犬の歯周病の原因?歯石を除去する方法

犬には、人間のように虫歯になるということはとても少ないです。その代わりに歯石が歯に付きやすいのです。これは、人間と犬とでは口内のPHや口内環境が違っているからです。この歯石がもたらす様々な口内トラブルがあります。さて、どのような口内トラブルがあるのでしょうか。

犬の歯石を放置するとこんな病気の原因に


犬の歯は、加齢と共に汚れや歯垢がたまり、少しずつ歯石になっていきます。この歯石を放っておくことで、歯周病になり主に口内や顔のトラブルの原因となります。またその他にも健康に害を及ぼす原因ともなる可能性もあります。


犬の歯石から引き起こされる病気の代表 歯周病とは?

食べかすや歯垢などによって蓄積する歯石は、口内で細菌が増えたり毒素を産生したりする原因となります。

その結果、歯肉といういわゆる歯茎の部分に炎症が起こります。これを歯肉炎といいます。
歯肉炎が悪化することによって、歯肉だけではなく、歯の根っこの方にある歯根膜や歯槽骨にまで進行し、溶かされるようになりさらに重い症状を起こします。これを歯周炎といいます。
このように、歯の周りの組織に何らかのトラブルが起こることをまとめて歯周病といいます。

犬の歯周病 症状

飼い主さんが直接見えたり感じやすかったりする症状は、食欲が落ちてきた・歯が汚い・口臭がひどくなってきた・口をよく気にするようになった・口から出血している・ヨダレが多い・顔が晴れてきたなどがほとんどです。
歯周病になると、痛みや歯肉の腫れ、出血、歯のぐらつきなどが出てくるため、このような行動を取る犬が多いです。

また、炎症がひどくなり重症化すると歯根部を溶かし、頬に穴が空いてしまうこともあります。

このような行動が見られたらすぐに動物病院へ行き診てもらうことをおすすめします。

犬の歯石から引き起こされる病気 その他

犬の歯石を放置すると、歯周病がメインの病気として発症することがほとんどです。

しかし、歯周病になってもそのまま放置していると悪い菌が血液に乗って全身に回り、体全体に悪影響を及ぼすこともあります。

心臓や腎臓、肝臓など命を維持している大切な臓器にも影響をもたらし、命に関わる場合もあります。
また、歯槽骨といい、歯を支える土台となる骨も溶けてしまい、顎が骨折しやすくなったり顎が溶けて落ちてしまったりすることもあります。
歯石や歯周病と聞くと、特に命に関わるようなイメージがないという印象ですが、実際このような取り返しのつかない事になってしまうこともあるとても怖い病気です。

このように重症化してしまうと、簡単に歯石を取りましょうという話にはなりません。

もちろん根本的な原因となる歯石を取ることも大切です。しかし、年齢的なことや、全身症状が出てしまっている場合、顎が骨折したり溶けてしまっている場合は麻酔をかけることが難しくなったり、それに対しての処置もしなければいけなかったりします。

そうなると治療するにしても様子をみておくにしても命に関わる危険性が高くなります。

重症化しないためにも歯石は早いうちから除去するべきです。
 

犬の歯石を病院で除去する

犬の歯石が原因となる病気は、軽度のものから重度のものまであります。

まず、歯石が見てかなり付いていたり、何らかの症状が出てきたりするようであれば、まず動物病院へ行き、相談しましょう。

歯石の付いている度合いや症状の有無を見て、獣医師が歯石を今すぐ取らなければいけない状態なのか、様子をもう少しみるのか判断してくれます。

度合いにもよりますが、飼い主さんがすぐ歯石をとってほしいという希望があれば、聞いてくれる獣医師もいます。

動物病院での歯石の除去の仕方は、大きくわけて二通りあります。

一つ目は、全身麻酔をかけ、歯石除去する機械を使います。二つ目は、全身麻酔を使わず部分的に除去します。

基本的には、全身麻酔かけて歯石除去をする方法がメインです。


犬に全身麻酔をかけ歯石除去する場合

全身麻酔をかけ歯石除去をする場合とは、かなり歯石が付いている時、歯周病が進行している時、全身麻酔をかけても問題ない時です。
麻酔をかけるので、事前に年齢的なことや病気や有無を確認し、麻酔をかける前に一般的な血液検査やレントゲン検査を行います。
この検査で特に問題がなければ、全身麻酔をかけて歯石除去の処置をします。

歯石除去は、超音波スケーラーという人間の歯石除去でも使うような専用の機械を使います。

また、超音波スケーラーではやりにくい所は、手動でスケーラーと呼ばれる器具を使って除去します。
歯石だけであれば、このような機械や器具を使い処置をしますが、歯の状態が悪い場合や歯がぐらついていて今にも抜けそうな場合は、抜歯を行う事もあります。

歯石が取れたとしても、悪い歯を残しておくと炎症が起こり、また歯周病の原因となります。
歯の状態が悪過ぎる場合は、歯をほとんど抜かなければならないというケースもあります。

歯がなければ、食べられないことを心配する飼い主さんも多いです。

しかし、あまり噛まずに飲み込む犬もいれば、歯茎でドライフードを上手に噛み潰し食べる犬もいて問題ない場合も多いです。

しかし、それでも犬が食べにくそうにしている場合は、ドライフードをふやかして与えたり、缶詰やパウチなど柔らかいドッグフードに変えたりしてもらいます。

全身麻酔をかけず歯石除去をする場合

全身麻酔をかけず歯石除去をする場合とは、全身麻酔をかけたくない時、全身麻酔をかける程ではない時などです。
全身麻酔をかけたくない時とは、高齢や他の病気を患っているため、全身麻酔によるリスクがあるという場合です。

全身麻酔は、体に無害な訳ではありませんので、高齢や他の病気がある場合は、麻酔のリスクが高まってしまいます。
このような状態であれば、犬の様子をみながら歯石を取る器具を使い、少しずつ歯石を割ったり抜歯したりします。
また、歯石がそんなに付いていなかったり、一部にのみ付いていたりする場合は、全身麻酔をかける程では無い場合です。

あまりにも嫌がらなければ、短時間で処置が済むので、麻酔を使わずに処置することもあります。


犬の歯石の除去ホームケア


歯周病や歯周病が進行する前に、犬の歯に関してはホームケアがとても重要です。

現状では、高齢犬ではほぼ全ての犬に歯石が付いています。

しかし、重症化する犬のほとんどはホームケアが出来ていない場合です。

歯石が付いていたとしても、気になる症状はほとんどなく、全身麻酔をかけて歯石除去をしなくてもいい程度の犬は、子犬の頃から毎日歯磨きなどのホームケアを行ってきた犬です。
子犬を飼っている人は今からすぐ歯磨きトレーニングを始めることをおすすめします。

愛犬がもう大人や高齢であれば、進行を遅らせるためにも出来ることを家でやってあげましょう。

また、愛犬が歯石がかなりひどく歯周病も進行している場合は、一度動物病院へ相談してみましょう。


犬の歯石の除去ホームケアのやり方


犬の歯石除去のホームケアはどのようにしたらいいのか分からないという人は多いかと思います。

まず、口周りから触られることを慣らす練習をします。

口を触られる事が嫌な犬には、口を触った後に褒めてあげ、おやつやドッグフードでご褒美を与えましょう。
できるようになれば、口の中を開けたり歯や歯茎を触ったりして褒めてあげましょう。
口の中が慣れてくれば次はガーゼなどを指に巻き、歯をゆっくり拭いてあげる練習です。

ここまでを何日かかけて慣れさせましょう。口の中を触られる事に慣れてくれば次はデンタルケア用品を使ってみましょう。犬用歯ブラシは様々な種類があります。

また、デンタルケア用のおもちゃを使うこともおすすめです。

そのままガーゼやデンタルシートで拭いてあげる事もいいです。
一つ一つの行為の後褒めてあげたり、ご褒美をあげたりすると良いことが起こることを学習し徐々に触らせてくれるようになります。

この時のおやつやドッグフードは、デンタルケアにいいものを与えることをおすすめします。ホームケア用品も様々な物があるので、愛犬に合ったものを使いホームケアを毎日してあげることが大切です。

ここまで慣れてくれるのはかなり時間がかかる犬もいます。焦らず毎日少しずつやってあげましょう。
どうしても出来ないという犬であれば、しつけなどを教えてくれるドッグトレーナーや、動物病院へ相談すると詳しく教えてくれます。
また、歯石だらけでもう手が付けられない場合は、一度動物病院で歯石除去の処置をしてもらってからホームケアを始めるというのも遅くはないです。