イングリッシュセッターの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


イングリッシュセッターの基本情報

イングリッシュセッターは、イギリスのイングランド原産の犬種です。

古くから現在でも実猟犬として活躍していますが、現在では家庭犬やショードッグとしての人気も博しており、身体能力の高さからはドッグスポーツでも活躍しています。

また、この犬種にはショータイプである「ラヴェラックセッター(Lawerack/Laverack)」と、狩猟向きの「ルーエリンセッター(Llewellin/Llewellyn)」と呼ばれる2つの種類が存在します。

イングリッシュセッターの歴史

イングリッシュセッターの歴史
~ルーツ~

イングリッシュセッターはセッター種の中で最も古い歴史を持ち、起源は14世紀まで遡ると言われています。

猟銃が普及する前、漁師たちは網を使った鳥猟をしていましたが、獲物を見つけたら体を伏せて静かに待つ「セッティング」するようしつけた犬が始まりだと言われています。

その犬たちを「セッティング・スパニエル」として、スパニッシュポインターやウォータースパニエル、スプリンガースパニエルなどの交配によって繁殖するようになり、様々な外貌を持つセッターがイギリス各地に広がりました。

その後19世紀になると、エドワード・ラヴェラックという人物によって改良が進められ、ベルトン(白地に細かい斑模様)の被毛で美しい容姿を持つセッターの基礎となる犬が作り出されました。

後にこの種類は、ドッグショーなどで活躍する「ラヴェラックセッター(Lawerack/Laverack)」(=ショータイプ)と呼ばれることになります。

イングリッシュセッターの歴史
~もう1つのイングリッシュセッター~

エドワード・ラヴェラックによってイングリッシュセッターの基礎犬ができましたが、もう1人パーセル・ルーエリンという人物が、この犬種の歴史に影響を与えました。

ラヴェラックが作り出したイングリッシュセッターを、更に狩猟能力の高い犬種にするためあらゆる犬種と交配させて狩猟能力に長けたセッターを作り出しました。

そして、この種類は「ルーエリンセッター(Llewellin/Llewellyn)」(=フィールドタイプ)として狩猟の現場で活躍していくことになります。

イングリッシュセッターの特徴

  • 細身で筋肉質な大型犬
  • 優しい表情をした顔
  • ウェーブがかったシルク状の美しい被毛
  • 毛色はホワイトベースに、ブラック・タン・レモン・ブルーなどの「ベルトン」

イングリッシュセッターの特徴
~優雅な外貌を持つアスリート犬~

イングリッシュセッターは、体高61~68cm体重25~30kgの大型犬です。

無駄のない筋肉質な体を持ち、優れた運動能力と長時間同じスピード走ることのできる持久力に長けています。

幅広のマズルと頭部のストップ(額断・くぼみのこと)、大きめの垂れ耳、垂れ尾を持ちます。

暗い茶色の目からは優しさが感じ取れる表情をしています。

イングリッシュセッターの特徴
~毛質や毛色~

イングリッシュセッターの被毛はダブルコートで、体に沿って流れるように生えたシルク状ウェーブがかった長毛で覆われています。
特に耳と後肢の太もも辺りに飾り毛が豊富に生えています。

毛色はホワイトをベースに、ブラック・タン・レモン・ブルーなどの単色の斑模様が入っている「ベルトン」です。

斑色によって「ブラック・ベルトン」「レモン・ベルトンなどと呼ばれます。

ラヴェラックセッター(ショータイプ)とルーエリンセッター(フィールドタイプ)違い

ショータイプであるラヴェラックセッターは、ルーエリンセッターよりも体がやや大きく、鼻口部は長く、飾り毛が多いのが特徴です。
特に、体の下部や尻尾、臀部には豊かな飾り毛があります。

一方でフィールドタイプのルーエリンセッターは、狩猟に役立つ走る能力に長けており、ラヴェラックセッターよりも被毛がやや少なめで大きな模様があることが特徴です。

 

動画①「ラヴェラックセッター(Lawerack/Laverack)」(=ショータイプ)

動画②「ルーエリンセッター(Llewellin/Llewellyn)」(=フィールドタイプ)

イングリッシュセッターの価格相場

子犬の価格相場

イングリッシュセッターの子犬の販売価格は、15~20万円程度です。

イングリッシュセッターには、ドッグショー向けのショータイプと狩猟向けのフィールドタイプがありますが、子犬には家庭向けのペットタイプにも分けられています。

タイプによる子犬の価格については、ペットタイプと狩猟タイプはほとんど同等ですが、ショータイプの子犬になるとこれより高額の値がつくこともあります。

子犬を選ぶ際には、イングリッシュセッターは遺伝的に視覚・聴覚障害を持っていることがあるので子犬の健康状態と合わせてしっかり確認しておきましょう。

それでも例え、生まれつき難聴の子犬であっても、観察能力に優れ人とのコミュニケーションを得意とする犬種なので生活への支障は少ないと言われています。

子犬を迎えるならブリーダーから

イングリッシュセッターは、ペットショップで見かけることはほとんど少ない犬種なので、ブリーダーから購入することが一般的です。

それでも国内でのブリーダー数もあまり多くはありませんので、あらかじめブリーダーにコンタクトを取っておくことをおすすめします。

また、稀に里親募集に出ていることもあります。
ただし、成犬になっていることがほとんどですので、年齢などにこだわりがないという方に限るでしょう。

里親募集の情報はインターネットで簡単に検索することもできるので、興味のある方はぜひ一度検索してみてください。

イングリッシュセッターの性格・気質

  • 優しくて穏やかな家庭犬向きの犬
  • 友好的で誰とでもうまくやっていける
  • 気ままでマイペースな一面も
  • フィールドタイプの方が、より活発でエネルギッシュ

イングリッシュセッターの性格・気質①
~一言で言うと、性格の良い犬~

イングリッシュセッターは、穏やかで優しい性格の持ち主です。

非常に人懐こく、飼い主以外の人にも愛想を振りまいたり、他の犬とも仲良く遊ぶことができるような友好的な性格を持っています。

飼い主のことが大好きな甘えん坊で、寂しがり屋な性格でもあるため留守番は得意ではありません。

自由気ままなマイペースな一面に振り回されるようなことも少しありますが、利口で呑み込みが早いのでしつけは苦労しない犬種と言われています。

イングリッシュセッターの性格・気質②
~ショータイプとフィールドタイプの性格の違い~

ショータイプ(ラヴェラックセッター)は、より穏やかで落ち着いた性格をしており、小さな子どもさんも上手にやっていける優しい性格を持ち合わせています。
家庭犬として文句なしの性格を持っています。

フィールドタイプ(ルーエリンセッター)は、狩猟意欲が強く、活発さが際立っています。

常に運動することに喜びを感じるようなエネルギーに満ち溢れているので、運動不足になると荒っぽい行動に出ることもありますが、基本的にはこの犬種の持つ穏やかで優しい性格を持っています。

イングリッシュセッターの性格・気質③
~オスとメスの違い~

イングリッシュセッターのオスは、メスよりも明るく活発な性格をしています。
また飼い主への甘えん坊度もオスの方が強い傾向にあるようです。

一方で、メスのイングリッシュセッターは、オスよりも落ち着いた性格をしており、よりしつけやすいのもメスだと言われています。

イングリッシュセッターの飼い方・しつけ

イングリッシュセッターの飼い方①
~おすすめは室内飼育!!留守番は苦手~

イングリッシュセッターは、基本的には屋外と室内どちらで飼育することもできる犬種ですが、飼い主とのコミュニケーションを多く求める犬種でもあるので、室内での飼育をおすすめします。

コミュニケーションが十分にとれている犬ほど、飼い主の感情を察する能力が優れ、後にしつけにも役立つことになるでしょう。

室内飼いの場合、大型犬で活発な犬種でもあるので、それなりの広さを確保して運動不足にならないよう配慮してあげてください。

また、寂しがり屋な性格なので長時間の留守番は苦手です。

普段から1人でも落ち着いて過ごすことができるよう子犬のうちからトレーニングしておきましょう。

イングリッシュセッターの飼い方②
~散歩や運動~

イングリッシュセッターは猟犬から作り出されたスタミナ溢れる活発な犬種です。

それが例えショータイプの種類であったとしても、運動量は多く必要となります。

散歩は1日2回、それぞれ1時間程度を目安に連れて行ってあげましょう。

それでも、イングリッシュセッターはただ歩いて散歩するだけでは満足できないでしょう。

ボール遊びや水遊びが大好きなのでそういった遊びの時間を取り入れたり、ドッグランで自由に他の犬と遊べるようにしてあげると喜んでくれるでしょう。

また、生まれながらに持っている高い身体能力を引き出すためには、アジリティやディスクなどのドッグスポーツへ参加してみるのもおすすめですよ。

イングリッシュセッターのしつけ①
~褒めて伸ばすしつけを~

イングリッシュセッターは賢くて物覚えも良いので、しつけは難しくありません。

ただしマイペースな面があるので、なかなか集中してくれない、言うことを聞いてくれないと感じることもあるかもしれません。

それでも決して厳しく叱ったり叩いたりはしないで、子犬のうちから甘やかし過ぎず、根気強く繰り返ししつけていきましょう。

飼い主の気持ちを敏感に察知するため、感情的に叱ることは避けて、成功例を増やしながら褒めて伸ばしていくしつけを行っていきましょう。

イングリッシュセッターのしつけ②
~無駄吠え~

イングリッシュセッターは、吠える傾向がある犬種だと言われています。
吠え声も大きいために近所迷惑になってしまうでしょう。

無駄吠えが癖付かないように、十分に注意してしつけていかなければなりません。

犬の吠え癖には、なぜ鳴いているのかを見極め、その原因に合わせたしつけを行っていかなければなりません。

イングリッシュセッターの場合、興奮しやすい一面やわがままな性格から吠えることが多いようです。
通りがかりの犬や猫などの動物に吠えかかったり、飼い主さんに構ってほしいと吠えたりするようなことがあります。

興奮して吠えている時には、「おすわり」「まて」など基本コマンドの指示で落ち着きを取り戻せるよう基本コマンドを徹底しておくようにして防いでいきましょう。
また、社会性を十分に身に付けさせることも大切です。

そして要求から吠えている時には、わがままを助長しないためにも決して応じないように接していきましょう。

イングリッシュセッターのしつけ③
~言うことを聞いてくれない!!そんな時は?~

しつけがうまくいかない、言うことを聞いてくれないという時にはしつけ方を見直すことも大切ですが、コミュニケーションが足りているか、運動不足になっていないかということも見直してあげましょう。

イングリッシュセッターは、甘えん坊な性格で飼い主と過ごすことが大好きな犬種です。

そのため、コミュニケーションや運動が不足していると言うことを聞いてくれないこともあるようです。

また、かなりの運動量が必要な犬種なので、運動量が足りていないとストレスから言うことを聞いてくれない、問題行動が増えるということもあります。

イングリッシュセッターにとってコミュニケーションと運動は、しつけをスムーズなものにさせるだけでなく健康や信頼関係にも繋がる問題なので注意してあげましょう。

イングリッシュセッターのお手入れ

イングリッシュセッターのお手入れ①
~抜け毛は多い?お手入れ方法~

イングリッシュセッターは、ダブルコートで飾り毛も豊富にある犬種のなので、換毛期には特に抜け毛は多くなります。

皮膚疾患にもかかりやすい犬種でもあるので、こまめに抜け毛を取り除いてあげなければなりません。

また、美しい外観をもたらしているシルキー状の被毛は、絡まりやすいという特徴もあります。

ブラッシングはできるだけ毎日してあげること、抜け毛を取り除き優しくコームで整えてあげましょう。

シャンプーは月1回を目安に、2カ月に1度はトリミングカットで飾り毛を整えてあげると良いでしょう。

イングリッシュセッターのお手入れ②
~耳掃除~

イングリッシュセッターの飾り毛を持つ垂れ耳は、耳の中の通気性が悪く汚れがちです。

放置しておくことで外耳炎などの病気にも繋がるので、こまめに耳の中を覗いて汚れていれば乾いたタオルなどで優しく拭き取ってあげたり、定期的にイヤークリーナーを使った耳掃除をしてあげましょう。

イングリッシュセッターの注意する病気

イングリッシュセッターは、高い確率で先天的な視覚障害や聴覚障害があると言われており、特に聴覚障害が見られることが多いようです。

子犬のうちに動物病院で聴覚検査や視覚検査をしておくことで、その後の生活をサポートしてあげられることに繋がります。

他にも、大型犬特有の病気や皮膚疾患などもあるので注意しておきましょう。

医者,病気,病院

イングリッシュセッターの注意する病気①
~股・肘関節形成不全~

股関節形成不全または肘関節形成不全は、先天的な病気で股や肘の関節が異常に変形している状態のことです。
遺伝が関与しているとも言われています。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになります。

いずれも不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股・肘関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

イングリッシュセッターの注意する病気②
~胃捻転~

大型犬に発症しやすい、胃がねじれてしまう病気です。

胃がねじれると周囲の血管や消化機能に影響を与え、ショックを起こすことによって最悪の場合死に至る病気です。

原因は詳しく分かっていませんが、加齢や、早食い早飲み、食後すぐの運動などによって発症しやすくなると言われており、発症は食後数時間経ってから、夜中~明け方に多い傾向があるようです。

腹部が膨らんで見える、嘔吐やゲップ、吐こうとしても吐けない、水を大量に飲む、食欲不振などの症状が見られます。

食後すぐに運動させない、食事を一度に多く与えないなど些細なことで予防することができる病気です。
症状が現れたら、例え夜間であってもすぐに動物病院に連れて行きましょう。

イングリッシュセッターの注意する病気③
~アレルギー性皮膚炎~

アレルギー性皮膚炎とは、ノミやダニなどの害虫やハウスダスト、花粉、食べ物などのアレルゲンに反応し皮膚炎を発症する病気のことです。

強いかゆみを伴うため、しきりに掻いたり噛んだりするようになります。
そうすることによって皮膚が傷付き脱毛したり、膿みの原因ともなります。

治療法は、主に投薬治療を行うようになりますが、アレルゲンとなる物質から遠ざける事 や体を清潔に保つことで発症を防ぐことができる病気でもあります。

体のお手入れをしっかりと行って予防してあげましょう。

イングリッシュセッターのミックス犬

ミックス犬①『イングリッシュセッター×ラブラドールレトリバー』

大型犬の中でも人気高い「ラブラドールレトリバー」とのミックス犬です。

外見は、ラブラドールレトリバー寄りになることが多いようですが部分的、あるいは全身にイングリッシュセッターの特徴的な斑模様が入ります。

両親犬は使役犬としても家庭犬としても優秀な犬種なので、ミックス犬もこの性格を引き継ぐことでしょう。

ミックス犬②『イングリッシュセッター×コリー』

「名犬ラッシー」で一躍有名となった「コリー」とのミックス犬です。

イングリッシュセッターの斑模様をしたコリーといった印象の子が多いようです。

親犬はどちらも攻撃性が少なく優しく賢い犬種です。
ミックス犬においてもその特徴を引き継ぐことは間違いないでしょう。

ミックス犬③『イングリッシュセッター×ブルドッグ』

ぶさかわ犬の代表格とも言える「ブルドッグ」とのミックス犬です。

イングリッシュセッターの斑模様をしたブルドッグといった印象の子が多いようです。
ただしブルドッグのような独特の立ち耳になるか、イングリッシュセッターのような垂れ耳になるか個体によって異なる点もあります。

それでもブルドッグの風格ある姿にイングリッシュセッターの愉快な性格をしたギャップが愛らしいミックス犬へとなってくれる可能性が高いかもしれませんね。

イングリッシュセッターを飼うのに向いている飼い主は?

イングリッシュセッターは、性格も良く比較的飼いやすい大型犬です。

しかし一人で過ごすことが嫌いなことや運動量が多く必要なことから考えると、留守番が少ないご家庭で、犬のための時間を多く確保してあげられる人に向いている犬種です。

とても活発な犬種で走るのも泳ぐのも大好きな犬種なので、スポーツやアウトドア好きな人にもおすすめできる犬種です。

一人暮らし・マンションでも飼育できる?

イングリッシュセッターは留守番が苦手な犬種で、人と一緒に過ごすことを好む犬種です。
また大型犬でもあるので、留守がちで飼育スペースを確保しづらい一人暮らしでの飼育は難しいと言えるでしょう。

マンションでの飼育はできないことはありませんが、運動不足にならないようしっかり管理してあげること、また吠え癖がつかないよう注意しておかなければなりません。

シニアでも飼育できる?

性格的にはシニアの方でも飼育できるような優しい性格と状況判断能力に長けた犬種ですが、運動量の面から考えると難しいかもしれません。

もちろんイングリッシュセッターの散歩や運動に付き合えるだけの体力があるシニアの方の場合には例外となるでしょう。

小さな子どもさんがいる家庭でも飼育できる?

イングリッシュセッターは優しく穏やかな性格の持ち主ですので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼育することは可能です。

遊び好きな性格でもあるので時に子どもの遊び相手になってくれることもあります。
我慢強い性格をしているため、子どもさんに少々手荒く扱われても愛情深く接することができるでしょう。

イングリッシュセッターの寿命

イングリッシュセッターの平均寿命は、12~13歳と言われています。

同じ大型犬のセッター種の寿命と比べると、アイリッシュセッターは12~15歳、ゴードンセッターは10~12歳と言われているので、イングリッシュセッターの寿命は平均的だと言えるでしょう。

イングリッシュセッターに長生きしてもらうためにも、運動やコミュニケーション不足にならないよう注意してあげること、また食事と運動のバランスをしっかり管理して健康的に過ごせるよう努めてあげましょう。

この記事のまとめ

イングリッシュセッターはこんな犬
  • 大型犬
  • 性格:優しく友好的で甘えん坊。マイペースな一面も。
  • 被毛:シルク状ウェーブがかった長毛
  • 毛色:ホワイトをベースに、ブラック・タン・レモン・ブルーなどの「ベルトン」
  • 気を付けたいしつけ:厳しく叱るようなしつけは不向き。吠え癖に注意
  • 注意したい病気:「視覚障害」「聴覚障害」「股・肘関節形成不全」「胃捻転」「アレルギー性皮膚炎」など
  • 子犬の販売価格:15~20万円
  • 平均寿命:12~13歳
  • 運動とコミュニケーションがしっかり行える人向きの犬種

イングリッシュセッターについて さいごに

内面的にも外見的にも魅力溢れるイングリッシュセッターです。

飼育スペースや運動量を確保することが求められるため、日本では飼育頭数が少ない犬種ではありますが、スポーツやアウトドアが好きな人や大型犬初心者でも飼いやすいおすすめの犬種です。