マルチーズに多い目の病気“流涙症”とは?

眼の付け根から鼻にかけて、茶色に染まっているマルチーズを見たことがある人も多いのではないでしょうか。これは「流涙症」と呼ばれる病気が原因かもしれません。流涙症とはどのような病気なのでしょうか。流涙症の治療から対策までご紹介します。

マルチーズの流涙症とはどんな病気?

流涙症(りゅうるいしょう)は、別名「涙やけ」ともいわれ、常に涙が体外に流れてしまう病気です。
涙が流れる部分が徐々に変色して、その部分の毛が茶~黒色になってしまい、見た目が気になる病気でもあります。
特にマルチーズのような毛の色が白い犬の場合は目立ちます。流涙症の原因は主に2つあります。

マルチーズの流涙症の原因 1.涙が出過ぎている

逆まつげやアレルギー物質等の異物混入による刺激、結膜炎や角膜炎による炎症によって涙が出っ放しになります。
この涙が多すぎると、体内で処分しきれずに体外に排出されます。
これが目の付け根から流れ続けることが原因です。また老化による眼の筋力の衰えによってなることもあります。
マルチーズのようなまん丸の目は逆まつげになりやすいので、生まれつき流涙症になりやすい犬種といえます。

マルチーズの流涙症の原因 2.涙の通り道がふさがっている

涙が通る鼻涙管が何らかの原因で詰まったり炎症を起こしたりしていると、涙の量が多くなくても、涙を処理しきれずに体外へ排出されてしまいます。遺伝的に鼻涙管に異常がある場合がほとんどです。

マルチーズの流涙症の治療方法は?

流涙症になると、目の周りが腫れぼったくなったり痒くなったりします。痒みがひどいと目に傷ができ結膜炎等を併発することもあります。

マルチーズの流涙症の治療方法 1.涙が出過ぎている場合の治療

眼球や網膜に炎症が起きている場合は投薬や点眼が必要です。刺激によって涙が出過ぎている場合はその原因を取り除きます。眼の周りの毛を抜いたり、アレルギー物質から遠ざけたりします。

マルチーズの流涙症の治療方法 2.涙の通り道がふさがっている場合の治療

涙の通り道に詰まったものを取り除くために、涙鼻管を洗浄するか外科手術により開通させます。これは犬それぞれの症状により異なります。

マルチーズの流涙症の対策

マルチーズは先天的に流涙症になりやすい犬種です。遺伝的な病気は完全に除去することはできませんが、普段から気を付けておくことで症状を軽くすることはできます。

マルチーズの流涙症の対策 1.ドックフード

バランスの良い食事を心がけましょう。免疫力を高めるためにも、できる限り合成添加物が入っていない良質な材料を使ったドックフードを与えて下さい。涙やけを防止するサプリメントも販売されているので、気になる人は取り入れてみても良いでしょう。

マルチーズの流涙症の対策 2.こまめなお手入れ

涙や目やにが出たらすぐに拭くようにしましょう。黒く染まってしまった毛にはホウ酸水が効きます。2%に薄めたホウ酸水で優しく拭いてあげて下さい。ホウ酸はドラッグストア等で購入できます。 目をかいたりする時には、すぐに病院へ連れていきましょう。早めに気付くことで症状を緩和できます。

マルチーズに多い目の病気“流涙症”とは? まとめ

マルチーズが流涙症になりやすい犬種であるということは知っておきましょう。病気にならないことが一番ですが、もし発症してしまっても、早めの治療とこまめなお手入れで悪化を防ぐことができます。毎日の健康チェックが愛犬の元気の源ですよ。