トイマンチェスターテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

トイマンチェスターテリアの基本情報

トイマンチェスターテリアは、イギリスのイングランド原産の犬種です。

「スタンダードマンチェスターテリア」を小型化したもので、「イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・トイ・テリア」とも呼ばれています。

日本ではあまり見かけることのない犬種ですが、「トイマン」の略称で親しまれていて、毎年100頭前後の登録(JKC)を持つ安定した人気を持つ犬種です。

トイマンチェスターテリアの歴史

トイマンチェスターテリアの歴史

~ルーツ~

トイマンチェスターテリアの祖先犬は、イギリス原産の「ブラック・アンド・タン・テリア」で、16世紀からネズミを仕留める能力を高く評価されていた犬種です。

家庭でネズミを駆除することだけでなく、当時イギリスで流行していた賭け事「ネズミ早殺しゲーム」という娯楽でも活躍していました。

1860年になると、ドッグレースで活躍していた「ウィペット」が交配され、小回りとスピードを兼ねそろえた「マンチェスターテリア」が誕生することになります。

その後も様々な犬種と掛け合わされますが、「イタリアングレーハウンド」との交配にされたことによって、体の大きさの幅が広がり「トイマンチェスターテリア」の基礎ができることになりました。

トイマンチェスターテリアの歴史

~無理な繁殖の結果~

1881年初めには、すでにトイタイプのマンチェスターテリアが存在していましたが、小さな犬に人気が高まっていたため、その後も更なる小型化を求めて選択交配が進められることになります。

しかし、極端な小型化と乱繁殖により犬の健康に影響を及ぼし始め、大流行していた「ネズミ殺し」も禁止されたことも伴い、19世紀後半には人気が急落し絶滅の危機に瀕します。

当時は、イギリス国内にわずか11頭しかいないという状況にまで追い込まれていたそうです。

その後1970年に入ってから、ようやく愛好家たちによって安定した犬質の確保が行われることになり、健康な「トイマンチェスターテリア」が誕生し、同時に人気も取り戻していきました。

トイマンチェスターテリアの特徴

  • 体重3~4kgの超小型犬
  • 筋肉質で流線型の体格
  • 直立した大きな立ち耳
  • 毛色は、ブラック&タンのみ

トイマンチェスターテリアの特徴

~大きさや身体的特徴~

トイマンチェスターテリアは、体高25~30cm体重3~4kgの超小型犬です。

体高より体長がやや長く、背中のアーチがかったラインが特徴的な均等のとれた体格を持っています。

引き締まった流線型のボディで、長い首・脚・尻尾を持っています。

スタンダードマンチェスターテリアはボタン耳を持つ個体もいますが、トイマンチェスターテリアはろうそくの炎のような形で直立した大きな耳を持っています。

トイマンチェスターテリアの特徴

~毛質や毛色~

トイマンチェスターテリアの被毛は、光沢のあるスムースコートで、4本の足のつま先には黒い線(ペンシルマーク)が入っており、前脚の爪から胴体寄りの部分にはサムマークと呼ばれる黒い模様があります。

毛色は、ブラック&タンのみですが、ブラックの部分が多い傾向にあります。

トイマンチェスターテリアの特徴

~ミニチュアピンシャーとの見分け方~

ドイツ原産のミニチュアピンシャーとそっくりの外貌を持っています。

どちらも超小型犬でブラック&タンの毛色を持ち、見分けが難しい犬種です。

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの見分け方は、

・頬の柄:トイマンチェスターテリアは頬に丸い円形の模様があるのに対し、ミニチュアピンシャーは口元から頬まで柄がつながっています。

・ペンシルマーク:トイマンチェスターには四肢のつま先にペンシルマークという黒い模様があるのに対し、ミニチュアピンシャーにはありません。

などがあります。

トイマンチェスターテリアの性格・気質

  • 愛情深く優しい
  • 飼い主に依存しやすい
  • イタズラ好き
  • 警戒心が強い

トイマンチェスターテリアの性格・気質

~明るく賑やかな犬~

トイマンチェスターテリアは、見た目通り好奇心旺盛で明るい性格を持っています。

飼い主に対して愛情深く、一緒に遊ぶことが大好きです。

いつも遊びを探し回っているので、イタズラ好きで落ち着きのない印象を持つでしょう。

甘えん坊な寂しがり屋でもあるので、留守番は得意ではありません。

トイマンチェスターテリアの性格・気質

~ねずみなどの小動物を追いかけたがることも~

トイマンチェスターテリアは狩猟本能を持っているため、ねずみなど自分より小さな動物を見かけると追いかけてしまうことがあります。

ウサギやハムスターなどの小動物を飼育している場合は、注意したほうが良いでしょう。

「テリア」の名前が付いていますが負けず嫌いでけんかっ早いテリア気質は少なく、温和な性格です。

ただし、警戒心が強く見知らぬ人とは距離を置き、怯えて吠えかかるようなことがあるでしょう。

それでも、賢くて飼い主のことをよく見ているため、しつけはしやすい犬種ですよ。

トイマンチェスターテリアの飼い方・しつけ

トイマンチェスターテリアの飼い方①

~飼育は室内。
留守番は苦手です。

トイマンチェスターテリアは番犬としての気質を持っている犬種ではありますが、超小型犬のため室内で飼育する犬種です。

寒さにはとても弱く、室内であっても夏以外は寒がります。

柔らかくて暖かい寝床と犬服を着せて寒さ対策してあげましょう。

飼い主に対する依存心が強い傾向のある犬種のため留守番は苦手です。

子犬のころに甘やかしすぎると「分離不安」という心の病気になることもあるので、普段から一人でも落ち着いて過ごせるようトレーニングしておきましょう。

また、留守番の寂しさからイタズラをすることもあるので、物を片付ける、サークルに入れておく、留守番前にはたくさん運動させておくなどのイタズラ対策もしておきましょう。

トイマンチェスターテリアの飼い方②

~散歩や運動~

トイマンチェスターテリアはとても活発な犬種ではありますが、超小型犬なだけに運動量はそれほど多く必要ありません。

散歩は、1日2回それぞれ15~20分程度を目安にしましょう。

走ることやボール遊びなどの遊びが大好きなので、休日などにはドッグランで一緒に遊んだり自由に走らせてあげましょう。

トイマンチェスターテリアのしつけ①

~社会性を育てていきましょう~

トイマンチェスターテリアは賢くて飼い主の言葉聞き取り理解する能力も持っているので、しつけは難しくありません。

一貫性のある対応でしつけを行えば、割とすぐに覚えてくれるでしょう。

繊細な一面を持っているので、成功例を増やして褒めながらしつけていくと効果的です。

問題行動を防ぐためには、社会性を育てていくことが大切です。

子犬のころから飼い主家族以外の人や犬との関りを持たせるようにしましょう。

積極的に外に連れ出して、道路や公園、車の音などの生活音など、できるだけたくさんの経験を積ませて「社会化」が身につくよう心がけてあげてください。

トイマンチェスターテリアのしつけ②

~無駄吠え~

トイマンチェスターテリアを飼っている多く飼い主の悩みに「無駄吠え」があります。

本来、犬が吠えることは至って普通の行為です。

無駄吠えのしつけをする前に、なぜ犬が吠えているのかをまず考えてみましょう。

社会性を身に着けて友好的な性格に育てあげれば、見知らぬ人に吠えるような無駄吠えは防ぐことだってできますし、ストレスが溜まって吠えているようなら運動やコミュニケーションの時間を増やしてあげることで無駄吠えを減らすこともできます。

要求吠えには、決して応えずに無視を徹底することでなくなっていくでしょう。

それでも無駄吠えが止まらない場合には、もう一度接し方を見直してしっかりとしつけ直していきましょう。

トイマンチェスターテリアのお手入れ

トイマンチェスターテリアのお手入れ①

~抜け毛は多い?お手入れは?~

トイマンチェスターテリアはスムースコートの犬種なので、抜け毛があり掃除などはそれなりに大変ですが、毛が短く体が小さいので抜け毛の多い他犬種と比べてもお手入れはとても簡単です。

週に2~3回、獣毛ブラシを使ってブラッシングしてあげましょう。

体の汚れが気になるときには、固く絞った濡れタオルなどで体を拭いてあげる程度できれいになります。

シャンプーも1~2か月に1回程度を目安にしてあげましょう。

トイマンチェスターテリアのお手入れ②

~トイマンチェスターテリアには欠かせない?犬服について~

トイマンチェスターテリアは寒がりなので、犬服を着せている飼い主さんは少なくありません。

犬服を着せておくことで、抜け毛が飛び散ることを防ぐこともできます。

それでも抜け毛のついた犬服をずっと着せっぱなしにするようなことは絶対にしないよう注意しましょう。

不衛生な環境となって皮膚の健康を損なってしまいます。

こまめに抜け毛を取り除いて洗濯してあげるようにしましょう。

トイマンチェスターテリアの注意する病気

トイマンチェスターテリアの平均寿命は、14~16歳です。

トイマンチェスターテリアは華奢な体に見える割に、同じ小型犬と比べても健康で長寿な犬種だと言えます。

それでも寿命には個体差があり、より健康に長生きしてもらうためには、病気の予防や早期発見早期治療が大切です。

そのためにも、トイマンチェスターテリアのかかりやすい病気を把握しておきましょう。

トイマンチェスターテリアの注意する病気①

~椎間板ヘルニア~

激しい運動や肥満によって姿勢や動きを支える椎間板へ負担がかかり椎間板が損傷して起こる病気です。

椎間板ヘルニアになると、神経麻痺となり足を引きずるといった症状から、重症になると自力で立ち上がれなくなることや半身不随などになります。

軽症であれば、投薬治療と安静にすることで症状が改善されることがありますが、症状が重い場合には、手術が必要となり手術後には長期的なリハビリ治療が必要となります。

滑りやすいフローリングに絨毯を敷いたり滑り止めマットを使う、段差にはスロープを取り付ける、肥満を予防するなどをして、椎間板へ負担がかからない環境を整えて予防してあげましょう。

トイマンチェスターテリアの注意する病気②

~水晶体脱臼~

水晶体脱臼とは、先天的な原因から眼球のレンズに相当する「水晶体」が本来の位置からずれてしまう病気のことです。
最悪の場合には失明に至ってしまう可能性もあります。

瞳孔の一部の水晶体が欠けていたり、水晶体が小刻みに揺れるなど肉眼で確認することもできますが、しきりに目を気にする仕草を見せることもあります。

軽症であれば点眼治療を行いますが、重症になると手術が必要となり、場合によっては水晶体を摘出することもあります。

予防することができない病気なので、異常を感じたらすぐに動物病院に診察を受けるようにしましょう。

トイマンチェスターテリアの注意する病気③

~レッグ・ペルテス病~

はっきりとした原因は不明ですが遺伝が関連していると考えられている病気で、太ももの骨と骨盤を繋いでいる大腿骨頭への血行が阻害され、大腿骨が壊死してしまう病気、別名「大腿骨頭壊死症」です。

脚を引きずる、脚に力が入らない、食欲の低下、脚に触られるのを嫌がるなどの症状が見られます。

症状が軽い場合は、運動制限や投薬治療を行いますが一時的に症状を抑えるのみの対処療法になり、最終的には外科手術によって、壊死した大腿骨頭を切除する必要があります。

予防ができない病気のため、症状が見られたらすぐに動物病院で診察を受けましょう。

トイマンチェスターテリアの子犬の販売価格は?購入はブリーダーから

トイマンチェスターテリアの子犬の販売価格は、だいたい15~25万円です。

ペットショップで見かけることがほとんどない犬種のため、ブリーダーから購入する方法が一般的です。

ブリーダーからの購入の場合、親犬や兄弟犬の健康状態や成長した後の情報が聞くことができるメリットの他にも、しつけや飼い方のアドバイスが受けられるので安心です。

トイマンチェスターテリアについて さいごに

トイマンチェスターテリアは、しつけやすくお手入れもとても簡単な犬種なので、初心者でも飼いやすい犬種だと言えるでしょう。

とにかく明るくて飼い主のことが大好きな犬種なので、家族として迎え入れれば笑顔を与えてくれる特別な存在になってくれるでしょう。

依存性が強い傾向もあるので、甘やかし過ぎず愛情とのメリハリを持って育ててあげましょう。