スタンダードシュナウザーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

スタンダードシュナウザーの基本情報

ミニチュア・スタンダード・ジャイアントと3種類あるシュナウザーのうち、元々の原型に当たるのが、スタンダードシュナウザーになります。

ルックスはミニチュアシュナウザー同様、おじいさんのような口髭や眉毛が特徴の、チャーミングな犬種です。

人間と同じ頭脳を持つとまで呼ばれる賢い犬で、猟犬としてだけでなく、警察犬や護衛犬としてなど、古くから人々と共に生き、愛されてきました。

ミニチュアシュナウザーは、2016年にはジャパンケネルクラブの登録数が、7位で9,794頭なのに対し、スタンダードシュナウザーは、リストに載っていないほど、日本では珍しい犬種になります。

スタンダードシュナウザーの歴史

スタンダードシュナウザーはドイツ生まれ

スタンダードシュナウザーはドイツでも、かなり古い歴史を持つ犬種になり、15〜16世紀の絵画や彫刻に既に登場しています。

南ドイツで生まれたとされていて、当時は「ピンシャー」と呼ばれ、農場犬として害獣駆除や、牧羊犬、番犬などとして活躍しました。

そして、全く違う犬種に見えますが、スタンダードシュナウザーとジャーマンピンシャーは、同じ母犬から誕生した兄弟なのです。

スタンダードシュナウザーの名前の由来

1879年にドイツで「インターナショナル ドッグショー」が行われました。
その時、登場したのがスタンダードシュナウザーなのですが、当時は、ワイヤー・ヘアード・ピンシャーの名前でした。

そして、そのショーで見事優勝した犬の名前が「シュナウザー」だったことから、スタンダードシュナウザーの名前が生まれたといわれています。

ちなみにシュナウザーとはドイツ語で「ヒゲ」を意味します。

スタンダードシュナウザーの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:14.0〜20.0kg
  • 体高:45.0〜50.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の色:ソルト&ペッパー ブラック
ミニチュアシュナウザーの場合、被毛の色はもっと豊富にあるのですが、スタンダードシュナウザーは2種類のみになります。

スタンダードシュナウザーはミニチュアシュナウザー同様、トリミングが必要になる犬種になります。

スタンダードシュナウザーの性格・気質

スタンダードシュナウザーの性格・気質➀ 番犬なら任せて!

ミニチュアシュナウザーは愛玩犬の気質が強いのですが、スタンダードシュナウザーは、少々、元々の番犬として働いていたときの気質が残っており、家族には従順な温厚さを見せるのですが、知らない人には吠えてしまう傾向があります

番犬には最適なのですが、無駄吠えをするようになっては大変なので、きちんとしたしつけをする必要があります。

スタンダードシュナウザーの性格・気質② 人と働くのが大好き!

長い歴史の中、いろんな場所で人とともに働いてきたスタンダードシュナウザーは、物覚えも早く、人と何かをすることが大好きな犬種です。

一緒に何かをすることでコミュニケーションを取ろうとし、常に、飼い主さんの役に立とうと考えてくれるのが、スタンダードシュナウザーの良さになります。

スタンダードシュナウザーの性格・気質③ 少々頑固なのは見た目通り?!

おじいさんのような見た目のスタンダードシュナウザーですが、見た目通り?少々頑固な傾向があります。

賢い犬ですので、自分が違うと思ったことは、テコでも動こうとしません。

一方、頼もしいくらい毅然とした態度をとり、忍耐力も相当あります

そういう人間っぽいところが、魅力の1つなのかもしれませんね。

スタンダードシュナウザーの性格・気質➃ 賢さはお墨付き

スタンダードシュナウザーは、警察犬にもなれるくらいの頭脳を持ち合わせています。

順応性も良く、教えたことはすぐに覚えます。

また、体を動かして遊ぶことが大好きなので、遊びながらしつけトレーニングをすることで、さらに覚えが早くなります。

1つ注意したいのは、賢いということは、人がすることをちゃんと見て、マネをします。

間違ったことを覚えないように、飼い主さんが一貫した態度を取ることが必要です。

それと、頭脳犯的ないたずらをすることもあるので、要注意です!

スタンダードシュナウザーの性格・気質⑤ 人が大好き!

警戒心が強いスタンダードシュナウザーですが、基本的に人は大好きなので、一度心を開いた相手とは、人間か?と思うくらい、人の気持ちを読んだ行動をしてくれる、愛情深い犬です。

また、人と遊ぶのが大好きなので、愛犬とのコミュニケーションで、いろいろな遊びを取り入れることをおすすめします。

スタンダードシュナウザーの飼い方・しつけ

スタンダードシュナウザーはご紹介のとおり、順応性があり賢いので、家に迎えたときから、飼い主さんが愛情を持ってしつけることで、最愛のパートナーになります。
では、飼い方と大切なしつけについて、ご紹介していきます。

スタンダードシュナウザーの飼い方で大事なこと

スタンダードシュナウザーは中型犬で、比較的丈夫でもあるので、屋外で飼うことは不可能ではありません。

しかし、最近では愛犬とのコミュニケーションを優先させ、室内で飼うという傾向が強いです。

室内で飼った方が、犬自身が清潔を保てることと、温暖差がない環境での生活ですので、体に負担もかかりません

また、一緒に暮らすことで、犬の調子が悪いときにも、比較的早期に気づいてあげることができます

 スタンダードシュナウザーの飼い方・しつけ①信頼関係

スタンダードシュナウザーは賢く、忠誠心も強いので、教えたことを学習するのは早いです。

ただポイントは、飼い主さんと愛犬がちゃんと信頼関係を築けているということが大切になります。

信頼関係を築く方法として、

  • しつけトレーニングで決めたルールを気分で変えない
  • 成功したら褒める。
    失敗したら無視
  • しつけに限らず、遊びやスキンシップの時間を十分取る
  • 甘やかすことと愛情を注ぐことの意味を履き違えないこと
  • ご飯の世話やトイレ掃除をきちんとする

などがあります。

スタンダードシュナウザーは常に飼い主さんを見ています。

1つ1つ、あなたが愛犬にしてあげること全てを理解しているのです。

ただ力で支配しようとしても、信頼関係は決して作れないこと忘れないでください。

スタンダードシュナウザーの飼い方・しつけ②トイレ

スタンダードシュナウザーを飼う上で、1番最初に覚えてもらうのがトイレになります。

ある程度の大きさがあるスタンダードシュナウザーなので、基本的にはトイレは外でしてもらいたいという場合でも、室内の決められたトイレスペースで、排泄をするというトレーニングは必要になります。

例えば、台風や大雪の日などは散歩で外に出ることが困難な場合もありますし、スタンダードシュナウザーがシニアになった時、思うように外で排泄が出来ないことがあるかもしれません。

そんな時、室内でもトイレができるようにしておくと、犬にとっても飼い主さんにとっても、ストレスになりません

トイレのしつけ方法

家に迎えたその日から開始します。

トイレトレーを静かで落ち着ける場所に設置し、基本は、トイレをしたくなるタイミングでトイレに誘導し、成功したら褒め、失敗したら無視して臭いが残らないように徹底的に掃除します。

コツは長時間、成功と失敗を繰り返しで時間をかけず、短期で教えることです。

そのために、成功する回数をとにかく増やすことで、スタンダードシュナウザーも褒められたくて、モチベーションをあげてくれます。

成功を増やす方法として、

  • トイレを覚えるまで基本ケージ生活(遊びの時は外に出してOK)
  • ケージ内、水と寝床以外全てにトイレシートを敷き、どこでトイレをしても成功にする。
  • 成功したら尋常じゃないくらい大騒ぎをして褒めまくる
  • 成功したらトイレシートを減らし、失敗したら増やすでコントロール

これらを試すことで、トイレを早い段階で覚えてくれるでしょう。

スタンダードシュナウザーの散歩の仕方と頻度

スタンダードシュナウザーを飼う上で、とても重要なのが毎日の運動になります。

もともと使役犬であったスタンダードシュナウザーは、体を動かすことが大好きです。

毎日十分に体を動かすことができないと、ストレスが溜まってしまい、室内でいろいろないたずらをしたり、問題行動にも繋がります。

必要な散歩の頻度は、1日2回、1回につき60分以上

散歩は、ただひたすら歩くだけではなく、坂道やくねくね道などのコースを取り入れたり、たまにダッシュをするなど工夫すると喜びます。

また、運動量は散歩だけでは十分とはいえないので、たまにドッグランを活用したり、広い犬が走れる場所に連れて行き、ロングリードで思い切り走らせてあげることも必要です。

スタンダードシュナウザーのお手入れ

スタンダードシュナウザーはダブルコートの被毛で、抜け毛が多いのかな?と思いがちですが、スタンダードシュナウザーには換毛期がないので、比較的抜け毛は少ないのです。

その代わり、被毛は定期的にトリミングをしないと伸び続けてしまいます。

スタンダードシュナウザーのブラッシング

スタンダードシュナウザーは抜け毛が少ない犬種にはなりますが、毎日のブラッシングで絡みを取ることと、死毛を取り除いてあげる必要があります。

ブラッシングにはスリッカーブラシを使い、根元から皮膚を痛めないように、優しくブラッシングするようにしましょう。

ブラッシングすることで、皮膚の血行も良くなり、皮膚と被毛両方の健康を助けます。
仕上げにはコームを使います。

スタンダードシュナウザーのトリミング

スタンダードシュナウザーのトリミングは、通常の犬のトリミングでするペットカット以外に、スタンダードシュナウザーらしい硬く強い被毛にするため、プラッキングという手法のトリミング法があります。

これは、被毛を抜くという作業をすることで、皮膚・被毛を強くする目的があります。

この方法は当然、慣れるまで犬は痛がります。

また、全てのサロンでプラッキングができるわけではなく、時間も費用もかかります。

ショードッグ以外は、ペットカットを選ぶ飼い主さんがほとんどです

スタンダードシュナウザーの歯磨き

歯磨きは子犬のうちから、口内を触られても平気なように慣らし、早いうちから歯磨きをすることをおすすめします。

歯磨きには歯ブラシに歯磨きペーストをつけてブラッシングする方法が1番キレイになります。

最後の仕上げに、歯磨きシートで歯の表面を拭き取ったり、デンタルガムをあげてもいいでしょう。

スタンダードシュナウザーの注意する病気

スタンダードシュナウザーの平均寿命は13〜16歳といわれています。

少しでも長く一緒にいるために、気をつけたい病気をご紹介します。

スタンダードシュナウザーの注意する病気その① 尿路結石

尿路(腎臓・尿管・尿道)のどこかで結石・結晶ができ、尿道で詰まってしまう病気です。

症状は、1回に出る尿の量が減ることや、最悪尿がしたい様子を見せているのに、ほとんど出ないということにもなります。

内科治療で完治を目指しますが、場合によっては外科手術で結石を除去します。

スタンダードシュナウザーの注意する病気その② 股関節形成不全

歩き方がおかしいことで気づくことが多いです。
腰を振って歩いたり、足を引きずり、運動を嫌がるような素ぶりがあります。

この病気は、運動と食事管理をメインで薬で痛みをコントロールすることで、進行を抑えることが基本になります。

内科治療でも症状が悪化する場合、外科治療が考えられます。

スタンダードシュナウザーの注意する病気その③アレルギー性皮膚炎

様々な原因でアレルギー反応を起こします。
症状として多いのが、とにかく皮膚を痒がることで、場合によって、湿疹を伴います。

また、外耳炎や結膜炎も併発しますので、皮膚・耳・目を痒がって止まらないという場合、悪化する前に、獣医さんへ受診をおすすめします。

スタンダードシュナウザーの相場価格と入手先

スタンダードシュナウザーの相場価格は15万円〜になります。

スタンダードシュナウザーはご紹介してきたように、日本ではほとんどいない犬種になるので、入手も簡単ではありません。

ブリーダーさんから直接譲り受ける方法が1番ですが、常に子犬がいるとも限りません。

また、海外から輸入するという方法もあり、手続きを代行してくれる会社もあります。
ただその場合の価格は、時価になりますので、費用がかさむ可能性もあります。

それら以外の方法として、いつ出会えるか保証はありませんが、里親募集している団体のHPを随時チェックしてみるという方法もあります。

スタンダードシュナウザーのさいごに

日本ではミニチュアシュナウザーの方がメジャーで、よく見かけることはありますが、スタンダードシュナウザーの存在感は、ミニとは格段の差ではないでしょうか?

一緒に走り回ったり、ギュッと抱きしめたり、想像するだけでワクワクしてしまいます。