イングリッシュスプリンガースパニエルの基本情報や性格について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


イングリッシュスプリンガースパニエルの基本情報

イングリッシュスプリンガースパニエルはイギリス出身の鳥猟犬になります。

中型犬ですが、堂々と優雅に自信満々に歩く姿は、とても美しいのが特徴です。

数多くいる猟犬種の中でも、機敏さはどの犬にも負けません

垂れ耳の被毛がウェービーなところがチャームポイントです。

イングリッシュスプリンガースパニエルの歴史

鳥猟犬として活躍したイングリッシュスプリンガースパニエル

⚪︎⚪︎スパニエルという犬種はたくさんいますが、特にその中でもイングリッシュスプリンガースパニエルは、古い歴史を持ちます。

始まりは14世紀、スペインからイギリスに渡った頃からになります。

イングリッシュスプリンガースパニエルは鳥猟が大変上手でした。

機敏で走るのも早く、隠れている鳥を飛び立たせ、人間が撃ち落とした鳥を回収するのも完璧でした。

また、スパニエル種の中では体が大きかったため、鷹のような大きな鳥もひるむことなく、追い込むことができたのです。

イングリッシュスプリンガースパニエルが犬種として公認されたのは1901年

イングリッシュスプリンガースパニエルの歴史はかなり長いのですが、犬種として公認されたのは1901年になってからなのです。

一時期は、ウェルシュスプリンガースパニエルと呼ばれることもありましたが、1903年、イギリスのケンネルクラブは正式に、イングリッシュスプリンガースパニエルと付けました。

イングリッシュスプリンガースパニエルの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:オス:20.0〜25.0kg メス:18.0〜23.0kg
  • 体高:オス:48.0〜53.0cm メス:44.0〜50.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:ブラック&ホワイト、オレンジ&ホワイト、レッド&ホワイト、レバー&ホワイト、レモン&ホワイト、トライカラー

イングリッシュスプリンガースパニエルの身体的特徴

イングリッシュスプリンガースパニエルの身体はとても引き締まっていて、筋肉質な体を持っています。

中型犬ですが、小型犬に負けない機敏な動きができるのが特徴で、スパニエル種の中では1番脚が長いとも言われます。

また、イングリッシュスプリンガースパニエルのしっぽは短いのが特徴で、かつては狩をするため、断尾されていましたが、現在ではその必要もない家庭犬になる場合が多く、愛護の意味からも断尾はしないようになりました。

 

イングリッシュスプリンガースパニエルの性格と気質

イングリッシュスプリンガースパニエルの集中力と忍耐力はゴールドメダル級

イングリッシュスプリンガースパニエルは長年、猟犬として生きてきた経験は今も引き継がれ、飼い主さんの指示をきちんと聞こうという集中力と、指示があるまで待てるという忍耐力は、こちらがびっくりするほど優れています。

飼い主さんが適切にしつけトレーニングをすれば、アイコンタクトだけで、指示を待てるような優秀犬にもなります。

また、集中力があるということは、教えたことを学習することが早いということでもあり、しつけも入りやすい犬種です。

イングリッシュスプリンガースパニエルは何でも興味津々

イングリッシュスプリンガースパニエルは、何にでも興味を示します

好奇心旺盛なので、一瞬でも「何だろう」と思うものを見つけると、匂いを嗅いだり、触ったりしたくて我慢できなくなります。

そのため、室内では特に、いたずらされたくないものは、イングリッシュスプリンガースパニエルの目につくようなところに置かないようにするなど、安全対策が必要です。

イングリッシュスプリンガースパニエルは他の犬と仲良くできない?!

イングリッシュスプリンガースパニエルは警戒心がとても強いので、初めて会う人や、他の犬とすんなり仲良くできるかというと、そうでもない場合が多そうです。

育つ環境や同じ犬種でも個体によって、性格は様々ですが、そういう性格を持っているということは、気に留めておく必要があります。

イングリッシュスプリンガースパニエルのオスとメスで性格は違うの?

イングリッシュスプリンガースパニエルは個々が持って生まれた性格と、どんな環境でどのように育ったかで性格が決まることが多く、オスとメスでの違いはさほどないとされています。

ただどちらかというと、オスは年齢に関わらずいつまでも無邪気な仕草を見せることが多く、ストレートに愛情表現をし甘えてきます。

一方メスのイングリッシュスプリンガースパニエルは、成犬になるにつれ、落ち着きを見せるようになり、その場その場で空気を読んだ動きをします。

そのため、メスの方が飼いやすいなどと言われ人気がありますが、あどけなく行動するオスがいいという根強いファンもたくさんいます。

イングリッシュスプリンガースパニエルの飼い方

イングリッシュスプリンガースパニエルは、室内飼いをおすすめします。

とても賢く、きちんと飼い始めにしつけることで、すんなりと人との生活ルールを覚えますので、家族と犬がコミュニケーションを取るためにも、室内で飼うことがベストです。

イングリッシュスプリンガースパニエルのしつけ

イングリッシュスプリンガースパニエルは噛み癖に注意!!

イングリッシュスプリンガースパニエルは噛み癖がある犬が多いです。

それは当然、子犬の頃からのしつけで噛まないようにしつけることが重要になります。

もともと、噛むことが他の犬種より多いので、子犬の頃は甘噛みでかわいいと思っていても、その時点で直さないと、いずれ本噛みになってしまいます。

そしてもう1つ。

イングリッシュスプリンガースパニエルが噛む原因として、「スプリンガー・レイジ・シンドローム」という、先天性の脳の病気で、感情のコントロールができず、攻撃的になってしまう場合があります。

イングリッシュスプリンガースパニエルのトイレトレーニング

トイレ

イングリッシュスプリンガースパニエルのトイレトレーニングは、家に連れてきた、その日から始めます。

基本は、きちんとできたら褒める。
失敗したら無視
です。

成功を繰り返すことで、犬自身の自信につながり、褒められようとすることで、学習スピードも格段に早くなります。

飼い主さんがするのは、成功させるために、トイレシートをトイレトレー以外にも多く広げ、どこでしても成功になるようにするなどです。

長期間のトイレトレーニングは、その分失敗も多くなり、犬自身のモチベーションも上がらず、どこで排泄してもOKと勘違いを始めてしまうので、トイレを覚えるまでは、飼い主さんがつきっきりで教えるくらいの気持ちで、短期で教えるのが成功のポイントです。

イングリッシュスプリンガースパニエルに必要なしつけ3つ

イングリッシュスプリンガースパニエルはご紹介してきたように、何をやらせても完璧にこなすことができるスーパードッグになります。

ただしそれは、ちゃんとしたしつけをした上での話になります。

中途半端なしつけ方をしてしまうと、スーパー問題犬となってしまうので、注意が必要です。

イングリッシュスプリンガースパニエルを問題犬にしないために、最低限必要なしつけは何なのかをご紹介いたします。

1.「おすわり」「伏せ」「待て」を完璧に

比較的覚えやすく、余裕でしょ?と思われがちなしつけが「おすわり」「伏せ」「待て」ではないでしょうか。

ただこれらのコマンドは、簡単に見えて実は奥が深いんです。

ただできればいいということではありません。

どんなにイングリッシュスプリンガースパニエルが興奮していたり、パニクっていたり、飼い主さんに集中しにくい環境でも、言うことを聞けるようにするというところまで、完璧にしつける必要があります。

「おすわり」「伏せ」「待て」の3つを完璧にできることで、散歩中、他の犬に吠えたくなったり、何かに興味を示し走り出したくなっても、それらを静止することができます。

2.アイコンタクトをどんな状況でも取れる

「おすわり」「伏せ」「待て」と同じくらい大事なのが、アイコンタクトをちゃんと取れるということがあります。

イングリッシュスプリンガースパニエルは元鳥猟犬ですので、目で飼い主の言いたいことを読む能力に長けています。

その能力を最大限に引き出してあげることで、普段から何かをするというとき、飼い主さんとアイコンタクトを自ら取るようになり、勝手に暴走することなく、マナー良く、外で振る舞うことができます。

3.呼び戻しが完璧にできる

元鳥猟犬であったイングリッシュスプリンガースパニエルは、どうしても本能的に動くものが気になり、追いかけたくなる習性があります。

普段の散歩では、リードを付けていることと、無謀に走り出してしまいそうな時は、「おすわり」「伏せ」「待て」のコマンドでコントロールが可能でしょう。

ただ問題なのは、ドッグランや山や川など、ノーリードで遊ばせる機会があった時、とにかく楽しくて遊びに夢中になっていると、イングリッシュスプリンガースパニエルはどこまでも走って行ってしまうことがあります。

そんな時、呼び戻しができないと最悪です。

人間が走って追いつけるわけもなく、とにかく危険な要素がたくさん生まれます。

イングリッシュスプリンガースパニエルを守るという意味でも、呼び戻しは大変重要なしつけになります。

イングリッシュスプリンガースパニエルの散歩の仕方と頻度

イングリッシュスプリンガースパニエルは相当量の運動が必要になるため、毎日の散歩は日課としてください。

必要な散歩の頻度:1日2回、1回につき60分〜

散歩の仕方として、できればただ平坦な道を60分歩くのではなく、定期的に散歩のコースを変えたり、コースの中に、歩く道に坂道を混ぜたり、アスファルトの道だけじゃなく、芝生やあれば、砂利道など変化を取り入れましょう。

イングリッシュスプリンガースパニエルの必要運動量

どんなに毎日散歩をしていても、それだけではイングリッシュスプリンガースパニエルの運動量は十分ではありません。

月に何回かは、ドッグランや、思い切り走れるような広い公園や、犬連OKな山などに連れて行き、運動させるようにしましょう。

好奇心旺盛な性格を生かし、室内で、おやつやおもちゃをいたるところに隠し、探させるような遊びも喜びます。

イングリッシュスプリンガースパニエルのお手入れ

イングリッシュスプリンガースパニエルのブラッシング

イングリッシュスプリンガースパニエルはダブルコートの長毛種なので、普段から抜け毛は少なくありません。

そのため、抜け毛対策としてブラッシングは欠かせません。

また換毛期は特に、抜け毛が増えるので、普段よりもブラッシングの回数を増やすことが必要になります。

方法としては、スリッカーブラシを使うのが基本で、仕上げにコームを使います。

乾燥する時期などは、ブラッシングスプレーなどを使うと静電気を防ぐことができます。

また、ブラッシングは抜け毛対策以外にも、皮膚へのマッサージ効果にもなり、ブラッシングすることで血行が良くなり、皮膚病などの予防にもなるのと、良いスキンシップにもなります。

イングリッシュスプリンガースパニエルのシャンプー

イングリッシュスプリンガースパニエルのシャンプーは被毛の汚れ具合や、皮膚の状態で変わってきますが、2〜3週間に1回のシャンプーが基本になります。
シャンプーをすることで、臭い対策になるほか、シャンプーで死毛が落ちるので抜け毛対策にもなります。

イングリッシュスプリンガースパニエルのトリミング

イングリッシュスプリンガースパニエルは定期的なトリミングが必要になります。

飼い主さん自身が全身のトリミングは、できないわけではありませんが、ストリッピングなど、高度なスキルを要しますので、全身のトリミングはプロのトリマーさんにお願いしましょう。

イングリッシュスプリンガースパニエルの耳掃除

イングリッシュスプリンガースパニエルは垂れ耳なので、耳のお手入れも必ず必要になります。

何もせず放置しておくと、耳の中は蒸れやすいため、炎症を起こしやすくなります。

1〜2週間に1度の割合で、イヤークリーナを使用、もしくは、コットンを丸めるなどして、耳の中を拭き取ります。

耳垢の色が赤茶色や、量がいつもより多い、臭いがするなどがある際は、炎症を起こしている可能性があるので、獣医さんの診断を受けます。

イングリッシュスプリンガースパニエルの歯磨き

イングリッシュスプリンガースパニエルは、ご紹介した通り、噛み付くということが多い犬種になりますので、歯磨きのトレーニングは早いうちから始め、歯磨きされるということに慣れさせるようにします。

何にでも好奇心を示しますので、遊びながら最初は、口内を触れるようにすることから始め、次に、歯ブラシを自由に噛ませ、歯ブラシに慣れさせるようにと、順を追ってトレーニングしていきます。

イングリッシュスプリンガースパニエルの注意する病気

イングリッシュスプリンガースパニエルの注意する病気 その1 激怒症候群

しつけの項目でもご紹介しました、スプリンガー・レイジ・シンドロームという病気です。

これは遺伝的な病気になり、現在でも完治する治療法は確立されていません。

どんなにしつけをしても、突然怒り狂って、手がつけられないという場合、この病気である場合があります。

これは遺伝でなる病気なのがわかっていますので、イングリッシュスプリンガースパニエルを迎えるときには、両親の血筋を確認することが大切です。

イングリッシュスプリンガースパニエルの注意する病気 その2 皮膚疾患

イングリッシュスプリンガースパニエルは膿皮症や、アレルギー性の皮膚疾患になりやすい傾向があります。

皮膚を痒がっていたり、ブラッシングしたときにフケが多いなどあるときには、皮膚の状態を注意して見ましょう。

犬の皮膚疾患は、慢性化すると完治に時間がかかりますので、初期の段階で治療することをおすすめします。

イングリッシュスプリンガースパニエルの注意する病気 その3 眼疾患

イングリッシュスプリンガースパニエルは遺伝的に眼の病気になりやすいです。

特に、眼瞼内反症や進行性網膜萎縮症には注意しましょう。

眼の疾患は、他の病気よりもわかりにくいこともあるため、定期的な検診が大切になります。

イングリッシュスプリンガースパニエルとのミックス犬

もともと日本ではイングリッシュスプリンガースパニエル自体見ることが少ないので、そのミックス犬というと、さらに見る機会はないような気がします。

ただ、イングリッシュスプリンガースパニエルは海外では大変人気がある犬種になり、様々なミックス犬もいるようです。

イングリッシュスプリンガースパニエル+ラブラドールレトリバー

どっちの親に似るかによって、見た目は個々に違ってきますが、運動神経の良さや賢さは、どちらに似てもずば抜けていることは確かでしょう。

体の大きさは、中型サイズのイングリッシュスプリンガースパニエルに似る傾向があります。

イングリッシュスプリンガースパニエル+ボーダーコリー

全犬種の中で1番賢いとされるボーダーコリーとのミックスは想像がつきますか?

どちらも中型犬なので、大きさはそれ以上大きくなることはありません。

アクティブに体を動かすのが大好きで、大変賢いのでたくさんの芸もすぐに覚え、家族をいつも楽しませてくれそうです。

イングリッシュスプリンガースパニエルの価格相場と入手方法

イングリッシュスプリンガースパニエルの相場は、ショータイプかペットタイプかによっても、大きく金額は変わってきますが、ペットタイプの場合は、15万〜35万円くらいが目安になります。

滅多にペットショップなどで見ることがない、イングリッシュスプリンガースパニエルは、基本的にブリーダーさんから譲り受ける方法になります。

ショータイプとして生まれたイングリッシュスプリンガースパニエルは、平均よりも高額になりますが、ペットタイプとして生まれたイングリッシュスプリンガースパニエルの場合も、親犬がチャンピオン犬だったり、スタンダードにより近い個体だったりすると、そうでない個体よりも高くなります。

または、ペットショップに相談して、探してもらえる場合もあるようです。

ただしその場合、諸経費がかかるので、通常店頭にいる犬種の購入より高額になる傾向があります。

そして注意したいのが、イングリッシュスプリンガースパニエルは遺伝性の疾患があることです。

親犬がはっきりしていて、遺伝性疾患に関してブリーディングの際、どこまで気を配っているかということが大切になります。

そのため、できれば親犬をちゃんと見られ、何でも相談できるプロのブリーダーから迎え入れることが安心かもしれません。

イングリッシュスプリンガースパニエルを飼うのに向いている飼い主は?

イングリッシュスプリンガースパニエルを飼うのに向いている人として、

  • 毎日の散歩を欠かさずできる人
  • アクティブな運動が好きで、犬と体を動かしたい人
  • 多頭飼いを考えていない人
  • 犬の手入れを面倒がらずにできる人
  • 犬のトリミング代や医療費など金銭的余裕がある人

などがあります。

やはり、イングリッシュスプリンガースパニエルは体力があり、毎日ある程度運動をさせてあげないと、運動不足からストレスを溜めてしまいます。

心身ともに健康に生活させるためにも、運動するということは、イングリッシュスプリンガースパニエルにとってとても重要な日課になります。

また、イングリッシュスプリンガースパニエルは耳や皮膚、目の疾患になりやすい傾向があります。

金銭的に余裕がなく病院に連れていけないということがないよう、お金に余裕があるということが、飼う上で必要な条件になります。

ジャーマンシェパード

イングリッシュスプリンガースパニエルを飼う環境「マンションでもOK?1人暮らしは?」

イングリッシュスプリンガースパニエルを飼うには、とにかく運動をさせなきゃというイメージで、マンションやアパート暮らしでは厳しい!?と思われがちですが、きちんと毎日散歩が出来、1週間に1回くらいは自然の中で十分に遊ばせてあげれるということであればマンションやアパートで飼うことも十分可能です。

ただ1人暮らしの場合、子犬の時期にきちんとしつけが出来た場合は大丈夫かもしれませんが、1人暮らしの家に長時間毎日留守番をさせるというのは、イングリッシュスプリンガースパニエルがストレスを溜めてしまう原因にもなり、いたずらをしたりと、様々な問題行動を起こす可能性も出てきます。

イングリッシュスプリンガースパニエルの寿命

イングリッシュスプリンガースパニエルの寿命は12〜14歳くらいになります。

近年、犬の飼い主である私たち自身も、犬の健康を重視するようになってきたのと、獣医学も日々進歩していることもあり、犬の寿命は年々延びてきています。

今後は、ただ長生きをするということではなく、いかに健康に長生きをさせるかということがポイントになってきています。

ご紹介してきたように、イングリッシュスプリンガースパニエルは遺伝的な疾患がある犬種ですので、5歳を過ぎたら定期検診を受けたり、少しでもいつもと体調が違うようであれば、早期のうちに病院へ行き、慢性化する前に治療を開始するようにしましょう。

この記事のまとめ

イングリッシュスプリンガースパニエル はこんな犬
  • 体重、オス20〜25kg、メス18〜23kgの中型犬
  • 大変賢く、集中力と忍耐力がある。好奇心旺盛。警戒心が強い
  • ダブルコートの長毛種。毛色は「ブラック&ホワイト」「オレンジ&ホワイト」「レッド&ホワイト」「レバー&ホワイト」「レモン&ホワイト」「トライカラー」
  • しつけは噛み癖をつけないように注意。最低限「おすわり、伏せ、待て」「アイコンタクト」「呼び戻し」をしつける
  • 注意したい病気:激怒症候群、皮膚疾患、眼疾患
  • 子犬の価格相場は15〜35万円くらい
  • 平均寿命は12〜14歳

イングリッシュスプリンガースパニエルのさいごに

とても魅力的なイングリッシュスプリンガースパニエルですが、運動量が相当必要なことから、万人受けするという犬種でもなさそうです。

ただ、アウトドアが好きな人にとっては、体力とスタミナが豊富で、スポーツ大好きなイングリッシュスプリンガースパニエルは、ベストパートナーになれるのではないでしょうか。

信頼関係をしっかり築ければ、意思疎通が完璧にできる関係にもなれるのが、イングリッシュスプリンガースパニエルです。