ロットワイラーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介!


ロットワイラーの基本情報

  • 原産国:ドイツ(大型犬)

  • 体高:オス61cm~68cm メス58cm~63cm 

  • 体重:オス50kg メス42kg

  • 毛色:ブラック(頬・マズル・胸・喉・足等に鮮明なタン・マーキングあり)

頑強な体躯で強靭な力と鋭い歯を持つロットワイラーの噛む力は120kgもあるといわれています。

飼い主によるネグレスト、虐待、基本的しつけの失敗などによる、噛み付きによる不幸な死亡事故も過去にはありました。

ドイツでは危険犬種のリストに入っているロットワイラー。
専門トレーナーによるしっかりとした訓練やしつけが必要不可欠な犬種です。

本来は攻撃性のある犬種ではありません。
愛情深い素直な性格を持っています。

ロットワイラーを凶暴な危険犬種にしてしまうのは飼い主の責任です。

ロットワイラーを飼うのであれば、この犬種に対する深い専門知識と躾の徹底、住環境の整備が必須条件です。

ロットワイラーの歴史

あまり知られていないロットワイラーの歴史。
彼らは何処から来てどんな生活をしていたのでしょう。

ロットワイラーのすべてを知るためには欠かせない、その歴史を見てみましょう。

軍用犬から家畜犬へ

ロットワイラーは西暦73年頃、ローマ軍が遠征の時に牛を一緒に連れて行くときの家畜護衛犬だったといわれています。

ローマ軍が南ドイツに入り11世紀頃まで定住するようになると、家畜護衛犬だったこの犬も共にこの地で暮らすことになりました。

その後数世紀にわたりロットワイルという町で、家畜業者の牛追い犬や荷引き犬として活躍します。

ロットワイルとは屋根に使われるロット(赤い)ワイル(タイル)から生まれた町名で、ロットワイラーの名称はこの町の名前からつけられたといわれています。

町の発展とともに追いやられたロットワイラーの危機!

20世紀に入って交通の発達により鉄道や車による輸送が盛んになり、通行の邪魔になる牛追いが禁止されるようになりました。

行き場を失ったロットワイラーは、屠殺場や牧場などで大きな荷を引く犬として使われたことから「肉屋の犬」と呼ばれていました。

1800年の中頃になると、さらなる畜産業の発展と近代化により、ついにロットワイラーの仕事がなくなります。

1800年後半、ロットワイルの町にはたった1頭のメスのロットワイラーしか残らなかったといわれています。

愛犬家の手で蘇ったロットワイラー

1900年に入り絶滅の危機を迎えたロットワイラーを救うため、愛犬家達がロットワイラークラブを設立し公式にスタンダード化しました。

1907年には2つのクラブが設立され、そのひとつは警察犬として成長させるよう尽力しました。

1921年に2つの組織が合併され、1930年にはAKCの競技会に出られるほどの人気を取り戻します。

ロットワイラーは日本ではあまり見かけない希少犬種ですが、アメリカやヨーロッパでは多くの人達に愛されている人気犬種です。

ロットワイラーの特徴

ドーベルマンやピンシャーを作出するための元犬であったといわれているロットワイラーの身体的特徴を見てみましょう。

ロットワイラーの体の特徴

大型犬としてはコンパクトですが、がっちりした骨格と筋肉が発達した頑強な体躯を持っています。

体高よりも体長のほうが長く安定感のある体をしています。

太い首と大きな頭を持ち、マズルは太くアゴの力は強靭です。

耳はたれ耳で、尻尾は本来飾り毛のない先にいくほど細い垂れ尾ですが、断尾され短尾になっています。

断尾は虐待に繋がるという考えから、最近では断尾をしないブリーダーも増えてきています。

ロットワイラーの毛色や被毛の種類

  • 毛色:毛色はブラック、目の上、マズル、頬、胸、足、尾の下にベージュやブラウンのタン・マーキングがあります。
    地色のブラックとの境界ははっきりしています。

  • 被毛:被毛はオーバーコートとアンダーコートからなるダブルコートで、短毛で光沢のある粗い直毛が密集しています。

ロットワイラーの性格・気質

ともすれば凶暴で危険な犬と思われがちなロットワイラーですが、本当にそうなのでしょうか。

ロットワイラーの持つ本来の性格や気質を知ることは、ロットワイラーとのより良い関係性を保つために大切なことです。

ロットワイラーは心優しい優秀なボディガート

ロットワイラーは飼い主には忠実ですが、見知らぬ人や犬には警戒心が強く、番犬や警護犬として高い能力を持っています。

物静かで落ち着きがあり、知能も高く優れた学習能力をもつ犬種です。

家族に対しては従順で愛情深く、子供や小動物を守ろうとする性質を強く持っているため、訓練やしつけの仕方を間違えると防衛本能が攻撃に繋がる恐れがあります。

意志が強く頑固なところがありますので、納得のいくまで辛抱強く訓練する必要があります。

ロットワイラーは人懐っこい性格ではありませんが、信頼関係を築いた飼い主や家族には全幅の信頼を寄せて懐いてくれます。

ロットワイラーのオスとメスの性格の違いは?

オスは体の成長が早く心の成長がついていかないため、不器用になってしまう傾向があります。

家族を守ろうとする気持ちがメスより強いため、行き過ぎて他犬や見知らぬ人を攻撃してしまうことがあります。

メスの性格は比較的穏やかで落ち着いている傾向にありますが、発情期には精神的に不安定になるため攻撃的になりやすいので注意が必要です。

ロットワイラーの飼い方・しつけ

日本では希少犬種のため、めったに出会うことのないロットワイラー。

正しく飼うにはどうしたらいいのでしょうか。

またどのようにしつけたら社会性のあるロットワイラーに育てることができるのでしょうか。

ロットワイラーの正しい飼い方としつけ方についてお話していきます。

ロットワイラーには広いスペースと十分な運動量が必要!

大型犬であることからも狭い室内で飼うことはおすすめできません。

暑さに弱いので涼しい地域以外では屋外飼育には向いていません。

屋外飼育であれば広い庭と温度コントロールできる犬舎が必要です。

牧畜の警護犬や重い荷物を運ぶ荷引き犬であったため、毎日長時間の散歩やロードワークなど、かなりの運動量が必要です。

少なくても一日1~2時間の運動時間を確保しましょう。

運動量が少ないとストレスの原因となり、攻撃的になる恐れがあります。

ロットワイラーには徹底したしつけが必須!

警察犬としても優秀なロットワイラーは、番犬や護衛犬としての高い能力を持っています。

その能力の基礎となるのは、飼い主や家族を守ろうとする強い防衛本能と警戒心です。

間違ったしつけをしたり、野放しに甘やかして育てると、咬傷事故など大きな事件につながる可能性があります。

ロットワイラーは、大型犬を飼ったことのない初心者が気安く飼える犬種ではありません。

過度な警戒心を持たせないためには、子犬の頃から社会性を育て、飼い主への絶対服従を徹底してしつける必要があります。

専門性の強い訓練を必要としますので、しつけに自信がない場合はプロのドックトレーナーに任せましょう。

常にトレーナーと同じ指示や命令ができるように、飼い主も指導訓練を受ける必要があります。

ロットワイラーは、飼い主としっかりした主従関係を築き、正しいしつけをすることで、従順で愛情深く頼もしい最高のパートナーになってくれます。

ロットワイラーのお手入れ

ロットワイラーの被毛や耳のお手入れ

ロットワイラーは短毛なのでトリミングの必要はありません。

手入れは比較的簡単で定期的なブラッシングと、運動や散歩で汚れたときに濡れタオルで拭いてやるくらいでかまいません。

ダブルコートのため年2回の換毛期があります。

換毛期には大量の抜け毛がありますので、毎日のブラッシングが必要になります。

垂れ耳で汚れがつきやすく臭いや外耳炎の原因になります。

毎日のお手入れに加えて動物病院で定期的に耳そうじをしてもらいましょう。

よだれも多量に出ますから、小まめに拭き取って常に口周りを清潔にしてあげましょう。

ロットワイラーの歯磨き

噛む力が非常に強いロットワイラーの歯磨きには十分な訓練が必要です。

マズルトレーニング●子犬の頃から体を触られることに慣れさせ、口やマズルを嫌がらずに触らせるマズルトレーニングからはじめます。

唇を持ち上げる●マズルトレーニングに慣れたら口を開く訓練に進みましょう。

片手であごを下から持ち、もう片方の手で上唇を優しく持ち上げます。

慣れたら指で軽く歯を触る訓練を繰り返します。

ここまで出来るとガーゼで歯の表面を拭いてやることができるようになります。

口を開かせる●最後に口を開かせるトレーニングに入ります。
上顎の犬歯のうしろから指を入れ上顎を持ち上げる訓練をします。

無理やり開こうとせず少しづつ大きく口が開くようにしていきます。
上手くできたときはたくさん褒めてやり、必ずご褒美をあげましょう。

ガーゼや歯ブラシで歯を磨く●歯ブラシを使う前にガーゼで歯を磨くことからはじめます。

湿らせたガーゼを指に巻き最初は前歯から磨き、慣れてきたら奥歯、歯の裏へと進めていきましょう。

歯ブラシはガーゼ磨きに十分慣れてから使います。

歯ブラシは指のような感触がないので、力を入れ過ぎないようにしましょう。

ロットワイラーの歯磨きを成功させるには決して無理強いをしないことです。

子犬の頃から毎日マズルトレーニングをして、飼い主との信頼関係をしっかり作ってから始めましょう。

ロットワイラーの注意する病気

ロットワイラーの平均寿命は8~10歳で、大型犬の中でも比較的短命な犬種です。

少しでも長生きしてもらうためにはどんな病気に気をつけなければならないのでしょうか。

ロットワイラーの注意する病気その①心臓疾患

突発性拡張型心筋症

大型犬は体の大きさに比べて内臓が小さく、特に心臓は最も負担がかかりやすい臓器です。

そのため突発性の拡張型心筋症を発症することが多いようです。

大動脈弁狭窄症

大動脈にある大動脈弁付近が狭窄し、血流が悪くなる病気です。

狭窄が少ない場合は特に症状もなく普通に生活できますが、大動脈に近いところで大きな狭窄をおこすと不整脈による失神、呼吸困難などの症状が現れます。

心臓疾患を完治させることは難しく早期発見、早期治療が第一です。

早期であれば投薬と運動制限、食事のコントロールなどで症状を押さえながら生活することができます。

ロットワイラーの注意する病気その②胃捻転

ロットワイラーのような胸の深い大型犬がおこしやすい病気です。

胃捻転は胃の一部が捻れをおこすことで血流が止まり壊死してしまう怖い病気です。

捻れるときに脾臓などのまわりの臓器も巻き込み、同時に複数の臓器が壊死をおこします。

胃捻転がおこる経緯はよくわかっていませんが、いくつか発症を押さえるポイントがあります。

  • 一度にたくさん食べさせない。

  • 食事の時に首が下がらないような高さのある食事台を使う。

  • 食後すぐに運動をさせない

  • 運動直後に多量の水を飲ませない。

  • ドライフードをふやかして与える

胃捻転をおこすと短時間で死につながります。

吐こうとしても吐けない、落ち着きがなくなる、腹部を異常に舐める、等の行動が見られたら、すぐに動物病気へ連れて行きましょう。

ロットワイラーこぼれ話

ロットワイラーはどんな人が飼い主になるといいのでしょうか。
ロットワイラーを飼うのに向いている人やふさわしい環境などを考えてみました。

大型犬を飼うのに慣れている人

ロットワイラーは頭のいい犬種ですが、正しくしつけるためには豊富な知識と経験が必要です。

大型犬について詳しく扱い慣れている人が適しています。

飼い主に体力があり、家族に小さな子供やお年寄りがいない環境

正しくしつけられていても、発情期などは感情が出やすく不安定になることがあるため、小さい子供やお年寄りのいる家庭には向いていません。

ロットワイラーは運動量が多いので飼い主には体力が必要です。

広い住環境があり経済的に余裕のある人

ロットワイラーが遊びながら学習して成長していくためには、広いスペースのある住環境が必要となります。

ロットワイラーは大型犬のため、専門的訓練を受けさせる費用や医療費等も高額になり、全てにおいて経済的余裕がなければ飼育を維持できません。

ロットワイラーは決して初心者向きではありませんが、環境・体力・経済力に余裕があれば是非飼うことに挑戦してい頂きたい魅力的な犬種です。
きっとあなたの素晴らしい相棒になってくれるはずです。