犬は桃を食べてもいい?犬に桃の栄養素や与える際の注意点

犬は桃を食べても大丈夫なの?

犬に桃はあげてもOKな食べ物です

犬は、人ほど味覚を感じないとはいいますが、それでも甘みは感じます。

そして、桃の優しい甘さの匂いに、犬のテンションも上がるのではないでしょうか。

では桃にはどんな栄養があって、どうやってあげましょうか?

桃の栄養成分・効用

桃の甘さである果糖は犬の疲労回復に効果あり

桃の主成分である果糖は、フルクトースと呼ばれ、砂糖の1.5倍甘みを感じる単糖類です。
この果糖というのは、体内で代謝などの作業が一切必要なくエネルギーになるので、疲労回復には即効性があります。

桃に含まれるカリウムは犬を助けるミネラル

カリウムは、体内の余計な塩分を排泄してくれる働きがあり、高血圧に効果があるといわれています。

そのため、犬の血圧の安定も手伝ってくれるでしょう。

また、逆にカリウムが不足してしまうと、犬がだるさを感じたり、神経過敏、不整脈などを起こす場合があります。

桃に含まれるペクチンで犬も便秘や下痢知らずに

ペクチンって、よく聞く名前だと思いませんか?

ペクチンは、フルーツ類に含まれる食物繊維の一種で、水溶性食物繊維になります。

よくジャムやソースを作るときに使われるのが、ペクチンです。

ペクチンという成分はとても優秀で、善玉菌が好んで食べるため、善玉菌を増やすことにつながります。

また、ペクチンは体内の有害物質にくっつく性質があり、有害物質にくっつくことで、便の量が増え、腸を刺激して排便を促すのです。

そのため、腸内がキレイになり、便秘や下痢をしにくくなります

桃に含まれるビタミンEで犬の血管を健康に保つ

知ってました?

桃に含まれるビタミンEって、うなぎ1/4切れに含まれるビタミンE量に匹敵するのだそうです。

ビタミンEといえば、動脈硬化の予防などと聞きますよね。

犬も同じで、抗酸化作用があり、血行を良くするので、貧血を防いだり、血管の健康に働きます。

桃に含まれるカテキンで犬もアンチエイジング

カテキンって、お茶にだけ含まれると思っていませんか?

何と桃にも含まれているのです。

ご存知の通りカテキンは、脂肪燃焼を助けてくれますので、ぽっちゃり気味の犬にも甘い桃は…と悩まず、適量ならあげてOKと思えるようになりますね!

また、カテキンは抗酸化作用があるので、アンチエイジングに最適です。

犬に桃をあげる量とあげ方

いろんな効果があると知ると、桃を早くあげたくなっちゃいますね。

おいしくて、健康にいいなんて最高です。

ただ実際、あげるときはどれだけの量あげたらいいのでしょうか?

犬にはどれくらいの量の桃をあげて大丈夫?

犬の体の大きさによって、あげる量は当然変わりますが、量的には20g前後が適量です。

もしご自身の犬が超小型犬だったり、大型犬の場合は20gよりも量を増減させて、調整します。

犬に初めて桃をあげるときは、食べた後のリアクションがわからないので、最初は少しだけあげてみて、様子をみましょう。

犬に桃をあげるとき、効果的なあげ方はある?

みなさん、犬に桃をあげるときどうやってあげていますか?

みんなが食べているお皿から少しずつお裾分け?

どうやってあげたらより、犬にとっていいのでしょうか。

  • 柔らかい桃ですが、丸飲みは良くないので、ある程度の大きさに切ってあげます。
  • 皮付きでも問題はありませんが、消化のことを考え、極力皮は剥きましょう。
  • 飼い主さんのお皿からのお裾分けだと、実際あげた量が分かりづらく、つい多くあげてしまうので、あげるときは犬の分は分けてあげましょう。

犬が喜ぶ桃を使ったレシピ

食欲がない犬に栄養補給「桃スムージー」

夏バテして元気がなさげな犬や、硬いものを食べるのが億劫になってきたシニア犬にぜひ、お試しいただきたいのが、桃スムージーです。

優しい桃の甘さと匂いで栄養補給をしましょう。

材料

  • 桃 適量
  • 豆乳 適量

作り方

  • 桃はざく切りします。
    (スムージーに桃の食感を残したい場合は、細かく切った桃を少し分けておきます)
  • ミキサーに豆乳と桃を入れて、ドロッとなったら完成です。

このスムージーには色々応用ができ、豆乳ではなくヨーグルトに替えてもOKですし、桃でなくても、桃プラス何か別の食べ物とも組み合わせできます。

簡単ですので、ぜひお試しを〜!

犬に桃をあげるときの注意点

おいしい桃なのですが、あげるときに少々の注意事項があります。

犬に桃の種は絶対あげてはいけません

桃の種を犬に与えたら、張り切って遊ぶかな〜なんて、考えてはダメですよ!

桃の種は、万が一飲み込んでしまったときに、喉に詰まってしまう可能性があるのと、消化ができません

そして何よりも、桃の種には中毒を起こす成分が含まれています。

犬には、同じ桃でも、缶詰の桃はあげてはダメです

同じ桃は桃でも、缶詰の桃は犬にあげてはいけません。

缶詰はフレッシュな桃と違い、シロップ漬け(砂糖漬け)されているもので、それ以外の添加物が入っていることも、考えられますので、自然の甘みならOKですが、缶詰の人口甘味は犬の病気の原因になりますので、あげないようにしましょう。

犬がいくら欲しがってもあげすぎはNG

犬が欲しいよアピールしてくる姿は本当に、かわいいです。

そうすると、飼い主さんがつい…となるのを、犬は分かっているかのような、かわいい顔をして、欲しいと訴えてきます。

そこで負けてはいけません。

あげ続けた結果、待っているのは肥満で病気になってしまう犬と、後悔する飼い主さんだけです。

心を鬼にして、適量だけを与える健康管理をしてあげてください。

犬に桃アレルギーがないか注意

桃にアレルギー反応起こすことあるの?!って思いがちですが、中にはいます。

本当に、犬も人と一緒です。

場合により、最初は何の変化もなく食べてた犬でも、次の年にいきなりアレルギーが出た!なんてこともあります。

あげ始めが大丈夫でも、体質が変わることも少なくありませんので、食べ物に関しては、あげた後の犬の状態はしっかり管理してあげましょう。

まず、

  • 湿疹
  • とにかく体を掻く
  • 嘔吐・下痢
  • 顔が腫れる

などが見られたら、アレルギーの可能性があります。

犬に桃をあげてもいい? さいごに

私たちは季節ごとに、その季節のフルーツや野菜を食べて、その季節を楽しみますよね?

それを愛犬と一緒にできるって、何か幸せを共有しているみたいで、嬉しくなります。

ただ、そうした結果、愛犬の体調を崩してしまった〜なんてことになったら、大変です。

必ず正しいあげ方をして、大好きな愛犬と食べ物を通じて、日本の季節の移り変わりを楽しみましょう。