チャウチャウの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


チャウチャウの基本情報

チャウチャウは中国が原産の犬種です。

中国では古くから番犬や猟犬、食用や毛皮のために飼育されていました

被毛にはラフコートとスムースコートの2種類があり、ラフコートは、「チャイニーズ・エディブル・ドッグ(Chinese Edible Dog:中国の食用犬)」や「ヘイシートゥー(Hei She-Tou)」などと呼ばれ、スムースコートは「シャン・ドッグ」とも呼ばれています。

チャウチャウの歴史

チャウチャウの歴史
~ルーツ~

チャウチャウの歴史は非常に古く、中国で2000年以上前から飼育されている土着犬です。

その生い立ちは現在でも詳しく分かっていませんが、シベリアやモンゴルなどの中国北部に起源をもつと言われています。

一説では、中国の古代犬種である「ハン・ドッグ」を食用に改良されたのが「チャウチャウ」だと言われています

中国では、悪霊や災いからお寺を守る守護獣として飼われていたことや、7世紀では中国皇帝で飼われていた事がある犬種です。

チャウチャウの歴史
~食用から家庭犬になるまで~

初期のチャウチャウは猟犬として飼われていましたが、中国では古代から犬の肉は体を暖める効果があると言われ、チャウチャウは、肉は食用、骨は漢方、毛皮は防寒用に利用されてきた悲しい歴史を持っています。

走ったり飛び跳ねて逃げることができないよう、後ろ足を改良して動きのにぶい犬に改良されたと言われています。

18世紀頃にアメリカやイギリスに渡り、愛犬家で有名なヴィクトリア女王がチャウチャウを愛玩されたのをきっかけに、家庭犬として各国で広まっていくこととなります

ショードッグとしての人気が高まってからは、鼻はペチャンコに、毛並みはゴージャスにと更なる改良をされていったそうです。

犬のペット文化が世界中で浸透している現在でも、残念ながら一部の地域では犬食文化が残っている地域も存在し、食用に改良されたチャウチャウを食しているそうです。

チャウチャウの特徴

身体的特徴
  • ずんぐりむっくりな中~大型犬
  • ライオンドッグとも呼ばれる風貌
  • 黒や紫の舌
  • 高音で吠える
  • 被毛はラフコートとスムースコートの2種類

チャウチャウの特徴
~大きさや身体的特徴~

チャウチャウは、体高48~56cm体重18~27kgの中~大型犬に分類されます。

がっしりとした筋肉質な体で、「ずんぐりむっくり」といった印象が強い体型をしています。

棒状に突っ張った後ろ足は関節が真っすぐになっていて、ちょこちょことぎこちない歩き方をします。

マズルが短く、しかめっ面をしたような特徴的な表情をしていますが、意外にもシワは多くありません。

緩い巻尾と立ち耳を持ち、被毛の豊かさからもライオンのような姿をしているため「ライオンドッグ」とも呼ばれています

全犬種の中でも唯一の、黒か紫色の舌を持っていることや、大型犬には珍しい高い声で吠えることもチャウチャウの特徴です。

チャウチャウの特徴
~被毛と毛色~

チャウチャウの被毛には、長く立ち上がった毛をしたラフコートと、短く滑らかな毛のスムースコートの2種類があり、いずれも下毛は綿のように柔らかい毛が密集しているダブルコートの犬種です。

毛色には、ブラック、レッド、ブルー(灰色)、フォーン、クリーム、ホワイト、シナモンなどがあります。

チャウチャウの性格・気質

性格
  • 冷静沈着だが隠し持った愛情深さ
  • 他の動物との相性はNG
  • マイペースな頑固者
  • 生まれつきの番犬

チャウチャウの性格・気質
~飼えば飼うほど魅力的な犬種~

チャウチャウは、静かで冷静な性格をしています。

飼い主に対して忠誠的で愛情深い面を持っていますが、感情を大きく表現することはありません。

ベタベタされることを好まず、犬の中で一番遊ばない犬種とも言われています。

それでも実は寂しがり屋な一面を持っていることも多く、飼い主の後ろをぴたっとくっついてくるようなこともあるようです。

飼えば飼うほど愛らしい一面を見せてくれる犬種です。

チャウチャウの性格・気質
~生まれつきの番犬~

チャウチャウは、「生まれつきの番犬」とも言われているほど、警戒心や独立心が強く短気で、飼い主以外の人には懐きません。

不審者を見分ける識別能力が高く、飼い主を守るためであれば攻撃性を見せることもあります。

また、他の犬や動物に対しても友好的ではないため、子犬のころから人や犬などの動物と触れ合う機会を作り社会性を身に付けさせましょう

マイペースで頑固な面も持っているため、しつけは難しく初心者向きとは言えない犬種です。

チャウチャウの飼い方・しつけ

チャウチャウの飼い方①
~夏は室内飼いで!!マンションでも飼える!?~

チャウチャウは番犬として飼われていたこともあり屋外で飼うことも可能ですが、被毛の量が多く暑さに弱い犬種であるため、夏は室内で飼うようにしてあげましょう。
中~大型犬でも運動量が多くないため、マンションなどでの飼育も可能です。

ただ、関節が弱い犬種の為、滑りやすいフローリングには絨毯を敷いたり段差にはスロープを設置するなど関節への負担を減らしてあげるようにしましょう

チャウチャウの飼い方②
~運動について~

筋肉質な体型をしていますが、体重があるため動くことが苦手な犬種です。

そのため、運動量は多く必要なく、1日2回30分程度の散歩を目安にしましょう。

とてもマイペースで運動を嫌う犬種でもあるため、散歩に行きたがらないこともあるでしょう。

それでも、健康のためや社会性を身に付けさせるために散歩は欠かせません。

チャウチャウのペースに合わせること、子犬のうちから散歩中にゲームを取り入れるなど散歩を楽しめる工夫をしてみましょう。

チャウチャウの飼い方③
~食事の管理で肥満予防~

チャウチャウは太りやすい特徴を持つ犬種です。

さらに運動も苦手なので、食事にはとくに気を付けてあげましょう。

肥満になることで、関節や心臓に負担がかかり健康に悪影響を与えてしまいます。

適度な運動も大切ですが、食事でもしっかりと管理してあげましょう

低カロリーで高たんぱく質なフードで、できれば添加物や炭水化物の少ないプレミアムドッグフードを与えてあげると良いでしょう。

チャウチャウのしつけ①
~社会性を身に付ける~

一般的に、犬の生後4週齢~12カ月齢までの期間は、外の世界に好奇心を示し環境に順応していくことを学んでいく時期「社会化期」と呼ばれています。
この時期にどんな経験をするかによって犬の性格が変わっていきます。

チャウチャウは、人見知りなうえ他の犬や動物との相性も悪く、とても強い警戒心を持っています

そんなチャウチャウに社会性を養うことは欠かせません。

社会化が不足してしまうと、ちょっとした物音で吠えたり攻撃的になったり、噛み癖がついてしまうこともあるでしょう。

ワクチンプログラムの終了前からでも抱っこして散歩するなどして、外の匂いや生活音、家族以外の人に慣れさせていきましょう。

ワクチンプログラムが終了すれば、他の犬や動物とのコミュニケーションも取らせてあげましょう

チャウチャウのしつけ②
~信頼関係を築くこと~

チャウチャウは基本的に飼い主以外の人の指示には従わず、時には飼い主の指示すら聞かないこともあるほどのマイペースな性格をしています。

それでも、信頼関係さえ築くことができれば、飼い主に対して従順な犬種です。

小さいうちからしつけや訓練の中で信頼関係を築くことを意識して服従性を育てていきましょう。

チャウチャウのお手入れ

チャウチャウのお手入れ①
~ブラッシング~

チャウチャウは毛量が多いため、毎日のブラッシングは欠かせません

できれば毎日、少なくても週3~4回を目安にブラッシングしましょう。

スリッカーブラシを使って抜け毛と取除いたら、コームを使って優しく梳いてあげましょう。

チャウチャウのお手入れ②
~シャンプー~

チャウチャウは体臭が少ない犬種ですが、皮膚が弱い犬種のため皮膚の健康のためにも1~2カ月に1回を目安にシャンプーしてあげましょう。

毛が長く、アンダーコートが密集しているため、地肌にまでお湯が行き渡りにくいです。

シャンプー前にはブラッシングをして毛並みを整えておくようにしましょう。

また、お湯をかける時には片手でシャワーヘッドを持ち、もう片方の手で肌を抑えながらお湯をかけることで地肌にお湯が行き渡りやすくなります。

すすぎの時もシャンプーが残らないよう丁寧に洗い流してあげましょう。

シャンプー後にはタオルドライ後、ドライヤーを使ってしっかり乾かしてあげましょう。

チャウチャウのお手入れ③
~トリミング~

本来トリミングは必要ない犬種ですが、お洒落のためや、よりライオンらしい姿に見せる為「ライオンカット」や「ポメラニアンカット」などトリミングされているチャウチャウもいます

しかし、本来の毛質が変わってしまう毛が伸びなくなるというようなこともあるため、トリマーに相談して施術してもらうようにしましょう。

チャウチャウの注意する病気

チャウチャウの注意する病気①
~眼瞼内反症~

眼瞼内反症とは、まぶたが内側に巻き込まれる疾患で逆さまつげや炎症を起こしてしまう病気です。
チャウチャウの目は元々奥まっているため、「眼瞼内反症」になりやすいと言われています。

角膜や結膜角にまつ毛が刺さるため、目やにや涙が出やすくなったり、痛がることや目が開けられないなどの症状が見られます。

軽度の場合ではまつ毛を抜く処置を取り、重度の場合では整形手術を行います。

症状が見られたら早めに動物病院で処置してもらいましょう。

チャウチャウの注意する病気②
~股関節形成不全~

股関節形成不全のほとんどは遺伝的な病気で、股関節が異常に変形している状態のことです。

遺伝的に発症することが多い病気ですが、後天的に発症することもあり、チャウチャウは体高のわりに体重が重いため発症しやすく、成長期に急激な体重が増加することで生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになります。

股関節形成不全になると、不自然な歩き方を見せるようになります。

軽症であれば安静に過ごして股関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

チャウチャウは太りやすい体質をもった犬種でもあるため、肥満になることで関節への負担もかかりやすく発症しやすくなります。

子犬を迎え入れる前に親犬に股関節異常が見られないかの確認をしておくことも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスを管理して肥満に気を付けていきましょう。

チャウチャウの注意する病気③
~肺動脈狭窄症~

遺伝性疾患の1つで、肺動脈の根元が先天的に狭く血液が心臓内をうまく流れない状態のことです。
心肥大を起こしたり、呼吸困難などの症状を引き起こします。

他にも乾いた咳やすぐに疲れる、お腹が膨れるなどの症状が見られることがあります。

軽症の場合には気付きにくく一生気付かずに過ごすこともありますが、軽症の場合に薬物療法や食事療法など、重症の場合には外科手術が必要になります。

予防することができない病気ですが、高血圧につながる塩分を控えることの他に、運動不足から肥満にならないよう注意しましょう。

チャウチャウを飼うならブリーダーから

チャウチャウは希少でペットショップで見かけることはほとんどない犬種です。

また、性格やしつけ面でも独特な犬種のため、飼い方のアドバイスが受けられるブリーダーからの購入をおすすめします

数は多くありませんが、専門としているブリーダーが国内にもいらっしゃいます。

繁殖が難しい犬種と言われているため、子犬の販売価格は高めになっていることが多いようです。

価格は、だいたい30~35万円前後です。

チャウチャウについて さいごに

インパクトが強い風貌をしたチャウチャウは、マイペースで性格も読み取りにくく不思議な犬種です。

それでも、チャウチャウと一緒に過ごすほど気持ちが読み取ることができるようになり、愛情深さを隠し持ったチャウチャウの魅力に惹きつけられるでしょう。