犬がにんにくを食べてしまった!!犬ににんにくを与える危険性とは?

犬はにんにくを食べても大丈夫か?

犬はにんにくを食べても大丈夫か?結論から言うと・・・

食べてはいけません!
それでも、にんにくを犬に与えることについては賛否両論があり、飼い主によってはにんにくを食べさせているという人も少なくないようです。

にんにくの成分には、犬にとって有害な成分が含まれています。

そのため一般的には、与えるべき食べ物ではないと考えられていますが、実際犬ににんにくを与えている飼い主は、滋養強壮や肝機能・免疫力の向上のために与えているようです。

にんにくを食べることによって出る効果や反応は、与える量や体質などによって様々で、にんにくに対する考え方も諸説あります。

しかし、有害成分が入っていることも明確なので、愛犬の健康を損なう可能性のあるにんにくをわざわざ与える必要はないのではないでしょうか。

キャバリア,犬

犬ににんにくを与えてはいけない理由

にんにくを与えてはいけない理由「たまねぎ中毒}

にんにくは、玉ねぎと同じユリ科のネギ属の植物です。

ネギ属の植物には「硫化アリル」という成分が含まれていて、この成分はコレステロールの抑制や血栓予防などへの効果が期待できると言われていますが、犬はこの硫化アリルを消化する酵素を持っていないため、大量に摂取することで赤血球が破壊されてしまいます。

そうなると胃壁を刺激して腹痛を起こしたり、貧血の原因となってしまいます。

このことを「たまねぎ中毒」と呼びます。

この硫化アリルは、水や熱などで調理をしても全く影響はないので、例え加熱したからと言って油断しないようにしましょう。

にんにくを食べている犬は大丈夫なの?

それでは、飼い主からにんにくを食べさせてもらっている犬がなぜ中毒になっていないのか疑問に思いますよね。

にんにくは、玉ねぎよりも硫化アリルが少量しか含まれておらず、個体によって硫化アリルの許容量には個体差があります。

そのため与える量や頻度に注意しているからだと考えられます。

それでも、例え少量であっても中毒を引き起こしてしまう可能性は否めません。

犬の体質や体調によっても反応は分からないので、にんにくを与えても大丈夫とは決して言い切れないでしょう。

貧血のある犬や子犬、アレルギーを持っている犬の場合は特に、にんにくは食べさせないようにしたほうが良いでしょう。

ちなみに、にんにくよりも芽の部分に硫化アリルが多く含まれているので、にんにく同様与えないようにしましょう。

にんにく

犬がにんにくを食べてしまった時の症状

犬がにんにくを食べると「たまねぎ中毒」を引き起こすと前述でも述べましたが、「たまねぎ中毒」が引き起こす具体的な症状は以下の通りです。

  • 貧血
  • 黄疸
  • 元気消失
  • 下痢・嘔吐
  • 胃痛・腹痛
  • 食欲低下
  • 頻脈
  • 血尿・血便
  • 食欲減退・衰弱
  • 接触性皮膚炎
  • 偽ぜんそく発作
  • 痙攣          など

個体によって出る症状も様々ですが、基本的には貧血や溶血を起こし、最悪の場合は死に至ります。

犬がにんにくを食べてしまったら場合

にんにくに限らず犬の誤飲誤食は意外に多く、動物病院に駆け込む飼い主は少なくありません。

「ちょっと目を離した隙にテーブルの料理を食べてしまった」「キッチンに入って勝手に食べてしまった」など誤食のシーンは多く予想されます。

特に犬の誤飲誤食は、子犬の時期に最も多いと言われています。
子犬の場合、体も小さいため例え少量であっても危険なことがあるので、気を付けなければなりません。

犬が誤ってにんにくを食べてしまったら、きっと不安でいっぱいになりますよね。

それでもまずは、飼い主さんが落ち着いて対応しなければなりません。

犬がにんにくを食べた量、いつ食べたか。
を把握しましょう

犬がにんにくを食べた量、犬の体の大きさなどにもよりますが、ごく少量であれば犬の体調を注意深く観察しましょう。

にんにくは、少量だと滋養強壮や肝機能・免疫力の向上に効果があるとも言われているので、まずは落ち着いて、どのくらいの量をいつ食べたのかを把握しましょう。

それでも心配だという場合や大量に食べてしまった場合には、すぐに動物病院に連絡を取って指示を仰ぐようにしましょう。

主に気を付けることは、

  • 元気がなくなっていないか
  • 尿や便に血が混ざっていないか
  • 嘔吐はないか
  • 皮膚に異常が現れていないか

などです。

少しでも異常が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

犬がにんにくを大量に食べた時の応急処置

犬がにんにくを大量に食べてしまった場合、基本的にはすぐ動物病院に相談するようにしましょう。

それでも夜間や早朝である場合などすぐに診察を受けられないこともあります。

そんな時のためにオキシドールを使った吐かせる方法がありますが、リスクを伴うため必ず獣医師の指示を仰いでから対処するようにしましょう。

犬がにんにくを大量に食べた時の応急処置 ◆オキシドールを使って吐かせる方法

誤食してから1時間以内に効果があると言われています。

体重1kgあたりオキシドール3%溶液を1~2ml飲ませます。

犬が自分から飲んでくれることはないので、スポイトなどを使って飲ませましょう。

すぐに吐く場合もあれば少し時間がかかる場合もあるので、吐かないからと言って何度も飲ませないようにしましょう。

病院での処置

残念ながらたまねぎ中毒に特異的な解毒剤はありません。

そのため病院では、現在起こっている症状への対処、中毒物質を排出させること、体に吸収させないことを目的に処置を行います。

摂取後から数時間以内であれば、催吐を促す処置や胃洗浄などが行われます。

すでに中毒症状が起こっている場合には、症状によって投薬治療を行うことになります。

犬がにんにくを食べてしまった!!犬ににんにくを与える危険性とは?さいごに

犬がにんにくを食べることについては賛否両論あり、実際にはサプリメントやドッグフードに含まれていることもあります。

体に嬉しい効果があるのも確かですが、有害な成分が含まれていることも確かなことです。

そのことをしっかりと理解して、犬の健康に悪影響を及ばないよう管理してあげなければなりません。

犬が誤ってにんにくを食べないよう注意することも大切ですが、万が一食べてしまった場合には、焦らず落ち着いて対処してあげましょう。