犬のおやつ正しい量と回数を守って健康的に過ごそう

Contents


犬のおやつとは?

おやつ,食事,ドックフード

犬のおやつとは、食事以外に食べる、嗜好品としての要素が強いものを言います。

犬は人間ほど味覚に敏感ではありませんが、甘いという味覚を持っているので、普段の食事では味わえない甘さのおやつに目がありません。

また、カリカリ、ポリポリ、プツプツといった面白い食感のおやつも犬にとっては新鮮で、面白いと感じるようです。

犬のおやつ適正な量・回数

犬にとっておやつは必要?不必要?

犬にとっておやつは必要?不必要?かよく聞きますよね。

おやつはあくまでも「嗜好品」犬にとって、栄養が偏る原因になるので必要ないという意見。

でもそれは、あげ方とあげるおやつ次第なのです。

犬はおやつが大好きです。

正しくあげる量と回数を守ることで、犬とのコミュニケーションにもなり、しつけトレーニングでご褒美としてあげることで、犬のモチベーションも上がります。

おやつ,食事,ドックフード

犬にあげるおやつの適正な量(犬の大きさ、ライフステージ別)

犬におやつをあげるときの基本は、その犬の1日に必要なカロリーをオーバーしないことが1番重要です。

また、おやつで必要以上のカロリーを摂ってしまうと、栄養バランスが偏ってしまうので、おやつのカロリーバランスとして、1日にあげるおやつは、1日に必要なカロリーの10〜20%以内に設定します。

以下で、犬の大きさ、ライフステージ別におやつのあげる量をご紹介します。

ただし、これらは平均的な量になりますので、犬の個体やライフスタイルによっても変動します。

  • 超小型犬…子犬:46.8〜93.6kcal 成犬:37.4〜74.8kcal シニア犬:32.8〜65.6kcal
  • 小型犬…子犬:78.7〜157.4kcal 成犬:63.0〜126.0kcal シニア犬:55.1〜110.2kcal
  • 中型犬:子犬:132.4〜264.8kcal 成犬:105.9〜211.8kcal シニア犬:92.7〜185.4kcal
  • 大型犬:子犬:201.5〜403.0kcal 成犬:161.2〜322.4kcal シニア犬:141.0〜282.0kcal

*子犬におやつをあげる場合は、9ヶ月を過ぎてから、少しずつ犬の状態を見てあげるようにします。

フラットコーテッドレトリバー

犬にあげるおやつの適正な回数

犬は、量の認識があまりなく、もらったという事実で喜びます。

そのため、1回に大量あげるのではなく、少しずつ回数を多くあげたほうが、犬にとって満足感につながります。

特に、しつけトレーニングでのご褒美であげる場合は、結構な回数をあげることになるので、少しずつあげることが重要ですね。

また、子犬の時期など、特にしつけトレーニングを多く行う場合は、おやつだけではご褒美が間に合わないなんてことがあります。

その際は、1日にあげるドックフード(ドライフード)の中から少し、おやつと混ぜながら、ご褒美をしてあげることも方法です。

子犬へのおやつはいつから与えていい?

1番、しつけトレーニングをする時期である子犬期ですが、いつからおやつをあげていいと思いますか?

子犬期では、犬はどんどん成長をするため、より質のいい栄養を摂ることが必要になります。

何より、まだ体が成長しきっていない状態で、いろんな形態のおやつをあげるというのも、好ましくありません。

そのため、おやつをあげ始めるのは早くても9ヶ月までは待つようにしましょう

それまでのしつけトレーニングでのご褒美は、ドライフードを少しずつあげるようにします。

また、おやつのあげ始めは、いきなりいろんな種類を様々あげるのではなく、ボーロのような、消化しやすいおやつから始めることをおすすめします。

また、おやつを少量から始め、アレルギーの有無の観察もしてくださいね。

シニア犬のおやつで注意すること

どんなに見た目年齢は若く見える愛犬も、年は取っていき、シニア犬になります。

シニア犬になると、1日に摂取する栄養カロリーが減ることから、代謝が若い頃より落ちてくるのがわかりますね。

では、そうなってきた時に、「これがうちの愛犬の好物だから」と成犬の時と変わらないおやつでいいのかというと、少し変化が必要になってきます。

もちろん同じ年齢の犬でも、体力など老い方はずいぶん個体差があります。

そのため、自分の犬の状態をきちんと把握することが大事なことです。

シニア犬へのおやつの工夫として、若い頃のように歯が丈夫ではなくなってきているのに、馬肉や牛肉のアキレス腱のような硬いものは、食べづらくなってくるので、もっと柔らかいものへ変更が必要です。

また、シニア犬の健康維持のため、乳酸菌入りのおやつや、グルコサミンやコンドロイチン入りの栄養補助食品的なおやつを取り入れることも、健康維持につながります。

愛犬がシニア犬になってきた時には、それに合わせたおやつを取り入れることで、より愛犬が楽しく健康的に過ごせるサポートになるのです。

犬におやつのあげ方

好みはそれぞれ違っても、ほとんどの犬がおやつは大好きですよね。

おやつを頬張る愛犬の幸せそうな顔は、私たちも笑顔になれ、ついついもっとあげたくなります。

でもそれをしてしまうと、ぽっちゃり犬まっしぐらになってしまいます。

また、年中常におやつ、おやつ、おやつ…となってしまうと、おやつ自体が基本的に嗜好品なので、栄養バランスが整っているとは言い難いことが多く、おやつばかりを優先して食べてしまうと、栄養バランスが崩れ、体調を崩しやすくなってしまいます。

また、おやつの種類によってはただあげるのではなく、注意が必要なものもあります。

おやつをあげたい私たち。

おやつを食べたい犬。

正しいあげ方をすることで、何の負担もなく、楽しいおやつ時間にすることができます。

それでは、おやつのあげ方についてポイント5つをご紹介いたします。

1.しつけで使うおやつは小さく、そしてドライフードとミックスで

おやつは犬のモチベーションを上げてあげるのに効果的なので、しつけトレーニングの時にはかなり重宝します。

当初はなかなかうまくできなくても、どんどん学習し、「ご褒美!ご褒美!」となるでしょう。

そしてその度、おやつをあげていては間違いなくカロリー過多になってしまいます。

しつけで使うおやつのポイントとしては、

  • 常におやつをご褒美にせず、ドライフードと混ぜ交互にあげる
  • あげるおやつは小さいものを選ぶか、ちぎって少しずつあげる

などがあります。

犬は、もらうおやつの大きさよりも、もらったということ自体が喜びとなりますので、大きさより回数が重要なのです。

そのため、少しでも小さいおやつをあげることで、摂取カロリーを抑えることができます。

2.おやつのカロリーをきちんとチェックする

おやつのカロリーは気にするようにしましょう。

同じクッキーでもバターを使っているもの、使っていないものではカロリーが全く違います。

また、ベイクド調理かフライ調理かでも変わってきますね。

少しでもヘルシーにおいしくあげたいので、市販のおやつを購入する時には、食品表示をきちんとチェックするようにしましょう。

3.知育玩具を使い、時間稼ぎ

犬って大好きなものほど大急ぎで、ペロッとすごい早さで完食してしまいますよね。

そして次の瞬間「もっとくれ」の眼差し…

あげたいけど、これ以上あげたらおデブちゃんに…

心が痛みます。

そんな時かなり活躍するのが、知育玩具です。

おやつを隠せる知育玩具というものがあり、少量のおやつを、時間をかけて探して食べることができます。

犬も遊びながらおいしいおやつが食べられ、きっと楽しい時間になるでしょう。

4.そばで見られるときには時間がかかる硬いおやつを

犬はクッキーやボーロのような甘いおやつ以外にも、ちょっとワイルドに、牛の骨や乾燥させたスネ肉などをガリガリ食べることも好みます。

ただし硬いおやつの場合、犬によっては夢中になってしまい、最後まで噛まずに途中で丸飲みしてしまうことがあります。

そうなると大変危険なので、決して留守番をさせるときなどにあげてはいけません。

硬いおやつをあげる時には必ず、飼い主が最後まで見ていられる時にあげるようにします。

5.おやつでごまかさず、まず一緒に遊んであげる

犬はいつでも私たちと遊びたがります。

私たちも遊んであげたいと思っても、日々のことに追われつい、犬との時間をないがしろにしてしまったり…

構ってあげられない代わりにとばかり、おやつをあげていませんか?

おやつは喜んで食べますが、それで大好きな人と遊べないストレスは解消できません

ぜひ、おやつでごまかすことなく、1日短時間でもいいので、おやつではなく、スキンシップを取って遊ぶようにしましょう。

おやつ=犬の幸せではありません。

犬のおやつのおすすめ活用法

犬におやつはどんな時にあげていますか?

おやつはしつけトレーニングの時以外にも、大変役立つあげ方があるのでご紹介します。

お留守番の寂しさを紛らわす

これは試している家も多いかもしれませんね。

ただおもちゃを与えての留守番では、犬は短時間で飽きてしまいます。

でもそこにおやつが加わったら、つまらないお留守番でも、少しだけテンションを上げてあげることができます。

そこに知育玩具を使えば更に、もっと長い時間おやつに夢中になることができます。

薬を飲ませる時に味をごまかす

犬に薬を飲ませるのに、結構苦戦する人が多いのではないでしょうか。

犬は苦いものに関しては、とにかく拒否します。

口をこじ開けてあげようものなら、大暴れすることもあります。

そこで、柔らかめのチーズなど、匂いが強いおやつに包んであげてみましょう。

意外ですが、簡単に飲み込んでくれることが多いのでおすすめします。

最近では薬を飲ませる用のゼリー状のおやつなど様々あるので、愛犬の好みに合わせて、大嫌いな薬時間を少しでも、おいしく楽しい時間にしてあげましょう。

外出先での大興奮を落ち着かせる

動物病院やドッグカフェなど、いろいろな場所で、犬は興奮してしまうことがあります。

周りに誰もいないときなどはまだマシですが、そこに他の犬や人もいるとなると、私たちまでパニクってしまうことがありますね。

そんなとき、何もなしで「おすわり」のコマンドを聞いてくれればいいのですが、興奮しきった犬の耳にはその声が届かないことも。

そこで、私たちの声に注目させるために活躍するのがおやつになります。

おやつをちらつかせ、注目させたら、アイコンタクトで「おすわり」のコマンド。

ちゃんと座ったところでおやつをあげましょう。

犬用市販のおやつおすすめ6選

犬のおやつは年々進化していて、ただ見た目がおいしそうというだけでなく、ヒューマングレードで、なおかつ体にいいおやつがたくさんあります。

今回はたくさんあるおやつの中で、おすすめを6選ご紹介します。

市販の犬のおやつ1. おいしいおやつで歯磨き効果「オーラベット」

デンタルガムのおやつは様々種類がありますが、こちらは甘いバニラの匂いがする、犬が夢中になること間違いないデンタルガムになります。

さらに、おいしいというだけでなく、ちゃんと効果がある製品にのみ承認されるVOHCを取得しています。

歯磨きプラスこのデンタルガムで、愛犬の口内を清潔に保てます。

ガム自体柔らかいので、シニア犬でも無理なく食べられます。

ORAVET(オーラベット)

市販の犬のおやつ2. ご飯のトッピングにもおやつにも「嵐山善兵衞 長寿一番 馬肉」

こちらのおやつは、国産にこだわって作ったおやつになります。

もちろん、人工添加物や着色料、防腐剤、調味料など一切使っていません

形状も面白く、よくある丸い粒ではなく、1つ1つが長細いのです。

食べやすく、消化しやすいように作られているので、子犬からシニア犬まで食べられます。

食事として、トッピングとして、おやつとして。

いろんな食べさせ方ができるのがポイント高いです!

嵐山善兵衞 長寿一番 馬肉

市販の犬のおやつ3. 珍しいカンガルーの肉でアレルギー対策「カンガルーアキレス」

犬のアレルギーは、同じものをたくさん食べ続けることで、いずれアレルギーの許容範囲を超え、アレルギー反応が出るとも言われています。

そのため、なかなか食べることのないような食べ物をローテーションであげることで、アレルギーを回避するという説もあります。

そこで紹介しますのが、カンガルーのアキレスです。

オーストラリアのカンガルーのアキレスを、日本国内で加工製造していますので、安心して愛犬にあげられます。

最近、カンガルーの肉は注目されていますので、おすすめですよ!

国内製造 オーストラリアのカンガルーアキレス

市販の犬のおやつ4. パステルカラーのボーロでしつけのご褒美

こちらの商品は嬉しいことに5種類のボーロがミックスになっているのです。

見た目がパステルカラーでかわいいだけでなく、自然にこだわり、化学原料や添加物は一切使用されていません。

フルーツや野菜、ヤギのミルクで作ったボーロは、どのライフステージの犬でも食べられます

プライムケイズ カルシウム村の恋人たち

市販の犬のおやつ5. フリーズドライの犬用納豆

納豆は、人だけではなく、犬にも栄養価の高いおいしい食べ物なのです。

納豆そのものをあげようとしても、ネバネバで、犬が上手に食べられない!そんな時に便利なのが、フリーズドライの納豆になります。

納豆に含まれるナットウキナーゼで犬の血液をサラサラに保ちましょう。

ドットわん フリーズドライ納豆

市販の犬のおやつ6. おいしいビスケットでグルコサミン補給

ご紹介するこのビスケットは、犬にも必要不可欠なグルコサミンやコンドロイチンが配合されているビスケットになります。

また、プロバイオティクスも1粒あたり約1,000CFU配合されていて、おいしく食べられるサプリメントのようなおやつです。

ナチュラルハーベスト プロバイオビスケット グルコサミン

犬のおやつを手作りしよう!

市販のおやつもいいけど、時間がある時にはやっぱり手作りしてあげたい。

そう思うあなたに、犬のおやつのレシピをご紹介いたします。

手作りの場合、ご自身の愛犬の好みや体調などに合わせ、いくらでもアレンジができますので、ぜひ時間がある時にお試しください!

小麦アレルギーでも食べられるクッキー

◆材料

  • 米粉…60g
  • 水または牛乳…60g(米粉と同量)
  • さつまいも…15〜20g
  • 砂糖(またはハチミツ)…ひとつまみ

◆作り方

  1. さつまいもは皮をむいて、事前にレンジでチンするか茹でて柔らかくして、適当に粒が少し残るくらいに潰しておきます。
  2. 米粉と水を混ぜ、そこに潰しておいたサツマイモを混ぜます。
  3. 160度で予熱したオーブンで15〜20分ほど焼きます。(オーブンにより若干焼き時間は変わります。)
  4. 焼きあがったら、冷めるまで待って完成!

◆ポイント

米粉は片栗粉などでも代用できます。

また、卵を加えて丸めて焼けばボーロ風に変わります。

サツマイモを今回使いましたが、かぼちゃなど別のものでも代用でき、味に変化をつけられます!

完全無添加☆愛情たっぷりの手作りジャーキー

◆材料

  • 肉(鶏肉・牛肉など)

◆作り方

  1. 肉をとにかく薄く薄く切ります。(2〜3ミリくらいがベスト)
  2. 140〜150度に予熱したオーブンでひっくり返しながら、40分ほど焼きます。
  3. 焼きあがったら、肉同士がくっつかないように離して置き、冷めるのを待ちます。
  4. 覚めてカリカリになったら完成!

◆ポイント

カリカリに仕上げるには、肉を薄く切ることが大切です。

そのため、なかなか薄く切れない時は、肉を半冷凍くらいにして切るようにするとうまくいきます。

鶏肉の場合はささみや胸肉など脂が少ない部位が、カリカリなりやすいのでオススメします。

また、牛肉の場合もバラのように脂身が多いところは避け、モモやロースなどが向いています。

また、馬肉などで作ってもヘルシーになりますね。

夏にピッタリ! 犬用ミルクで作るひんやりゼリー

◆材料

  • 犬用ミルク…100cc
  • プレーンヨーグルト(無糖)…100cc
  • 粉ゼラチン…2.5g
  • お湯…25cc
  • 好きなフルーツ…少々

◆作り方

  1. 犬の好物のフルーツを適当な大きさにカットします
  2. 犬用ミルクとプレーンヨーグルトを混ぜます
  3. 粉ゼラチンをお湯でキレイに溶かします
  4. 犬用ミルク&プレーンヨーグルトを混ぜたものに、溶かしたゼラチンを混ぜます
  5. さらに、切って置いたフルーツを混ぜ、ゼリーの容器に入れて固まったら完成!

◆ポイント

夏は犬でも暑さでバテ気味になります。

ほんのりと甘くて冷たいデザートで、体を優しく冷やすことができます。

注意したいのは、選ぶフルーツは犬が食べられるものを選ぶことです。

間違ってもぶどうやいちじくなどはNGなので気をつけましょう!

今回はゼラチンを使って、ゼリーとして紹介いたしましたが、ゼリーを使わずに、凍らせて食べる前に空気を含ませて、しゃりしゃりのシャーベットとしてあげることも可能です。

犬に手作りおやつをあげるときの注意!

手作りのおやつは無添加で、着色料などの心配もなく、安心して犬にあげることが大きなメリットですよね。

ただ注意したいことが2つ。

「賞味期限」「カロリー」に気をつけなければなりません。

保存料や添加物を使っていないということは、どうしても長期間保存はできません。

少量を2〜3日で食べきれる量を作るようにしましょう。

また、手作りでおやつを作る時には、材料それぞれのカロリーをざっくりでもいいので計算するようにします。

そうしないと、おやつ+普通に食事を摂ってしまうと、カロリー過多になりがちです。

せっかく健康的で優しいおやつをあげるなら、徹底して犬の健康を守ってあげたいですよね。

この記事のまとめ

犬のおやつ正しい量と回数
  • 犬のおやつとは、食事以外に食べる嗜好品
  • おやつのあげ方:「しつけで使うおやつは小さく、そしてドライフードとミックスで」「カロリーをきちんとチェック」「知育玩具を使い、時間稼ぎ」「見ていられるときには時間がかかる硬いおやつを」「まず一緒に遊んであげる」
  • おやつの活用法:「お留守番の寂しさを紛らわす」「薬を飲ませるときに味をごまかす」「外出先での大興奮を落ち着かせる」
  • 犬のおやつの適正な量:1日に必要なカロリーの10〜20%以内
  • 犬にあげるおやつの適正な回数:1回に大量あげず、少しずつ回数をあげたほうが犬の満足感が上がる
  • 子犬のおやつデビュー時期:9ヶ月まで待ち、少しずつあげ、アレルギー反応がないか観察する
  • シニア犬にあげるおやつの注意点:栄養補助食品的なおやつがおすすめ

犬のおやつ正しい量と回数を守って健康に過ごそう さいごに

おやつはあげ方次第で、犬を喜ばせる以外にも、薬を飲ませる負担の軽減になったり、サプリメント的な要素で健康管理に役立ったり、様々なメリットがあります。

あげすぎは良くありませんが、毎日の生活を豊かで楽しいものにするために、体に負担をかけない程度に、愛犬に合ったおやつを少しずつあげて、かわいい幸せな笑顔を作ってあげましょう。

また、手作りのおやつの場合、人間のおやつと比べたらかなり薄味ではありますが、愛犬と家族で同じおやつを一緒に食べることも可能です。

一緒に食べたら楽しい時間が倍増するのではないでしょうか。