犬は梨を食べてもいい?犬に梨の栄養素や与える際の注意点

日本の秋の味覚といえばたくさんありますが、その中の1つが梨になります。 梨には3タイプ、和梨、中国梨、洋ナシとあります。私たちが秋の味覚として食べるのは、和梨になりますね。おいしい和梨ですが、犬にも食べさせて大丈夫でしょうか? それでは、犬と梨との関係を詳しくご紹介していきます。

犬は梨を食べても大丈夫なの?

結論からいうと、食べて大丈夫です!

ただし、適量あげるということが大事になります。

梨自体の栄養素を見ても、90%が水分で、残りの栄養素はアミノ酸の1つである、アスパラギン酸、プロテアーゼ、カリウム、クエン酸、リンゴ酸などが含まれており、他のフルーツに比べると、ビタミンはやや少なめですが、犬にとって悪い成分は含まれていません。

では、具体的に梨のどの成分が、どのように犬の体にいいのかを見ていきましょう。

梨の栄養成分・効用

梨に含まれるアスパラギン酸、クエン酸、リンゴ酸で犬の疲労回復

アスパラギン酸は、アスパラガスから発見された栄養素なので、そこから名前がつけられました。

まず、このアスパラギン酸は基本的に野菜に多く含まれる栄養素なのですが、梨にも含まれていて、たんぱく質の合成を助け、身体中の毒素を体外に排出する手伝いをします。

また、クエン酸やリンゴ酸は、披露した筋肉に溜まる乳酸を排出する手伝いをしてくれます。

梨に含まれるプロテアーゼで、犬のたんぱく質の消化を助ける

プロテアーゼは、たんぱく質を分解するための消化酵素になります。

たんぱく質は、アミノ酸とペプチドが結合したものをいうのですが、その結合したものを分解し、アミノ酸にするのがプロテアーゼの役割なのです。

分解されることにより、腸内の消化を助け、動きが良くなります。

梨の成分の石細胞が、犬のお腹の調子を整えます

梨がおいしいと感じるのは、味はもちろんですが、シャリっとした食感もおいしいと感じる理由の1つですよね。

あの、シャリッは、梨の石細胞という成分が作っている食感なのです。

基本的に、どんな植物にも石細胞というのは存在しているのですが、だいたいは皮などに含まれていることがほとんどで、果肉に含まれているのは珍しいといいます。

石細胞は消化器では消化できないため、食物繊維をとるのと同じで、腸を刺激し、便通をよくしてくれる働きがあります。便秘がちな犬にはありがたい話ですね。

梨に含まれるカリウムは犬の利尿効果

カリウムは、摂りすぎた余分な塩分の体外に排泄する手伝いをしてくれ、利尿効果もあるのです。

人であれば、むくみ解消や夏バテ回復にはカリウムを摂ればいいといわれています。

犬に梨をあげる量とあげ方

犬が梨を食べることは、様々なメリットがありますね。

では実際、どうやってどれくらいあげるのがちょうどいいのでしょうか?

犬にはどれくらいの梨の量あげて大丈夫?

あげる量は、犬の体の大きさにもよって変わってきますが、基本的には約20g程度がちょうどいいとされています。

初めてあげるときは、アレルギーがないかどうかの確認も兼ねて、ほんの少しだけあげて、様子を見るようにします。

以降、問題がないようであれば、ご自身の愛犬の体の大きさなどに合わせて量は、調整していきます。

犬に梨にあげるとき、効果的なあげ方はある?

犬は人と違い、食べ物を噛んで食べるということが苦手です。

良くても、数回噛んでゴックンと飲み込んでしまう犬が多いです。

梨は消化が抜群にいい食べ物でもありませんし、万が一、喉に梨が詰まってしまっても大変です。

あげ方として好ましいのは、

  • 食べ物を丸飲みしやすい犬には、梨を小さく切ってあげるか、ピューレにしてあげます。
  • 梨のいい成分をちゃんと摂れるように、あげるときは加熱せずにあげます。
  • 梨の皮は消化に悪いので、皮はむいてあげるようにします。

こういったことに気をつけてあげてみてください。

梨は、紹介した通り90%は水分です。

夏バテから回復しきれず秋にも元気がない愛犬や、シニア犬で食欲が減退している時にも、水分補給と甘さで食欲増進に繋がることがあります。

梨,犬、おやつ

犬が喜ぶ梨を使ったレシピ

梨のしゃりしゃりゼリー

材料

  • 梨 20g
  • ゼラチン 1/2袋
  • お湯 100cc

作り方

  • ゼラチンをぬるま湯で溶かします。
  • 梨はすりおろし、食感を楽しむためには、小さく刻んだ梨も混ぜると犬が喜びます。
  • 溶かしたゼラチンと梨を混ぜ、冷蔵庫で冷やして、固まったら完成です。

ただ、梨をあげるだけでも犬は喜びますが、たまにはアレンジしてあげると、犬のテンションも上がって、しっぽブンブン振ってくれるのではないでしょうか。

また、レシピといえる程のレシピではありませんが、普段のドッグフードのトッピングにするのも食感が楽しめて、犬にとってはおもしろいのと、ヨーグルトに梨をトッピングさせてあげる方法もあります。

犬に梨をあげるときの注意点

犬に梨をあげる時には、ちゃんと正しいあげ方をしないと、ただあげるだけでは思わぬ問題が起きることがあります。

注意点を3つ紹介します。

1. 犬に梨の皮や芯や種はあげないこと

梨の皮や芯は消化が悪く、消化不良を起こしやすくなるのと、種にはアミダグリンという青酸配糖体が呼吸困難やめまいなどの中毒症状を起こします。

2. 犬にはちゃんと熟した梨をあげること

よく青梅は、生で食べれないといいます。

それは、青梅に青酸配糖体が含まれているためです。

梨も同様、種に青酸配糖体含まれていることと、熟してない梨にも青酸配糖体が含まれています。

ちょっとくらいと思って食べさせて、中毒を起こしたら大変です。

ちゃんとおいしく熟した梨をあげるようにしてください。

3. 犬に梨のあげすぎに気をつけること

犬は、味がおいしいことと、しゃりしゃりという食感が面白くて、たくさん欲しがることがあります。

ただ、欲しがる分あげてしまうと、やはり食べ過ぎとなり、下痢や消化不良を起こして、嘔吐してしまうことがあります。また、梨は利尿効果がありますので、尿の量も増えるでしょう。

犬に梨アレルギーがないか注意

犬に梨アレルギーがないかどうか、食後観察が必要

犬は、例えその食べ物にアレルギー反応があっても、アレルギーだとは、私たちに教えてくれません。

梨を食べてから、体調に変化がないかどうか、ちゃんと観察してあげることが大切です。

アレルギー症状として、

  • 食後、体を痒がって掻いたり、執拗に手足を舐め続ける
  • 下痢・嘔吐がある
  • 湿疹が出てくる
  • 脱毛が見られてくる

それ以外にも、いつもと違う症状が見られたら、あげるのをやめ、場合によっては、獣医さんへ相談しましょう。

さいごに

普段は犬用のオヤツをあげている方も、たまには梨を、一緒に食べようかな?と思えたのではないでしょうか。

梨は、人と犬にとっても健康にいいですし、何より、一緒に食べれるっていうところがいいですよね。

ぜひ、愛犬と一緒に秋の味覚を楽しんでください。