愛犬がプルプル震えてる。考えられる理由を教えて!


“犬を飼っていると分かりますが、普段の生活の中で犬が震えているのを見ることって意外とあるものです。
飼い主としては愛犬が震えているのを見ると、心配になってしまいますよね。
では、犬の震えにはどんな理由が隠されているのでしょうか。
調べてみると、単純な理由から放っておくことのできない病気のサインなど、様々な理由がありました。

犬が震える理由その1「寒い」

わたしたち人間でもそうですが、寒いと震えてしまいます。

これは、体を細かく震わせることによって体温の低下を防ごうとする体の防衛機能なんです。

犬も同じように、寒いと体を震わせて体温が下がらないようにするというわけです。

震えている犬と聞くと多くの方がチワワを連想すると思いますが、チワワは寒さに弱く震えやすいと言われています。

犬が震える理由その2「不安やストレス」

犬が震えるのは、寒さだけではありません。
不安やストレスを強く感じた時にも震えることがあります。

しかも、不安やストレスのきっかけは犬によって様々。

例えば、模様替えや引っ越しによる生活環境の変化、家(自分のテリトリー)にやってきた見知らぬ人、雷や花火などの突然鳴る音、甲高い金属音、嫌いなぬいぐるみ、キラキラと光る物、ユラユラとゆれる物など。

飼い主にとっては何ともないことでも、犬にとっては大きなストレスになっていることもあるんです。

また、飼い主とのスキンシップが足りなかったり、何かを探したいという欲求が満たされていなかったりする場合にも、震えが現れることもあります。

犬が震える理由その3「興奮している」

興奮してテンションMAX!そんな状況になると震えてしまう犬もいます。

散歩が大好きで飼い主がリードを手にするとワクワクして震えてしまったり、飼い主家族の中に大好きな人がいて、その人が帰ってくると嬉しさのあまり震えてしまったり。

嬉しすぎて震えちゃうなんて可愛いですね。

犬が震える理由その4「何らかの中毒」

犬にとって危険な食べ物や薬品など食べてしまうことにより、中毒症状の一つとして震えが現れることもあります。
この場合、震えよりも痙攣といった方が適切かもしれません。

犬にとって危険な食べ物や薬品は多岐に渡り、人間にとっては平気なものでも犬にとっては毒になる場合もあります。

例えば、チョコレートやタマネギなどは犬には毒になる食材ですし、ガムなどに含まれるキシリトールも低血糖を引き起こします。

アロマテラピーなどで楽しむエッセンシャルオイルやアロマオイルも注意が必要で、特にティーツリーオイルと呼ばれるものは中毒事故を多く引き起こしています。

犬が震える理由その5「血糖値が極端に下がっている」

長時間にわたって犬が食事を摂らない状況が続くと、血糖値が極端に下がる低血糖の状態になることがあります。
この低血糖になっている時にも、震えが症状として現れるようです。

ただこの場合も中毒の場合と同じように、震え以外の症状も現れます。
他の症状としては、ぐったりとしていて力がない、下半身が動かないなどがありますので、震えの他にこれらの症状が見られたら、すぐに獣医さんに診てもらうようにしましょう。

まとめ

日常で時折目にする愛犬の震え。

寒さや興奮、不安やストレス、そして中毒や低血糖の症状など様々な理由が隠されていました。

震えの理由は寒さだけではありませんので、愛犬がもし震えていたら、その様子をしっかりと観察するようにしましょう。

場合によっては、愛犬の健康に関わる重大なサインかもしれません。