ニューファンドランドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ニューファンドランドという犬種をご存知でしょうか。 あまり聞き慣れない犬種かもしれませんね。 それでも実は、馴染みのあるラブラドールレトリバーの先祖でもある犬種です。 そんなニューファンドランドの歴史や性格、飼い方などについてまとめてみました。

ニューファンドランドの基本情報

ニューファンドランドは、名前の通りニューファンドランド島を原産地とする犬種です。
作業犬や海難救助犬として活躍し、現在では愛玩犬としても人気ある犬種です。
日本では希少な犬種ですが、「ニューファン」の愛称で親しまれています。

ニューファンドランドの歴史

ニューファンドランドの歴史
~ルーツ~

ニューファンドランドはカナダのニューファンドランド島で発展してきた犬種です。
起源については諸説あり、一説では西暦1000年頃に北方ゲルマン族が連れてきたグレートピレニーズが祖先犬で、マスティフやフレンチハウンドなどと交配されて誕生したと言われたという説や、黒く大きなマスティフ系の犬が祖先犬だという説などがありますが、どの説も定かにはなっていません。
ニューファンドランドの原種は、ニューファンドランド島で猟師の手伝いで重い荷物を引く作業犬としてや、溺れた船乗りを救出する救助犬として活躍していました。
18世紀ごろになると、イギリスに持ち込まれ現在のような姿に改良されてドッグショーへも参加するようになります。
一方で、ニューファンドランド島ではニューファンドランドの輸出が増え続け、数が減少していました。そこで、イギリスで改良されたニューファンドランドを逆輸入して絶滅を免れることになります。

ニューファンドランドの歴史
~ランドシーアの由来~

ニューファンドランドは、宮廷画家である「エドウィン・ランドシーア」が、ホワイト&ブラックの毛色をしたニューファンドランドを好んで描いたことからヨーロッパ全土に知れ渡ることになりました。
そして、ホワイト&ブラックのニューファンドランドを画家の名前にちなんだ「ランドシーア」という名前で正式に認定されることになります。
現在のランドシーアは、ニューファンドランドの一種として扱われていることが多いですが、国際畜犬連盟では独立犬種として認定されています。

ニューファンドランドの特徴

  • 巨体の超大型犬
  • 水かきのような膜がある
  • よく水を弾く毛質のダブルコート
  • 毛色は、ホワイト&ブラック、ブラック、ブラウン、グレー

ニューファンドランドの特徴
~大きくて愛嬌ある犬~

ニューファンドランドは体高63~74cm、体重45~70kgの超大型犬です。
巨体で全体的にがっちりとした体格からは力強さを感じます。
大きな頭には、小さめの垂れ耳と目がついていて、愛嬌ある顔が印象的です。
ニューファンドランドは泳ぎが得意なことでも知られており、脚には水かきのような膜があるのが特徴です。
体全体を豊富な毛に覆われていて、太い尻尾にも飾り毛が生えています。

ニューファンドランドの特徴
~毛質や毛色~

被毛は、長く滑らかなオーバーコートと、柔らかく油脂分を含んだアンダーコートを持つダブルコートです。
アンダーコートは水分をはじくため、厳寒の海での作業にも耐えられるようになっています。
毛色は、ランドシーアと呼ばれるホワイト&ブラックの他に、ブラック、ブラウン、グレーがあります。

ニューファンドランドの性格・気質

  • 気が優しく温厚
  • 飼い主への依存性が高い
  • 誰にでも友好的
  • 学習能力が高くしつけやすい

ニューファンドランドの性格・気質
~巨体の甘えん坊~

ニューファンドランドは、温厚でとても優しい性格の持ち主です。
飼い主家族に対して愛情深いことはもちろん、見知らぬ人や他の動物とも仲良くなろうとします。
甘えん坊で人のことが大好きです。その分、依存性が高い傾向があるため、独立心を持たせるよう育てていくようにしましょう。

ニューファンドランドの性格・気質
~いざという時に頼れる存在~

友好的で誰にでも懐いてしまうため番犬としては向いていません。
それでも救助犬として活躍していただけのことはあり、家族に危険が迫ると衝動的に家族を守ろうとする護衛本能があります。
普段は甘えん坊の子どものようですが、いざという時にはとても頼れる存在になってくれるでしょう。
救助犬としても訓練されていたため、物覚えも良くしつけやすい犬種です。

ニューファンドランドの飼い方・しつけ

ニューファンドランドの飼い方①
~飼育は温度管理ができる室内飼いで~

ニューファンドランドは厳寒に耐えられる保温性の高い被毛を持っているため、日本の高温多湿な環境は体調を崩してしまいます。
また甘えん坊で寂しがり屋な性格でもあるので、家族と一緒に暮らせる室内での飼育に向いています。
温度と湿度の管理に注意して快適な環境を整えてあげましょう。

特に暑い時期には、パンティング(ハァハァと呼吸して体温を下げること)でよだれが大量に出ます。
室内がよだれで汚れることはあらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。

飼い主に対する依存性が高いため、必要以上に構いすぎず室内に飼育スペースを設けて1人でも安心して過ごせるようにしていきましょう。

ニューファンドランドの飼い方②
~運動~

太りやすい性質を持っているため、運動不足にならないためにも毎日の散歩と遊びの時間を確保してあげましょう。
散歩は1日2回、各1時間のんびり歩きながら散歩をしてあげましょう。

激しい運動は好みませんが、水が大好きな犬種なので環境が許す限りできるだけ水遊びをさせてあげると喜ぶでしょう。
夏場の散歩は、熱中症を防ぐためにも早朝や夜の涼しい時間帯に行ってあげてください。

ニューファンドランドのしつけ①
~しつけのポイント~

ニューファンドランドは賢く素直な性格をしているためしつけやすい犬種です。
社交性もあるため見知らぬ人や動物に対して警戒心をむき出しにするというようなことはありませんが、しつけをせず社会性を身に付けさせずにいると問題行動を起こす子になってしまいます。
他の犬種同様に子犬のころからしっかりとしつけていかなければなりません。
特に超大型犬で力も強い犬種なので、飛びつき癖や散歩時の引っ張り癖には対処しておきたいものです。

◆ニューファンドランドのしつけポイント

  • 子犬のうちから根気強くしつけていくこと
  • 褒めて伸ばすしつけで信頼関係を築くこと
  • 飼い主に対する依存心が強いため、自信を持たせるよう成功例を増やすしつけを
  • 一貫性のある対応とメリハリを持ったしつけでニューファンドランドのリーダーになること
  • 十分な運動をさせてストレスを溜めない

ニューファンドランド,犬

ニューファンドランドのお手入れ

ニューファンドランドのお手入れ①
~ブラッシング~

超大型犬で長毛種のダブルコートのため、相当の量の抜け毛を覚悟しておかなければなりません。
お手入れをせずに放置しておくと、綿のようなアンダーコートが固まってしまいブラシが通らなくなってしまいます。
できるだけ毎日、少なくても週2~3回はブラッシングしてあげましょう。
スリッカーブラシを使って根元から丁寧にブラシを通し、仕上げにコームで毛並みを整えてあげましょう。
体が大きい分手入れにも時間が多くかかりますが、皮膚トラブル予防やマッサージ効果も期待でき、コミュニケーションの手段としても役立ちますので、愛情をかけて丁寧にブラッシングしてあげましょう。

ニューファンドランドのお手入れ②
~シャンプー~

油脂分が多い体質をしているため、体臭が気になる犬種です。
月1回を目安にシャンプーをしてあげましょう。
トリミングが必要な犬種ですが、トリミングサロンに依頼するとシャンプーだけでも1回1万円を超える金額が必要になります。
場所が許すのであれば、ご自分で洗えるようにしておくと良いかもしれません。
それに加えて定期的なトリミングをプロに委ねると良いでしょう。

撥水性のある毛質が密生しているため皮膚にまでお湯が行き渡りにくい被毛を持っているため、ご自分でシャンプーをする場合にはコツが必要です。
丁寧にブラッシングしてから洗うこと、シャワーを使う際にはシャワーヘッドを体に当てて片方の手で抑えながらシャワーをかけることで根元までお湯が行き渡りやすくなります。

ニューファンドランドの注意する病気

ニューファンドランドの注意する病気①
~心臓疾患~

大~超大型犬に発症しやすくニューファンドランドにおいても同様、心臓疾患が好発しやすいと言われています。
先天的な疾患である大動脈弁下部弁狭窄や心房中隔欠損、肺動脈狭窄、拡張型心筋症などの心臓疾患に注意しておきましょう。
心臓疾患は症状が分かりにくいことがあるため、定期的に心機能や血液検査を受けて早期発見早期治療に努めましょう。

ニューファンドランドの注意する病気②
~股関節形成不全・肘関節形成不全~

股関節形成不全または肘関節形成不全は先天的な病気で、股や肘の関節が異常に変形している状態のことです。遺伝が関与しているとも言われています。
成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになります。
いずれも不自然な歩き方をする症状が見られます。
軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。
子犬の選ぶ際に、親犬に股または肘関節の異常が見られないかの確認をすることも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

ニューファンドランドの注意する病気③
~胃捻転~

大型犬に発症しやすい、胃がねじれてしまう病気です。
胃がねじれると周囲の血管や消化機能に影響を与え、胃の中でガスを発生させながら胃が膨らみ周囲の臓器まで圧迫します。ショックを起こすことによって最悪の場合死に至る病気です。
原因は詳しく分かっていませんが、加齢や、早食い早飲み、食後すぐの運動などによって発症しやすくなると言われており、発症は食後数時間経ってから、夜中~明け方に多い傾向があるようです。
腹部が膨らんで見える、嘔吐やゲップ、吐こうとするが吐けない、水を大量に飲む、食欲不振などの症状が見られます。
症状が現れたら、例え夜間であってもすぐに動物病院に連れて行きましょう。

ニューファンドランドのプ子犬の価格と飼育費用

ニューファンドランドの子犬の価格

ニューファンドランドの子犬の価格は、だいたい30~40万円です。
日本では数が少なく希少な犬種のため、高額であることが多いようです。
ペットショップではほとんど扱われていないため、ブリーダーからの購入が一般的です。
子犬の数も多くないので、事前にブリーダーにコンタクトしておくことをおすすめします。

ニューファンドランドの飼育費用

ニューファンドランドの平均寿命は、8~10歳と言われています。
希少な犬種のため子犬価格も高額ですが、超大型犬なので食費や医療費など飼育にかかる費用もかなりの金額が必要になります。

子犬を迎える際にかかる費用は、準備費用を含めてだいたい40~50万円です。
さらに飼育にかかる費用「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費」「トリミング費用」などが必要となり、年間費用でだいたい50万円が目安です。
これに平均寿命10歳で生涯費用を計算すると、
(初期費用)50万円+(年間費用)50万円×(平均寿命)10年=550万円となります。

もちろん与えるフードの種類や医療費用の増減などによってこの金額は変わってきますが、超大型犬なだけに飼育にはかなりの費用が必要だということを念頭に置いておきましょう。

ニューファンドランドのさいごに

ニューファンドランドは手入れや運動などの時間や経済面でも決して簡単とは言えない犬種ではありますが、大きくてクマのぬいぐるみのような外見と優しくて友好的な性格など魅力溢れる犬種です。
ニューファンドランドが生涯幸せに暮らせるために、じっくり検討して迎え入れるようにしましょう。