犬は豚肉を食べてもいい?豚肉の栄養素や与える際の注意点

比較的お手頃価格の豚肉は、ほとんどのご家庭の冷蔵庫に入っているのではないでしょうか。 近年、愛犬に手作り食を与えている飼い主さんも多く、いつも冷蔵庫にある豚肉レシピを考えることもあるのでしょう。 それでも、ドッグフードなどには豚肉を使ったものをあまり見かけることがありませんよね。では、犬は豚肉を食べてはいけないのでしょうか。 今回は、犬は豚肉を食べても良いのか、豚肉の栄養素や与える際の注意点などについてまとめてみました。

豚肉を食べても大丈夫か?

豚肉を食べても大丈夫か?結論からいうと・・・

食べても大丈夫です。
ただし生で食べさせるのではなく、加熱処理したものを与えるようにしてください。

豚肉には、他の肉と比べて寄生虫や雑菌が多いと言われています。
一般的にスーパーなどで売られている豚肉は、ある程度の安全性が確保されていると考えられますが、生で食することはないことが前提です。
そのためリスクを避けるためにも、人間同様、生肉のままでは与えないようにしましょう。

また、ドッグフードの原料として豚肉が使われていないのは、他の肉と比べてアレルギーの発症率が高いことや脂肪分が多いことが理由にあります。
それでも、アレルギーを持っている犬ではない限り、豚肉は加熱処理をすれば犬が食べても良い食べ物です。

豚肉の栄養成分・効用

豚肉に含まれている栄養成分は以下の通りです。

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミンB1
  • カリウム
  • リン
  • 亜鉛      など

豚肉は犬の体作りや情緒の安定にも

豚肉には、犬の体のエネルギー源として必要なたんぱく質や脂質が多く含まれているため、犬の体作りに役立ちます。
良質なたんぱく質にはバランスの良い必須アミノ酸が含まれているため、情緒の安定にも効果的です。

豚肉のビタミンB1は、牛肉の約10倍含まれています。
ビタミンB1には疲労回復の効果があり、他にも炭水化物を糖質に変換するときに必要な栄養素でもあります。
しかしビタミンB1は、体内に蓄積されにくい性質を持っているため、日々の食事で摂取する必要がある成分です。
炭水化物は本来、犬にはあまり必要ないと言われていますが、ドッグフードや野菜にも多く含まれていて、炭水化物はビタミンB1によって糖質に変換され、脳の働きを助けてくれる役割を果たしてくれます。
そのため、ビタミンB1の摂取は欠かせないと言えるでしょう。
他にも、ビタミンB郡は疲労回復夏バテにも効果があると言われています。

また、植物油に含まれているようなオレイン酸やリノール酸も含まれているため、血液の流れをスムーズにして動脈硬化を防いでくれる効果も期待できます。

豚肉は、体だけでなく心のサポートをしてくれる成分が含まれている優れた食品と言えるでしょう。

豚肉を犬に与えるときの量

一般的に肉を与えるときの量は、犬の体重の1~2%程度が目安と言われています。
例えば体重5kgの犬であれば、肉の量が50g~100gです。
ただし、豚肉は与える部位によってカロリーが異なります。
豚バラであれば100gあたり386kcal、肩肉は216kcal、豚ヒレは115kcalです。
そのため、与える量は、肉の部位によって調整したり、犬の体調を考慮して与えると良いでしょう。

豚,豚肉

犬へ豚肉の与え方

犬に豚肉を与えるときは加熱処理を!

豚肉は生肉ではなく、必ず炒める、茹でる、レンジでチンするなど加熱処理をしたものを与えるようにしましょう。

豚肉の効果を最大限に発揮するためには、野菜と一緒に与えると良いでしょう。
肉と野菜の比率は、「7:3」が理想的だと言われています。
カロリーを抑えるためにも、野菜は欠かせないでしょう。

また、豚肉は脂質が多く含まれているので、カロリーに考慮して調理するときには油を使わないなど工夫してあげると良いでしょう。

豚肉を使った犬用ご飯レシピ

◆豚肉と野菜の卵とじ

〇材料

  • 豚肉・人参やごぼう、キャベツなどのお好みの野菜・卵1個
  • 野菜は、愛犬の体調に合わせてチョイスするとGOOD!!

〇作り方

  • ①フライパンで豚肉を炒める。(油を引かなくても豚肉から油が出るでしょう)
  • ②細かく刻んだ野菜を合わせて炒める。
  • ③溶き卵を入れて卵とじにする。 ⇒できあがり!!

◆飼い主と一緒に!!豚肉巻きおにぎり

〇材料

  • 好きな部位の豚肉スライス・ごはん・人参やきのこなど(犬用)・ごま
  • 飼い主用の味付けは、焼き肉用タレ、もしくはしょうゆ・みりん・砂糖・にんにくで味付け

〇作り方

  • ①犬用の細かくカットして茹でた野菜とご飯を混ぜ込む。
  • ②飼い主用は白ご飯でおにぎりを作る。犬用は野菜を混ぜ込んだご飯でおにぎりを作る。
  • ③広げた豚肉でおにぎりを包む。
    ※豚肉を巻いたら強く握っておきましょう。
  • ④熱したフライパンで、巻き終わりの方を下にして焼く。
  • ⑤豚肉にしっかり火が通るまで蒸し焼きにする。飼い主用は味付けをする
  • ⑥お皿に移してごまをかける ⇒出来上がり!!
    ※犬用はすりごまがおすすめ

犬

犬に豚肉をあげるときの注意点

犬に豚肉をあげるときの注意点① 生で与えない

繰り返しになりますが、豚肉は生のまま与えないようにしましょう。
寄生虫や雑菌が他の肉と比べて多いため、必ず加熱処理をしてから与えなければなりません。購入後、時間が経った生肉には食中毒などの恐れも出てきます。


犬に豚肉をあげるときの注意点② 高カロリー

また、豚肉はカロリーが高いため与え過ぎると肥満の原因になります。
部位によってもカロリーが変わってくるため、肥満が気になる時にはカロリーの低い豚ヒレ肉を使うか、与える量や頻度を調整しながら体重管理をしてあげましょう。

豚肉を与える際は調理したものを与えることになりますが、玉ねぎなどのネギ類と一緒に調理してしまうと「たまねぎ中毒」を起こす成分が溶け込んでしまっています。
絶対にネギ類と調理したものは与えないようにしましょう。

犬に豚肉をあげるときの注意点① アレルギーの注意

犬によっては、豚肉に食べ物アレルギーを起こすことがあります。
アレルギーを起こすと下痢や嘔吐、皮膚のかゆみや赤みなどの症状が見られるようになります。
アレルギーを持っている犬には食べさせないこと、初めて食べさせる犬には様子を見ながら少量ずつ与えるようにしましょう。

また、体調が悪い時には体の抵抗力が落ちているため、普段大丈夫な食べ物でもアレルギーを起こすことがあります。
そのため、体調が悪い時にも与えないようにした方が良いでしょう。

犬は豚肉を食べてもいい?豚肉の栄養素や与える際の注意点 さいごに

豚肉には、犬にとって嬉しい栄養素が含まれています。
自宅での料理に使われることも多い食材なので、一緒に犬用ご飯も作ってあげると良いかもしれませんね。
しっかりと加熱した豚肉を使ったレシピで愛犬の健康に役立てていきましょう。