ウェルシュテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

Contents


ウェルシュテリアの基本情報

ウェルシュテリアは、イギリスのウェールズ地方を原産とする2種類のテリア種の1つです。

ウェールズ地方で古くから猟犬として活躍していて、自己判断力や自主性に優れた作業能力に富んだ犬種です。

現在では、ペットとしてやドッグショーとしての人気を得ています。

ウェルシュテリアの歴史

ウェルシュテリアの歴史

~ルーツ~

ウェルシュテリアの起源は、13世紀まで遡ると言われていますが17世紀以前までの文献や絵の記録がないため定かとはなっていません。

1700年代、北ウェールズでは「アニスフォー」という犬がキツネやカワウソ猟で活躍していました。

一方で北イングランドでは「オールド・イングリッシュ・ブロークンヘアード・テリア」という犬が存在していました。

この2つの犬種はあまりにもよく似た外貌を持っていたため、同一のショーに参加した際に審査員が混乱してしまいました。

その後この2種類の犬が「ウェルシュ・テリア」として知られるようになり、キツネやカワウソ狩りに使われる狩猟犬として使われることになりました。

そして1886年に新犬種としてイギリス犬種協会によって公認されることになります。

ウェルシュテリアの歴史

~エアデールテリアとの関係~

イギリスで犬種として認定された当初のウェルシュテリアは、野生的で粗削りでした。

そのため、繁殖家たちによって改良が繰り返され、「ワイヤー・フォックス・テリア」や「エアデールテリア」と交配されました。

その結果、エアデールテリアによく似た外貌を持つことになり、その後ショードッグとしての人気を高めていくことになったのです。

ウェルシュテリアの特徴

  • エアデールテリアの小型版
  • まゆ毛や口ひげ・顎ひげが特徴的
  • ダブルコートでも抜け毛は少ない
  • 毛色は、ブラック&タンが一般的

ウェルシュテリアの特徴

~大きさや身体的特徴~

ウェルシュテリアは、体高36~39cm体重8~10kgの大きめの小型犬です。

よく似ている大型犬のエアデールテリアをそのまま小さくしたような姿で、体長より体高が高いスクエア型な体型で、筋肉質な体つきをしています。

真っすぐ伸びた手足の足取りは軽く、前肢を高くあげて歩く姿からは持ち前の明るさと自信が表れています。

長方形で長く扁平な頭部に小さめの目、V字型に垂れた耳を持っていて、密生したまゆ毛や口ひげ・顎ひげが特徴的です。

ウェルシュテリアの特徴

~毛質や毛色~

ウェルシュテリアの被毛は、針金状の硬いワイヤーコートです。

短くて柔らかい下毛のあるダブルコートの犬種ですが、抜け毛は少ないです。

毛色は、ブラック&タンが最も一般的ですが、黒褐色が混じったようなグレーのブラック・グリズル&タンもあります。

四肢の指にブラックの線(ペンシリング)が入ることもあります。

ウェルシュテリアの性格・気質

  • 明るく非常に活発的
  • テリア気質はあるが、比較的穏やか
  • イタズラ好き
  • しつけは難あり

ウェルシュテリアの性格・気質

~明るく笑顔を作り出すムードメーカー~

ウェルシュテリアは、明るく遊びが大好きな性格です。

他のテリア種よりも穏やかな性質を持っていますが、やはりやんちゃなイタズラ好きな面は共通しているようです。

活発に過ごしたりイタズラに夢中になったり見ていて飽きない一方で落ち着いた面も持ち合わせています。

飼い主家族には愛情深く、小さな子どもにも寛容に接することができるでしょう。

ただし、他のペットとの相性は良いとは言えないようです。

ウェルシュテリアの性格・気質

~他の犬との相性はあまり良くない~

テリア種の中では穏やかな性質を持つウェルシュテリアではありますが、やはり独立心や探求心が強く、頑固で負けず嫌いなテリアらしい気質はしっかりと持ち合わせています。

見知らぬ人や他の犬・動物には警戒心を露わにして、気に入らない相手には攻撃的になるようなこともあるでしょう。

狩猟犬として優秀だった分、賢くて自己判断能力が高いため自分で納得できない指示には従わないこもあります。

そのため、しつけは難しい犬種だと言えるでしょう。

ウェルシュテリアの飼い方・しつけ

ウェルシュテリアの飼い方①

~飼育環境は?留守番は苦手?~

暖かい気候の地域や時期には屋外でも過ごすことができますが、基本的には室内での飼育がおすすめです。

とても活発な犬種なので、庭や室内などに遊ぶスペースがあることが望ましいです。

猟犬の名残から穴掘りを好む傾向があるので、庭などの穴掘りには注意しておいた方が良いでしょう。

独立心があるのでトレーニング次第で長時間の留守番も可能です。

それでも、十分な運動をさせておかないと留守番中のイタズラをしてしまうこともあるでしょう。

留守番をさせる時には、運動やコミュニケーションを十分に確保しておくようにしましょう。

ウェルシュテリアの飼い方②

~散歩や運動~

かつては狩猟犬として、野山を駆け回っていた犬種です。

その分、小型犬でありながらも多くの運動量を必要とします。

運動不足になってしまうとストレスの原因となったり、気持ちが荒れて攻撃的な面を見せたり問題行動が増える原因となってしまうので、運動量には気を付けてあげましょう。

1日2回、1回30分程度の散歩をしてあげましょう

休日などには、プール遊びやドッグランなどで自由に走らせてあげると良いでしょう。

ただし、散歩のときに小動物に出くわすと猟欲本能が刺激され追いかけたがることや、ドッグランで他の犬とトラブルを起こしてしまうようなことがあります。

その点には十分に注意して、普段からトレーニングしておきましょう。

ウェルシュテリアのしつけ①

~テリア気質を理解したしつけを~

ウェルシュテリアのしつけは、簡単ではありません。

しつけをするためには、気難しいテリア気質を理解しておかなければなりません。

自信過剰で頑固なテリアは、叱られることで反抗的になったり、指示をされても無視をするようなことがあります。

力任せにしつけるのではなく、信頼関係の元、ウェルシュテリアのリーダーとなって一貫性のあるしつけを行っていきましょう。

遊ぶことが大好きなので、遊びの中でしつけてたくさん褒めて伸ばしていくと効果的でしょう。

ウェルシュテリアのしつけ②

~社会性を養うこと~

ウェルシュテリアの強い警戒心を和らげるためには、子犬のころに多くの経験をさせてあげることが大切です。

見知らぬ人や他の動物や犬との関りを持たせて、様々な場所に連れて行き多くのことを経験させてあげましょう。

また、ドッグランなどで自由に走り回る運動をさせてあげる時には、負けん気の強さから他の犬にぶつかったりおもちゃを横取りしたりなんてこともあります。
それがきっかけとなり、他の犬とケンカになってしまうこともあるでしょう。

子犬のころから、他の犬とも上手に遊べるようパピー教室などにも参加させておくことをおすすめします。

ウェルシュテリアのお手入れ

ウェルシュテリアのお手入れ①

~ブラッシングの頻度~

ダブルコートでも抜け毛の少ないウェルシュテリアではありますが、特徴的なワイヤー状の巻き毛はホコリを絡め取りやすく毛玉になりやすいです。

ブラッシングは、週3~4回を目安にしてあげましょう。

2日に1回と決めておくと良いでしょう。

被毛は硬いので、しっかりとしたスリッカーブラシやピンブラシを選ぶようにしましょう。

ウェルシュテリアのお手入れ②

~プラッキングは必要?~

ワイヤーコートの犬種はむだ毛を取り除く処理が必要で、これを怠ってしまうと特徴的なワイヤーコートが維持できなくなってしまいます。

ドッグショーなどに出すような場合には、「プラッキング」と呼ばれるトリミングナイフや指を使って柔らかい下毛を抜く処理が必要となりますが、一般的にペットとして飼う場合には、バリカンやはさみなどでむだ毛を取り除く「クリッピング」で十分でしょう。

1~2か月に1回の頻度を目安にトリミングサロンに連れて行ってあげましょう。

ウェルシュテリアの注意する病気

ウェルシュテリアの平均寿命は、13年前後と言われています。

遺伝性疾患が極めて少ない犬種として知られていますが、皮膚や目、耳などの病気になりやすい傾向があります。

ウェルシュテリアの注意する病気①

~脂漏性皮膚炎~

脂漏性皮膚炎とは、アレルギーやホルモン異常、偏食、皮膚環境の変化などにより皮膚の新陳代謝に異常が出る病気です。

皮膚のベタベタ、乾燥してフケが出るようになったり、体臭がきつくなる、発疹などの症状が見られます。

直接的な原因が分かればそれに対する対策を行っていきますが、原因の特定は難しいことが多いため、出ている症状に合わせて投薬や薬用シャンプーなどの長期的な治療が必要になってきます。

普段から皮膚や被毛のケアをこまめに行い、栄養のある食事の管理などに気を付けていきましょう。

ウェルシュテリアの注意する病気②

~緑内障~

緑内障とは、眼圧が高くなることによって視覚障害を起こす病気のことで、視力の低下や失明など視野に関する障害が出る他、痛みを伴うこともあります。

眼が飛び出している、緑色に見える、壁や家具にぶつかる、顔を触られるのを嫌がるなどの症状が見られるようになります。

治療法は、症状によって点眼薬による内科的療法と、手術による治療法があります。

予防することができない病気ではありますが、早期発見・早期治療により進行を遅らせることができます。

 

ウェルシュテリアの注意する病気③

~外耳炎~

外耳炎とは、細菌や寄生虫などによって耳の外耳道が炎症する病気のことです。

ウェルシュテリアは、V字型に垂れた耳をしているため耳の中の通気性が悪く汚れやすい環境となり、外耳炎を起こすことがあります。

治療法は、洗浄薬で耳の中を綺麗にした後、点耳薬や駆虫薬で治療を行います。

耳の中を清潔に保つことで予防できる病気ですので、定期的な耳のチェックと耳掃除を怠らないようにしましょう。

 

ウェルシュテリアの子犬の販売価格

ウェルシュテリアの子犬の販売価格は、だいたい20万円前後です。

ペットショップでは見かけることがほとんどない犬種なので、ブリーダーからの購入が一般的になります。

それでも、いつでも子犬が見つかるとは限らないため、予めブリーダーにコンタクトを取っておくことをおすすめします。

また、海外のブリーダーから個人輸入することもできます。

ただし輸入するためには、検疫などにかかる費用や手続きなどかなり煩雑になります。

子犬自体は13万円程度で販売されていることが多いのですが、輸入するための手数料などを含めると30~40万円は必要になるでしょう。

ウェルシュテリアについて さいごに

気難しいテリア気質を持っているため初心者におすすめすることはできない犬種ですが、テリア種の中では穏やかな性格の持ち主です。

犬の飼育経験がある、これからテリアを飼いたいという人にはおすすめのテリア種です。

持ち前の明るさで飼い主家族にたくさんの笑顔を与えてくれるムードメーカーとなってくれるでしょう。