ミニチュアブルテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介!

Contents


ミニチュアブルテリアの基本情報

  • 原産国:イギリス(中型犬)

  • 体高:25cm~35.5cm

  • 体重:10kg~15kg

  • 毛色:ホワイト・ブラック&ホワイト・ブリンドル・トライカラー・レッド

ミニチュアブルテリアは顔に似合わず気が強い

ミニチュアブルテリアはブルテリアを小型に改良した犬種です。

ブルテリアは闘犬のブルドックとネズミ狩りをしていたテリアを交配させて生まれた犬種です。

そのブルテリアにスタッフォードシャー・ブルテリアを掛け合わせて小型化されたものがミニチュアブルテリアです。

一番の特徴は他の犬種では見られないユニークな卵型の顔でしょう。

マズルのくぼみがなく頭まで真っ直ぐで、のほほんとしたおとぼけ顔をしていますが、もともとは闘犬であったブルドックと狩猟犬だったテリアの血を引いていますので、見た目のイメージとは違う気の強さを持っています。

ぜい肉のない引き締まった体は筋肉質で丈夫な強い四肢をしています。

JKCの規定では体高35.5cmを越えるものは認められていません。

ミニチュアという名称が付いていますが、小型犬ではなく中型犬に分類されています。

ミニチュアブルテリアの歴史

のほほん顔のミニチュアブルテリアですが、その歴史には元犬であった闘犬ブルテリアの存在が大きく関わっています。

現在のミニチュアブルテリアが生まれるまでの歴史を調べてみました。

ミニチュアブルテリアの元犬ブルテリアは最強・最高の闘犬だった!

1700年~1800年頃のヨーロッパでは、牛や熊を犬と闘わせるブル・ペインティングやベア・ベインティングという闘犬の賭け勝負が一般人の娯楽として人気がありました。

ブルテリアは屈強で勇敢なブルドッグと機敏なオールド・イングリッシュ・テリアを交配して、ベインティングのために最強で最高な闘犬として作り上げられた犬種です。

ブルテリアは強くて怖いというイメージのあるドーメルマンやシェパードよりもさらに高い闘争本能や能力を持っていたといわれています。

ドックショーの人気者になったブルテリアからミニチュアブルテリアへ

1835年のイギリスで闘犬が廃止になった後は、美しい容姿を目的に繁殖が進みました。

1860年にイギリスの繁殖者ジェームス・ヒンクスによって、ブルテリアとホワイト・イングリッシュ・テリアが掛け合わされ、真っ白な被毛のホワイト・ブルテリアが生まれます。

このホワイト・ブルテリアが世界のドックショーで評判になり、闘犬以外には人気のなかったブルテリアの地位を一気に向上させました。

闘犬でありながら攻撃ではなく防御と反撃に徹するブルテリアの気質と、その容姿の美しさから「白い騎士」と呼ばれるほどの人気犬種になりました。

人気のホワイトを定着させるために繁殖が続けられましたが、近親交配による先天性疾患などの問題もあり、1900年ごろには有色のブルテリアも認められるようになります。

1936年にはアメリカのAKCにも有色ブルテリアが犬種登録されています。

この頃に、小型のブルテリアや基準にあわない小さすぎるブルテリアを掛け合わせたミニチュアブルテリアが、ブルテリアとは別犬種としてイギリスで登録されるようになりました。

現在では世界のケンネルクラブでブルテリアとミニチュアブルテリアは別犬種として登録されています。

ミニチュアブルテリアの価格相場

ミニチュアブルテリアのJKCの登録頭数は130頭(平成17年度)で日本ではまだまだ希少犬種です。

そのためミニチュアブルテリアの価格相場は20万~30万円と、他の人気犬種に比べてもやや高めのようです。

ミニチュアブルテリアの生後日数による価格の違い

ミニチュアブルテリアに限らず、日本では生後日数が少ない仔犬ほど高くなります。

その中でも特にミニチュアブルテリアは成長が早い犬種なので、5ヶ月を過ぎると大幅に価格が下がる傾向にあります。

但し、日本での繁殖頭数が多くないため、売れ残るということはなく特別な理由がない限りダンピングされることはありません。

ミニチュアブルテリアの血統による価格の違い

親犬がチャンピオンであったり、代々チャンピオンの血統を持つミニチュアブルテリアの仔犬は高額になります。

また、ミニチュアブルテリアのスタンダードに沿って、ドックショーに出品できるだけの優れた容姿を持った仔犬も高値で売買されます。

一般家庭で愛玩犬として迎えるのならば、それほど血統にこだわる必要はありません。

ミニチュアブルテリアの毛色や模様による価格の違い

ミニチュアブルテリアの毛色はホワイト、ブラック、ブリンドル、レッド、フォーン、トライカラーなどがあります。

特に毛色による価格の違いはありませんが、テレビなどのCMで注目された、毛色がホワイトでアイパンチという目の周りが黒いミニチュアブルテリアに人気がありやや高めになるようです。

ミニチュアブルテリアを買うには?

まだまだ日本では希少犬種のミニチュアブルテリアをどこで見つければいいのでしょうか。

ペットショップ

ミニチュアブルテリアを街のペットショップの店頭で見かけることはあまりありません。

近くのペットショップからミニチュアブルテリアを買いたいときは、取引きのあるブリーダーや業者を紹介してもらうか仲介をしてもらう方法があります。

その時には紹介料や仲介料が必要になります。

また、そのペットショップの取引のある業者やブリーダーがミニチュアブルテリアを扱っていないこともあります。

ネット専門ペットショップとブリーダー

ミニチュアブルテリアのブリーダーを見つけるにはネットを利用するのがいいでしょう。

最近のブリーダーのほとんどが自己サイトを持っており、常時繁殖状況などを配信しています。

最近ではブリーダーだけではなくネット専門のペットショップも多く、全国からミニチュアブルテリアの仔犬を探すことができます。

但し、お気に入りのミニチュアブルテリアの仔犬が見つかってもすぐに契約できるわけではありません。

ペットの販売は動物愛護管理法により、ブリーダーや販売業者は譲渡者に対面で説明することが義務付けられています。

ブリーダーや販売業者が遠方にあっても、そこまで出向いて行かなければならないので注意しましょう。

ブリーダーや業者によっては自宅まで有料で出張訪問してくれるところもあります。

ミニチュアブルテリアの特徴

ミニチュアブルテリアの身体的特徴について

ミニチュアブルテリアは中型犬ですが、がっしりとした体躯をしており、筋肉質で均整のとれたスクエアに近い体型です。

余分なぜい肉が一切なく、筋肉の形がくっきりと浮かぶほど引き締まった体をしています。

闘犬であったときのブルテリアの頑丈な骨格や強い顎はそのまま引き継いでいます。

ユニークなダウン・フェイス(下向き顔)で、三角の小さな目とマズルにくぼみのない卵型の頭をしています。

ミニチュアブルテリアの被毛と毛色について

ミニチュアブルテリアの毛色◆鮮やかな光沢の手ざわりが粗い短毛のシングルコートです。

ミニチュアブルテリアの毛色◆ホワイトの目の周りにブラックやブラウンの班があるものに人気があります。

他にはホワイトのみや、フォーン(黄金色)、トライカラー(ブラック・ブラン・ホワイトの混色)トリンドル(ブラックに近い地色にブラウン系や金色などが入ったもの)などがあります。

時にはブルーやレバー(赤褐色)もありますがあまり良くないとされています。

ミニチュアブルテリアの性格・気質

ミニチュアブルテリアは見かけによらない優秀犬!

ミニチュアブルテリアは、そのおとぼけ顔から映画やアニメではのんきでおバカなキャラとして描かれていることが多いのですが決してそんなことはありません。

ミニチュアブルテリアは、闘犬としてのブルテリアの勇猛果敢な性格と、テリアの持つ繊細で神経質な性格を併せ持つ、とても活発で優秀な犬種なのです。

家庭犬として改良されているため攻撃性や闘争能力は弱められて、どちらかといえば熱しやすく興奮しやすいテリアの性質をより多く引き継いでいます。

ほんわかとした顔をしているので子供がよく触りたがりますが、子供に関してはそれほど寛容ではありません。

子供がしつこく触ったり、大声を出したりすると怒って噛むということもあるので注意が必要です。

他犬に関しては自分から攻撃することはありませんが、仕掛けられると喧嘩になることもあります。

ミニチュアブルテリアは家族大好きなひょうきん者

飼い主や心を許した家族にはとてもよく懐き、優しくひょうきんで人を喜ばせることが好きな犬種です。

遊びやいたずらも大好きで、家族に囲まれてにぎやかにしていることを好みます。

頑固で独立心の強い犬種なので飼い主にはとても忠実ですが、他犬と仲良くするのはあまり得意ではありません。

多頭飼いには向いていない犬種といえるでしょう。

ミニチュアブルテリアのオスとメスの性格の違いはあるの?

ミニチュアブルテリアのオスとメスに特徴的な性格の違いはありません。

一般的に犬は群れで暮らす生き物なので、必然的にオスがリーダーとなります。

そのためオスは本能として縄張り意識が強く防衛本能が高いために警戒心が強くなります。

その反面オスはメスに比べて甘えん坊なところがあり、飼い主にべったりなことが多いようです。

メスは母性本能があるせいか、自立心が強く落ち着きがあります。

マイペースで頑固なところがあるので、甘やかすとわがままになったりします。

他犬に対しても日頃は大人しく穏やかですが、二面性もあるので気に入らない相手には吠えかかったりする気の強さも持っています。

犬の性格はオスとメスに多少の違いはありますが、それよりも仔犬の頃のしつけや飼育環境によって大きく違ってきます。

適切な飼育環境で育てているブリーダーを選ぶことや、仔犬を迎えてからのしっかりとしたしつけや社会化が大切です。

ミニチュアブルテリアの飼い方・しつけ

ミニチュアブルテリアのしつけ方

ミニチュアブルテリアのしつけの基本は、子犬のころからしっかりとした主従関係を築くことと、徹底した服従訓練を行うことです。

頑固で独立心の強い性格なのでしつけには根気が必要ですが、飼い主には忠実で賢い犬なので、訓練を続けることで強い信頼関係を作ることができます。

闘犬であった名残からか、気が強く興奮すると手がつけられなくなることもあります。

特に相性の合わない犬とは喧嘩になることがあり、パワーも噛む力も強い犬種なので相手の犬に怪我をさせてしまう可能性がありますので注意しましょう。

不安や緊張から興奮や噛みぐせが出たりすることもありますので、子犬の頃からさまざまな体験をさせて社会性を身につけさせる必要があります。

顎の力も強く自分が気に入ったものは加えて離さないこともありますから、「止め」や「離せ」などの指示コマンドはしっかりと習得させましょう。

ミニチュアブルテリアの適切な運動量と遊びについて

ミニチュアブルテリアは大型ではありませんが、活発で体力もあるタフな犬種なので多くの運動量が必要です。

運動量が不足すると、ストレスから部屋の中を走り回ったり、物を壊したり、攻撃的になったりするなどの問題行動を起こすことがあります。

1日2回30分程度の散歩と、時にはドックランなどで思いっきり走らせるなどしてストレスを発散させましょう。

散歩中に興奮して突然走り出すと、体力があるので引きずられて怪我をする恐れがあります。

リードをしっかり持ち、常に飼い主の横について歩く訓練をする必要があります。

力も強くスイッチが入ると制御がきかなくなる恐れがありますから、子供だけでの散歩は危険ですから絶対にさせてはいけません。

じっとしているのが苦手で、好奇心旺盛で動く遊びが大好きな犬種なので、アジリティやフリスビーなどのゲーム感覚のスポーツを取り入れてトレーニングをするのも効果的です。

ミニチュアブルテリアのお手入れ

ミニチュアブルテリアのブラッシング

ミニチュアブルテリアの被毛は短毛のシングルコートでほぼ平らに生えています。

触ると少しざらつきのある硬毛です。

短毛なので特別な被毛のお手入れはいりません。

週に何度か獣毛ブラシでブラッシングをしてあげるだけでかまいません。

汚れがひどい時はお湯で絞ったタオルで体を吹いてあげるといいでしょう。

たまにはペットサロンでグルーミングをしてもらうとより艶やかな被毛を保つことができます。

ミニチュアブルテリアは人見知りをするところがありますから、知らないトリマーさんだと噛み付いたりすることがあります。

ペットサロンに慣れていないときは飼い主がしっかり傍についていてあげましょう。

ミニチュアブルテリアのシャンプーと爪切り

ミニチュアブルテリアのシャンプーは2週間に1回を目安にします。

ミニチュアブルテリアは皮膚病やアレルギーになりやすい犬種なので、薬用シャンプーで治療することもありますので、シャンプーの仕方はしっかり覚えておきましょう。

通常のシャンプー液も刺激のないものを選ぶようにします。

爪切りは大事な日常のお手入れのひとつです。

伸びきったままにしておくと先端が丸まって肉球に刺さり歩くこともできなくなります。

爪には血管が通っていますので、深爪しないように気をつけましょう。

もしも血管を切ってしまった時のために止血剤を用意しておくと安心です。

ミニチュアブルテリアの注意する病気

近親交配や多くの犬種との交配を重ねてきたミニチュアブルテリアは、先天性の疾患が多い犬種だといわれています。

ミニチュアブルテリアの注意すべき病気にはどんなものがあるのでしようか。

ミニチュアブルテリアの注意する病気その① 水晶体脱臼

目の中の水晶体を固定している毛様体小帯が伸びてしまい、水晶体がずれてしまう病気です。
放置しておくと失明してしまいます。

完治の難しい病気ですが、投薬により進行を遅らせることができるので定期検診による早期発見・早期治療が必須です。

ミニチュアブルテリアの注意する病気その② チェリーアイ

犬の目には目頭側に第三検瞼(瞬膜)という膜があります。

この膜の内側に第三眼瞼腺という涙を出す分泌腺があります。

この分泌腺が目の外に飛び出して炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態がサクランボのように見えることからチェリーアイといわれています。

原因は先天性のものと外傷によるものがあります。

チェリーアイは若齢の犬に多く、生後6ヶ月~2歳の間におこりますが、殆どは1歳までに発病します。

治療には内科的治療外科的治療があります。

内科的治療では第三眼瞼腺を押し戻して坑炎症剤の点眼で治療しますが、初期のチェリーアイ以外は完治することはなく再発します。

外科的治療は第三眼瞼腺を元の位置に戻して固定する手術を行います。

またチェリーアイが慢性化して第三眼瞼腺の中の軟骨が変形している場合は、軟骨を切除する必要があります。

ミニチュアブルテリアの注意する病気その③ 聴覚障害

遺伝性の聴覚障害で、白い被毛のミニチュアブルテリアに多くみられます。

ホワイトの血統を入れるために交配されたダルメシアンの持つパイボールド遺伝子が原因と推測されています。

ダルメシアンの場合は全体の20%に何らかの聴覚障害があるといわれています。

白い被毛のミニチュアブルテリアの場合も、左右どちらかの難聴や両耳完全無聴覚などさまざまな聴覚障害が出ることがあります。

ミニチュアブルテリアのミックス犬

最近では純血種同士の交配によるミックス犬に人気があるようです。

犬種として混血種になるので血統書はつきませんが、両親には血統書があるので雑種犬ではなくミックス犬としてそれなりの価格で売られているようです。

純血種よりは安価であることや見た目の可愛さから需要が高まっているようですが、将来の成長過程が未定なことや、遺伝的疾患などの予測ができないなどのデメリットもあることを知っておきましょう。

日本では希少犬種であることからミニチュアブルテリアのミックス犬はそんなに多くはいないようです。

個人的に交配されたミニチュアブルテリアのミックス犬はいるようですが、販売用に繁殖させているブリーダーは見当たりません。


フレンチブルドックとミニチュアブルテリアのミックス犬

ミニチュアブルテリアを飼うのに向いている飼い主とは?

剽軽でブサカワの代表犬のようなミニチュアブルテリア。

人気の犬種だけに飼ってみたいと思われている人も多いのではないでしょうか。

ミニチュアブルテリアを飼うのに向いている飼い主とはどんな人なのでしょう。

また、ミニチュアブルテリアはどんな環境で飼うのがいいのでしょうか。

ミニチュアブルテリアはマンションでも飼える?

ミニチュアブルテリアは中型犬ですのでマンションでも飼うことは可能です。

元犬のブルテリアは闘犬であったことから、体力もあり行動的な犬種でもあるのでそれなりの運動量が必要です。

狭い場所での運動不足はストレスになり、吠えや破壊などの問題行動に繋がります。

マンションなどの集合住宅などではチャイムや訪問者への無駄吠えや、エレベーターなど共有部分でのマナーなどにも気を配る必要があります。

ミニチュアブルテリアは一人暮らしでも飼える?

一人暮らしの方がミニチュアブルテリアを飼えるかどうかは、その人がどれだけその犬のために時間を使ってやれるかによります。

ミニチュアブルテリアは体力がありかなりの運動量が必要な犬種です。

仕事の時間が長く一日のほとんどが留守番というような環境ではミニチュアブルテリアを飼うことはできません。

少なくとも毎日朝30分の運動と散歩、帰宅後の30分以上の運動を欠かさず、休日はドックランなどで思いっきり走らせるなど、仕事以外の時間をすべてミニチュアブルテリアに使えるという人でなければ飼うのは難しいでしょう。

また一人暮らしで犬を飼う時は、緊急時に預かりや世話をしてもらえる親兄弟や知人・友人が近くにいることも必須条件です。

ミニチュアブルテリアはシニアでも飼える?

ミニチュアブルテリアは見さかいなく他犬に向かっていくようなことはありませんが、闘犬であったころの名残りがないわけではないので、見知らぬ人や気に食わない他犬には攻撃的になることもあります。

がっしりとした体で力もあるので、攻撃的になるとシニアの方では引き戻すが困難です。

中型犬である程度の体重もあり、活発で体力もあるのでかなりの運動量が必要なため、ミニチュアブルテリアはシニアの方が始めて飼うのには向いていません。

この記事のまとめ

ミニチュアブルテリアの基本情報・歴史や性格・特徴・しつけやお手入れ方法
ミニチュアブルテリアの基本情報:原産国:イギリス(中型犬) 体高:25cm~35.5cm 体重:10kg~15kg 毛色:ホワイト・ブラック&ホワイト・ブリンドル・トライカラー・レッド

ミニチュアブルテリアの歴史:元犬ブルテリアは最強・最高の闘犬。

ミニチュアブルテリアの特徴:闘犬であったときのブルテリアの頑丈な骨格や強い顎はそのまま。 ユニークなダウン・フェイス(下向き顔)、三角の小さな目とマズルにくぼみのない卵型の頭。

ミニチュアブルテリアの性格:闘犬としてのブルテリアの勇猛果敢な性格と、テリアの持つ繊細で神経質な性格を併せ持つ、とても活発で優秀な犬種。

ミニチュアブルテリアのしつけ:子犬のころからしっかりとした主従関係と徹底した服従訓練。

ミニチュアブルテリアの注意する病気:水晶体脱臼・チェリーアイ・聴覚障害

ミニチュアブルテリアを飼うのに向いている飼い主:マンション可・一人暮らしやや不可・シニア不可

最後に

独特なおとぼけ顔がブサ可愛いと人気があり、飼いたいと思われている人も多いミニチュアブルテリアですが、その個体によって性格にかなりの差があります。

元は闘犬であり、ネズミ狩りなどの狩猟犬でもあったので、基本的には穏やかな愛玩犬ではありません。

家庭犬としてふさわしいようにと、多くの交配を繰り返し試行錯誤して改良された経緯から、現在でもその性質にはかなりのばらつきがあるといわれています。

攻撃性が見られない穏やかな性格のものも多いのですが、それでも攻撃性が全く失われたわけではありません。

スイッチが入ると突然切れることもあるのがミニチュアブルテリアです。

犬を扱うことに慣れた人でなければコントロールできない難しい性質も持っています。

とても賢い犬種ですが、その賢さは人の命令を聞きたがる賢さではない頑固さもあります。

ぜひこのことを理解した上で、飼い主もミニチュアブルテリアもお互いが不幸な結果にならない選択をして頂ければと願います。