日本テリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


日本テリアの基本情報

日本テリアは、名前の通り日本が原産のテリア種です。

日本では唯一のテリア種となり、家庭犬として作出されました。

昭和初期ごろに「抱き犬」として人気を集め、特に神戸で大人気だったことから「神戸テリア」という別名を持ち、他にも「お雪テリア」「ミカド・テリア」などの愛称で親しまれてきました。

現在では、頭数は少ないながらも熱狂的な愛好家たちによって大切にされている犬種です。

日本テリアの歴史

日本テリアの歴史

~ルーツ~

日本テリアは、17~18世紀にオランダから長崎に渡来した「スムース・フォックス・テリア」と日本国内にいた小型犬との交配によって生まれた犬種だと考えられています。

ただこれを裏付ける確たる証拠はなく推測とされていますが、「スムース・フォックス・テリア」に類似した容姿から関係があることはほとんど間違いないでしょう。

その他にも「トイマンチェスター・テリア」や「イタリアン・グレーハウンド」「トイ・ブルテリア」なども交配されているのではないかと言われています。

日本テリアの歴史

~人気から絶滅の危機まで~

日本テリアが国内で有名になったのは19世紀後半の明治初期です。

当時は芸妓遊びが流行していて、芸妓遊びに通っていた米国の大財閥「ジョージ・モルガン」が芸妓「加藤ユキ(お雪)」を正妻として迎えたことが話題を集めました。

その「加藤ユキ(お雪)」が日本テリアを愛玩していたことから国内で広く知れ渡ることになったのです。

日本テリアは、そのことから「お雪テリア」という愛称で親しまれました。

1920年ごろになると計画繁殖が行われ、1930~1932年頃には国内で日本テリアの大ブームが起こります。

しかし、太平洋戦争の開戦によって、その数は激減することとなり絶滅の危険が及びました。

それでも、戦後になると絶滅を危惧した愛好家たちの手によって、再び頭数を伸ばしていくことに成功しますが、ブームは洋犬に代わっていたため、かつて得ていたほどの人気を回復させることはありませんでした。

現在では希少犬種として、今でも熱烈的な愛好家によって大切にされています。

日本テリアの特徴

  • スマートな体型をした小型犬
  • 白と黒のボディーカラー
  • ビロードのような短い被毛
  • 走る・跳ぶことが得意

日本テリアの特徴

~大きさや身体的特徴~

日本テリアは、体高20~30cm体重2.3~4.1kgの超小型犬です。

頭が小さくスマートで引き締まった体にすらりと長い脚を持っています。

動作はとても俊敏で走るのも早く、ジャンプ力など高い身体能力を持っています。

耳は高い位置についた半分が前方または横に垂れた笹耳、尻尾は断尾する習慣があります。

日本テリアの特徴

~毛質や毛色~

被毛は、ビロードのような感触をしていて、2mm程度の被毛が密集しているダブルコートの短毛です。

毛色は、頭部がブラック、タン、ホワイトで構成された毛色で、胴体はホワイトです。

胴体には、ブラック・スポット(黒の斑点)、ブラック・マーキング(黒の斑)またはタン・マーキング(黄褐色)が入る場合があります

日本テリアの性格・気質

  • テリア気質は弱く愛玩犬らしい
  • パワフルで活動的
  • 見知らぬ人は苦手
  • 飼い主の言葉や状況を上手に読み取って行動できる

日本テリアの性格・気質

~明るく活発に過ごす犬~

日本テリアは活動的で遊びが大好きな犬種です。

気難しいようなテリア気質は少なく、どちらかというと愛玩犬らしく飼い主と触れ合うことが大好きな性格しています。

小さな子どもさんや他の犬とも仲良くできるでしょう。

活発過ぎるせいかイタズラ好きな一面もあるので、小型犬だからと甘く見ずしっかりしつけていくことが必要です。

日本テリアの性格・気質

~無駄吠えに注意~

飼い主家族に対しては甘えん坊で人懐こい性格をしていますが、見知らぬ人に対しては警戒します。

小さい体ながらも番犬向きの性格の持ち主です。

警戒をしている時以外では、基本的に吠えることは少ないようです。

華奢に見える体からは想像もつかないほどパワフルに行動しますが、飼い主が忙しくしている時にはそっと見守るような飼い主の表情や状況を読み取って行動するようなこともできます。

日本テリアの飼い方・しつけ

日本テリアの飼い方①

~飼育環境は?気を付けたいこと~

日本テリアは基本的に室内で飼育する犬種です。

2mm程度しかないスムースコートの犬種なので寒さには弱く、秋冬の季節には温度管理に気を付けてあげる必要があります。

震えて寒がるようなこともありますので、暖房などでの温度調節以外にも服を着せてあげると良いでしょう。

日中は日の当たる場所で日向ぼっこができるようにしてあげると喜びます。

また日本テリアは、とてもキレイ好きな犬種でもあります。

寝床やトイレなどの飼育スペースはこまめに掃除をしてあげて清潔にしてあげましょう。

日本テリアの飼い方②

~散歩などの運動量~

とても活発な犬種で、意外にも太りやすい体質を持っている犬種です。

ストレスや肥満の原因にならないよう運動はしっかりさせてあげましょう。

散歩は、1日2回、それぞれ20~30分程度を目安に連れて行ってあげましょう。

走ることが大好きなので、一緒に走ったり休日などにはドッグランなどで自由に遊ばせてあげると良いでしょう。

社会性を養うためにも積極的に外に連れ出して、ドッグランで他の犬との交流の場を設けてあげましょう。

ただし、秋冬の寒い季節には無理をして散歩させる必要はありません。

できるだけ暖かい日中に時間をずらして服を着せて散歩したり、室内でたくさん遊ばせてあげる程度でも大丈夫です。

日本テリアのしつけ①

~小型犬だと侮るべからず~

日本テリアは、気難しいようなテリア気質はありませんが、活発で落ち着きがない印象を持つこともあるでしょう。

そのため、しつけが入りにくいと感じることもあるようです。

それでも、飼い主の言葉や表情を読み取る力を持っているため、主従関係と信頼関係を正しく築いておくことができればしつけは難しくないでしょう。

子犬のころから甘やかし過ぎないようにして、メリハリを持って育てていきましょう。

日本テリアのしつけ②

~社会性を養うこと~

飼い主家族や知っている人・動物に対しては、友好的に接することができますが、見知らぬ人などには強い警戒心を見せます。

自宅に来客があった時には激しく吠えかかるようなこともあるでしょう。

来客時にはサークルやケージで落ち着いて過ごせるようにトレーニングしておくことも大切ですが、子犬のころから積極的に外に連れ出して社会性を育てていくようにしましょう。

見知らぬ人に出会うと最初は警戒しますが、飼い主さんが積極的に会話することで日本テリアも打ち解けやすくなっていくでしょう。

日本テリアのお手入れ

日本テリアのお手入れ①

~抜け毛は多い?ブラッシングの頻度~

短毛である日本テリアのお手入れはとても簡単です。

それでもダブルコートの被毛を持っているため抜け毛はあります。

ただ被毛が短く体が小さいため、抜け毛はそれほど多く感じないようです。

換毛期にはたくさん抜け落ちているため、しっかりお手入れをしてあげましょう。

皮膚トラブルが起こりやすい犬種でもあるので、皮膚に異常がないかの確認も含めて1週間に3~4回の頻度でブラッシングしてあげると良いでしょう。

ラバーブラシや獣毛ブラシを使ってブラッシングしてあげましょう。

日本テリアのお手入れ②

~定期的に必要なお手入れ~

キレイ好きな日本テリアが気持ちよく過ごせるためにも、ブラッシング以外のお手入れも定期的にしてあげましょう。

体の汚れが気になる時は、固く絞った濡れタオルで拭いてあげることで十分に汚れは取れますが、1カ月に1回の頻度でシャンプーしてあげると良いでしょう。

歯磨きや爪切り、肛門腺絞り、耳掃除などの全身ケアも忘れずにしてあげましょう。

日本テリアの注意する病気

日本テリアは希少犬種で個体犬種が少ないため、近親交配をするしかないような事もあるようです。

それによって遺伝性疾患が多いというようなことはありませんが、遺伝性疾患の可能性を完全に否定することもできないことを念頭に置いておきましょう。

また、個体数が少ないためかかりやすい疾患についても詳しく分かっていませんが、骨や関節、皮膚、目の疾患になりやすい傾向があるようです。

日本テリアの注意する病気①

~股関節形成不全~

股関節形成不全は先天的な病気で、股の関節が異常に変形している状態のことです。

成長期の急激な体重の増加と活発に動くことで骨と筋肉のバランスが崩れ、生後6カ月頃から徐々に異常が見られるようになり、不自然な歩き方をする症状が見られます。

軽症であれば安静に過ごすことで関節が正常に成長するのを待ちますが、重症の場合には外科手術が必要となります。

親犬に股関節の異常が見られないかを確認することも大切ですが、子犬の頃から食事と運動のバランスをしっかり管理して、異常にすぐ気付けるよう日々観察していきましょう。

日本テリアの注意する病気②

~アレルギー性皮膚炎~

アレルギー性皮膚炎とは、ノミやダニなどの害虫やハウスダスト、花粉、食べ物などのアレルゲンに反応し皮膚炎を発症する病気のことです。

強いかゆみを伴うため、しきりに掻いたり噛んだりするようになります。
そうすることによって皮膚が傷付き脱毛したり、膿みの原因ともなります。

治療法は、主に投薬治療を行うようになりますが、アレルゲンとなる物質から遠ざける事 や体を清潔に保つことで発症を防ぐことができる病気でもあります。

体の手入れをしっかりと行って予防してあげましょう。

日本テリアの注意する病気③

~骨折~

とても活発に動きジャンプを得意とする犬種ではありますが、骨折しやすい犬種でもあります。

骨折を起こすと、不自然な動きが多くなり、痛みや腫れ、患部の熱などの症状が見られます。

犬の骨折を治療するのは簡単ではなく、正しく固定することが必要となり必要があれば手術を行うこともあります。

治癒するまでの運動制限などによってストレスも溜まりやすくなるので、しっかりケアをしていくことが必要です。

思わぬ事故によって起こりやすい骨折ですが、子犬のころから健康的な食生活と適度な運動で丈夫な骨・関節を作っていきましょう。

日本テリアの子犬の販売価格と寿命

日本テリアの子犬の販売価格

日本テリアの子犬の販売価格は、だいたい25~35万円です。

希少犬種であるため、高めの金額になっているようです。

ペットショップで見かけることはほとんどない犬種のため、ブリーダーからの購入をおすすめします。

日本テリアの寿命

日本テリアの寿命は、平均12~14歳と言われています。

一般的に小型犬の寿命が12~15歳と言われているため、平均的な寿命と言えるでしょう。

19歳という年齢まで健康に長生きした日本テリアも存在しますので、普段から健康に気を付けて質の良い食事と適度な運動で丈夫な体を作り、病気の予防やこまめな健康診断を受けておきましょう。

日本テリアについて さいごに

日本犬の一種でありながらも希少な犬種の「日本テリア」。

現在では、知名度が他の日本犬と比べても低くなりつつありますが、お手入れも簡単で愛玩犬らしい魅力多い犬種です。

かつては大ブームを起こしたほどの犬種なので、今後の人気の再来にも期待したいものです。