シベリアンハスキーの基本情報や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

一時の爆発的な人気は落ち着きましたが、最近また、世界的にじわじわと人気が出始めているシベリアンハスキーです。なぜ、そんなにも人々に愛されるのでしょうか?今回は、シベリアンハスキーについてご紹介していきます。

シベリアンハスキーの基本情報

シベリアンハスキーは、見た目がオオカミのようで、ぱっと見すごくクールな感じがしませんか?

でも実は、見た目以上にチャーミンングで、表情豊かで愛さずにいられない犬種なのです。

また、シベリアンハスキーは物覚えが〜なんて言われたときもありましたが、100%都市伝説です。

飼い主さんの教え方次第で、いろんなことができるようになります。

シベリアンハスキーは聡明で、本当に美しい犬種です。

シベリアンハスキーの歴史

シベリアンハスキーは名前通り、シベリア出身犬

シベリアンハスキーはシベリアに居住していた先住民チュクチ族とともに、生活してきたといわれています。

先祖犬はハッキリしていませんが、サモエドやスピッツの血を引いていると考えられています。

また、見た目からもいえますが、狼に近いDNAを持つともいわれています。

アラスカの英雄になったシベリアンハスキー

20世紀に入ると、シベリアンハスキーはアラスカを中心に、犬ぞりリレーで活躍するようになりました。

その実力は相当なもので、数多くのレースで優勝をしていきました。

そんな中、事件は起こります。

1925年アラスカのノーム市でジフテリアが大流行しました。

たくさんの人々が苦しむ中、シベリアンハスキーたちは500km以上の距離を必死に走り、人々へ血清と薬を運んでくれ、多くの人の命を救いました。

シベリアンハスキーの特徴

  • 体重:オス20.0〜27.0kg メス16.0〜23.0kg
  • 体高:オス54.0〜60.0cm  メス50.0〜56.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:ブラック&ホワイト、シルバー&ホワイト、ブラウン&ホワイト、グレー&ホワイト、チョコレート&ホワイト、ホワイト

シベリアンハスキーの被毛の特徴

シベリアンハスキーの被毛には、何種類かの毛色があるのですが、どの毛色も、成長とともに、顔や体の模様は変わってきます。

シベリアンハスキーの宝石のような目

シベリアンハスキーの特徴といえば、あの透き通るような瞳と目つきではないでしょうか。

目の色は、ブルー、褐色、オッドアイなどがあります。

全てを見越したような目はシベリアンハスキーの魅力の1つです。

シベリアンハスキーの性格・気質

シベリアンハスキーはクールな見かけですが、実は…

シベリアンハスキーはあのルックスのおかげで、硬派なマフィアのような印象を受けますが、実は、本当にお茶目な犬なのです。

人と遊ぶのが大好きで、夢中になると、つい我を忘れて遊びに夢中になることも多々あります。

ただし、飽きやすい一面も持っているのがたまに傷です。

シベリアンハスキーはとても楽観的で社交的

シベリアンハスキーは初めて会う相手には、多少の警戒心は見せますが、すぐに打ち解ける社交的な性格の持ち主なのです。

また、何かに執着するということが少なく、何事にもポジティブなのです。

フレンドリー過ぎるので、番犬にはちょっと向かないようです。

シベリアンハスキーはいたずら好き

一見、落ち着いた風格あるシベリアンハスキーですが、実は、いたずら大好きな一面を持っています。

特に子犬の時は、見るもの全てが気になり、じゃれたりした結果、あらゆるものを壊すことがあります。

成犬になっても、しつけ次第でそれは直らず、あの大きな体でいろんなものに飛びついてしまっては、ケガに繋がるので注意が必要です。

シベリアンハスキーはおしゃべり?!

シベリアンハスキーは、犬ぞりをしていたこともあり、飼い主と意思疎通を取ることに長けています。

きちんとしつけをし、主従関係が築けていればなおさら、その意味がわかるでしょう。

アイコンタクトだけではなく、最近ではyoutubeなどでおしゃべりをするシベリアンハスキーや、明らかに飼い主さんと会話が成立しているシベリアンハスキーを見ることができます。

ここまで表情豊かに喜怒哀楽を表現できる犬も珍しいように思えます。

シベリアンハスキーの飼い方・しつけ

シベリアンハスキーは大型犬なので、外飼いでもOKかと思われがちです。

無理ではありませんが、夏の暑さに弱いのと、日頃のコミュニケーションをとることなどを考えた場合、室内飼いをおすすめします。

シベリアンハスキーのしつけする心得

シベリアンハスキーは性格上、しっかりと主従関係ができた相手じゃないと、言うことを聞かない傾向があります。

犬ぞりの名残で、生き残るため、自分で判断して動くことができる犬でもあります。

飼い主さんが何度も辛抱強く、できるまで繰り返す気力が必要なのと、絶対叱らないことです。

また、運動不足だとシベリアンハスキーにストレスだけ溜まっていき、集中力がなくなってしまうので、運動である程度疲れさせることも大切です。

愛情深く接することと、スキンシップを取り、話しかけることで絆を深めることができます。

シベリアンハスキーは、決して物覚えが悪い犬ではありません。

覚えないのは、教える人間に原因があると言うことをわかってください。

シベリアンハスキーのトイレトレーニング

まずは、シベリアンハスキーを家に迎えた瞬間から、トイレトレーニングは始まります。

効果的なトレーニングとして、基本的にトイレを覚えるまで、サークル暮らしをしてもらいます。

そのため、ある程度の大きさのサークルを準備し、そこにベッド、お水、トイレを設置します。できれば、トイレ以外にもトイレシートは多く敷くことをおすすめします。

まずは、犬が排泄のそぶり(その場の匂いをクンクン嗅ぐ・その場を回りだす)を見せたら、「ワンツー、ワンツー」などの合図をし、広く敷いたトイレシートのどこかで排泄をしたら、とにかく褒める!この繰り返しです。

ある程度成功率が上がってきたら、トイレシートを減らし、失敗したら増やすを繰り返します。

この時、間違っても失敗に対して叱ってはいけません。失敗に対しては黙って無視です。成功した時だけ、かなり大げさに褒めまくります。

シベリアンハスキーはトイレの感覚を足で覚え、そこですると褒められて嬉しいという具合でトイレを理解していきます。

また、シベリアンハスキーはとてもキレイ好きなので、排泄後はその都度シートを換えましょう。

シベリアンハスキーの散歩の仕方と頻度

シベリアンハスキーは毎日、相当量の運動を必要とします。

しつけをする上でも、散歩や運動をして、ある程度の体力を消耗させてあげ、ストレスが溜まらないようにしてあげることが必要です。

  • シベリアンハスキーの必要以上ないたずらや問題行動は、運動不足から起こることが多いです。

散歩の頻度:1日2回、1回につき1〜1時間半 夏場は時間を考え早朝か遅い時間、涼しくなってから行くようにします。

また、散歩だけの運動だとやはりたりません。

月に何回かは、大型犬も行けるドッグランや、犬連れOKな山道をロングリードで歩かせるなど必要です。

シベリアンハスキーのお手入れ

シベリアンハスキーは寒いシベリア出身だけあり、かなり豊かなダブルコートの被毛を持っています。

普段から抜け毛も多いですが、換毛期は相当量の抜け毛が発生します。

他の犬種に比べても、断トツ抜け毛が多いと言われます。

シベリアンハスキーのブラッシング

シベリアンハスキーは紹介したように、抜け毛がかなり多い犬種ですので、毎日のブラッシングは必須でしょう。

フサフサの被毛は、ホコリやゴミ、散歩の時に落ち葉や虫だって絡めキープしてしまいます。

ノミやダニの予防をしていても、100%つかない保証はありません。

特に換毛期は、日に2回ブラシングしても抜け毛が豊富に出てきます。

ブラッシングのコツ

  • スリッカーブラシを使い、ちゃんと根元から皮膚に対して、平行に梳かす。
  • 毛玉があった場合は、無理に梳かさず、毛玉を手でほぐしてからブラシで梳かす。
  • 仕上げはコームで被毛の流れを整えます。

シベリアンハスキーのトリミング

シベリアンハスキーにトリミングは必要ありません。

暑そうだからと言う理由で、サマーカットにすることはご法度です。

確かに、日本の夏は、シベリアンハスキーにとっては過酷な環境です。

ただ、ダブルコートであるには理由があり、紫外線から皮膚を守るためだったりするのです。

紫外線によるダメージは人だけではありません。

犬用の日焼け止めもある中、サマーカットをし、皮膚にガンガン紫外線が当たるのは、皮膚疾患に直結しますので、おすすめしません。

シベリアンハスキーの臭いとシャンプー

シベリアンハスキーはオオカミのようなルックスから、獣臭を想像しますが、実際は他の犬種よりも臭いは少なく、なおかつキレイ好きなのです。

もし、そんなシベリアンハスキーの臭いが気になるときは、口臭や耳の臭いをチェックしてみましょう。

炎症が起きていれば、そこから異臭がします。

体臭は気にならない犬種としても、定期的なシャンプーをしてあげないと、やはり臭ってくるのと、皮膚の清潔を保てず、皮膚炎を招いてしまいます。

シャンプーの頻度:月に最低でも1回

被毛が豊富なので、被毛の奥までシャンプーやコンディショナーの洗い残しがないように、十分にすすぎをしてください。

そして、肝心なのがドライヤーで根元から完全に乾かすことです。表面だけ乾いて中が湿っていると、なかなか乾かず、皮膚炎の原因になります。

シベリアンハスキーの歯磨き

歯磨きトレーニングは、子犬の頃から始めます。

シベリアンハスキーの歯磨きステップ

  • 1. 口の中を触っても、嫌がらないようになることが基本です。
  • 2. 歯ブラシを自由に噛ませて慣れさせます。
  • 3. 歯磨きペーストの味に慣れさせます。手を使い、歯に塗ってみます。
  • 4. 歯ブラシに歯磨きペーストをつけ、歯ブラシ開始です。

犬は口の中を触られるのが大嫌いなので、簡単にマスターは無理ですが、何回も試すことで必ず慣れます。

ポイントは諦めないこと!

また、歯磨きシートや歯磨きガムと併用すると効果大です。

シベリアンハスキーの注意する病気

シベリアンハスキーの注意する病気 その1 目の病気

シベリアンハスキーは目の疾患にかかりやすいといわれています。

特に、白内障や緑内障、ぶどう膜炎などに注意が必要です。

どの目の病気も初期では分かりにくいですが、進行してくると、目が充血したり、手で掻く仕草をしだします。

いつもとちょっとでも違うと感じたら、病院へ行きましょう。

また、目の検診を受けることも有効です。

シベリアンハスキーの注意する病気 その2 股関節形成不全

シベリアンハスキーに限らず大型犬に多い病気です。

腰を振って歩いたり、足を痛がる素振りを見せたり、引きずることで気付きます。

先天性の場合がほとんどで、その場合、予防は不可能です。

この病気は軽症の場合は鎮痛剤などの対処療法とともに、太らせないような健康管理で様子を見ます。

重症の場合は、手術適応です。

シベリアンハスキーの注意する病気 その3 骨肉腫

骨にできるガンです。

シベリアンハスキーに限らず老犬の大型犬に多いのが特徴で、原因はわかっていません。

骨肉腫は転移が早いため、早期発見が重要なのですが、発見した時には、すでに転移していることが少なくありません。

予防法もまだ確立されていないので、愛犬の定期検診が早期発見につながります

シベリアンハスキーは犬初心者でも飼える?

結論から言うと、簡単ではありません。

一昔前に日本でシベリアンハスキーがすごく流行りました。

シベリアンハスキーのルックスだけで飼った人は、しつけの難しさや運動量の多さを理解しなかったため、扱いに困り果て、大量の捨て犬が誕生してしまいました。

シベリアンハスキーはプリミティブタイプ(原始的な犬)になるので、ちゃんとその犬を理解した上で、その犬に合った飼い方が必要になります。

それらをきちんと勉強し、飼える環境が整っているのであれば、不可能ではありません。

シベリアンハスキーのような大型犬に慕われる飼い主は、小型犬とも違う達成感や、守られ感を感じることができるでしょう。

シベリアンハスキーについて のさいごに

最近では、見る機会がなかなかないシベリアンハスキーですが、根強いファンを持つ犬種でもあるのです。

あの強面の顔がふにゃぁ〜っとほころび、甘える顔は、飼い主にしかわからない最高の顔ですよね。

シベリアンハスキーのルックスに合わないマヌケな動作が、犬好きの心をかなりくすぐります。

大きいですし、抜け毛も多く手がかかります。

もしかしたら、しつけも少々手を焼くかもしれません。

でも、シベリアンハスキーがピッタリとあなたに寄り添う瞬間、そんな苦労が何でもないくらい愛おしいパートナーになるでしょう。