マルチーズの毛が薄い…綺麗に伸ばすには?

マルチーズの被毛が薄くて悩んでいませんか。マルチーズ特有の、絹のような被毛になってほしいと願う飼い主さんも少なくないことでしょう。そこで、マルチーズが毛を綺麗に伸ばしていけるよう、毛が薄い場合の対処法についてご紹介します。

マルチーズの被毛の特徴

マルチーズはシングルコートと呼ばれる上毛しか生えない被毛タイプです。
シングルコートはふわふわの下毛がないので、もともと毛の密度が多くありません。
その分抜け毛も少ないのが特徴です。
上毛は放っておくとずっと伸び続けるので、定期的にカットする必要があります。
マルチーズの毛は、個体にもよりますが平均して1か月で約1cm伸びます。
特にマルチーズの子犬は、毛が薄く感じることがあります。地肌が見えるような時もありますが、成長とともに毛が太くなって毛量も増えてきます。明らかに一部分だけ薄いということでなければ、様子を見てみましょう。

マルチーズの抜け毛が増えたら危険!

薄毛の大敵は、何といっても抜け毛です。綺麗に伸ばすためには抜け毛になる原因を知っておきましょう。
本来抜け毛が少ないはずのマルチーズの毛が大量に抜けたり、ハゲがあったりする時は注意が必要です。
アレルギー、皮膚病、ノミ・ダニなどの寄生虫が原因で薄毛になっている可能性があります。フケがたくさん出たり愛犬が痒がったりしている時は、すぐに病院へ連れて行きましょう。 また日々のストレスで抜け毛が増えることもあります。マルチーズは人が大好きで寂しがり屋な性格です。毎日適度な運動をさせて、しっかり甘えさせるように心掛けましょう。

マルチーズの薄毛対策

マルチーズの薄毛対策 1.ブラッシング

マルチーズの毛を綺麗に伸ばすためには、毎日のお手入れが必須です。
ブラッシングはスキンシップにもなる上、ダニ予防や皮膚病の早期発見にも効果的です。
最低でも1日1回は行いましょう。
マルチーズの被毛は細くて柔らかいので、毛玉ができやすいです。
もしも毛玉が見つかったら優しくほぐしてあげて下さい。それが無理な時は、毛玉部分だけ切り取りましょう。
毛玉を放置しておくとさらに毛が絡んで短く切るしかなくなったり、皮膚病の原因になったりもします。

マルチーズの薄毛対策 2.正しいシャンプー

マルチーズの場合、毛玉防止のためにシャンプーの前と後にブラッシングをしましょう。
シャンプーは1~2か月に1回がベストです。
洗い過ぎは皮膚のバリアを弱めて抜け毛の原因となり、毛ツヤも悪くしてしまいます。またシャンプー後はしっかりと乾かしてあげましょう。

マルチーズの薄毛対策 3.ノミ・ダニ対策

一度寄生されると愛犬もかわいそうですし、駆除するのも時間がかかります。当然美しい被毛どころではなくなっていまいます。しかし定期的な投薬で害虫の寄生を予防できます。室内には一年中ノミやダニがいるので、季節を問わず対策しておくと安心です。

マルチーズの毛が薄い…綺麗に伸ばすには? まとめ

マルチーズが綺麗に毛を伸ばすためには、毎日お手入れがとても大切なのですね。ストレス予防やダニ対策で抜け毛や病気を予防しながら、たくさんの愛情を注いで魅力的な犬にしていきましょう。