コーイケルホンディエの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

「コーイケルホンディエ」と聞いて、どんな犬か想像できるあなたは、かなりの犬Loverです。というくらい、このコーイケルホンディエという犬種は、世界的に見てもめずらしく、希少犬種としてなかなかお目にかかることがない犬なのです。今回はそんな一度は出会ってみたいコーイケルホンディエについて、ご紹介します。

コーイケルホンディエの基本情報

大変めずらしい犬種なのですが、歴史は古く、16世紀にはすでにオランダで活躍していた犬になります。

大きさはちょうど、小型〜中型犬の間くらいで、被毛はホワイトベースに、茶色の模様があります。

よくキャバリアやパピヨンに似ているなんていわれますが、全くの別犬種です。

ただ、スパニエル種の血筋を引いているという説からも、遠いところで繋がっている可能性はあるようです。

この希少犬種のコーイケルホンディエですが、現在日本で飼われている数は、100頭前後といわれています。

コーイケルホンディエの歴史

コーイケルホンディエの始まりは、カモ猟から。

コーイケルホンディエの歴史は、16世紀のオランダから始まります。

当時まだ人々は銃を持っておらず、カモを猟するにも、人々は網で捕まえる方法しかありませんでした。

そこで、コーイケルホンディエは大活躍をするのです。

コーイケルホンディエは自分のふさふさした豊かなしっぽを草むらに隠れながら揺らし、カモがそれに興味を示し寄って来たところで、猟師がカモと捉えるという絶妙なチームプレーをしていました。

また、多くの貴族や裕福な家庭の犬としても愛され、当時の絵画にもコーイケルホンディエは多数登場します。

第二次世界大戦に巻き込まれたコーイケルホンディエ

オランダで楽しく生活をしていたコーイケルホンディエはその後、オランダ人とともに、アメリカに移住をして行きました。

そして、世界中の新天地で幸せに生活するはずだったコーイケルホンディエですが、悲しくも世界大戦に巻き込まれることとなり、一時は絶滅寸前の状態になってしまった歴史があります。

愛犬家たちが諦めなかったコーイケルホンディエの復活

ほぼ絶滅したのでは?と思われていたコーイケルホンディエですが、愛犬家たちは諦めませんでした。

戦後、オランダ在住のヴァン・ハーデンブルク氏の夫人が、行商人を呼びつけ、コーイケルホンディエを探すように依頼することから始まりました。

そして幸運なことに、フリースランド州の農家でメスのコーイケルホンディエが飼われていたのです。

それ以外にも数は少ないですが、コーイケルホンディエの生き残りは発見され、愛犬家の手により再び、コーイケルホンディエの繁殖が始まったのです。

現在のコーイケルホンディエ

オランダで犬種登録されたのは1971年と時間がかかりました。

それ以降、ようやく世界へコーイケルホンディエは広がっていきました。

1996年にイギリスで犬種登録され、アメリカと日本にやってきたのは1999年になってからのことでした。

コーイケルホンディエは今でもオランダの犬籍簿で繁殖が管理されており、近親交配を避け、遺伝的な病気が発生しないように守られています。

コーイケルホンディエの活躍は、現在では昔のような猟からさらに幅を広げ、家族の一員として愛されているほか、災害救助や探知犬としても活躍をしています。

コーイケルホンディエの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:9.0〜11.0kg
  • 体高:35.0〜40.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:ホワイト&オレンジレッドの模様

コーイケルホンディエのしっぽ

コーイケルホンディエのしっぽは、かつてそのフサフサと豊かなしっぽを揺らして、カモをおびき寄せていたといいます。

カモがつい、近づきたくなるような優雅な動きをするしっぽは、コーイケルホンディエの魅力の1つです。

コーイケルホンディエの飾り毛

コーイケルホンディエのチャームポイントのしっぽにも、豊富な飾り毛があるのですが、コーイケルホンディエはそれだけではなく、耳やお腹などいたるところに飾り毛があるのが特徴です。

コーイケルホンディエの性格・気質

コーイケルホンディエはとにかく温厚でフレンドリー

狩猟犬として活躍していた犬は、割と自立心が強く、強気で警戒心がある犬が多いのですが、コーイケルホンディエは、驚くほど温厚なのです。

基本的に人懐こく、誰とでも仲良くなれ、他の動物ともうまく遊ぶことができます。

また、必要がないときに、ワンワン無駄吠えをすることが少ないため、小さな子供と一緒にいても、子供がびっくりするということがありません。

コーイケルホンディエは賢く、しつけしやすい

長いこと猟を人間と一緒にしてきただけあり、人とコミュニケーションを取るのがうまく、物覚えも早いです。

ちゃんと子犬のうちからしつけ、信頼関係が築けていれば、アイコンタクトを取ることで、じっと飼い主さんの指示をおすわりをして、注意深く落ち着いて聞くことができる犬になります。

コーイケルホンディエは家族大好きで寂しがり屋

コーイケルホンディエは、元猟犬ではありますが、その他の猟犬に比べ、自立心はさほど強くありません

どちらかというと、飼い主さんや家族と一緒にいることが大好きです。

そして、大好きな人たちを喜ばせようと、お茶目な行動で、私たちを楽しませてくれます。

1つ欠点があるとすれば、そういう家族大好きな性格が強すぎて、長時間のお留守番など、孤独になることが大の苦手で、ストレスになりやすいので注意が必要です。

コーイケルホンディエは見かけによらずデリケートでビビり?!

コーイケルホンディエはとても愛らしい顔をしているのと同時に、時に、とても凛として賢く、大人っぽい顔を見せることがあります。

そのため、ちょっとしたことで動揺することなく、冷静に物事を判断できる強さを持っていると思いきや…

もちろん個体差はありますが、ビビリな性格のコーイケルホンディエも多いのです。

初めてのものが怖い!と、飼い主さんの後ろに隠れたり、大きな音でビクッ!としたり。

見かけとのギャップに、飼い主さんのハートはくすぐられてしまいます。

コーイケルホンディエの飼い方

コーイケルホンディエは小さめの中型犬になります。

小型犬ではないので、外で飼うこともできるように思えますが、家族と一緒にいることがとにかく大好きで、生きがいでもありますので、できれば室内飼いすることをおすすめします。

コーイケルホンディエのしつけ

コーイケルホンディエの賢さや、人とコミュニケーションをとる能力が優れていることなどから、犬の初心者でも比較的、しつけがしやすい犬種といわれています。

ただどんなに従順な犬といっても、しつけには飼い主さんの一貫した態度で、正しくしつけるということが1番大事なことです。

中途半端で、その都度飼い主さんの指示が違うということがあると、犬は混乱をしてしまい、結局何も覚えません。

また、コーイケルホンディエをしつける上で、指示をちゃんとできたときにだけ褒めるようにします。

途中で諦めて、「とにかく、努力はしたもんね〜」と褒めたり、ご褒美をあげることはしてはいけません。

コーイケルホンディエのトイレトレーニング

コーイケルホンディエを家に迎えたら、まずしたいのがトイレトレーニングになります。

トイレトレーニングを始める時期は、犬が家に来たその日から始めます。

ポイントは、長期でゆっくり覚えさせるのではなく、短期で集中して覚えさせることです。

トイレを覚えるのに時間がかかればかかるほど、その分、失敗も繰り返すこととなり、最悪、犬自身、どこでトイレをしてもOKと、学習というより、習慣になってしまう可能性があります。

トイレはできれば、2〜長くても3週間で覚えさせるように目標をおきます。

コーイケルホンディエのトイレトレーニングの方法

  • トイレを覚えるまでは、サークル暮らし(サークルの中には、水・ベッド・トイレが必須アイテム)
  • 遊ぶ時にはサークルの外に出しても、終わったらサークルに戻します
  • 寝ておきた後、食後、水を飲んだ後、遊んだ後が排泄のタイミング
  • その場の匂いを嗅ぎ始めたら、トイレへ誘導
  • ワンツーワンツーなど、短い合図を繰り返し、トイレを促します
  • 上手にトイレができたら、大げさに褒めます

トイレを早く覚えるポイント

コーイケルホンディエが、どこがトイレかを学習してしまえば、そこでトイレをするようになるのはあっという間です。

なので、何がトイレかを早く覚えてもらうため、サークル内、空いてるスペース全てにトイレシートを敷き詰め、どこで排泄しても正解という状況を作ってあげます。

そうすることで、褒める回数は格段に増え、犬も足の感触で、何がトイレかを理解しやすくなります。

そして、とにかく失敗させないことを念頭にし、コーイケルホンディエがトイレを理解するまでは、できるだけ目を離さないようにしましょう。

また、仮に、トイレを失敗しても、絶対に叱らず、無視してその場をキレイにします。

コーイケルホンディエの散歩の仕方と頻度

コーイケルホンディエは愛玩犬と呼ばれるような小型犬とはケタ違いに、体力スタミナがあります。

元猟犬だったこともあり、外を走り回ったりするのが大好きです。

そのため、毎日相当量の散歩が必要になります。運動量が少ないと、コーイケルホンディエは体力を持て余し、ストレスが溜まることにより、普段どんなに利口な犬でも、室内で問題行動を起こしたり、ストレス性の病気になってしまうこともあります。

また、動くものに興味を示す傾向が強いので、散歩のしつけは必ず必要になります。

必要な散歩の頻度:1日2回、1回につき60分〜

コーイケルホンディエが必要な運動

コーイケルホンディエには毎日の散歩が必要になりますが、それだけでは運動量は足りません。

月に何回かは思い切り走り回れるドッグランや、ロングリードで遊べる山や川へ、連れて行ってあげることをおすすめします。

また、ただ走るだけではなく、コーイケルホンディエは頭を使った遊びが大好きですので、アジリティなども喜んで遊ぶでしょう。

そして、飼い主さんも参加型の遊び、例えばボール遊びや水遊びなども、コーイケルホンディエは大変好みます。

コーイケルホンディエのお手入れ

コーイケルホンディエのお手入れの基本はブラッシング

コーイケルホンディエはダブルコートになるので、毎日のブラッシングが必須になります。

さらに、換毛期の時期は抜け毛が増えてしまいますが、抜け毛が多いとされる日本犬に比べたら、少ないです。

基本的にブラッシングは、スリッカーブラシを使い、仕上げでコームを使います。

乾燥する季節にはブラッシングスプレーを使うことで、静電気を防ぎ、コーイケルホンディエの皮膚と被毛を守ります。

コーイケルホンディエのトリミングとグルーミング

コーイケルホンディエにトリミングは基本的に必要ありません。

ただし、グルーミングは必要になります。グルーミングをきちんとすることで、コーイケルホンディエの臭い対策にもなります。

コーイケルホンディエが必要なグルーミング

  • ブラッシング…毎日
  • シャンプー…2〜3週間に1回
  • 耳掃除…週に1回、イヤークリーナーを使い汚れを拭き取ります
  • 爪切り…月に1回、運動量によっても変動あり
  • 肛門周り・足の裏の被毛をカット…肛門周りはウンチで汚れないために。足の裏の被毛は、室内で滑らないためにもカットが必要です

コーイケルホンディエの歯磨き

最近では犬の歯磨きは常識化してきています。コーイケルホンディエも例外ではありません。

デンタルガムやデンタルスプレーなどありますが、基本的に歯磨きは歯ブラシ+歯磨きペーストを使うのが1番キレイになります。

子犬のうちから歯磨きに慣らしましょう。

コーイケルホンディエの注意する病気

コーイケルホンディエの注意する病気 その1 外耳炎

コーイケルホンディエの耳が垂れ耳であることから、どうしても耳の中が蒸れやすく汚れやすいので、定期的にお手入れをしていても、体力が落ちた時など、耳の中が炎症を起こしやすく、外耳炎になりやすいです。

耳をしきりに掻くような仕草や、耳の中が臭うようであれば、早期のうちに治すことをおすすめします。

外耳炎は慢性化すると完治に時間がかかります。

コーイケルホンディエの注意する病気 その2 遺伝性壊死性脊髄症(コイケル麻痺)

この疾患は遺伝性の病気ですが、比較的最近発見された病気で、日本では症例がありません。

世界的に見ても、症例数が少なく、治療法も見つかっていません。

症状に関しても、この病気になった犬は、2才になるまでに安楽死を選択しているため、どういう経過の症状をたどるかもわかっていません。

コーイケルホンディエの相場価格

滅多にお目にかかることがない、コーイケルホンディエは、ペットショップなどで購入は難しく、ブリーダーからの譲り受ける方法になります。

コーイケルホンディエの子犬で、だいたい30〜50万円くらいが相場です。

ブリーダー自体も日本では多くないので、年間生まれるコーイケルホンディエの数は、かなり限られています。

コーイケルホンディエのさいごに

犬が大好きという人でも、なかなかコーイケルホンディエという犬種を、知っている人は多くないのではないでしょうか。

一度は全滅しかけましたが、それでも守られ、生き抜いたには意味がある、大変愛らしい犬種です。

将来、コーイケルホンディエが世界中で増えることになれば、必ず人気が出るであろう、魅力的な犬種がコーイケルホンディエなのです。