ジャイアントシュナウザーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ジャイアントシュナウザーの基本情報

ジャイアントシュナウザーは、ドイツ原産の犬種です。

シュナウザーには、ミニチュア・スタンダード・ジャイアントの3種類があり、その中でも最大の体を持っています。

牧畜犬として誕生し、番犬や警察犬、警備犬として幅広く活躍している優秀な犬種でもあります。

日本では馴染みのない犬種ですが、一定の人気を維持し続けてきています。

ジャイアントシュナウザーの歴史

ジャイアントシュナウザーの歴史

~ルーツ~

ジャイアントシュナウザーは、ドイツ南部のバイエルン地方やヴェルテンベルク地方の郊外の牧畜業者たちが、ネズミ狩りを得意としていたスタンダードシュナウザーに感銘を受け、この犬種を大型化すれば家畜の群れを管理するため適した犬になるのではないかと考えて作出された犬種です。

グレートデーンやブービエ・デ・フランドル、ロットワイラーなどを交配して作り出されました。

その結果、どんな天候にも対応できる優秀な牧畜犬「ジャイアントシュナウザー」が誕生し、当時は、「ミュンヘナー(ミュンヘンで生まれた犬)」と呼ばれていました。

ジャイアントシュナウザーの歴史

~作業犬としての活躍~

長年、ミュンヘン周辺で畜牛を市場まで連れて行く役目を任されていましたが、19世紀になると鉄道ができて牧畜犬としての活躍の場がなくなっていきました。

しかしその後、作業能力の高さを見込まれたジャイアントシュナウザーは、倉庫の警備犬や、番犬としても活躍の場を広げて、徐々に有名になっていきました。

現在では、ショードッグや警察犬、救助犬としても幅広く活躍しています。

1995年に起きた阪神淡路大震災では、スイスの救助犬の中にジャイアントシュナウザーの姿があり、倒壊家屋や土砂の中から被災者を救出するため働いていました。

ジャイアントシュナウザーの特徴

  • 威厳ある大型犬
  • 長い眉毛・口ひげ・顎ひげがチャームポイント
  • 本来は垂れ耳、断耳されることもある
  • 毛色はブラックが一般的

ジャイアントシュナウザーの特徴

~大きさや身体的特徴~

ジャイアントシュナウザーは、体高60~70cm体重32~45kgの大型犬です。

体高と体長はほとんど同じ正方形で、筋肉質で無駄のない体格をしています。

力強さと機敏性を兼ね揃え、威厳に満ちた外貌を持っています。

本来は垂れ耳と長い尾を持ちますが断耳・断尾されることもあり、近年では動物愛護の観点からも家庭犬として迎える場合には断耳・断尾はしないケースが多くなってきているようです。

ジャイアントシュナウザーの特徴

~毛質と毛色・種類~

ジャイアントシュナウザーの被毛は、柔らかい下毛と硬くワイヤー状のウェーブがかった上毛のダブルコートの犬種です。

長い眉毛・口ひげ・硬い顎ひげがシュナウザー最大の特徴です。

毛色は、ブラック一色が一般的ですが、ミニチュアシュナウザーで馴染みのあるグレーと白の「ソルト&ペッパー」などもあります。

ブラックの毛色には、毛質が比較的ソフトなコートを持つアメリカンタイプと、ハードなコートを持つドイツタイプがあります。

ジャイアントシュナウザーの性格・気質

  • 愛情深く責任感強い
  • 遊びが大好きでアクティブ
  • 賢くてしつけやすい
  • 防衛本能・縄張り意識・警戒心が強い

ジャイアントシュナウザーの性格・気質

~アクティブに過ごすご家庭におすすめ~

ジャイアントシュナウザーは、飼い主家族への愛情深さと忠誠心を持つ犬種です。

遊ぶことが大好きで責任感も持ち合わせているので、小さな子どもさんの面倒を見るようなこともできますが、遊びの時には元気が良すぎるので目を離さないようにしたほうが良いでしょう。

アウトドアなどアクティブに過ごすご家庭にもおすすめの犬種です。

ジャイアントシュナウザーの性格・気質

~運動能力も頭脳も高い犬~

大変賢くて物覚えも良く、しつけやすい犬種と言えます。

警察犬に抜擢されるほどの能力を持ち、どんな状況でも落ち着いて判断をして行動することができる独立心も持ち合わせています。

ただ支配欲が強いため、頼りない飼い主だと感じると自分がリーダーになって家族を守るために大胆な行動に出ることもあります。

また、強い防衛本能から知らない人には警戒して距離を置き、他の犬には攻撃的になることもあるので注意が必要です。

番犬や護衛犬として活躍してきた高い運動能力と頭脳を持っている分、初心者では扱いにくく中~上級者向けの犬種だと言えるでしょう。

ジャイアントシュナウザーの飼い方・しつけ

ジャイアントシュナウザーの飼い方①

~飼育環境~

ジャイアントシュナウザーは、大型犬なので飼育スペースを広くとる必要がありますし、鳴き声もかなり大きめなので、飼育は集合住宅よりも戸建てのほうが良いでしょう。

厳しい気候にも対応できる体を持っているので、基本的には室内飼い・外飼いどちらでも大丈夫です。

それでも暑さや寒さを感じないというわけではないので、暑さ対策、寒さ対策はそれぞれ必要です。

温度や湿度管理できることを考えれば、基本的には室内飼いをして庭などの屋外で運動できるような環境を整えてあげることが理想的だと言えます。

大型犬ではありますが、抜け毛が少なく家庭内では温厚な性格でもあるので室内でも飼いやすいですよ。

ジャイアントシュナウザーの飼い方②

~運動~

様々な使役犬として活躍する犬種なだけに、運動量はたくさん必要です。

太りやすい体質もあるので、運動と食事の管理はしっかりしてあげましょう。

散歩は1日2回、それぞれ1時間を目安にしてください。

ただ歩いて散歩するだけでなく、激しい運動をさせることを意識して取り入れてあげましょう。

走ったり、ボール遊びなどのゲームを取り入れたり、上り下り坂のあるコースを選んだりいろいろと工夫してあげましょう。

運動能力や訓練性能も高いので、アジリティーやフリスビーなどのドッグスポーツもおすすめです。

ジャイアントシュナウザーのしつけ①

~リーダーになること~

ジャイアントシュナウザーは、訓練性能がとても高くしつけやすい犬種です。

それでも主従関係を誤って覚えると、自分がリーダーとなって飼い主家族を守ろうと行動し、それが問題行動に繋がってしまうこともあります。

そのため、ジャアントシュナウザーを飼うには必ず飼い主がリーダーとなることが大切です。

そうすることで、しつけはどんどん覚えてくれるようになるでしょう。

また、飼い主の気持ちを察知する力もあるので、感情的に厳しく叱ったりせず、落ち着いた態度でしっかり向き合ってしつけていくようにしましょう。

◆ジャイアントシュナウザーのリーダーになるには

  • 一貫性のある対応:気分によって態度を変えたりせず、家族で一貫性ある対応をして信頼を得ましょう。
  • 褒めて伸ばしていく:愛情持って優しく褒めたり接することで、頼れる存在であると同時に信頼できるリーダーになりましょう。
  • ジャイアントシュナウザーのことを理解する:犬の体質・気質を理解することで、適切な対応対処ができるようになります。
  • 愛情と甘やかすことは違うことを理解する:愛情としつけのメリハリを持ってしつけていきましょう。

ジャイアントシュナウザーのお手入れ

ジャイアントシュナウザーのお手入れ①

~トリミング~

比較的抜け毛が少ない犬種です。

週2~3回のブラッシングと、月1回を目安にシャンプーをしてあげましょう。

ジャイアントシュナウザーは、トリミング犬種でもあるので3カ月に1回を目安にトリミングをしてもらいましょう。

特徴的なワイヤー状の被毛を維持するためには、プラッキングやストリッピングという手法の手入れが必要となり、ショードッグの場合は欠かせない処置です。

家庭犬であれば、処置を施すかどうかトリマーさんなどに相談してみても良いでしょう。

毎日のケアとして、ジャイアントシュナウザーのチャームポイントである口ひげと顎ひげは、食事などで汚れやすいのでこまめに口回りを拭いてあげましょう。

歯磨きも忘れずにしてあげてくださいね。

ジャイアントシュナウザーのお手入れ②

~セルフカット~

ジャイアントシュナウザーのトリミングは、3カ月に1回程度で構いませんが、足裏や肛門周りなどは、自宅でカットしてあげると良いでしょう。

コームとハサミ、できればバリカンがあれば簡単にカットすることができます。

◆足裏カット

足裏の被毛が伸びすぎるとフローリングなどで滑りやすくなって危険なので、伸びてきたと思ったらカットしてあげましょう。

バリカンを使うと素早く簡単にできますが、ハサミでも構いません。

指の間を1本ずつ開きながらバリカンを皮膚と水平に当てていくときれいにカットできます。

◆肛門周り

肛門周りは排泄時に汚れがちなので、被毛が伸びてきたら処理してあげましょう。

尻尾を付け根から上に持ち上げて、刃先が肛門に当たらないよう気を付けましょう。

バリカンの場合は、肛門から外の方向に向かって刃を当てていきます。

ハサミの場合には、肛門に被っている毛を切ってあげましょう。

ジャイアントシュナウザーの注意する病気

ジャイアントシュナウザーの平均寿命は、13~15歳だと言われています。

同じ大型犬と比べても長寿な犬種だと言えるでしょう。

比較的健康な犬種としても知られていますが、注意する病気もあります。

以下で紹介する病気以外にも、肥満・皮膚・目の病気に注意しておきましょう。

ジャイアントシュナウザーの注意する病気①

~股関節形成不全~

股関節形成不全は先天的な病気で、股の関節が異常に変形している状態のことです。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

ジャイアントシュナウザーの注意する病気②

~外耳炎~

外耳炎とは、細菌や寄生虫などによって耳の外耳道が炎症する病気のことです。

断耳されていないジャイアントシュナウザーの場合、垂れ耳のため耳の中の通気性が悪くて汚れやすい環境となり、外耳炎を起こすことがあります。

治療法は、洗浄薬で耳の中を綺麗にした後、点耳薬や駆虫薬で治療を行います。

耳の中を清潔に保つことで予防できる病気ですので、定期的な耳のチェックと耳掃除を怠らないようにしましょう。

 

ジャイアントシュナウザーの注意する病気③

~髄膜炎~

髄膜炎とは、脳を守るために包んでいる髄膜に細菌・ウイルスに感染しまうことです。

感染症、免疫力の低下や乱れ、脳や脊髄の腫瘍によって起こり、けいれんや首などの体の硬直、ふらつく、発熱、足を引きずるなどの症状が見られます。

原因となる疾患の治療を行う必要がありますが、原因が分からない場合には対処療法によって症状を和らげていきます。

感染症の予防をすること、免疫力を高めるために食事や運動のバランスに気を付けた生活を心がけることで発症するリスクを防ぐことができますが、症状が見られたらすぐ動物病院に連れて行くようにしましょう。

ジャイアントシュナウザーの子犬の販売価格

ジャイアントシュナウザーの子犬の販売価格は、だいたい20~40万円です。

ショータイプ向きの子であるほど高額な金額がついているようです。

ペットショップでは見かけることがほとんどない珍しい犬種ですので、ブリーダーから探すようにしましょう。

ジャイアントシュナウザーについて さいごに

ミニチュアシュナウザーほどの人気はありませんが、力強く堂々としたジャイアントシュナウザーを連れて歩くと通る人の目を引くことは間違いないでしょう。

初心者向けの犬種とは言えませんが、しつけに自信がある人であれば最高の良きパートナーとなってくれる魅力多い犬種です。