犬のおやつ正しい量と回数を守って健康的に過ごそう

日々の生活の中で、愛犬へのご飯に気を使うのはもちろんですが、みなさん、愛犬へのおやつは気にしていますか?愛犬のかわいさから、おねだりされるとついあげちゃったりしませんか?でもご存知でしょうか。正しい犬へのおやつのあげ方。今回は、犬のおやつのあげ方をご紹介します。

犬のおやつ適正な量・回数

犬にとっておやつは必要?不必要?

犬にとっておやつは必要?不必要?かよく聞きますよね。

おやつはあくまでも「嗜好品」犬にとって、栄養が偏る原因になるので必要ないという意見。

でもそれは、あげ方とあげるおやつ次第なのです。

犬はおやつが大好きです。正しくあげる量と回数を守ることで、犬とのコミュニケーションにもなり、しつけトレーニングでご褒美としてあげることで、犬のモチベーションも上がります。

犬にあげるおやつの適正な量(犬の大きさ、ライフステージ別)

犬におやつをあげるときの基本は、その犬の1日に必要なカロリーをオーバーしないことが1番重要です。

また、おやつで必要以上のカロリーを摂ってしまうと、栄養バランスが偏ってしまうので、おやつのカロリーバランスとして、1日にあげるおやつは、1日に必要なカロリーの10〜20%以内に設定します。

以下で、犬の大きさ、ライフステージ別におやつのあげる量をご紹介します。

ただし、これらは平均的な量になりますので、犬の個体やライフスタイルによっても変動します。

  • 超小型犬…子犬:46.8〜93.6kcal 成犬:37.4〜74.8kcal シニア犬:32.8〜65.6kcal
  • 小型犬…子犬:78.7〜157.4kcal 成犬:63.0〜126.0kcal シニア犬:55.1〜110.2kcal
  • 中型犬:子犬:132.4〜264.8kcal 成犬:105.9〜211.8kcal シニア犬:92.7〜185.4kcal
  • 大型犬:子犬:201.5〜403.0kcal 成犬:161.2〜322.4kcal シニア犬:141.0〜282.0kcal

*子犬におやつをあげる場合は、9ヶ月を過ぎてから、少しずつ犬の状態を見てあげるようにします。

犬にあげるおやつの適正な回数

犬は、量の認識があまりなく、もらったという事実で喜びます。

そのため、1回に大量あげるのではなく、少しずつ回数を多くあげたほうが、犬にとって満足感につながります。

特に、しつけトレーニングでのご褒美であげる場合は、結構な回数をあげることになるので、少しずつあげることが重要ですね。

また、子犬の時期など、特にしつけトレーニングを多く行う場合は、おやつだけではご褒美が間に合わないなんてことがあります。

その際は、1日にあげるドックフード(ドライフード)の中から少し、おやつと混ぜながら、ご褒美をしてあげることも方法です。

子犬へのおやつはいつから与えていい?

1番、しつけトレーニングをする時期である子犬期ですが、いつからおやつをあげていいと思いますか?

子犬期では、犬はどんどん成長をするため、より質のいい栄養を摂ることが必要になります。

何より、まだ体が成長しきっていない状態で、いろんな形態のおやつをあげるというのも、好ましくありません。

そのため、おやつをあげ始めるのは早くても9ヶ月までは待つようにしましょう。それまでのしつけトレーニングでのご褒美は、ドライフードを少しずつあげるようにします。

また、おやつのあげ始めは、いきなりいろんな種類を様々あげるのではなく、ボーロのような、消化しやすいおやつから始めることをおすすめします。

また、おやつを少量から始め、アレルギーの有無の観察もしてくださいね。

シニア犬のおやつで注意すること

どんなに見た目年齢は若く見える愛犬も、年は取っていき、シニア犬になります。

シニア犬になると、1日に摂取する栄養カロリーが減ることから、代謝が若い頃より落ちてくるのがわかりますね。

では、そうなってきた時に、「これがうちの愛犬の好物だから」と成犬の時と変わらないおやつでいいのかというと、少し変化が必要になってきます。

もちろん同じ年齢の犬でも、体力など老い方はずいぶん個体差があります。そのため、自分の犬の状態をきちんと把握することが大事なことです。

シニア犬へのおやつの工夫として、若い頃のように歯が丈夫ではなくなってきているのに、馬肉や牛肉のアキレス腱のような硬いものは、食べづらくなってくるので、もっと柔らかいものへ変更が必要です。

また、シニア犬の健康維持のため、乳酸菌入りのおやつや、グルコサミンやコンドロイチン入りの栄養補助食品的なおやつを取り入れることも、健康維持につながります。

愛犬がシニア犬になってきた時には、それに合わせたおやつを取り入れることで、より愛犬が楽しく健康的に過ごせるサポートになるのです。

犬用市販のおやつおすすめ6選

犬のおやつは年々進化していて、ただ見た目がおいしそうというだけでなく、ヒューマングレードで、なおかつ体にいいおやつがたくさんあります。

今回はたくさんあるおやつの中で、おすすめを6選ご紹介します。

市販の犬のおやつ1. おいしいおやつで歯磨き効果「オーラベット」

デンタルガムのおやつは様々種類がありますが、こちらは甘いバニラの匂いがする、犬が夢中になること間違いないデンタルガムになります。

さらに、おいしいというだけでなく、ちゃんと効果がある製品にのみ承認されるVOHCを取得しています。

歯磨きプラスこのデンタルガムで、愛犬の口内を清潔に保てます。

ガム自体柔らかいので、シニア犬でも無理なく食べられます。

ORAVET(オーラベット)

市販の犬のおやつ2. ご飯のトッピングにもおやつにも「嵐山善兵衞 長寿一番 馬肉」

こちらのおやつは、国産にこだわって作ったおやつになります。

もちろん、人工添加物や着色料、防腐剤、調味料など一切使っていません

形状も面白く、よくある丸い粒ではなく、1つ1つが長細いのです。

食べやすく、消化しやすいように作られているので、子犬からシニア犬まで食べられます。

食事として、トッピングとして、おやつとして。

いろんな食べさせ方ができるのがポイント高いです!

嵐山善兵衞 長寿一番 馬肉

市販の犬のおやつ3. 珍しいカンガルーの肉でアレルギー対策「カンガルーアキレス」

犬のアレルギーは、同じものをたくさん食べ続けることで、いずれアレルギーの許容範囲を超え、アレルギー反応が出るとも言われています。

そのため、なかなか食べることのないような食べ物をローテーションであげることで、アレルギーを回避するという説もあります。

そこで紹介しますのが、カンガルーのアキレスです。

オーストラリアのカンガルーのアキレスを、日本国内で加工製造していますので、安心して愛犬にあげられます。

最近、カンガルーの肉は注目されていますので、おすすめですよ!

国内製造 オーストラリアのカンガルーアキレス

市販の犬のおやつ4. パステルカラーのボーロでしつけのご褒美

こちらの商品は嬉しいことに5種類のボーロがミックスになっているのです。

見た目がパステルカラーでかわいいだけでなく、自然にこだわり、化学原料や添加物は一切使用されていません。

フルーツや野菜、ヤギのミルクで作ったボーロは、どのライフステージの犬でも食べられます

プライムケイズ カルシウム村の恋人たち

市販の犬のおやつ5. フリーズドライの犬用納豆 

納豆は、人だけではなく、犬にも栄養価の高いおいしい食べ物なのです。

納豆そのものをあげようとしても、ネバネバで、犬が上手に食べられない!そんな時に便利なのが、フリーズドライの納豆になります。

納豆に含まれるナットウキナーゼで犬の血液をサラサラに保ちましょう。

ドットわん フリーズドライ納豆

市販の犬のおやつ6. おいしいビスケットでグルコサミン補給

ご紹介するこのビスケットは、犬にも必要不可欠なグルコサミンやコンドロイチンが配合されているビスケットになります。

また、プロバイオティクスも1粒あたり約1,000CFU配合されていて、おいしく食べられるサプリメントのようなおやつです。

ナチュラルハーベスト プロバイオビスケット グルコサミン