イングリッシュポインターの基本情報!歴史や性格について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


イングリッシュポインターの基本情報

犬

ポインターという名前がつく犬種は他にもいますが、その中で1番有名で、人気があるのが、イングリッシュポインターになります。

日本ではまだまだ馴染みのない犬種ですが、元猟犬で、現在ではかわいいルックスと、温厚な性格と賢さから、家庭犬として愛されています。

イングリッシュポインターの歴史

イングリッシュポインター、1650年にはすでに文献に登場

イングリッシュポインターの歴史は古く、1650年には存在していたと考えられています。

ただその時はまだ、現在のイングリッシュポインターのように犬種として固定されていませんでした。

イタリアンポインターやスパニ主ポインターなどと交配させ、また、ハウンド系の犬種、スパニエル系の犬種などとも交配をさせ、猟犬として高い能力の犬に成長しました。

時代が進む中、人々が求める猟犬の質も変化し、イングリッシュポインターの強い猟欲や負けん気の強さが、扱いづらいと言われるようになり、セッター犬と交配させることにより、現在の穏やかなイングリッシュポインターとなりました。

軍用犬として、イギリス兵たちを助け続けたイングリッシュポインター

第二次世界大戦では、数多くの犬が軍用犬として、世界中で活躍をしました。

その中にイングリッシュポインターもいました。

特に有名なのが、「ジュディ」という名前のイングリッシュポインターです。

ジュディは日本兵の飛行機が近づいて来るのを察知し、軍艦から立ち去るまで吠え続け、水兵たちに危険を知らせ、敵の大艦隊が近づいて来ることも察知をし、水兵たちはまだ敵が見えないうちから、戦闘体制につくことができました。

また、その艦隊が沈没後、ジュディは見事に水兵たちを海岸がある方向へと導きました。

それだけでは終わりません。

喉が乾く水兵たちのために、何もない地面をひたすら掘り続け、海水ではない真水を掘り起こし、水兵たちの命を救いました。

このジュディの偉業は日本軍に捕虜として捕らえられた後も続き、その後、イギリス空軍のマスコットとなり表彰され、イギリスのヒーローとなりました。

イングリッシュポインターの特徴

  • 大きさ:大型犬
  • 体重:オス25.0〜35kg メス20.0〜30.0kg
  • 体高:オス65.0〜70.0cm メス60.0〜65.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:短毛種
  • 被毛の色:ホワイトベースに黒、レモン、オレンジ、レバー

イングリッシュポインターの身体的特徴

イングリッシュポインターの身体は筋肉質で、とてもバランスが良く、動く姿は本当に美しいです。

短毛の被毛はビロードのように艶やかで、抜け毛も少ないので、手入れも簡単になります。

また、エレガントな見かけと違い、さすが元猟犬とばかりに、体力とスタミナは相当ありますので、かなりの運動量が必要になります。

顔の特徴として、垂れ耳なのと、やや四角張ったマズルを持っています。

イングリッシュポインターの性格・気質

イングリッシュポインターは忍耐強く、飼い主さんの話を聞けます

家庭犬として愛されているイングリッシュポインターですが、元は猟犬です。

猟は獲物がいいタイミングで現れるまで、じっと待つ忍耐が必要になります。

また、飼い主の指示を集中して聞くというスキルも重要です。

そしてそれらの能力は、今でもイングリッシュポインターには引き継がれ、その能力は大型犬であっても、室内で飼いやすいといわれる良さになっています。

イングリッシュポインターはとにかく遊ぶのが大好き

イングリッシュポインターは落ち着きがある一方、とにかく体を動かして遊ぶのが大好きな、一面も持っています。

ただ走って遊ぶことも好きですが、道具を使った遊びも大好きです。

この遊び好きを生かし、しつけトレーニングを行うと、イングリッシュポインターは楽しくストレスなく、いろんなことを学習していきます。

イングリッシュポインターは人が大好き!知らない人にでもしっぽを振っちゃいます

イングリッシュポインターはとにかく人が大好きです。

愛想が良すぎて、遊んでくれる人なら誰にでもしっぽを振って、寄って行ってしまいます。

それがイングリッシュポインターのかわいさの1つでもあるのですが、間違いなく、番犬向きではありません。

イングリッシュポインターのオスとメスで性格は違うの?

犬種によっては、オスとメスで飼いやすい・飼いにくいということがある話を聞きますよね。

イングリッシュポインターに限っていうと、オスだから〜メスだから〜ということは目立ってないようです。

どういう環境で、どのように生活をし、どうしつけをされるかによって左右することが大きいでしょう。

ただ一般的にオスの方が体が大きく、成犬やシニア犬になろうと、いつまでも子犬のような振る舞いをすることが多く、メスの方は、成犬になるとともに落ち着きを見せ、同じはしゃぐのでも状況を読んだ立ち振る舞いをするようになります。

オスはいつまでも少年のように無邪気でまっすぐ。

メスは遊ぶの大好きな優しいスポーツ万能お姉さんというところでしょうか。

イングリッシュポインターの飼い方

イングリッシュポインターは小型犬と違い、体力もあるので外飼いをしようと思えば、できない犬種ではありません。

ただ、イングリッシュポインターの性格上、常に家族と一緒に行動をし、そばにいることを望む犬種ですので、コミュニケーションを取るためにも、室内飼いをおすすめします。

また、大型犬ではありますが、抜け毛や臭いも気になりませんので、しつけさえきちんとできていれば、外飼いするよりも楽しいドッグライフを楽しめます。

イングリッシュポインターのしつけ

イングリッシュポインターのしつけで大切なことは、猟犬だった本能である、動くものを追いたがったり、散歩中、クンクンいたるところを匂いを嗅ぎたがり、いろんなものに興味を示します。

そのため、散歩のトレーニングは散歩デビューで外に出る前から、室内でトレーニングを早いうちから始めることが、とても重要になってきます。

イングリッシュポインターのトイレトレーニング

イングリッシュポインターを室内で飼う場合、必ずトイレトレーニングが必要になります。

大型犬だし、外で排泄するようにしたいという場合も、実際、悪天候の日や、飼い主さんの都合で何度も外に排泄させに連れ出せない場合、イングリッシュポインターが老犬になって、思うように外に出る体力がなくなったときなどは、必ず室内でのトイレが必要になる時が来ますので、まずは、飼い始めたその日からトイレトレーニングはするようにしましょう。

トイレ

イングリッシュポインターのトイレをするタイミング

  • 寝起き
  • 食後・水を飲んだ後
  • 遊んだ後

これらのタイミングが排泄のタイミングになります。

その場の匂いをクンクン嗅ぎ始めたり、その場を回り始めたら、排泄のサインですので、トイレの場所に促します。

教えるポイントは、短期間で教えることです。
つまり、失敗をさせず、成功させる回数を増やすことで、トイレがどこかを覚えさせます。

まずは、トイレを理解してもらうために、トイレトレー以外にも、トイレシートを敷けるだけ敷き詰め、どこで排泄をしても褒めれる環境を作ることも方法です。

成功するごとに、トイレシートを縮めていき、最終的にトイレトレー1つになったら終了です。

トイレトレーニングは、だいたい2週間くらいで覚えさせるように頑張りましょう。

あまり長くトレーニングが続くと、犬はどこでしてもOKと間違って学習してしまうことがあります。

イングリッシュポインターのしつけのポイント3つ

イングリッシュポインターは大変賢く、集中力もあるので、しつけトレーニング自体で苦労することはそれほどないでしょう。

イングリッシュポインターによっては、二度同じことを言わなくても学習してしまうというほど、物覚えは早いです。

そんなイングリッシュポインターではありますが、注意してしつけをしてほしいことが3つあります。

1.イングリッシュポインターはクンクン地面の匂いを嗅ぐのが大好き

イングリッシュポインターは本能的に、外では常に地面の匂いをクンクン嗅ぎたがります。

いろんな匂いを永遠クンクンして、なかなか先に進まないこともあるほど…

それを完全にやめさせてしまうのは、イングリッシュポインターにとってストレスになってしまいます。

ただ、どこでもいつでもクンクンは困りますね。

道路には様々な有害なものが落ちていることもあります。

イングリッシュポインターを守る意味でも、匂いを嗅いでいい・悪いをコントロールできるようにしましょう。

2.イングリッシュポインターは、ついついリードを引っ張ってしまいます

イングリッシュポインターはかなりスタミナがあり、毎日の散歩も長時間必要になります。

飼い主の私たちが頑張っても、イングリッシュポインターは外を歩くことがとにかく楽しく、ついグイグイとリードを力一杯引っ張ってしまうことがあります。

これは、年を取るとともに落ち着いてくるとは言いますが、成犬の1番体力があるとき、グイグイ思い切り引っ張られてはたまりません。

あまりにも飼い主さんの歩き方がゆっくりで、イングリッシュポインターにとってストレスになっている可能性があれば、飼い主さん自身、歩くピッチを上げる必要がありますが、そうではなく引っ張る場合は、散歩のしつけを最初からやり直しましょう。

また、引っ張り癖を矯正するリードなどを一定期間使用してみるのも方法になります。

3.イングリッシュポインターは外では猟犬のスイッチが入りやすい!

イングリッシュポインターは元猟犬です。

室内では順応な愛玩犬をしていても、一歩外を出ると、ふとしたタイミングで本能的に猟犬スイッチが入る瞬間があります。

例えば動くものが目の前にあったり、興味をそそる匂いを噛んでしまったり…

スイッチが入ってしまうと、飼い主さんの声を聞こえないくらい夢中になってしまうことがあります。

いきなり走り出してケガをしてしまったり、周囲に迷惑をかけてしまったりということがないように、スイッチが入りそうになった瞬間、

  • 名前を読んでアイコンタクトを取る
  • 一度「おすわり」や「待て」をさせる

など、ワンクッション置き、落ち着かせることがとても大切になります。

イングリッシュポインターのしつけで困ったら

イングリッシュポインターを飼い始め、しつけしやすいって聞いたのに、なんでうちのイングリッシュポインターはやんちゃなの!?と悩むことがあるかもしれません。

イングリッシュポインターは大変体力があり、遊ぶのが大好きな犬種なので、子犬のうちは遊びが優先してしまい、コントロール不可になりがちかもしれません。

でも決してあきらめないでください。

成犬になってしまってからの様々な問題は、しつけし直すのに時間を要しますが、子犬のうちなら容易に修正可能です。

自分で手に負えない場合は、ぜひプロのトレーナーさんの教室に通うか、動物病院などでも開催しているパピー教室などに通い、早い段階で問題解決するようにしましょう。

イングリッシュポインターの散歩の仕方と頻度

イングリッシュポインターはご紹介したとおり、かなりの体力を持っているので、毎日の散歩が必要になります。

また、イングリッシュポインターの性格上、気になるものがあると、追いかけたくなったり、匂いをひたすら嗅いだりなどしますので、リーダーウォークのトレーニングは散歩をする上で、必要不可欠です。

必要な散歩の頻度:1日2回、1回につき60分〜

ただ、単調に歩くだけではイングリッシュポインターは、ストレスが溜まってしまいます。

散歩コースの中に坂を加えたり、定期的にコースを変えたりしましょう。

また、走ったり、わざとゆっくり歩いてみたり、歩き方に変化をつけてあげるのも喜びます。

イングリッシュポインターの運動量

イングリッシュポインターはどんなに毎日散歩をしてあげていても、それだけでは足りません。

毎日は必要ありませんが、月に何回かはドッグランやロングリードで思い切り走れる場所で、好きな分運動させてあげることが理想です。

イングリッシュポインターのお手入れ

イングリッシュポインターはダブルコートではありますが、短毛種になるので、お手入れは比較的簡単なのです。

具体的なお手入れ方法をご紹介します。

イングリッシュポインターのブラッシングとシャンプー

イングリッシュポインターはさほど、抜け毛は気にならない犬種ですが、やはり換毛期などは若干抜け毛が増えてしまいます。

ただ、それを考慮しても、ブラシングは1週間に1〜2回で十分です。

ただ、ブラッシングすることで、皮膚へのマッサージ効果があるので、ブラッシングは皮膚の健康を保つためにも必要です。

またイングリッシュポインターはさほど、体臭が気になる犬種ではありませんが、清潔を保つためにも月に1回はシャンプーすることをおすすめします。

シャンプーをすることで、死毛を取り除くこともできるので、抜け毛対策にもなります。

イングリッシュポインター、その他のお手入れ

イングリッシュポインターの耳掃除

イングリッシュポインターは垂れ耳になるので、どうしても耳の中が蒸れやすいので、定期的(1〜2週間に1回)に耳掃除をしてあげましょう。

基本的には、イヤークリーナーを使って、汚れを拭き取る方法になりますが、獣医さんによって、犬の耳奥にクリーナーが残ってしまい、却って耳の炎症につながることがあるという意見もあるので、イヤークリーナーを使う自信がなければ、コットンにクリーナーを湿らせて拭くなどのケアでも十分キレイになります。

イングリッシュポインターの歯磨き

子犬の時はさほど気になることはありませんが、犬の歯磨きを全くしない場合、年を取るごとに、口臭が気になってくることがあります。

それは、歯についた歯垢や歯石が原因となり、歯周病を起こしていることが原因の場合があります。

歯周病は、口臭だけでなくその菌は、犬の全身疾患に関係しているとまで言われます。

口内を触るというのは、犬はとても嫌いますが、イングリッシュポインターの健康を守るため、子犬のうちから歯磨きにはなれさせるようにして、歯磨きを習慣にすることをおすすめします。

イングリッシュポインターの注意する病気

イングリッシュポインターの注意する病気 その1 眼疾患

イングリッシュポインターは目に関わる病気にかかりやすい傾向があります。

特に、チェリーアイ、白内障、眼瞼内反症など注意が必要です。

ある程度の年齢になったら、定期的に眼検診をすることを心がけましょう。

イングリッシュポインターの注意する病気 その2 耳疾患

イングリッシュポインターの耳は垂れ耳のため、耳の病気にはなりやすいです。

耳を痒がったり、耳掃除で出てきた耳垢が赤茶色で、耳の中が臭うようであれば、炎症を起こしている可能性が高いので、早めに治療を始めましょう。

耳の炎症は慢性化すると、完治に時間がかかります。

イングリッシュポインターの注意する病気 その3 股関節形成不全

大型犬によくある病気で、症状は歩き方(よろめいたり、ふらつく。
ジャンプをしたがらない)
がおかしかったり、座り方(オネエ座り)がおかしいことで気づきます。

成犬前に症状が現れた場合、成長とともに自然に改善されることもあります。

治療は内科的治療が基本で、手術はよほど状態が悪くない限り行いません。

イングリッシュポインターとのミックス犬

イングリッシュポインター+柴犬

体つきは柴犬に似ることが多く、被毛の色はイングリッシュポインターに寄ることが多いようです。

洋犬と和犬のミックスなので、性格はどっちに似るかで変わってくるでしょう。

いずれにしろ、スタミナは十分あり、凛々しい立ち振る舞いをするミックス犬になります。

イングリッシュポインター+ラブラドールレトリバー

どちらに似てもフレンドリーで賢く、大変飼いやすいミックス犬になります。

体の骨格は、どちらかというと、ラブラドールレトリバーに似ることが多く、被毛の色はイングリッシュポインターに似ます。

日本ではなかなか見ないミックス犬ですが、海外では人気があるミックス犬になります。

イングリッシュポインターの価格相場と入手先

価格の相場として、子犬の場合、10〜30万円で、里親募集の場合は最低5万円〜が目安になります。

イングリッシュポインターは、まだまだ日本では見ることの少ない、めずらしい犬種になりますので、ペットショップではまず、出会うことは難しいでしょう。

そのため、インターネットや愛犬家の情報を使い、ブリーダーさんからか、里親募集しているところからの入手になります。

ペットショップによっては、リクエストがあればブリーダーさんを探し、ブリーダーさんとお客さんの間に入って手続きをしてくれる場合もあります。

ただしその場合、ペットショップに払う経費も発生してくるので注意が必要です。

いずれにしろ、専門のブリーダーさんは人気犬種のブリーダーさんと違い、探すこと自体苦労するかもしれません。

また見つかったとしても、出産の時期とタイミングが合うとは限らないので、焦らずにゆっくり情報を集めながら、ベストなイングリッシュポインターに出会うのを待つしかありません。

イングリッシュポインターに価格差が生じる理由としては、イングリッシュポインターには3種類あり、価格が高くなる順にドッグショータイプ・競技タイプ・ペットタイプとなります。

よりスタンダードに近いほど価格は上がる傾向にあり、親犬がチャンピオン犬だったりする場合も価格は高くなります。

一般的には、子犬は生後6ヶ月を過ぎると価格が下がることが多いのですが、こういう珍しい犬種の場合、月齢を過ぎたとしてもなかなか価格は下がることはありません。

逆に、平均より価格の安いイングリッシュポインターに出会ったときには、その理由をきちんと確認した方が良いでしょう。

イングリッシュポインターを飼うのに向いている飼い主は?

イングリッシュポインターを飼うのに向いている人として、

  • アウトドアが大好きで犬とスポーツを楽しみたい人
  • 毎日、一定の散歩時間を確保できる人
  • 毎日きちんとイングリッシュポインターとコミュニケーションを取れる人
  • 室内で飼えるスペースがある人

などがあります。

基本的にイングリッシュポインターは、お手入れが大変簡単な犬種なので、毎日スキンシップを取りながら十分運動をさせてあげることができれば、うまく飼っていける犬種になります。

家族と一緒にいることが大好きで、屋外では思い切り走りたがりますが、室内では環境に合わせ、やんちゃになることは少ないので、どういう室内環境でも対応できるでしょう。

イングリッシュポインターの寿命と長生きの秘訣

イングリッシュポインターの平均寿命は12〜14歳くらいになります。

もちろん個体差があるのと、最近では獣医学が日々進歩していて、年々、犬の寿命も伸びつつあります。

イングリッシュポインターも例外ではなく、ただ長生きをするということが目標ではなく、いかに健康で長生きをさせるかというのが、ポイントになります。

イングリッシュポインターの長生きの方法3つ

1.イングリッシュポインターには年齢に合わせた適度な運動を

イングリッシュポインターは運動が必要不可欠な犬種になりますが、ひたすらハードな運動をさせるだけではいけません。

年齢やその個体に合わせた運動をさせることが、イングリッシュポインターの筋肉や関節、骨を守ることにもなります。

◆子犬時期◆

体を作っている時期なので、極端でハードな運動はNG

◆成犬時期◆

1番体力があり、足腰を鍛える時期。この時期どれほど正しく運動できたかで、シニア犬になった時の足腰の強さが決まります。

◆シニア犬時期◆

個体の体力に合わせ、無理はさせないこと。ゆっくりでも短くても、毎日体を動かすということが大事。

ストレス解消や脳の活性化にもなります。

2.イングリッシュポインターには良質な食事をあげる

イングリッシュポインターは体が大きいので、つい、食費を考えればリーズナブルなドッグフードに目が行きがちですが、質のいい食事は、健康な体作りに直結します。

安価な食事には必ず理由があります。

ぜひ原材料にこだわり、体に優しいものをあげるようにしましょう。

3.イングリッシュポインターが5歳を過ぎたら定期検診を

イングリッシュポインターが5歳を過ぎたら、年に1回は検診を受けるようにしましょう。

犬は習性上、具合が悪くてもギリギリまで平然を装います。

病気が進んでからでは、治療に影響します。

早期の段階で発見してあげることで、健康寿命を伸ばしてあげることに繋がります。

この記事のまとめ

イングリッシュポインターはこんな犬
  • 体重、オス25〜35kg、メス20〜30kgの大型犬
  • 賢く集中力はズバ抜けているが、あまりにも人が好き過ぎて誰にでもしっぽを振り、番犬にならず
  • 短毛種のダブルコート。毛色はホワイトベースに「黒」「レモン」「オレンジ」「レバー」
  • 散歩のしつけが重要。トイレのしつけは失敗させず、成功の数を増やすことがポイント
  • 注意したい病気:「眼疾患」「耳疾患」「股関節形成不全」
  • 1日2回、1回につき60分〜散歩が必要。月に何回かはドッグランや広場で運動が必須
  • お手入れは1週間に1〜2回のブラッシング。月に1回程度シャンプー。定期的な耳掃除と毎日の歯磨き
  • イングリッシュポインターの平均寿命は12〜14歳くらい

イングリッシュポインターのさいごに

イングリッシュポインターは、優しく人に寄り添うタイプの犬種なので、犬好きの人にとっては、一度は飼ってみたいと思うのではないでしょうか。

大型犬でも飼いやすいといわれる、イングリッシュポインターですが、運動量だけは比較的他の犬より必要になるので、犬のために、散歩の時間を十分に避けない忙しい人には、不向きなのかもしれません。

ぜひ飼える環境にいる方は、イングリッシュポインターとの楽しい生活をエンジョイしてください!