ブリタニースパニエルの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ブリタニースパニエルの基本情報

ブリタニースパニエルは、フランス・ブルターニュ地方を原産とする中型犬です。

スパニエルの中では最古の犬種の一つとされています。

優れた嗅覚や回収能力、従順さを持ち、万能犬とされて猟犬や家庭犬として人気があります。

古くから「ブリタニースパニエル」という名称で呼ばれていますが、近年では「スパニエル」を除いて「ブリタニー」と登録されている国もあります。

ブリタニースパニエルの歴史

ブリタニースパニエルの歴史
~ルーツ~

ブリタニースパニエルの祖先犬は、フランス・ブリターニュ半島に17世紀ごろから存在していたスパニエル系の猟犬であると考えられています。

17世紀の絵画には、すでに現在のブリニタースパニエルに似た犬が描かれています。

当時から鳥や小動物の猟犬として活躍しており、19世紀になるとイングリッシュセッターやイングリッシュポインター、ウェルシュスプリンガースパニエルなどと交配されて、現在のような姿になったと考えられています。

その後1907年に、原産国フランスで犬種として公認されました。

1930年になるとアメリカに輸出されるようになり、急速に人気を得て1934年にはアメリカでも公認犬種として認知されました。

ブリタニースパニエルの歴史
~優れた猟犬として~

当初は、優れた嗅覚を活かしてヤマシギ狩りを得意としていました。

ブリタニースパニエルの人気は上流階級だけでなく、密猟者の間にも広まっていきました。
獲物の在りかを示し、従順に回収する隠密行動にも対応できる能力を持っていたのです。

当時の猟師たちは、長い尻尾を持ったポインティングドッグ(獲物を探し出し、その位置を静かに示す猟犬)をほしがっていたため、元々尻尾が短いブリタニースパエニルが認知されることがなかなかありませんでした。

しかし、ブリタニースパニエルの優れた能力が証明されて、ポインティングドッグの中で最も人気の高い犬種となりました。

ブリタニースパニエルの特徴

  • ポインティングドッグの中で最小の中型犬
  • 実猟にふさわしいスピード・持久力・跳躍力を持つ
  • 被毛はショートコート・部分的にウェーブがかった中毛
  • 一般的な毛色は、ホワイト&オレンジ

ブリタニースパニエルの特徴
~大きさや身体的特徴~

ブリタニースパニエルは、体高44~52cm体重13~18kgの中型犬です。

体高と体長がほとんど同じスクエア型に長い脚を持っています。

引き締まった筋肉質な体に重々しさはなく、スピードや持久力、跳躍力に優れており、現在でも実猟で活躍しています。

生まれつき尻尾のない個体もいますが、尻尾がついて生まれてくる個体もあり、実猟で使われる場合は断尾されることもあります。

ブリタニースパニエルの特徴
~毛質や毛色~

ブリタニースパニエルの被毛はスパニエル系ほど豊かではなく、滑らかなショートコートで、胸や、胸、臀部、尾などは少し長めで毛先が緩くウェーブがかかっています。

毛色は、ホワイトをベースに、オレンジ、ブラック、パイボールド(暗い赤茶色)、さらにホワイトに有色の毛が混ざっているローンなどがあります。

一般的に多いとされているのは、ホワイト&オレンジです。

ブリタニースパニエルの性格・気質

  • 愛情深くおだやか
  • 好奇心と探求心が旺盛
  • イタズラ好き
  • 訓練能力が高い

ブリタニースパニエルの性格・気質
~家庭犬として最適な気質を持つ犬~

ブリタニースパニエルは、飼い主に対して愛情深く、指示には的確に反応する素直な性格をしています。

は好奇心が旺盛で、動くものに反応し、動き回ったり遊ぶことが大好きな陽気な犬種です。

環境に対する適応能力も高いので、小さな子どもや他の犬とも仲良くできるでしょう。

家庭犬として最適の気質を持った犬種だと言えるでしょう。

ブリタニースパニエルの性格・気質
~イタズラ好きな一面も~

ブリタニースパニエル作業能力の高い犬種ですが、人懐こく平和を好む犬種のため番犬には向いていません。

自主性があり、自分で考えて行動することのできる聡明さを持ち合わせています。

その聡明さをイタズラに使うこともあるようです。

精神的にも肉体的にも刺激になる運動をさせてあげないと、イタズラや破壊行動を起こすこともあるので注意しましょう。

ブリタニースパニエルの飼い方・しつけ

ブリタニースパニエルの飼い方①
~外飼いは可能?最適な飼育環境は?~

ブリタニースパニエルは、寒さには強いですが暑いのは苦手な犬種なので、比較的涼しい気候の地域であれば外飼いも可能です。

それでも、基本的に人との交流を必要とする犬種で、コミュニケーション能力を高めるためにも室内飼いされることをおすすめします。

非常に活発な犬種でもあるため、庭などの遊べるスペースも確保してあげましょう。

ブリタニースパニエルは子犬のころはかなりやんちゃなので、誤飲誤食を防ぐためにもブリタニースパニエルの届く場所に物を置かないようするなど注意しておきましょう。

ブリタニースパニエルの飼い方②
~運動~

ブリタニースパニエルは多くの運動量を必要とします。

散歩は1日2回、それぞれ30~1時間程度の散歩に連れて行ってあげましょう。

それでも、好奇心旺盛なブリタニースパニエルにとって徒歩だけの散歩では満足できません。

引き運動や小走り、頭脳を使ったゲームを取り入れたり、近くにドッグランがあれば自由に遊ばせてあげたりと、肉体的にも精神的にも刺激のある運動をさせるようにしましょう。

訓練性能も高いので、アジリティなどのドッグスポーツにも向いていて、アウトドアのお供としてもおすすめです。

鳥や小動物を見かけると、猟犬としての本能が刺激されて突発的な行動に出ることがあるので注意が必要です。

ブリタニースパニエルのしつけ①
~飼い主がリーダーになること~

ブリタニースパニエルは訓練性能や知能が高いのでしつけは難しくありませんが、自立心を持ち合わせているので甘やかして育てたりすると、自分がリーダーとなって飼い主家族を引っ張っていこうとしたりわがままな犬になってしまいます。

子犬のころから正しく接して飼い主がリーダーになることが必要です。

◆ブリタニースパニエルのリーダーになるために

  • 一貫性のある対応:気分によって態度を変えたりせず、家族で一貫性ある対応をして信頼を得ましょう。
  • 褒めて伸ばしていく:愛情持って優しく褒めたり接することで、頼れる存在であると同時に信頼できるリーダーになりましょう。
  • ブリタニースパニエルのことを理解する:犬の体質・気質を理解することで、適切な対応対処ができるようになります。
  • 愛情と甘やかすことは違うことを理解する:愛情としつけのメリハリを持ってしつけていきましょう。

ブリタニースパニエルのしつけ②
~呼び戻しは必ずマスターしておきましょう~

ブリタニースパニエルは、外で鳥や小動物を見かけると狩猟本能に火が付いたように追いかけたがることがあります。

突発的な行動によって、危険な目に合わないためにも「おすわり」や「マテ」の制止指示や、呼び戻しのしつけは必ず行っておきたいものです。

◆呼び戻しのしつけ方

  • ステップ1:おやつを持ち、犬に「マテ」をさせた状態で少しずつ離れる。
  • ステップ2:離れたところから「おいで」「来い」の指示を出す。
  • ステップ3:犬が戻ってきたらおやつを与えて褒めてあげる。
  • ステップ4:ある程度覚えたらおやつが無くても戻って来れるようにする。

※短い距離から始めて、徐々に距離を長くしていきましょう。

※屋外で練習する時は、必ずロングリードを使いましょう。

※室内でも屋外でもできるよう、繰り返ししつけていきましょう。

ブリタニースパニエルのお手入れ

ブリタニースパニエルのお手入れ①
~抜け毛は多い?被毛の手入れ~

ブリニタースパニエルはダブルコートのため下毛がありますが、他のダブルコート犬種と比べても抜け毛は少ないです。

週に2~3回を目安にブラッシングしてあげましょう。

スリッカーブラシで抜け毛を取り除いたあと、胸部分などの長めの毛はコームを使って整えてあげると良いでしょう。

体臭はあまりない犬種のようですが、汚れが気になれば月1回程度を目安にシャンプーしてあげましょう。

ブリタニースパニエルのお手入れ②
~耳掃除~

垂れ耳を持つブリタニースパエニルのお手入れでは、耳掃除にも注意してあげましょう。

耳の中の通気性が悪く汚れがちなので、耳掃除を怠ることで外耳炎にもなりやすくなります。

こまめに耳の中を覗いて、汚れていれば乾いたタオルなどで優しくふき取ってあげましょう。

定期的にイヤークリーナーを使った耳掃除もしてあげましょう。

ブリタニースパニエルの注意する病気

ブリタニースパニエルの平均寿命は、だいたい12~14歳と言われています。

実猟に使われる犬種なだけに頑健で遺伝性疾患が少ない犬種です。

それでも注意しておきたい病気がいくつかあります。

ブリタニースパニエルの注意する病気①
~股関節形成不全~

股関節形成不全は先天的な病気で、股の関節が異常に変形している状態のことです。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

ブリタニースパニエルの注意する病気②
~てんかん発作~

遺伝性疾患が少ないブリタニースパニエルではありますが、遺伝的に神経系に異常があると「てんかん発作」を引き起こすことがあります。

倒れ込み、泡をふく、痙攣するなどの激しい発作を起こしますが、収まった後には、元通りになることが多いです。

治療は、抗てんかん薬を投与する内科治療が必要となります。

発作が起こった時の動画を撮影しておくと、動物病院での診察で、てんかんの原因や症状を明確にすることができます。

ブリタニースパニエルの注意する病気③
~突発性激怒症候群~

「レイジ・シンドローム」とも呼ばれる病気で、それまで機嫌良く過ごしていたのに、何の前触れなく突発的に噛みついてくるような症状のことです。

はっきりとした原因は分かっていませんが、脳波の乱れなどによって起こる脳神経の病気だと言われています。

残念ながら治療法がまだ確立されていない病気ですが、症状が見られたら動物病院で検査を受けるようにしましょう。

予防法もありませんが、症状をただの噛み癖だと勘違いしないよう甘やかさ過ぎず、普段からストレスや負担を負わせないようにしてあげましょう。

ブリタニースパニエルの子犬の販売価格

ブリタニースパニエルの子犬の販売価格は、だいたい15~20万円です。

ペットショップで見かけることがほとんどない犬種のため、ブリーダーから購入することが一般的です。

それでもブリーダーの数も多くはないので、購入を考えているのであれば事前に連絡を取っておくことをおすすめします。

ブリタニースパニエルについて さいごに

ブリタニースパニエルは、運動量を多く確保してあげる必要があること以外では、性格面やお手入れ面からは飼いやすい犬種です。

特に「小型犬しか飼ったことがないけど大きめの犬種を飼ってみたい」という人には、おすすめの犬種と言えるでしょう。