アメリカンスタッフォードシャーテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

アメリカンスタッフォードシャーテリアの基本情報

体こそ大きくありませんが、がっしりとした強い筋肉を持ち、だからといって、体の動きは決して遅くなく、弾力のある足取りで機敏に動くことができる、運動能力が優れているのがアメリカンスタッフォードシャーテリアになります。

見た目は近寄りにくい怖さを持ちますが、実際は愛嬌いっぱいで、見た目からは想像できないほどだらしない顔で、飼い主さんに甘えます。

そんなギャップが、私たちを虜にしてしまうのでしょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの歴史

アメリカンスタッフォードシャーテリアは元闘犬

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、イギリス出身のスタッフォードブルテリアが元になって生まれた犬種です。

1850〜1870年頃にアメリカに移り住み、アメリカ人は比較的大きな犬を好んだため、スタッフォードシャーテリアよりも大きく、体型を変化させました。

その頃、イギリスでは違法であったにも関わらず、闘犬が大変人気でした。

中でも、スタッフォードブルテリアの戦闘能力は評判が良く、その噂はアメリカにもあっという間に広がり、スタッフォードブルテリアがアメリカに移り住んだのと同時に、アメリカでも闘犬としての人気を不動のものにしていきました。

スタッフォードブルテリアの闘犬から愛玩犬へ

アメリカの一部の人たちの手により、アメリカンスタッフォードシャーテリアはより強く、より攻撃的に作り変えられていきました。

時に護衛犬とするため、わざと人を襲うように育てられることもありました。

そのせいで、ある国やアメリカの州ではアメリカンスタッフォードシャーテリアの飼育を禁止したところもあります。

激しく戦う犬にさせられたアメリカンスタッフォードシャーテリアですが、本来は愛情深く、飼い主さんに寄り添う優しい犬なのです。

そこで、聡明なアメリカンスタッフォードシャーテリアを闘犬ではなく、愛玩犬として家族にしたいというブリーダーが増え、より穏やかな性格になる努力をし、現在では数多くのアメリカンスタッフォードシャーテリアが平和に、大好きな家族と暮らしています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:28.0〜40.0kg
  • 体高:43.0〜48.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:短毛
  • 被毛の色:ブラック、ホワイト、ブルー、ブリンドル、レッド、フォーンなど多種あります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの最大の特徴は、力強いがっしりとした筋肉質な体と、大きな口になります。

マズルもその分幅広いのが特徴です。

そんな大きな口をいっぱいに開けて、口角をあげて笑うアメリカンスタッフォードシャーテリアは、誰もが一緒に笑顔になってしまう力を持っています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとアメリカンピットブルの違い

アメリカンスタッフォードシャーテリアは、ピットブルと呼ばれる、アメリカンピットブルテリアと見分けがつかないくらい同じ容姿を持っています。

何よりも、アメリカンピットブルテリアは現在でも、AKCとJKCには公認されていません。

そのため、ブリーダーたちは、アメリカンスタッフォードシャーテリアとして登録をし、一方、アメリカンピットブルテリアを公認しているUKCやKCジャパンでは、アメリカンピットブルテリアとして登録をするダブル登録をするブリーダーもいるのです。

そのため現在では、アメリカンスタッフォードシャーテリアとアメリカンピットブルは別の名前ではありますが、同一犬であることが多いのです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格・気質

アメリカンスタッフォードシャーテリアは甘えん坊

あの怖そうな見た目からは想像できないほど、アメリカンスタッフォードシャーテリアは甘えん坊なのです。

人が大好きで、家族を追いかけ回し、撫でて〜とゴロンとお腹を投げ出す光景は、見た目とのギャップが大きすぎて、余計、かわいく感じてしまいます。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは防衛本能が強い

ブリーダーさんの努力が実り、現在では穏やかなアメリカンスタッフォードシャーテリアが、愛玩犬として飼われているのがほとんどですが、闘犬としての防衛本能は残っています。

自分から攻撃を仕掛けることはなくても、自分や家族が危ないと思うと、突然、人や動物に襲いかかることがあるので、しっかりとしたしつけが必要になります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは服従心が強く賢い

アメリカンスタッフォードシャーテリアの賢さと服従心は闘犬の頃から、優れていました

闘いの最中でも、飼い主の指示を的確に聞かなければなりません。

じっと飼い主の声を聞き、それに答える姿は惚れ惚れするほどです。
また、学習するのも早いので、しつけ自体は問題なく覚えてくれるでしょう。

海外ではその能力を買われ、セラピードッグ、サービスドッグとしても大活躍しています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの飼い方・しつけ

アメリカンスタッフォードシャーテリアはご紹介したように、とても賢く、順応性も高いので、しつけ自体は難しいこともなさそうです。

ただ、アメリカンスタッフォードシャーテリアが持つ、闘犬としての気質はいまだに健在ですので、完璧な主従関係ができていないと、思わぬ事故を起こしかねないので、注意が必要です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのしつけで必要なこと

アメリカンスタッフォードシャーテリアは当然、個体ごとに性格も違います。

見かけによらず、小さい犬を怖がるビビリもいますし、子犬の頃から負けん気が強い、やんちゃな個体もいます。

元々の性格プラス、どのような環境で犬を育てかによって、アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格は全く違ってきます。

まず、確実に信頼関係を築くことと、子犬時代の社会化をきっちりしてあげることが重要になります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアとの信頼関係

どのように、アメリカンスタッフォードシャーテリアと信頼関係を構築していったらいいでしょうか。

まず、力での押さえつけは全く意味がありません
信頼ではなく、飼い主を恐怖の対象としてしか、見なくなる可能性さえあります。

ではどうしたらいいか。

犬に信頼してもらうには、まずは犬の面倒をしっかり見ることから始まります。

  • ご飯の世話
  • トイレの掃除
  • ブラッシングなどのケア

それらの世話は、犬は見ていないようでしっかりと見ています。

そして、愛情をかけて世話することで、犬は必ずその気持ちを察することができ、それに答えようとします。

そして次に、飼い主さんのブレない一貫したしつけトレーニングです。

その日の気分で教え方が違ったり、中途半端にできてないのに、褒めたりは絶対にダメです。

基本はできたら思い切り褒める。
失敗したら無視。
ダメなものは、日が変わってもダメです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのトイレトレーニング

アメリカンスタッフォードシャーテリアを迎えたら、トイレをきちんと覚えるまでは、ケージで生活をさせます。

外に出すのは、トイレを成功させた後と、遊んであげる時です。

ケージの中にはトイレトレーと寝床、お水を準備します。

できれば、寝床とお水以外のスペース全部にトイレシートを敷きましょう。

そうすることで、どこでトイレをしても成功になるので、ひたすら褒めるしつけが出来、アメリカンスタッフォードシャーテリアのやる気も出て、覚え方が格段早くなります。

とにかく、足の感覚でどれがトイレかを覚えさせるのです。

トイレを上手に出来たら、思い切り褒めるのと、ケージから出し、しばらく遊んであげるとより一層、トレーニングを頑張るようになります。

トイレのタイミング

  • 起床後
  • 食後
  • 水を飲んだ後
  • 遊んだ後

これらのタイミングを見て、トイレを促しましょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの散歩の仕方と頻度

アメリカンスタッフォードシャーテリアは体力がありますので、ある程度の運動量は毎日必要になります。

また、運動不足からストレスが溜まり、余計なトラブルを招くこともゼロではありませんので、しっかりと運動をさせてやることが必要です。

必要な散歩の頻度は、1日2回、1回につき60分以上

特に成犬の頃は体力がありますので、積極的に運動をさせましょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアにドッグランはおすすめしません

運動不足解消のために、ドッグランはとても有効ですが、アメリカンスタッフォードシャーテリアをドッグランに連れて行くのは、注意が必要です。

アメリカンスタッフォードシャーテリア自体の闘争心が出やすく、犬同士ケンカになってしまうと、アメリカンスタッフォードシャーテリアの場合、大事になり兼ねません。

どんなにしつけがされていて、大丈夫という自信があっても、周りの飼い主さんのことを考慮すれば、避けたほうが無難でしょう。

または、最近では貸切ドッグランなどもありますので、それらを利用するか、山など広いところで、ロングリードで思い切り走らせましょう。

ただし、子犬の場合は、まだまだ攻撃性もありませんので、他の犬に慣れさせるチャンスなので、積極的に参加してもいいでしょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのお手入れ

アメリカンスタッフォードシャーテリアのお手入れは長毛種の犬に比べれば、楽な方です。

では実際どんなことをすれば良いのでしょうか。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのブラッシング

アメリカンスタッフォードシャーテリアは意外と抜け毛が多いのです。

また、被毛が短いため、抜け毛が洋服にチクチク刺さることがあるので、換毛期は特に、頻繁にブラッシングすることをおすすめします。

ブラッシングには獣毛ブラシを使うと、皮膚のマッサージにもなり血行が良くなるので、被毛と皮膚両方のケアができます。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのシャンプーで臭い&抜け毛ケア

アメリカンスタッフォードシャーテリアは臭いが気になる犬種ではないので、そこまで頻繁にシャンプーをする必要はありません。

月に1回程度を目安に、シャンプーをします。

シャンプーをすることで、余計な死毛がごっそり洗い流せるので換毛期にはシャンプーはおすすめです。

または、シャンプー自体使わなくても、お湯シャンも有効です。

もう1つは、濡れタオルで体を拭くという方法もあります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの歯磨き

アメリカンスタッフォードシャーテリアの歯磨きは、子犬の頃から慣れさせる必要があります。

もともと犬は歯磨きする習慣がないので、最初はすごく嫌が理ますが、根気よく遊びながら慣れさせることです。

最初は口の中を触るだけ。
歯ブラシを預けて遊ばせる。

歯磨きペーストの味に慣れさせる。
等、1つ1つの動きをゆっくり時間をかけて慣れさせます。

無理やりやってしまうと、極端に嫌がり、口を開けるのも困難になってしまうので、ポイントは褒めながら、ゆっくりです。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの注意する病気

アメリカンスタッフォードシャーテリアの注意する病気その①股関節形成不全

股関節に異常が見られる病気で、歩き方がおかしく、ヨロヨロ歩いたり、お尻を振って歩く様子で発見されることが多いです。

基本的には鎮痛剤や抗炎症剤で痛みをコントロールして、それ以上悪化しないように努めます。

生活に支障をきたすようになってきたとき、手術を考えます。

また、この病気は肥満も原因になりますので、体重管理も大切です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの注意する病気その②腫瘍

アメリカンスタッフォードシャーテリアは良性・悪性ともに、腫瘍ができやすい犬種になります。

普段からブラッシングやスキンシップをする際には、皮膚やリンパ節に異常がないかを触ってみましょう。

少しでも腫れを感じる場合は、早期の受診をおすすめします。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの注意する病気その③心臓病

多くはありませんが、稀に遺伝性の心臓病になることがあります。

心臓病は、ある程度病気が進行しないと、目に見えた症状が現れないので注意が必要です。

予防として、5才を過ぎたら定期的に、新機能検査することで、病気の早期発見につながります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの相場は?

アメリカンスタッフォードシャーテリアは大体20〜30万円くらいが平均の相場になります。

地域によっては、危険犬種として特定犬の指定がある場合があるので、ペットショップでは購入は難しいでしょう。

ブリーダーさんから直接譲り受けるようになります。

アメリカンスタッフォードシャーテリアのさいごに

アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格上、誰にでも飼える犬種ではありませんが、飼い方さえ間違わなければ、アメリカンスタッフォードシャーテリアは本当に愛情深い、愛玩犬と呼ぶに相応しいパートナーになります。

初心者には向かない犬種ですが、犬を熟知している方ならきっと、これ以上ない良きパートナーになるのではないでしょうか。