ジャーマンピンシャーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

ジャーマンピンシャーの基本情報

ジャーマンピンシャーは、ミニチュアピンシャーやドーベルマンの基礎になった犬種になります。

ジャパンケネル(2016年1月〜12月)に登録されているリストでは、101位で15頭しか登録がされていない、日本では珍しい犬種になります。

見た目は筋肉質でたくましく、中型犬とは思えないくらいの存在感があり、カッコいいです。

ジャーマンピンシャーの歴史

ジャーマンピンシャーとスタンダードシュナウザーは兄弟!

ジャーマンピンシャーの歴史は古く、起源ははっきりしていませんが、既に1879年にドイツでは、犬種として認定されていました。

そして全く別の犬種に見えますが、スタンダードシュナウザーとジャーマンピンシャーの母犬が同じなのです。

被毛で分けられることになったのですが、ワイヤーヘアがスタンダードシュナウザーとなり、スムースヘアの方が、ジャーマンピンシャーとなり、それぞれそこから別犬種として分かれていきました。

同じ母犬から生まれた2頭は、見た目が似ていても、いろんな犬種を交配してできた、ミニチュアピンシャーやドーベルマンよりも、血縁的にはお互いとても近いところにいます。

ジャーマンピンシャー、絶滅の危機からの復活

第一・第二次世界大戦が起こり、命を落としたのは人間ばかりではありませんでした。

多くの犬が命を落とし、ジャーマンピンシャーも例外ではありませんでした。

原産国のドイツにですら、1949年からの10年間、1頭の出産もなかったといいます。
そして立ち上がったのが、ドイツ人の愛犬家ワーナー・ユング氏になります。

他の愛犬家と協力し合い、西ドイツで生き残っていたミニチュアピンシャーの中から1番大きい犬を4頭選び、繁殖を試みるのと同時に、当時絶縁になっていた東ドイツに入りジャーマンピンシャー、1頭のメスのジャーマンピンシャーを密輸して、少しでも純血のジャーマンピンシャーを復活させようと努力しました。

そして現在存在する、ジャーマンピンシャーのルーツを辿っていくと、全てこの5頭のどれかに繋がっているのです。

ジャーマンピンシャーの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:14.0〜20.0kg
  • 体高:45.0〜50.0cm
  • 被毛の種類:スムースコート
  • 被毛の長さ:短毛 
  • 被毛の色:ブラック、ブルー、フォーン、ブラウン、レッド

ジャーマンピンシャーの断耳・断尾について

ジャーマンピンシャーの身体的特徴といえば、筋肉質で締まった体型にあります。

昔は害獣の狩りをしていたジャーマンピンシャーは、ネズミなどに耳や尾を噛まれないように、断耳や断尾をされていましたが、現在ではそういう必要もなく、愛護の精神からそのままの耳や尾をキープすることがほとんどです。

ジャーマンピンシャーの性格・気質

ジャーマンピンシャーの性格・気質①頼もしいガードマン!

ジャーマンピンシャーは縄張り意識が強く、警戒心があります。

知らない人に対しては、心を開くまでに時間がかかるかもしれません。

また、家に来たお客さんに対しても、その人物が飼い主さんに対して、好意的な人物かどうかジーッと観察することが多いです。

大丈夫と判断して初めて、触らせてやるぞ。
という態度を取ったりします。

縄張り意識が強い犬は、やはり無駄吠えが多くなりがちなので、無駄吠えに対してのトレーニングは必要になります。

ジャーマンピンシャーの性格・気質②活発的で遊び大好き!

クールな見かけのジャーマンピンシャーですが、家族の前では、本当にだらしない顔をしたり、思い切り楽しんでいる笑顔を見せ、活発的に遊びたがります。

そのギャップがたまらなくかわいく、ジャーマンピンシャーのファンになる人も多いです。

ジャーマンピンシャーの性格・気質③深くストレートな愛情表現

知らない人にはシャイで、警戒心を見せることもあるジャーマンピンシャーですが、本当に愛情深く、愛情表現も豊かなのです。

大好きな飼い主や家族のそばにいるのが大好きで、話しかけると、一生懸命聞き役になってくれることも。

また、集中力があるので、飼い主が何を言おうとしているか、ジーッとアイコンタクトを取って、飼い主さんの気持ちを読み取ろうとします。

ジャーマンピンシャーの性格・気質➃物覚えが早く、辛抱強い

ジャーマンピンシャーは警察犬にもなれるくらい、見た目の良さだけでなく、賢さもずば抜けているのです。

教えたことをすぐ覚えてしまう他、辛抱強いので、根気強くトレーニングを続けることができます。

ジャーマンピンシャーの飼い方・しつけ

ジャーマンピンシャーはご紹介のとおり、賢い犬種です。
飼い主さんが一貫性を持った芯の通ったしつけをしないと、ジャーマンピンシャー自身が自分で判断をし、勝手に動いてしまうようになってしまうので、注意が必要です。

また、飼い主がその時の気分で褒めたり叱ったりという、気分のムラは、ジャーマンピンシャーのしつけをする上でも、信頼関係を築く上でも良いとは言えないので、気分でしつけをしないように心がけましょう。

ジャーマンピンシャーの飼い方

ジャーマンピンシャーは中型犬なので、ある程度大きいので屋外で飼ってもOKと思いがちですが、短毛種になりますので、寒さには弱いです。

また、それ以外の季節も、強い日差しや害虫から身を守るためにも、室内飼いをおすすめします。

また、室内飼いをすることで、よりジャーマンピンシャーとのコミュニケーションを取ることもできます。

ジャーマンピンシャーのしつけ① 問題行動を起こさせないしつけ

ジャーマンピンシャーは、もともと狩をしていたことから、動くものを追いかけたがるという傾向があります

それは散歩の時でも、目の前に動くものがあると、いきなり走り出したりすることもあるでしょう。

また、警戒心が強いので、無駄吠えをしがちなところがあります

どちらもジャーマンピンシャーの特徴ではありますが、人と暮らす上で、問題になりやすいので、飼い始めからしつけを始めるようにしましょう。

ジャーマンピンシャーのしつけ②トイレ

犬は散歩に行くと、外でもおしっこやウンチをすることがありますが、マナーの面でも、室内でトイレをさせるしつけは必ず必要になります。

家の中でトイレができるようになると、悪天候の日は、無理に排泄のために、外に出る必要もなくなります。

また、病気になったり、シニア犬になっても、室内で快適にトイレをできると安心です。

トイレのしつけ方法

目標は1〜2週間でマスターさせることです。

あまり長く時間がかかると、その分、失敗を繰り返すということですので、失敗が増えると、トイレがどこかというより先に、どこでトイレをしても一緒と間違った学習をし始めてしまいます。

  • トイレをマスターするまで、遊ぶ時以外はケージ生活をします。
  • ケージ内には、トイレトレー以外にもトイレシートをベッドと水以外、一面に敷き、どこでトイレをしても成功にします。
  • 食後・起床後・遊んだ後がトイレのタイミングですので、合図をしてトイレを促します。
  • 成功したら大騒ぎで褒め、自信をつけてあげます。
    失敗したら無視です。
  • 成功するたび、トイレシートを減らし、失敗したら増やします。

トイレを成功するたび、ケージから出して大騒ぎで遊んであげると、遊びたくて、トイレトレーニングを頑張ってくれるようになります。

ジャーマンピンシャーの散歩の仕方と頻度

ジャーマンピンシャーは、見た目からも想像できると思いますが、相当量の運動量を必要とします。

毎日の散歩はもちろんですが、それだけでは運動不足になります。

散歩以外に月何回かは、ドッグランや、ロングリードで走り回れる広場へ連れて行きましょう。

また、筋力をキープするために、平坦な道ばかりではなく、山など上り下がりがあるところをたまに歩かせたりすることをおすすめします。

ジャーマンピンシャーに必要な散歩は、1日2回、1回につき60分以上

ジャーマンピンシャーのお手入れ

ジャーマンピンシャーはスムースコートで抜け毛も少ないので、基本的にお手入れは簡単です。

具体的にどんなお手入れが必要かご紹介していきます。

ジャーマンピンシャーのブラッシング

スムースコートのジャーマンピンシャーのブラッシングには、獣毛ブラシを使ってブラッシングします。

ピンブラシなども問題なく使えますが、獣毛ブラシの方がマッサージ効果もあるので、犬が喜びます。

また、毎日ブラッシングをしなくても、被毛が絡まることなどありませんが、ブラッシングをすることで、皮膚の健康が保たれますので、毎日ブラッシングすることをおすすめします。

ジャーマンピンシャーのシャンプーで臭い対策

ジャーマンピンシャーは他の犬に比べて、臭いがほとんど気にならない犬種です。

でもやはり犬は犬。

しばらくシャンプーをしないと臭いはしてきます。

1ヶ月に1回はシャンプーをしてあげましょう。

それ以外の時は、気になるようであれば、蒸しタオルで体を拭いてあげるだけでだいぶ違います。

ジャーマンピンシャーの歯磨きは必須

犬の歯磨きは、ブラッシング同様、子犬のうちから慣れさせます。

犬の歯についた歯垢が歯石に変わるのに、3〜5日かかるといわれています。

歯石になってしまうと、歯ブラシでは除去しきれません。

歯垢の状態で歯磨きをするということが大事です。

歯垢や歯石は口臭だけでなく、全身疾患の原因にもあるといわれているだけに、愛犬の長生きを考えたら、絶対にしなければならないケアの1つです。

ジャーマンピンシャーのそれ以外のお手入れ

耳掃除

1週間に1回程度、耳掃除をします。

イヤークリーナを使うなどして、耳の中をキレイに保ちます。

また、その際に出た耳垢がいつもと違う色をしている場合、耳の炎症を起こしている場合があるので注意しましょう。

爪切り

外での運動量や歩く場所によって、爪の削れ具合が違います。

フローリングなど歩いた時に、シャカシャカ音がするようだと、要チェックです。

だいたい目安的には月に1回はチェックして見てください。

ジャーマンピンシャーの注意する病気

ジャーマンピンシャーは絶滅しかけた際、たった5頭のから繁殖をした経緯があるため、近親交配による遺伝疾患の心配が必要です。

ジャーマンピンシャーの注意する病気その①遺伝性白内障

目が白く濁ってきて、視力が低下していきます。

初期の段階では、全く症状がありません。

進行速度はその犬によって違い、短期で視力を失ってしまう場合もあれば、年単位でゆっくり進行する場合もあります。

基本的には目薬で進行を遅らせる努力をします。

進行が進み、生活に支障が出てきた場合、外科手術を考えます。

ジャーマンピンシャーの注意する病気その②股関節形成不全

大型犬に多い病気になります。

腰を振って歩いたり、おすわりの時にオネエ座りになる。

またふらふらと歩きにくそうに歩くなどの症状があります。
まずは鎮静剤や抗炎症剤などの内科治療がメインになります。

それでうまくQOLが保てない場合、手術が選択されます。

また、この病気の場合、肥満は関節に負担がかかるため、ダイエットが絶対になります。

ジャーマンピンシャーの注意する病気その③フォンビルブランド病

遺伝性の病気になります。

フォンビルブランド因子という、血小板の止血に必要な因子の異常によって起こる病気で、3タイプあり、いずれも止血異常が起こります。

タイプ3に限っては、出産や手術中、異常出血で死に至ることもあるので注意が必要です。

治療法も基本的にはありません。

怪我などをさせないことや、万が一、大量に出血してしまった場合は、輸血を行います。

ジャーマンピンシャーの相場

ジャーマンピンシャーは、日本でも珍しい犬種ということもあり、子犬で30万円〜が相場のようです。

もちろん、血筋やそれ以外の好条件が揃えば、それなりに金額は上がっていきます。

子犬にこだわらないのであれば、定期的に里親募集のHPや、直接譲渡会に行ってみると、運命的にジャーマンピンシャーと出会えることもあります。

また、ジャーマンピンシャーは、おそらくペットショップではお目にかかることができる犬種ではなく、ブリーダーさんから場としてもらう方法が確実になります。

ジャーマンピンシャーのさいごに

ジャーマンピンシャーはとても賢くしつけも入りやすいので、飼いやすい犬種にも思えますが、必要な運動量などを考えると、誰にでも飼えるという犬種でもなさそうです。

もしあなた自身が、アクティブにアウトドアを楽しんだり、体を動かすのが好きなのであれば、バテることなく、張り切ってあなたのパートナーとしてピッタリと、隣に寄り添ってくれる愛犬になるでしょう。