犬に豆乳を与えてもいい?犬と豆乳の栄養素や与える際の注意点

ダイエットや美容、健康維持食品として根強い人気のある豆乳ですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか。豆乳の栄養成分にはどのようなものがあるのでしょう。豆乳の効用はどうなのでしょうか。与えるとすればどのくらいの量がいい?与えるときの注意点は?犬と豆乳についてのメリット・デメリットなど、知っておきたいあれこれをお話していきましょう。

犬に豆乳を与えても大丈夫?

犬は肉を好みますが雑食性ですから豆乳を与えても特に問題はありません。

豆乳は大豆を加熱し絞ぼった汁ですから、大豆そのものより消化しやすく効率的に良質のたんぱく質を摂取することができます。

犬は脂質やたんぱく質の匂いに敏感ですから、多くのたんぱく質を含む豆乳を好む犬は多いのではないでしょうか。

食欲のない犬にドックフードに豆乳を加えて与えると、よく食べるようになったということもあるようです。

同じたんぱく質を多く含む飲み物に牛乳がありますが、犬は成犬になると牛乳を飲ませることができません。

成犬になると乳糖分解成分であるラクターゼが減少してしまうため、甘味成分であるラクトースという乳糖を上手く消化できなくなり、消化不良をおこしてしまうからです。

豆乳には乳糖が含まれていないため安心して与えることができます。

豆乳の栄養成分と効用は?

豆乳が大豆から作られていることはわかりますが、では豆乳にはどんな栄養成分と効用があるのでしょうか。豆乳の栄養成分と効用について調べてみました。

豆乳の栄養成分と効用

●たんぱく質●皮膚、内蔵、筋肉、骨、血液などの体を作るための基礎成分であるアミノ酸になります。

●イソフラボン●大豆イソフラボンは植物性化合物でポリフェノールのひとつです。

女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造をしています。

体内の活性酸素を取り除き全身の血流を良くします。

●ミネラル群(カルシウム・鉄分・カリウム・マグネシウム)●骨・歯・筋肉などを強くし、体全体の調子を整える働きがあります。

ミネラルは体に必要不可欠なものですが体内で作ることができないため、食品から摂取する必要があります。

これらの栄養素は犬の健康維持のためにも必要な栄養素です。豆乳は栄養素の吸収率が高いため、犬にとっても体に良い食品のひとつといえるでしょう。

犬に豆乳を与えることのメリットとは?

上質なたんぱく質を摂取できる

豆乳には上質なたんぱく質が豊富に含まれています。

元は肉食であった犬にとってたんぱく質は生きていくうえで絶対に欠かせない栄養素です。

たんぱく質が欠乏すると、爪や皮膚、被毛などに栄養がいき渡らず皮膚や毛質が悪くなり成長が低下するなど全身にさまざまな支障があらわれます。

毎日のフードと一緒に適量な豆乳を与えることでより丈夫な体を保つことができます。

抗酸化作用がある

豆乳にはイソフラボン、サポニン、ビタミンEなど抗酸化作用のある抗酸化物質が多く含まれています。

この抗酸化物質は体を酸化させ老化をまねくといわれている活性酸素を減少させる働きがあります。

豆乳は老犬にも優しい飲み物です。老犬の健康維持のために毎日少量でも与えてあげるといいでしょう。

腸内バランスを整える

豆乳にはオリゴ糖が含まれており、腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌などを増やす役目をしています。

悪玉菌と善玉菌のバランスがとれることにより、腸内環境が整います。

犬に与える豆乳 最初はスプーン一杯から始めよう

豆乳は犬にとっても体に良い食品ですが主食にはなりません。

あくまでも栄養補助食品ですので一度に多量に与えないようにしましょう。

食べ過ぎると下痢や嘔吐の原因になります。

ドックフードでの野菜の割合は食事の10%程度とされていますので、2kgの犬ならば豆乳15ml、3kgの犬で20ml、4kgの犬なら25mlということになります。

これはあくまでも目安ですから、最初はスプーン一杯から始めてみましょう。

次に通常のペットフードにかけてやるなどして、慣れてきたら少しずつ量を増やしていきます。

犬は量より回数が多いほうが喜ぶといわれています。豆乳を一日1回ではなく数回に分けて与えるといいかもしれません。

物足りなさそうにしているときは、豆乳を水で薄めて増やしてやると満足させられます。

冷たい豆乳はお腹を下すことがありますから、少し温めてから与えるほうがいいでしょう。

嫌がらずに食べてくれるようになったら、豆乳を使ったご飯やおやつなどにも挑戦してみましょう。

犬の食事はともすれば好物の肉食に偏りがちです。

多くの栄養素が含まれた豆乳をうまく利用してバランスのいい食事を作ってあげましょう。

犬に豆乳を与えるとき注意することは?

犬に豆乳を与えるときにはどんなことに注意すればいいのでしょうか。

豆乳を与える前に知っておきたい注意点を調べてみました。

犬に豆乳はダイエットにならない!?

豆乳は人間のダイエット食品として人気がありますが、犬にとってはダイエット食品にはなりません。

豆乳のカロリーは100mlで45.9カロリーです。

体の小さな犬にとってはカロリーオーバーになります。

犬にとって豆乳の摂り過ぎは肥満の原因にもなりますので注意が必要です。

犬に豆乳の過剰摂取は腎臓の負担になる!

豆乳は消化吸収のいい食品ですが、大量に取りすぎると腎臓に負担がかかります。

腎臓に疾患のある犬は獣医師に相談してからにしましょう。

利尿作用のあるカリウムも含まれているので頻尿をおこすこともあります。

くれぐれも大量に与えないようにしましょう。

犬に与える豆乳は無調整を選ぼう!

豆乳には調整豆乳と無調整豆乳とがあります。

無調整豆乳は加熱した大豆をそのまま絞りパックにしたものです。

無調整豆乳は大豆の青臭い味や独特な匂いエグミなどがあり、そのまま飲むのが苦手な人が多いようです。

無調整豆乳に砂糖・香料・塩・果汁などを加えて飲みやすくしたものが調整豆乳です。

飲みやすいので調整豆乳のほうを好む人が多いのですが、犬には砂糖や塩などが入っていない無調整豆乳を与えましょう。

豆乳と大豆アレルギーについて

体に優しく栄養豊富な豆乳ですが、一番気をつけておかなければならないのが大豆アレルギーです。

与え始めは気づかないことも多いのですが、もともと大豆アレルギーの因子を持っている犬が、豆乳を与え続けることで発症します。

豆乳を与えると目や口のまわりが赤くなり痒みがある

耳の内側や脇や股をよく掻くようになった

豆乳を与えると下痢をする

上記のような症状が現れたら豆乳を与えるのを中止し、必ず獣医師の診断を受けましょう。

犬に豆乳を与えてもいい? 最後に・・・

豆乳は犬にとっても栄養価の高い食物だということがわかりましたね。

牛乳を与えられない成犬には嬉しい飲み物でもあります。

調整豆乳は飲みやすく口当たりもいいので、つい人間と同じものを与えたくなりますが、犬にとって過剰な塩分や糖分は健康を害することがあります。

少し飲みづらくても無調整豆乳を選んであげましょう。

豆乳は犬の主食にはなりません。

あくまでも栄養補助食品として毎日の食事に加えてあげましょう。

アレルギーには十分注意して、過度に与えすぎないようにすれば、仔犬から老犬までどんな犬にも与えることができます。

ネットを検索すれば、豆乳を使った美味しいご飯やおやつのレシピがたくさん出てきます。

楽しみながら作ってみてください。きっと愛犬も大喜びしてくれますよ。