マルチーズの鼻が白くなる!?スノーノーズ(ウインターノーズ)とは?

ふと気付いたら、マルチーズの鼻の色が薄くなっていたという経験はありませんか。マルチーズに限らず、犬の鼻の色はずっと同じではなく、時として変化することがあります。それは一体なぜでしょうか。犬の鼻が変色する謎を調べてみました。

マルチーズの鼻が白くなるスノーノーズ

通常は黒色のマルチーズの鼻が、冬場になると薄ピンクや白色になることがあります。毎日接している飼い主さんしか気付かない程度の変化のこともあれば、パッと見てわかるほど白くなることもあります。これは「スノーノーズ(またはウインターノーズ)」と呼ばれる現象で、黒い鼻の犬なら犬種を問わず起こることがあります。 スノーノーズは夏と冬との日照時間の違いが原因ともいわれていますが、明確な理由はまだわかっていません。冬に色素が薄くなった鼻でも、また温かい季節になると元の黒色に戻ることが多いです。自然に色が変色する限りは病気ではないので、心配はありません。

マルチーズの鼻が白くなる理由は他にもあった!

スノーノーズ以外にもマルチーズの鼻が白くなる理由がいくつかあります。

マルチーズの鼻が白くなる理由 1.もともとの色素が薄い

マルチーズのような毛の色が薄い犬種はメラニン色素(黒色を作る色素)が少ないために、成長していくにつれ鼻の色が徐々に薄まっていくことがあります。爪や肉球の色がピンクの個体の場合、特によく見られます。

マルチーズの鼻が白くなる理由 2.加齢

若い頃は夏になると黒い鼻に戻っていたマルチーズでも、年齢を重ねるごとに白っぽい鼻から戻らなくなることがあります。これは加齢と共に色が退色していくためです。人間の白髪と同じような現象ですね。

マルチーズの鼻が白くなる理由 3.栄養失調

マルチーズが重度の栄養失調になると、鼻が白くなり毛ヅヤも悪くなります。見るからに元気がなさそうに見えるため、すぐに判断できるはずです。きちんとフードを与えていても寄生虫が原因の栄養失調もあるので、愛犬の元気がないと感じた時はすぐに病院へ行きましょう。

スノーノーズになりやすいマルチーズは紫外線に気を付けよう

マルチーズのように生まれつきメラニン細胞が少ない犬は、紫外線に対する抵抗力が低いです。紫外線を浴びすぎると皮膚が炎症を起こします。さらにひどくなると視覚や聴覚に異常をきたすことがあるので注意しましょう。 夏場の日中はもちろんのこと、意外と忘れがちなのが雪の日です。雪の反射による日焼けも夏場に負けないほどのダメージがあります。雪が大好きな犬は多いですが、日中の遊び過ぎには気を付けて下さい。

マルチーズの鼻が白くなる!?スノーノーズ(ウインターノーズ)とは? まとめ

マルチーズの鼻が白くなっても病気ではなく自然現象である場合がほとんどです。成長や環境変化で鼻の色が変わるとは、犬にはまだまだ不思議なことがたくさんありますね。鼻の変色に過度な心配は必要ありませんが、マルチーズが紫外線に弱い犬だということは知っておきましょう。