スキッパーキの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


スキッパーキの基本情報

スキッパーキは、ベルギーを原産とする小型犬です。

黒い被毛を持つスピッツタイプで、ベルギーでは主に番犬として活躍していました。

日本では珍しい犬種ですが、原産地であるベルギーでは、注意深く足取りが静かな犬であることから高齢者の散歩の友として人気の高い犬種です。

また、犬の中でも長寿の犬種の一つとされています。

スキッパーキの歴史

スキッパーキの歴史

~ルーツ~

スキッパーキの起源については諸説あり、ベルギーのブリュッセルとオランダのアントワープを航海していた船乗りが連れていた犬が祖先犬だという説や、ベルギー・フランドル地方の牧羊犬を小型化した説などがあり、詳 しい起源については定かになっていません。

1690年ごろには、ブリュッセルですでに人気があった犬だと言われていて、労働者や靴の修繕屋を中心に飼われていました。

靴屋の職人たちは、職人としての技術を評価してもらうため装飾を施した真鍮製の首輪をスキッパーキに身につけさせて、定期的にその首輪をつけたスキッパーキのコンテストを行っていたそうです。

一方でネズミやモグラなどの害獣を駆除する番犬としても活躍し、19世紀になるとベルギーで最も有名な犬種となりベルギーの国犬として認められることになります。

1885年のドッグショーに出陳されたことをきっかけに人気犬種となり、その後、ベルギー王室のマリー・アンリエット王妃がスキッパーキを好まれたことから、あらゆる階級の人々の間で流行しました。

1887年にはイギリスやアメリカに渡りますが、イギリスでの人気が高まり輸出によってベルギー国内ではスキッパーの数が減っていくことになります。

そこで1880年代にベルギーの愛犬家たちによって保存会が立ち上がり、1888年には最初のスタンダードが作成され、再びベルギー国内で数を増やしていくことに成功しました。

スキッパーキの歴史

~名前の由来~

スキッパーキは名前の由来についても諸説あります。

船の番犬をすることが多かったため、ドイツ語で「小さな船長」を意味する言葉から名づけられたと考えられてきました。

しかしベルギーでは、1920年ごろから、フランデレン地方の方言で「小さな羊飼い(牧羊犬)」を表す「Shapocke」または「Scheperke」という語に由来するという説が一般的となりました。

ちなみに、犬種名は英語やオランダ語の発音を準拠して表記すると「スキッパーキ」となりますが、日本語では「シッパーキ」(シッパーキー)と呼ばれていることもあります。

ジャパンケネルクラブの登録名は「スキッパーキ」で登録されています。

スキッパーキの特徴

  • ずんぐりむっくりの小型犬
  • 少し生意気なキツネ顔
  • 毛色はブラックが一般的
  • 肩マントを羽織っているような被毛

スキッパーキの特徴

~大きさや身体的特徴~

スキッパーキは、体高25~33cm、体重3.5~7.5kgの小型犬です。

体高と体長がほとんど同じ正方形に近い胴体に、筋肉質な体つきからずんぐりむっくりという印象を受ける体型をしています。

以前までは生まれながらに尻尾がない個体もありましたが、最近では尻尾がある状態で生まれ、動物愛護の観点からも断尾されることは少なくなってきています。

運動能力が高く、走る姿はまるで「黒い弾丸」のようだと言われています。

額が広くピンと立った耳で、キツネに似た顔立ちでいたずらっ子のような表情をしています。

スキッパーキの特徴

~毛質や毛色~

スキッパーキの被毛は、綿のような下毛と荒めの毛質をした上毛のダブルコートの犬種です。

脚以外の毛はやや長めの中毛で、首回りに肩マントを羽織っているような特徴的な生え方をしています。

毛色は、ブラックが最も一般的ですが、クリームやフォーンなども存在します。

犬種標準ではブラックのみ認められていますが、JKC(ジャパンケネルクラブ)ではクリームやフォーンでの血統書も発行されます。

スキッパーキの性格・気質

  • 好奇心旺盛、探検が大好き
  • 小悪魔的な性格
  • 警戒心が強い
  • 愛情深く優しい

スキッパーキの性格・気質

~小悪魔的な性格~

スキッパーキは、活動的で好奇心旺盛な性格をしています。

気になる匂いなどがあると、なりふり構わず探し回るような探検を好みます。

家族に対しても愛情深く、小さな子どもさんとも仲良く遊ぶことができるでしょう。

一方で、自由奔放で飼い主を無視することがあるため「リトルブラックデビル(黒い小悪魔」とも呼ばれるような、クセがありながらも愛らしい性格の持ち主です。

スキッパーキの性格・気質

~小さく優秀な番犬~

スキッパーキは縄張り意識や警戒心が強く番犬として優秀で、小さな体の割に大きな声で吠えます。

必要と感じると吠えますが、無駄吠えは少ないと言われています。

見知らぬ人には警戒し一線置いて接しますが、自分のことを可愛がってくれる人だと分かると愛嬌をふりまくようなこともあります。

他の犬とは距離を置いて接するような注意深さも持ち合わせています。

神経質で頑固な面もあるため、しつけには時間がかかりますが、頭は良く飼い主にも従順なので根気強くしつけていくことで楽しく陽気なパートナーとなってくれるでしょう。

スキッパーキの飼い方・しつけ

スキッパーキの飼い方①

~外飼いはできる?飼育環境~

スキッパーキは番犬として最適な性格を持っていますが、基本的には室内での飼育をおすすめします。

元気に遊び廻ることが好きなスキッパーキにとって、過ごしやすい気候の季節であれば日中だけ庭や外に出しておくことは良いでしょう。

ただし、首輪が抜けないようしておくこと、スキッパーキ自慢のジャンプ力で塀を乗り越えないよう脱走できないよう注意しておく必要があります。

外で1日中遊んでいられるような活発な犬種ですが、寝るときは室内に入れてあげるようにしましょう。

また、夏の暑さは苦手な犬種ですので夏場は室内で遊びの時間を設けて飼育するようにしましょう。

スキッパーキの飼い方②

~運動~

とても活発で運動能力の高い犬種ではありますが、小型犬のため運動量はそれほど多く必要ありません。

とは言っても、ほかの小型犬よりは運動量は多めに確保してあげたほうが良いでしょう。

散歩は、1日2回、それぞれ20~30分の散歩をしてあげましょう。

さらに、散歩に加えて室内や庭などの広いスペースで頭脳と体を使うゲームなどをしてあげましょう。

探検が好きな犬種なので、おやつを使った宝探しなどもおすすめです。

大型犬にも引けを取らないほどの高さまで飛ぶことができる運動能力を持っているので、アジリティーなどのドッグスポーツもおすすめです。

スキッパーキのしつけ①

~飼い始めたその日からのしつけが大切~

スキッパーキは頭が良く無駄吠えも少ない犬種ですが、甘やかすことで吠え癖がついたりわがままになったりすることもあります。

また、好奇心旺盛が故に、思いがけない行動に出やすい犬種でもあり、それによって怪我をしたり他の人に迷惑をかけてしまう可能性も考えられます。

しつけは子犬を迎えたその日から初めましょう。

頑固で神経質な面を持っているため、一方的に叱ってしつけるのではなく、遊びながら楽しくしつけを取り入れていくと良いでしょう。

スキッパーキのしつけ②

~社会性を身につけさせる~

スキッパーキは番犬らしく警戒心が強い犬種ですが、社会性を養っておくことで強い警戒心を和らげることができます。

できるだけ子犬のうちから家族以外の人や他の犬・動物との関りを持たせてあげましょう。

飼い主さんが積極的に関りを持っている姿を見せることで、警戒心も和らいでいくでしょう。

スキッパーキのお手入れ

スキッパーキのお手入れ①

~抜け毛対策~

スキッパーキはダブルコートの犬種のため、普段から抜け毛はありますが、特に換毛期にはたくさんの抜け毛があります。

毛の長さもあるので、抜け毛が目立ち気になることが多いでしょう。

こまめに飼育スペースの清掃も行って清潔にしてあげましょう。

◆ブラッシング

抜け毛対策の基本はブラッシングです。

通常期は週に3~4回を目安に、換毛期には毎日ブラッシングしてあげましょう。

スリッカーブラシを使って抜け毛を取り除いた後、獣毛ブラシで毛並みを整えてあげると良いでしょう。

ブラッシングの後に固く絞った濡れタオルで体を拭いて清潔にしてあげることで、黒い被毛に光沢を与えることができます。

◆シャンプー

シャンプーは、皮膚を清潔にするだけでなく抜け毛対策にも効果的です。

1~2か月に1回を目安にシャンプーしてあげましょう。

豊富な毛に覆われているので、根元や皮膚まできれいにするために丁寧に洗い上げていきましょう。

◆犬服を着せる

車に乗せる時や外出時には、抜けた毛が飛び散らないよう犬の服を着せてあげると良いでしょう。

施設によっては抜けた毛が飛散しないように服を着せることがルールになっている場合もありますよ。

スキッパーキの注意する病気

スキッパーキは平均寿命が13~15年と言われていて、長寿の犬種として知られています。

遺伝性疾患も少なく頑健な犬種とも言われていますが、いくつか注意する病気もあります。

スキッパーキの注意する病気①

~レッグ・ペルテス病~

はっきりとした原因は不明ですが遺伝が関連していると考えられている病気で、太ももの骨と骨盤を繋いでいる大腿骨頭への血行が阻害され、大腿骨が壊死してしまう病気、別名「大腿骨頭壊死症」です。

脚を引きずる、脚に力が入らない、食欲の低下、脚に触られるのを嫌がるなどの症状が見られます。

症状が軽い場合は、運動制限や投薬治療を行いますが一時的に症状を抑えるのみの対処療法になり、最終的には外科手術によって、壊死した大腿骨頭を切除する必要があります。

予防ができない病気のため、症状が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

スキッパーキの注意する病気②

~目瞼内反症・二重瞼毛~

眼瞼内反症はまぶたが内側に巻き込まれる状態のことで、二重睫毛は先天的にまつ毛がまぶたの内側にも生えてしまっている状態のことです。

角膜や結膜角にまつ毛が刺さった状態になっているため、目やにや涙が出やすくなったり、痛がることや目が開けられないなどの症状が見られます。

軽度の場合ではまつ毛を抜く処置を取り、重度の場合では整形手術を行います。

症状が見られたら早めに動物病院で処置してもらいましょう。

スキッパーキの注意する病気③

~甲状腺機能低下症~

体の代謝を活発にする役割を持つ甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気のことです。

元気がなくなる、体重が増える、毛が抜けて薄くなる・脱毛、皮膚が黒ずむなどの症状が見られます。

甲状腺ホルモンを投与することで治療できますが、生涯にわたって治療を続けていく必要があります。

残念ながら予防することができない病気のため、早期発見・早期治療を心掛けることが大切です。

スキッパーキの子犬の販売価格

スキッパーキの子犬の販売価格は、だいたい25~35万円です。

日本では数が少なく珍しい犬種のため、ペットショップで見かけることはほとんどありません。

そのため、子犬を探されるときはブリーダーがおすすめです。

海外から輸入することもできますが、輸送費などの諸経費を含めると30~40万円は必要になるでしょう。

子犬を選ぶ際には、遺伝疾患の有無や親犬の健康状態の確認をしておきましょう。

極めて稀にはなりますが、里親募集に出ていることもあります。

年齢などにこだわりがない、気長に待てるという場合であれば里親募集で探されてみても良いかもしれません。

スキッパーキについて さいごに

「リトルブラックデビル(黒い小悪魔)」と呼ばれるだけのこともあり、初心者におすすめの犬種とは言えませんが、スキッパーキの特徴や性格、飼い方などをしっかり理解して準備することで、初心者で飼うこともできるでしょう。

日本ではメジャーな犬種ではありませんが、破天荒で思いがけない行動に出たり、目が離せない愛らしい存在となる、スキッパーキの今後の人気に期待したい犬種です。