グレートピレニーズの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

グレートピレニーズは、白くて大きな体に堂々とした身のこなしが魅力的な犬種です。包容力を感じさせるほど愛情深い犬種でもあります。 そんなグレートピレニーズに憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。 今回は、グレートピレニーズの歴史や性格、飼い方などについて紹介します。

グレートピレニーズの基本情報

グレートピレニーズは、フランスが原産の犬種です。
日本やアメリカでは「グレートピレニーズ」が一般的ですが、イギリスなどヨーロッパでは「ピレニアン・マウンテン・ドッグ」、フランスでは「ル・シアン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー」または「ル・シアン・ピレニー」と地域によって様々な呼び名があります。

グレートピレニーズの歴史

グレートピレニーズの歴史
~ルーツ~

グレートピレニーズの起源は定かになっていませんが、歴史は大変古く、祖先犬は6世紀頃に行商人などによって中央アジアやシベリアからヨーロッパに入ってきたチベタン・マスティフ系の大型犬であると言われています。
体質的にバスク地方と呼ばれるピレネー山脈の環境が理想的だと考えられ、その地でバスク人によって発展させられた犬種と想定されています。
山岳地帯で牧羊犬や番犬として活躍し、クマやオオカミから家畜を守っていました。そのことからピレネーのクマ猟犬、オオカミ猟犬として賞賛されていました。
家畜を襲ってくるクマやオオカミから喉元を攻撃されないよう鉄のトゲがついた首輪をつけていたという話もあります。

しかし、その後クマやオオカミなどの野生動物が減ったことでグレートピレニーズの数も減ることになります。
絶滅を危惧した愛好家たちによって、幸い山岳地帯に生き残っていたグレートピレニーズが発見され、その個体を土台に改良繁殖が行われ絶滅を免れました。

グレートピレニーズの歴史
~フランスの王室犬~

17世紀になると、牧畜犬や番犬としての評判を買われてフランス宮廷に迎えられることになります。
1675年頃ルイ14世が宮廷犬として寵愛されたことから、当時の流行犬となりました。
マリー・アントワネットは、グレートピレニーズを護衛犬として寵愛されていました。
そして、1635年に「フランス王室犬」に定められることになります。

その後1850年には、イギリスのビクトリア女王に迎えられることになり、1885年イギリスで最初にケネルクラブ公認の犬種として登録されることになりました。
本国フランスでは1927年に犬種スタンダードが定められました。

グレートピレニーズの特徴

  • 優しい表情をした大型犬
  • 後ろ脚の狼爪
  • 首周りの毛が多い
  • 毛色はホワイトが一般的

グレートピレニーズの特徴
~ふくよかな丸々とした体型~

グレートピレニーズは、体高65~82cm体重36~54kgの大型犬ですが、豊富な毛に覆われているため実際よりも大きい印象を受けます。特に首回りの毛が多く、外敵から身を守るため発達したと考えられています。
骨太で程良く筋肉質な体格で大きな頭、後ろ脚に「狼爪(ろうそう)」と呼ばれる独特の爪があります。
小さな垂れ耳と真っ黒で大きな目で優しい表情をしています。
グレートピレニーズは番犬や護衛犬としていざという時は低くて迫力ある声を出しますが、無駄吠えは少ないと言われています。

グレートピレニーズの特徴
~毛質や毛色~

グレートピレニーズは、極寒の山岳地帯にいた犬種のため寒さに耐えられるようたくさんの被毛に覆われています。
長くて硬い毛質のオーバーコートと綿のようなアンダーコートが密生したダブルコートの犬種で、体の熱を外に逃がさないようになっています。

グレートピレニーズの毛色は一般的にホワイトですが、ホワイトをベースに頭や耳、尻尾の付け根などにグレーや薄いイエロー、ウルフ、オレンジなどの斑が入っている場合もあります。

グレートピレニーズの性格・気質

  • 愛情深く献身的
  • 他の動物との相性は良い
  • 勇敢で恐れ知らず
  • 縄張り意識が強い

グレートピレニーズの性格・気質
~子どもにも安心。愛情深く責任感ある性格~

グレートピレニーズは、基本的には穏やかで飼い主に対して愛情深い性格を持っています。
そのため、小さな子どもや他の動物に対しても上手に接することができます。
子どもと活発的に一緒に遊ぶというタイプではありませんが、子どもが好きで責任感もあるので子どもに寄り添いながら子守もこなせるでしょう。

グレートピレニーズの性格・気質
~かわいい顔とは裏腹のたくましい面も~

優しい印象が強いグレートピレニーズなので攻撃的になることが想像できない人も多いかもしれませんが、かつては番犬や護衛犬として、時にはクマやオオカミに立ち向かうほどの勇敢さを持っている犬種です。
こちらから挑発しない限り基本的には穏やかに過ごしますが、見知らぬ人には警戒心を見せ、信頼できない飼い主であれば威圧的な態度を取ることもあります。
そのため他犬種同様子犬の頃からしつけをして、社会性を身に付けさせる必要があります。

グレートピレニーズの飼い方・しつけ

グレートピレニーズの飼い方①
~飼育は室内?外飼い?~

グレートピレニーズを飼育するためには、体の大きさに見合う広さのスペースとグレートピレニーズが最適に過ごせる温度管理が必要です。
アルプスの極寒の地で過ごしていた犬種なので、寒さには強いですが暑さにはとても弱い犬種です。
グレートピレニーズが快適に過ごせる温度は、だいたい15~21度前後です。
涼しい気候の地域では屋外で過ごすこともできますが、基本的に高温多湿の日本では皮膚病にかかりやすいといったリスクもあるため室内での飼育が好ましいです。

グレートピレニーズの飼い方②
~運動~

グレートピレニーズは広大な牧草地で羊を守る過酷な仕事に耐えるほどの強靭な体力を持っている犬種です。そのため十分な運動が必要です。
それでも活発に過ごす犬種ではなく坂を上り下りすることが得意なので、散歩ルートに工夫をしてゆったり歩くような散歩をしてあげましょう。
散歩は1日2回、各1時間程度が目安です。

暑さが苦手のグレートピレニーズにとって夏場の暑さは危険なので、できるだけ涼しい時間帯に様子を見ながら30~1時間の散歩を行うと良いでしょう。
それに加えて快適な温度で過ごせる飼育スペースで遊ぶ時間を設けてあげましょう。

グレートピレニーズのしつけ①
~しつけ方のコツ~

グレートピレニーズは自分で判断して上手に立ち回ることもできるとても賢い犬種です。
頼りない飼い主だと判断されると主導権を握ろうとするため、グレートピレニーズのリーダーとなってしっかりしつけていかなければなりません。
グレートピレニーズは自分がリーダーだと認識してしまうと頑固な面も持っているためしつけに苦労することになるでしょう。
しつけがされていないと警戒心や攻撃性が助長され飼育が困難になることもあるの、しつけ方のコツを抑えてしっかりしつけていきましょう。

  • グレートピレニーズのリーダーになること
  • むやみに叱らず褒めながらのしつけで信頼関係を築くこと
  • 「待て」「座れ」などの基本動作で犬の動作を制御できるようにすること
  • 飼い主以外の人や犬と接して社会性を身に付けさせること

グレートピレニーズのしつけ②
~しつけ教室に通うことも~

グレートピレニーズは体や力も強く、警戒心も持ち合わせた犬種です。
しつけができていないと攻撃性を見せることだってあるでしょう。
そういったことからも、ある程度犬の飼育経験がある人に向いている犬種です。
それでもしつけがうまくできないという場合には、しつけ教室に通うことも検討しましょう。
ただプロに委ねるのでなく、今後の信頼関係を築いてグレートピレニーズとの接し方も学ぶため一緒に参加できる教室を受けるようにしましょう。

グレートピレニーズのお手入れ

グレートピレニーズのお手入れ①
~抜け毛対策~

◆グレートピレニーズの抜け毛対策 その① ブラッシング

抜け毛の多いグレートピレニーズにとってブラッシングは、抜け毛の除去だけでなく血行促進やコミュニケーションとしても有効的です。
長毛で毛量も多いため、できれば毎日、少なくても1週間に3~4回はブラッシングしてあげましょう。
スリッカーブラシやピンブラシ、コームを使ってブラッシングしてあげましょう。

◆グレートピレニーズの抜け毛対策 その② シャンプー

シャンプーは皮膚を清潔に保つだけでなく抜け毛にも効果的です。
月1回程度のシャンプーをしてあげましょう。
グレートピレニーズは毛量が多く湿気がこもりやすい被毛の構造をしているので、皮膚病にならないためにも、シャンプー後にはドライヤーを使って根元までしっかりと乾かしてあげてください。

グレートピレニーズのお手入れ③
~よだれ~

グレートピレニーズはよだれが多い犬種でもあります。
口周りについたよだれをそのままにしておくと、毛が赤茶色になってしまうよだれやけの状態になってしまうので、こまめに拭き取ってあげましょう。
すでによだれやけしてしまった場合には、変色した毛を少しずつカットすると良いでしょう。
室内で過ごすときには、床や家具にもよだれで汚れてしまいます。
すぐに拭えるようよだれかけを使うこともおすすめです。

グレートピレニーズの注意する病気

グレートピレニーズの病気①
~股関節形成不全~

股関節形成不全は先天的な病気で、股の関節が異常に変形している状態のことです。
成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。
軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。
親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

グレートピレニーズの病気②
~膝蓋骨脱臼~

膝蓋骨脱臼は小型犬に多い病気で、膝のお皿が外れる脱臼する病気です。
脚への負担が増えることで起こりやすくなります。
症状として、片脚をかばいながら歩いたり不自然な動きを見せるようになります。
治療法は症状によって異なりますが、重症の場合は外科手術が必要となります。
滑りやすいフローリングなどに絨毯を敷したり、滑り止めマットを使って脚に負担がかからないよう飼育環境を整えてあげましょう。

グレートピレニーズの病気③
~骨肉腫~

骨肉腫とは、骨にできる腫瘍のことでほとんどが悪性です。上腕や前腕、太ももやすねといった脚にできることが多く見られます。
原因は分かっていませんが、骨への負担や刺激によってリスクが高まると考えられています。
腫れる、痛みを訴える、不自然な歩き方をするなどといった症状が見られ、骨折することもあり、放置すると転移します。
治療では、骨肉腫になった脚の切断、抗がん剤の投薬治療を行いますが、残念ながら骨肉腫と診断された時点で転移していることが多く完治は難しい病気です。
症状が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

グレートピレニーズの子犬の価格と寿命について

グレートピレニーズの子犬の価格

グレートピレニーズの子犬の価格は、12~25万円ほどです。
ペットショップやブリーダーから迎えることができますが、初めて大型犬を飼うという場合には犬種の専門知識を持つブリーダーからの購入をおすすめします。
また里親募集に出ていることもあるので、しつけに自信がある人であれば里親募集もおすすめです。

グレートピレニーズの寿命

グレートピレニーズの平均寿命は10~12歳です。
通常小型犬よりも大型犬が短命の傾向があります。グレートピレニーズの場合は、大型犬の中でも平均的な寿命と言えるでしょう。
犬の寿命は人同様、住環境や食事、病気の予防などの健康管理によって寿命は大きく左右されます。
グレートピレニーズにとって快適な住環境を整えること、良質な食事、適度な運動、病気の予防で健康で長生きできるよう努めてあげましょう。

グレートピレニーズのついて さいごに

大型犬であるグレートピレニーズを飼育するには体力と時間、経済力が必要です。
迎える前には、最後まで愛情と責任を持って育ててあげられるのかを検討しなければなりません。
それでも、グレートピレニーズは愛情深く子どもにも優しい犬種なので、正しくしつけることで良きパートナーとして、頼りがいある家族の一員になってくれるでしょう。