犬はじゃがいもを食べてもいい?犬にじゃがいもの栄養素や与える際の注意点

じゃがいも、ご飯、パンって、私たちにとっては主食になりますよね。じゃがいもを使った料理は、本当にたくさんあり、メインにもなれ、おいしい脇役にもなれます。そんな重宝するじゃがいもですが、犬にあげても大丈夫でしょうか。今回はじゃがいもについてご紹介します。

犬はじゃがいもを食べても大丈夫?

犬はじゃがいもを食べて大丈夫です!

よくドライフードで、グレインフリーといわれているフードがありますよね。

穀物のタンパク質は、アレルギーが起きやすいと言われ、そんな穀物アレルギー持ちの犬でも食べられるとされているのが、グレインフリーのフードです。

グレインフリーのフードの原材料に、じゃがいもが使われていることが多いことからも、安全な食材であることがわかります。

じゃがいもは炭水化物なので、割と敬遠されがちですが、じゃがいもに含まれているビタミンCは、でんぷんに守られているため熱に強いので、調理してもビタミンCを摂取することができるのです。

また、じゃがいもにはカリウムや食物繊維、GABAなども含まれていて、どれも犬には好ましい栄養素ばかりです。

じゃがいもの栄養成分・効用

じゃがいもに含まれるビタミンCで犬のアンチエイジング

犬は自分の体内でビタミンCを作れる、羨ましい体を持っています。

ただし、病気やケガをしていたり、シニア犬、ストレスを溜めている犬には、それ以上にビタミンCが必要になるでしょう。

じゃがいものビタミンCは、でんぷんに保護されてるので、熱に非常に強く、調理後もビタミンCを摂取することが可能なのです。

じゃがいもに含まれるGABA(ギャバ)で、犬の精神安定に!

じゃがいもにはアミノ酸の一種である、GABAという成分が含まれています。

このGABAという成分は、海馬、小脳、大脳など存在する抑制系の神経伝達物質といわれています。

GABAを摂取することで、犬のストレスを和らげ、リラックス効果が期待できます。また、中性脂肪やコレステロールを抑え、血圧を下げる効果もあります。

じゃがいもに含まれるカリウムで犬の高血圧予防に

じゃがいもにはカリウムが含まれています。

このカリウムは、体内にある過剰なナトリウムの排出を助けます。また、血圧を下げる効果もあるのと、利尿効果もあるとされています。

ただし、カリウムは気をつけないと過剰カリウム摂取で、高カリウム血症になってしまう場合があります。

犬にじゃがいもをあげる量とあげ方

犬にじゃがいもをあげたいけど、量はどれくらい?

まず、普段ドライフードをあげている場合、ドライフードにトッピングとしてじゃがいもをあげるのは、カロリーオーバーになるので、注意が必要です。

理想的なのは、じゃがいもを使って、手作り食を作ることで、カロリー過多を防ぐことができます。

ただ毎日手作りは大変という場合、週に何回かとか、週末だけ〜でも犬は喜びます。または1回に1週間分、まとめて作ってしまう方法もありますよね。

じゃがいもをあげる割合としては、

炭水化物(じゃがいも)1: 肉1: 野菜1

の割合になりますが、運動量が多い犬の場合は、肉量が増えたりと、その犬種の体質などによって、割合は変わってきます。

もう1つの方法としては、食事は食事でドライフードをあげ、じゃがいもはたまにあげるオヤツとしてあげることです。そうすることで、毎日あげるわけではないので、カロリーも過剰にオーバーすることはないでしょう。

犬が喜ぶじゃがいものレシピ

じゃがいもで作る犬のためのクリームシチュー

材料

(5kg以下の小型犬用)

  • 鶏肉(お好きな肉) 40g
  • にんじん 10g
  • ブロッコリー15g
  • じゃがいも 20g
  • 豆乳 50cc

作り方

  • 鶏肉、ブロッコリー、にんじん、じゃがいもをそれぞれ、食べやすい大きさにカットします。(*ブロッコリーは事前に下ゆでをしておき、それをカット)
  • 小さい鍋で鶏肉を炒め、一度取り出します。同じ鍋で野菜類を軽く炒め、ひたひたになるくらい水を入れ、野菜が柔らかくなるまで煮ます。
  • 野菜が柔らかくなったら、鶏肉を戻して豆乳を入れ、ひと煮立ちさせて完成です。

じゃがいもで作る犬のためのじゃがいもクッキー

材料

  • じゃがいも 50g
  • 小麦粉 15g
  • チーズ 少々(おすすめはカッテージチーズ
  • お好みでハチミツ 少々

作り方

  • じゃがいもはラップで包み、レンジでチンして柔らかくします。
  • 柔らかくなったじゃがいもをマッシャーで潰します。
  • そこに、小麦粉とチーズを混ぜてよく混ぜます。(お好みでハチミツを入れるのなら、ここで入れて一緒に混ぜます)
  • 生地を適当な大きさに丸めて手で平らにするか、クッキーの型で型を取ります。
  • 180度のオーブンで約20分焼きます。使っているオーブンによって、焼き具合は変わってきますので、様子を見ながら時間は調整してください。
  • 冷えたら、完成です!添加物は入っていないので、日持ちしないので、1週間分くらいずつ作ることをおすすめします。

 犬にじゃがいもをあげるときの注意点

栄養価が高いじゃがいもですが、あげるときにはいくつか気をつけたいことがあります。

犬にじゃがいもをあげるとき、じゃがいもの芽や皮に気をつける

料理をする人ならご存知だと思いますが、じゃがいもの芽にはソラニンという毒があります。

芽だけをキレイに取り除いても、その周りの身にもソラニンが浸みていることがあるので、芽の周りは大きく切り抜くことが大事です。

また、見逃しがちですが、緑色に変色している皮にもソラニンが潜んでいますので、その場合もキレイに皮は剥きましょう。

変色していない皮は、栄養素がいっぱいあって、あげても大丈夫ではあるのですが、消化しにくいのであげすぎないように注意してください。

犬にじゃがいもは、生ではなくちゃんと加熱してあげます

私たち自身も、生のじゃがいもは食べませんよね?

生のじゃがいもは、おいしくないというだけではなく、消化もかなり悪いのです。間違って、生のじゃがいもを食べてしまっても、毒にはなりませんが、お腹を壊してしまう可能性があるので、注意が必要です。

犬にじゃがいものアレルギーがないか注意

いくらじゃがいもは、犬のアレルギーが起きにくいといっても、ゼロではありません。

やはり、犬の体質によっては、アレルギー反応が出てしまう場合がありますので、初めてじゃがいもをあげるときは、少量から試し、犬の体調を観察した上で、量を増やしていきましょう。

アレルギー症状として、

  • 犬が身体中を痒がる
  • 湿疹が出る
  • 元気がなくなる
  • 下痢・嘔吐

などが見られたら、アレルギーを考えます。

アレルギーは食べてすぐ起きる場合と、数日経って出てくる場合もあります。

または、ずっと食べてて大丈夫だったのに、突然、アレルギー反応が起きるということも場合によってあります。

心配であれば、獣医さんに相談し、愛犬のアレルギー検査を採血で検査することもできます。

さいごに

もし、ご自身の愛犬が、じゃがいもアレルギーがなく、おいしく食べられるようであれば、じゃがいもはご紹介したように、栄養価も高く、また、じゃがいもを使った料理も幅広くあります。

お肉の付け合わせだけではなく、ひき肉とマッシュ状にしたじゃがいもを混ぜて、何ちゃってコロッケなど、いろいろアイディアが浮かびますよね。

オヤツも市販のオヤツより、ヘルシーに作ることができるので、ぜひおすすめします。