始めた子犬のうちから慣れさせ、成犬になる頃には、歯ブラシを使って歯磨きできる状態にすることを目標にしましょう。

ゴールデンレトリバーの注意する病気

ゴールデンレトリバーの注意する病気 その1 胃拡張胃捻転症候群

大型犬に多い病気です。

一気に大量の食事をした場合や、食後すぐの運動で、胃がねじれてしまう病気です。

この病気は、命を落とす危険があり、ねじれた胃にガスが溜まり、腫れた胃は血管なども圧迫し始め、早急に処理をしないと胃が壊死を始め、命を落としてしまいます。

吐こうとしているのに吐けない、元気がなくヨダレがダラダラ出ているような時は、緊急事態です。また、食事は2〜3回に分けてあげ、食後すぐの運動は避けましょう。

ゴールデンレトリバーの注意する病気 その2 股関節形成不全

先天性の場合が多いです。

もともと股関節が不安定で、成長とともに進行します。

症状として、腰を振って歩いたり、おすわりがオネエ座りになるなどあります。

軽度の場合は、肥満予防をしながら筋肉をつける運動などで様子を見ます。

また、関節炎がある場合は、鎮痛剤などで痛みコントロールします。

重度になると、手術も選択肢の1つになりますが、そうならないような、環境作りが大切です。

ゴールデンレトリバーの注意する病気 その3 悪性リンパ腫

リンパ節のがんになります。

リンパ腫には種類があるのですが、犬に多いとされているのが、多中心型リンパ腫になります。原因は不明です。

とにかく、早期発見と早期治療が延命を左右します。普段の愛犬とのスキンシップを大事にし、顔のライン、脇の下、脚の付け根などのリンパのチェックを定期的にしていきましょう。

ゴールデンレトリバーの相場

ゴールデンレトリバーをどこから購入するかによっても、金額に大きな差があります。

また、日本でだと、アメリカタイプのゴールデンレトリバーが比較的手に入りやすく、10〜30万くらいが相場です。

イギリスタイプは、まだまだ個体数が少なく、ブリーダーも限られているため、50万〜と高額な場合が多いです。

ゴールデンレトリバーについて のさいごに

ゴールデンレトリバーはご紹介したとおり、本当にフレンドリーで賢く、世界中で愛される理由に納得できる犬種です。

犬初心者の人でも愛情持って飼ってあげれば、これ以上ない愛犬になるでしょう。

ただ、子犬の頃のやんちゃぶりへの忍耐が必要なのと、運動はある程度必ず必要になるので、ゴールデンレトリバーのために十分な時間を作れるということが飼うことの条件になりそうです。