犬のキャリーバックの選び方とおすすめ商品5選

犬のキャリーバックとは?

犬のキャリーバッグとは、移動をする時に犬を中に入れておくことを目的とするかばんのことです。

キャリーバックには様々なタイプのものがあり、タイプによって使うシーンが異なることもあります。

それでは、キャリーバッグにはどのようなタイプのものがあるのか見ていきましょう。

犬のキャリーバッグのタイプ①

~ハードキャリー(クレート)~

主にプラスチックでできていて、キャリーバッグの中で1番丈夫で安定感があるタイプです。

自家用車に乗せる時は、シートベルトで固定することもできます。

幅や重みがあるので車での移動時や、旅行先ではハウス代わりとして使うことができます。

犬のキャリーバッグのタイプ②

~ソフトキャリー(ドーム型・トートバッグ型など)~

ハードキャリーの布製版で、ドーム型やトートバッグ型など形も様々あります。

いずれも軽量で手持ちと肩掛けができるものが多いため、持ち運びがしやすいというメリットがあります。

犬のキャリーバッグのタイプ③

~リュックタイプ~

名前の通り背中に背負うリュックタイプのものです。

最大のメリットは、手持ちや肩掛けよりも重さを感じにくく、両手が自由になるので行動が制限されないことがあります。

犬のキャリーバッグのタイプ④

~抱っこ紐タイプ(ドッグスリング)~

赤ちゃんの抱っこ紐のように犬を抱っこするための布製バッグです。

折りたたむこともできるので邪魔にならず、愛犬との密着度が高いので安心感を与えることができます。

犬のキャリーバックはどんな時使うの?

愛犬と外出するシーンは散歩だけではないですよね。

動物病院やトリミングサロン、ドッグカフェやドッグラン、旅行なんかにも愛犬と一緒という飼い主さんも少なくないでしょう。

そんな愛犬との移動時には、キャリーバッグが欠かせません。

犬のキャリーバッグの利用シーン①

~電車やバスなど公共交通機関~

基本的には、盲導犬や介助犬などを除く犬を連れて公共交通機関を利用する際には、犬はキャリーバッグに入れることがルールとなっています。

交通会社によって細かい指定があることもありますが、犬が飛び出してしまうことがないよう蓋ができるタイプのものに入れておくことが必要です。

そのため、ドッグスリングやソフトキャリーなどで蓋がないものなどは乗車拒否されることになるでしょう。

犬のキャリーバッグの利用シーン②

~車での移動時~

自家用車で移動する際に、犬をキャリーバッグに犬を入れておくと、車内を自由に動き回ることができないため運転の妨げることがなくなることや、万が一の交通事故の際にも、愛犬のケガなどのリスクを和らげることができます。

犬のキャリーバッグの利用シーン③

~公共の施設内など~

例えペットの入場が可能な公共施設であっても、ホテルのロビーのような人の多い場所ではキャリーバッグに入れて移動することがルールになっていることがあります。

犬のキャリーバッグの利用シーン④

~動物病院~

動物病院内では、様々な病気を患っている動物が来ているので、他の動物との接触はできるだけ避けたいものです。

また、待合室などで他の犬とのトラブルを防ぎたい時などにも、キャリーバッグに入れておくことで安心して過ごすことができます。

犬のキャリーバッグの利用シーン⑤

~マンション等のエレベーター内で~

ペット可のマンションなどであっても、ペットを飼っていない人への配慮からエレベーター内ではバッグに入れておくことが決められていることがあります。

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント①

~タイプ選び~

キャリーバッグを購入する時には、まずどのタイプのものにするのかを決めなければなりません。

キャリーバッグを使う目的や用途に合わせたタイプのものを選びましょう。

  • ハードタイプ:長距離移動や旅行先などでハウスとしても使いたい時におすすめ
  • ソフトタイプ:交通機関を使った移動が多い時におすすめ。
    基本的には最も多種多様タイプ
  • リュックタイプ:交通機関を使った移動&荷物が多い時や災害時の避難にもおすすめ
  • 抱っこ紐:ちょっとそこまで程度の外出&キャリーバッグ嫌いの犬におすすめ

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント②

~大きさ選び~

犬のサイズに合わせたものを準備するようにしましょう。

キャリーバッグが大きすぎると移動時に体が大きく揺れてしまい危険です。

小さすぎると窮屈な思いをさせてしまうので、長時間になるほど犬のストレスになってしまうでしょう。

犬が体を反転できる程度のものが好ましいと言われていることがありますが、基本的には体長に見合うサイズで、窮屈過ぎない大きさのものを選ぶと良いでしょう。

また、開閉口の大きさも適切なものを選ぶようにしましょう。

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント③

~機能性~

デザインやタイプなど様々あるキャリーバッグですが、機能性も様々あります。

熱がこもらないようようにするための通気性や、リードや飲み水などの備品を入れておくポケット、スーツケースのように持ち運びに便利なキャスター付きなどもあります。

愛犬が快適に過ごせるための機能性を確保することはもちろん、使い勝手の良いものを選ぶようにしましょう。

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント④

~安全性~

可愛い愛犬を持ち運びするためのバックなので、高い安全性が必要です。

壊れやすくないか、飛び出し防止機能がついているなどの安全性もしっかりチェックしましょう。

犬のキャリーバックを選ぶときのポイント⑤

~洗えるかどうかなどのお手入れ~

比較的安価な金額の商品も出ていますが、機能性や安全性、デザインを考慮して購入するとなるとお値段もそれなりの金額になってきます。

度々買い替えるにも金銭的な心配が付いてきます。

少しでも長く使うためには、衛生面に気を付けなければなりません。

洗えるものなのかなどのお手入れ面もしっかり確認しておきましょう。

犬のキャリーバックおすすめ商品

犬のキャリーバックおすすめ商品①

~リッチェル キャンピングキャリー~

ハードタイプのキャリーバッグです。

外ではキャリーバッグとして、室内ではハウスとしても活躍します。

左右どちらからも開閉が可能でルーフドアも付いているため、犬を出し入れするのも簡単です。

商品ページ: 『リッチェル キャンピングキャリー』

犬のキャリーバックおすすめ商品②

~MandarineBrothers(マンダリブンブラザーズ) BigPocketCarryBag2 ~

人気ブランド「マンダリンブラザーズ」のソフトタイプの機能性バッグです。

デザイン性が高いことはもちろん、上蓋とサイドからの出し入れが可能、各所に通気性が確保され上蓋は二重構造になっています。

さらに、豊富な収納ポケットが付いていたり、ちょっとした汚れや雨にも強いポリエステル生地が使用されています。

商品ページ: 『MandarineBrothers  BigPocketCarryBag2』

犬のキャリーバックおすすめ商品③

~full of vigor(フル オブ ビガー)フタ付き抱っこだワン~

フタ付きのドッグスリングです。

犬との密着度が高いため犬に安心感を与えられるという最大のメリットがある上、フタ付きで飛び出し防止フックが取り付けられるので、安全性にも考慮されています。

フタ付きなので交通機関によっては利用できる場合もあるでしょう。

商品ページ: 『full of vigor フタ付き抱っこだワン』

犬のキャリーバックおすすめ商品④

~TAKE ME 中型犬・多頭飼い用キャリーバッグ~

種類の少ない中型犬や多頭飼いの飼い主さんにおすすめのリュックタイプのキャリーバッグです。

丈夫な作りになっていて、キャスターが付いているのでリュック部分を取り外してスーツケースのように持ち運ぶこともできます。

商品ページ: 『TAKE ME 中型犬・多頭飼い用キャリーバッグ』

犬のキャリーバックおすすめ商品⑤

~free stitch(フリーステッチ) スクエアトート~

ドッググッズブランド「フリーステッチ」のオリジナルキャリーバッグです。

飛び出し防止リードやストッパー機能付きファスナーなどの安全性も考慮されて作られており、犬が横から顔を出しやすいようデザインされた形になっています。

商品ページ: 『free stitch スクエアトート』