サモエドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


サモエドの基本情報

サモエドとは、ロシアのシベリアを原産地とする犬種です。

数多くある犬種の中でも最も原始犬に近く、オオカミやキツネの血が混ざっていない純粋種であると言われています。

典型的なスピッツ系の体型をしていることから、「シベリアン・スピッツ」とも呼ばれています。

サモエドの歴史

サモエドの歴史
~ルーツ~

サモエドは、ロシアのサモエド族に古くから飼われていた土着犬で、3000年以上にわたって飼育されてきた原始犬に近い犬種だと言われています。

サモエド族のもとで、トナカイの番やクマやカモシカ狩り、ソリ引きなど様々な働きをしてきました。

時には、サモエドと共に眠ることで暖を取っていたという話もあります。

厳寒への適応能力と作業力を見込まれて、南極探検隊としてノルウェーやイギリスなど各国で抜擢された犬種でもあります。

サモエドの歴史
~サモエドの人気に至るまで~

イギリスに持ち込まれた際のサモエドには、黒やタンの毛色も存在していましたが、ホワイト系に人気が集まっていたため、イギリスの繁殖家による選択繁殖によってホワイト系以外はふるいにかけられホワイト系が主流となりました

そしてサモエドは、白くてふわふわで飼いやすい犬種として人気が上がっていくことになります

サモエドの特徴

身体的特徴
  • 大きめの中型犬
  • 極寒に耐えられる分厚い毛皮・皮下脂肪
  • 強靭なバネと筋肉
  • 毛色はピュアホワイト・クリーム・ホワイトビスケットがある

サモエドの特徴
~大きさや身体的特徴~

サモエドは、体高48~60cm体重16~30kg大きめの中型犬に分類されます。

豊富な毛に覆われているため実際よりも大きい印象を受けます。

極寒に耐えられるだけの分厚い毛皮と皮下脂肪があり、犬ゾリとして活躍できるほどの強靭なバネと筋肉を兼ねそろえています。

黒い目と上向きにカーブを描いている口角は、笑っているようで「サモエドスマイル」とも呼ばれています。

プリック・イヤー」と呼ばれる先端の尖った立ち耳も、サモエドの特徴です。

サモエドの特徴
~毛質や毛色~

被毛は、全身を覆っている長いオーバーコートと、根元を覆うように密生したアンダーコートの二重構造になっているダブルコートです。

毛色は、ホワイト系がほとんどで、「ピュアホワイト」「クリーム」、ホワイトをベースに明るめのブラウンのラインが入った「ホワイト・ビスケット」があります。

サモエドの性格・気質

性格と気質
  • 子どもの遊び相手にぴったり
  • パワフルで遊びが大好き
  • やんちゃな甘えん坊
  • 優しくて穏やかな犬

サモエドの性格・気質
~見ためを裏切らない穏やかで優しい犬~

サモエドは穏やかで温厚な犬種です。

知らない人や犬にもフレンドリーで、体を動かして遊ぶことが大好きです。

攻撃性はなく、子どもの遊び相手にもなってくれる辛抱強さも持っていますよ。

警戒心は持っていますが、人見知りをしないため番犬向きとは言えないでしょう。

サモエドの性格・気質
~寂しがり屋の甘えん坊~

飼い主の側にいつも一緒にいたいタイプの甘えん坊でもあります。

中にはやんちゃが過ぎてイタズラをしてしまう子もいるようです。

古くから人に従ってきた歴史もあり、飼い主に対して従順で訓練性も高くしつけやすい犬種です。

サモエドの飼い方・しつけ

サモエドの飼い方①
~室内飼いがおすすめ~

サモエドは体の大きさから屋外犬と勘違いされやすいですが、室内での飼育が望ましい犬種です

誰に対しても友好的な性格をしているので、番犬には向いていません。

また、サモエドは暑さに弱く、豊富な毛質は湿気の多い時期などには皮膚病の原因にもなります。

常に飼い主と一緒にいたい寂しがり屋でもあるので、一人でいる時間が長くなるとストレスから無駄吠えをするようになることもあります。

家族と一緒に過ごせる室内で、快適な温度で過ごせるサモエドのスペースを設けてあげましょう。

また留守番することはできますが、大の苦手です。
家を空けることが少ない家庭に向いているでしょう。

サモエドの飼い方②
~運動について~

かつては極寒の地で重たいソリを牽いていたパワフルな犬種です。

かなりの力を持っているため、散歩ではリーダーウォークのトレーニングをしておいた方が良いでしょう。

それでも万が一のために、力のあってサモエドの引く力を制御できる人が散歩するようにしましょう。

体力にも富んでいるため、1日2回、それぞれ30分以上の散歩に連れて行ってあげましょう。

飼い主との共同作業や遊ぶことが大好きな犬種ですが、サモエドは体重が重いため、高くジャンプするようなフリスビーやアジリティーのような関節に負担のかかる運動は避けた方が良いでしょう。

ボール遊びやジョギング相手としての運動がおすすめです

サモエドのしつけ①
~主従関係~

サモエドは優しくて訓練生も高く、飼い主に従順なしつけやすい犬種です。

それでも、主従関係を誤って覚えると正すのが大変になるでしょう。

頑固な面も持ち合わせているため、納得できない事には言うことを聞かないということもあります。

信頼関係と主従関係を築いて、しっかりとしつけていきましょう。

作業犬として活躍してきた歴史のある犬種でもあるため、飼い主と一緒の作業や遊びの中でしつけていくことをおすすめします。

サモエドのしつけ②
~無駄吠え~

サモエドはよく吠える犬種です。
とは言っても、サモエドは吠える事で飼い主とのコミュニケーションをとろうとしていることを念頭に置いておかなければなりません。

愛情や喜びの表現として吠えたことに対して、「叱る」というしつけ方をすると信頼関係が崩れてしまいます。

無駄吠えには基本的に無視をして、鳴き止んだ時に褒めてあげます。

そうすることで、「吠える=無視される」⇒「静かにする=褒められる」と認識していくでしょう。

その方法でも無駄吠えをやめない場合には、「天罰」を与える方法を試してみましょう。
「天罰」とは、びっくりさせるということです。

方法は、小銭の入った貯金箱や鍵の束などを床に投げて金属音を出して驚かせる方法です。

この時に、飼い主が投げたことを悟られないようにしましょう。

突然の大きな音に驚いた犬が吠えるのを止めたときに褒めてあげてください。

これを根気強く繰り返してしつけてみましょう。

サモエドのお手入れ

サモエドのお手入れ①
~ブラッシング~

サモエドはダブルコートの犬種のため、年中抜け毛があるうえ、換毛期にはさらに抜け毛が目立ちます。

そのため、サモエドは日々のブラッシングが欠かせません

基本的には室内で飼育する犬種のため、毎日1回のブラッシングで、換毛期にはさらにプラス1回の1日2回ブラッシングすることをおすすめします。

使用するブラシは、スリッカーブラシで根元から抜け毛を取り除き、コームを使って細かい部分まで整えてあげましょう。

とにかく抜け毛が多い犬種ですので、1回のブラッシングに1時間近い時間がかかるでしょう。

サモエドのお手入れ②
~シャンプー~

基本的には体臭の少ない犬種ではありますが、被毛がベトッとしてくるのを目安にシャンプーをしてあげましょう。

期間では、1~2カ月に1回の頻度になります。

豊富な毛で覆われているため皮膚や根元まで行きわたるよう念入りにしっかり洗ってあげましょう。

また、シャンプー後のドライでは、生乾きの状態にしておくと臭いや皮膚炎などを引き起こしやすくなります。
根元までしっかりと乾かして、仕上げのブラッシングで毛並みを整えてあげましょう

シャンプーでもかなりの抜け毛がありますので、自宅で洗う場所に困るようであればトリミングサロンを利用するのも良いでしょう。

サモエドのお手入れ③
~散歩のあと~

特徴的なモフモフの被毛は、散歩などの外出で何かと汚れがちなので、毎日のブラッシングは散歩後に習慣づけていくことをおすすめします。

雨の日には、被毛も濡れてしまうためブラッシングに合わせてドライヤーで湿気を飛ばして皮膚の健康を守ってあげましょう。

サモエドの注意する病気

サモエドの注意する病気① 皮膚炎

犬の疾患の中で最も多い症例が皮膚炎だと言われています。

サモエドも同様、豊富な被毛は蒸れやすく、ダニの感染によるアレルギー性皮膚炎や細菌性皮膚炎、皮脂腺炎を発症しやすい犬種です。

細菌性皮膚炎は、免疫力が低下することにより細菌が異常繁殖して皮膚に炎症が起こることです。

皮脂腺炎はまれにみられる症状で、皮脂腺が破壊されることによって引き起る皮膚炎のことで、サモエドはこの素因を持っていると言われています。

いずれの皮膚炎も、脱毛や皮膚が赤くなるなどの症状が見られるため、日々のお手入れの際に体の様子を観察し、異常が見られたら動物病院で診察してもらいましょう。

予防するためには、定期的なシャンプーと濡れた体をしっかり乾かすこと、ノミ・ダニ感染の予防もすることで皮膚を清潔に保つようにしましょう。

サモエドの注意する病気② 胃捻転

大型犬に発症しやすい病気で、胃がねじれてしまうことです。

胃がねじれることによって、周囲の血管や消化機能に影響を与え、胃の中でガスを発生させながら胃が膨らみ、周囲の臓器まで圧迫します。
ショックを起こすことによって最悪の場合死に至る怖い病気です。

原因は詳しく分かっていませんが、加齢や、早食い早飲み、食後すぐの運動などによって発症しやすくなると言われており、発症は食後数時間経ってから、夜中~明け方に多い傾向があるようです。

腹部が膨らんで見える、嘔吐やゲップ、吐こうとするが吐けない、水を大量に飲む、食欲不振などの症状が見られます。

症状が現れたら、例え夜間であってもすぐに動物病院に連れて行きましょう。

一度の大量の食事を食べさせない、ゆっくり食べさせる、食後は少し休めせて運動させるなど日頃の注意で予防することができます。

また、サモエドを飼う前には、夜間対応の動物病院を調べておくことをおすすめします。

サモエドの注意する病気③ 股関節形成不全

股関節形成不全は遺伝的な病気で、股関節が異常に変形している状態のことです。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで、骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになります。

不自然な歩き方や後ろ足を上手にたためない、運動を避けるような症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで股関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節異常が見られないかの確認をすることも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常に気付けるよう日々観察していきましょう。

サモエドの子犬を迎えるには?

サモエドは人気が上昇しつつある犬種ですが、日本での登録数はまだ少なく希少な犬種でもあります。

ペットショップで見かけることはほとんどありませんので、子犬を探される際にはブリーダーで探すことをおすすめします。

子犬の価格相場は、だいたい30~50万円です。

数が少ない犬種のため、その分高価になってしまいます。

また、毛色が白ければ白いほど希少価値が高いと言われているそうです。

サモエドの寿命と飼う前に考えて欲しいこと

サモエドの寿命は、平均12歳前後と言われています。

サモエドの愛らしい見ためと優しく穏やかな性格は、家族として迎えるのに最高の犬種かもしれませんね。

それでも、毎日の散歩やブラッシングには時間を費やす必要があるということ、病気になった時にはかなりの費用がかかるということをしっかり考慮しておきましょう。

そうして迎えたサモエドは、愛情を注げば注ぐほど、飼い主に愛情を返してくれる大切な家族の一員となってくれるでしょう。