犬はパイナップルを食べてもいい?犬にパイナップルの栄養素や与える際の注意点

犬はパイナップルを食べても大丈夫?

犬にパイナップルはあげて大丈夫です!

パイナップルには、ビタミンB1、B6、ビタミンC、クエン酸、ブロメリン、食物繊維などが含まれていますが、どれも犬にとって毒になる成分はなく、ちゃんとあげ方を間違わなければ、犬にとって、とても体にいい成分が含まれています。

パイナップルの栄養成分・効用

パイナップルに含まれるブロメリンで、犬の胃腸の負担を軽くします

パイナップルには、ブロナリントいう酵素が含まれていて、この酵素は、食べたタンパク質の消化を助ける働きをします。

特に犬のメインフードは、動物性タンパク質である肉や魚です。
なおかつ、あまり噛まずに飲み込む犬には、パイナップルをあげることで、肉や魚の消化がスムーズに進み、胃腸への負担が軽減されます。

パイナップルに含まれるクエン酸で、犬も夏バテ知らずに?!

パイナップルにはクエン酸やリンゴ酸が含まれています。
あのパイナップルを食べた時に感じる酸味がそれに当たります。

それらには、エネルギー代謝を促す効果があるとされていて、疲労回復には抜群といわれています。
また、炎症を鎮めたり、殺菌作用もあるとされています。

パイナップルに含まれる食物繊維で、犬のデトックス

パイナップルには豊富に食物繊維が含まれています。
便秘気味な犬にはもちろん、そうでない犬にとっても、ある程度の食物繊維を積極的に取り入れることで、デトックス効果が期待できます。

人と同様、犬も健康の基本は、キレイな腸から始まります。

ただし、食物繊維の摂りすぎは、逆に消化不良や下痢など招きますので注意が必要です。

パイナップルに含まれるビタミン類で犬のアンチエイジング

パイナップルには、ビタミンB1、B6、ビタミンCなど多くのビタミンが含まれています。

それぞれ、糖質をエネルギーに変えたり、筋肉や皮膚、ホルモンを作る材料に変わったり、また、何よりも抗酸化作用があります。

犬はもともとビタミンCを、体内で作り出すことができますが、加齢や免疫力の低下している時などは、外から補給してあげることも大切です。

犬にパイナップルをあげる量とあげ方

体に良さそうなパイナップルですが、食べてわかる通り、甘いですよね。

犬が欲しがるだけあげていては、間違いなくぽっちゃり犬になってしまいそうです。
どれくらいの量を、どうやってあげるのが適切なのでしょうか。

犬にパイナップルはどれくらいあげても大丈夫?

犬が食べても大丈夫といわれる量は、小型犬の場合で、1日15~20gまでです。
(一口大がだいたい15~20gくらいです)

それは、あくまでも基準なので、もちろんその犬の健康状態によっても、量は減らす必要があります。

犬にパイナップルをあげるとき、効果的なあげ方はある?

犬にパイナップルをあげる方法3つご紹介します。

1.犬に生のパイナップルを食後にあげる

生のパイナップルは、ビタミンを含むすべての栄養素が詰まっていますので、生でそのままあげるのは王道ですよね。
食後にあげることで、パイナップルの酵素が、食べた肉類の消化を助けます。

2.犬にパイナップルを加熱してあげる

生であげるのがベストなのですが、食べ物を噛まずに丸飲みしがちな犬の場合、意外と硬いパイナップルは、消化不良起こしたらどうしようと、心配な場合があります。

小さく刻んであげるのも手ですが、さらに、それを加熱することで甘みが増し、柔らかくなります
丸飲みしがちな犬や、シニア犬に向いているのではないでしょうか。

3. 犬にパイナップルをジュースにしてあげる

犬にパイナップルをあげたいけど、健康上の問題で、硬いものを食べれないなんていう犬にも、ジューサーやミキサーを使い、パイナップルをジュースにしてあげてみてはいかがでしょうか?

ただその場合、絶対に市販のものはダメです。

大抵市販のジュースは砂糖や添加物が入っていますので、犬にとって良いものではありません。
ご自宅でジュースにしてあげることをおすすめします。

犬にパイナップルをあげるときの注意点

犬に缶詰などの加工品パイナップルはNGです。

同じパイナップルでも、缶詰のパイナップルは、シロップ漬けになりますので、生のパイナップルとは栄養素が全く異なってくることと、糖分がありすぎるので良くありません。

また、同じように加工されたパイナップル製品も、砂糖や添加物が入っている場合が多いので、良くありません。

犬にパイナップルの芯はNGです

パイナップルの芯も、匂いを嗅ぐと甘い匂いがしますので、一瞬あげてもいいのかな?なんてよぎるかもしれませんが、ダメです

おわかりの通り、芯はとても硬く繊維が豊富です。

おいしくない以前に、大量に食物繊維が犬の体に入ってしまい、最悪、消化不良だけで済まず、それらが消化器官に詰まってしまい、手術が必要な事態になります。

パイナップルの芯は、犬のご飯作りで、お肉と煮るなどして活用しましょう。
(そうすることで、お肉が柔らかくなります)その際は、あげるときに芯を取り除くことをお忘れなく!

犬にパイナップルのあげすぎはNGです

甘いものが好きな犬は、おそらくパイナップルの味を覚えたら、とてもかわいい顔を作り、「ちょうだい」おねだりをするでしょう。

それについつい負けてしまい、必要以上にあげてしまうと、健康のためにあげたはずが、健康被害を起こしてしまいます。
肥満や体調を崩すことがあるので、十分気をつけてください

犬がパイナップルを嫌がるなら、無理にあげないこと

犬にも好みがあり、何でも食べちゃう犬もいれば、好き嫌いが激しい犬もいます。

同じフルーツでも、柑橘系だけはダメという犬も。

何でも食べてもらいたいですが、嫌がって食べない犬に食べさせなきゃならないほど、パイナップルは生命を左右する食べ物ではないので、パイナップルを嫌う時は、違う食材を模索しましょう

犬にパイナップルアレルギーがないか注意

犬によっては、パイナップルも例外ではなく、アレルギー反応を起こす場合があります。

100%どの犬にでも大丈夫という食材は存在せず、こればかりは、食べてみての反応を見るか、動物病院で、アレルギー検査をして見るしかありません。

初めて犬にパイナップルをあげるときには、最初から適量をあげるのではなく、ほんの少しだけあげてみて、その反応をみてください。

  • 全身、顔まわりなどをしきりに痒がる
  • 湿疹・蕁麻疹
  • 嘔吐・下痢
  • 元気がなくなる

などの症状がみられたら、アレルギーを疑いましょう。

犬にパイナップルをあげてもいい? さいごに

パイナップルは、犬が食べても問題ない食材です。

犬の健康をサポートするためにも、ぜひ取り入れたい食材ですよね。

ただ、間違ったパイナップルのあげ方は、良かれと思ってしたことが、逆効果になってしまいます。
ぜひ正しい方法で、犬と飼い主さん仲良く一緒に、おいしくパイナップルをいただきましょう!